2021年01月08日

■第2次 緊急事態宣言、発令されました。

第2次緊急事態宣言

コロナ禍はとうとう1年を越えての災禍となりました。この災禍を終焉させるために最も効果的な手段であるワクチン接種がいよいよ間近となった年明け。日に日に陽性患者数が増えていき、とうとう一日2000人を越えてしまいました(1/7)。

政府としては、経済活動を止めてしまう緊急事態宣言をせずに、なんとかワクチン接種まで感染拡大が伸びずにいてほしいと思っていたことでしょう。

しかし、首都圏の四知事の強い要請を受け、1/8から一ヶ月を目途とした緊急事態宣言を発出することになりました。これだけ、感染者数が爆発的に伸びてしまうと、国民の不安が増してしまうため、やむを得ない措置です。

コロナとの一年間の戦いの中で、私が感じるコロナの特性は以下のとおりです。
・若い人の致死性は低い
→エボラ出血熱やコレラのように感染がイコール死亡につながる病気ではありません。亡くなるのは既往症のある高齢者が多く、30才以下の死亡者はほぼいません。
・発症率も低い。
→感染イコール発症ではありません。いわゆる調べれば陽性だが無症状であるという状態です。日々発表されているのは数字は感染者数です。こちらをご参照ください()。
→陽性患者のうち多くの方が無症状で、その方々の多くが自然治癒しています。

私たちが生活の中でコロナの脅威を感じるのは、毎日発表される感染者数と、先日ニュースになったの羽田参院議員のように高齢者ではない方のコロナによる死亡です。

もっとも毎日増えていく感染者数を見ると不安になります。ただ、先述したようにその数はコロナ菌をもらってしまった人の数であり、注意しなくてはならないのは重症者数です。これによってこのウイルスの危険度がわかります。菌をもらっても発症したり、重症化しなければ、そんなに心配することはありません。

例えば、1/7の都の発表です。
感染者DATA

感染者総数(2447人)は新規の数ですが、そのうち重症化リスクの高い65才以上の高齢者は「264」。全体の1割。残りの9割は比較的重症化リスクの低い世代です。しかも重症者数は「0」です。

以下はこれまでの累計数です。
感染者DATA

これまでの「累計総数」68,790人。そのうち「退院」53,952人。全体の78%が治癒です。「死亡」が667人で全体の0.9%。1%にもなりません。「入院中」が3,154人。うち「重症者」は121人。これは累計ではなく今現在の数値なんだと思います。「宿泊療養」や「自宅療養」は無症状(未発症)ということでしょう。そして、図下の「【参考】重症者の属性」を見ると、都全体で30才以下の重症者は「0」なんです。40代で8人、50代で12人と大した数ではありません。やはり60代以上になると数が多くなります。

このようにコロナは、高齢者が一番気をつけなければならないということが分かります。

そのうえ、ワクチン接種ができるようになれば、発症しにくくなる訳ですから、より安心です。何より、この安心感を国民が持てるようになれば、社会は落ち着いてくるでしょう。

とはいえ、新型コロナが現状の指定感染症2類のままであれば、感染者はたとえ発症していなくても入院や宿泊療養などの措置を取らなければならないため、医業を圧迫します。これまでのコロナの経過観察の結果では、インフルエンザと同じ5類相当で十分であるとの知見も出てきました。ぜひ、この点も厚労省はしっかりと検討して頂きたいと思います。

私たち市議会公明党は、昨年11月に行った新年度の予算要望で、「全市民へのワクチン接種へ遅滞や混乱がなく迅速に対応」できるよう、あらかじめの準備を強く訴えました。

令和三年の新年度へ予算要望を行いました。2020年11月20日記事

清瀬市では、国からの指示により、2月下旬から65才以上の高齢者へ接種を開始する予定であることを議会へ報告しました。もちろん、市民は7万4千人もいますから、まずは高齢者、そして一般の方は4月以降になろうかと思います。病院関係者への接種も、いち早く高齢者と同じタイミングで行われます。こちらは都が接種体制を管理します。

なにわともあれ、まずは1ヶ月。しっかり自粛生活を送り、感染者拡大をストップさせていきたいと思います。そのためには、マスク・手洗い・三密回避を徹底していきましょう。よろしくお願い致します。  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG 

2021年01月01日

■新しい年を迎えて。

令和3年元旦

令和三年の旭日が登りました。皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年は、コロナを初め、いろいろな困難にひとつひとつ打ち勝つ一年にして参りたいと思います。

至らぬところ、ミス、間違い…、誰が悪い、何が悪いではなく、そうしたこと乗り越え、いかにそれを克服していくのか。怒りの気持ちをグッと飲み込み、まずはニコッと笑顔で。または歯を食いしばって。笑い飛ばしていく。打ち勝っていく。そんな一年にしていきたい。今年の目標です。

本年もよろしくお願い致します。

市民の皆様にとりましてこの年がすばらしい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG 

2020年12月27日

■澄川喜一氏文化勲章受章祝賀会に参加しました。

澄川喜一氏文化勲章受章祝賀会

令和二年の文化勲章受章者に、清瀬市名誉市民でもある澄川喜一先生が選ばれました。

文化勲章とは、“日本の勲章の一つ。科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績を挙げた者に授与される、単一級の勲章である”(ウィキペディア)、ということで、今年は5名の方が受章されましたが、その中の一人が澄川先生です。

澄川喜一氏文化勲章受章

そして、授賞式は11・3文化の日。皇居にて天皇陛下から直接授与されている様子がテレビでも紹介されていました。上の写真は、授賞式を報じたTVニュースをキャプチャしたものです。

澄川喜一氏文化勲章受章祝賀会

この慶事を清瀬市としてお祝いしようと、市長の呼びかけで12/13(日)アミューホールにて祝賀会が行われたのです。当日は、その受章された勲章もお披露目頂きました。

平和の塔

平和の塔

中央公園には、澄川先生のデザインされた“平和の塔”があります。その投の裏には、「記」としてこの平和の棟の建てられた由来と、建設にあたった建設委員会の委員名が記されています。ここには、議員になって2期8年目になっていた父の名前もあります。その父は昭和6年生まれで生きていれば89才。なんと澄川先生と同じ年なのです。

澄川喜一氏文化勲章受章祝賀会

そうした不思議なご縁を感じながら、終了後、市長、副市長、議長との記念撮影に加えて頂きました。渋谷けいし議長も、御祖父は当時の市長として、平和の塔の建設委員長を務められ、その石碑に名前が記されていました。

【関連】
東京スカイツリーのデザイン監修をされた澄川先生が名誉市民に。 2012年07月10日記事  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2020年12月16日

●“水位モニターの増設を”、実現しました。

水位モニターの増設を

清瀬市内には2つの一級河川があり、しかも空堀川は上流からの雨水をたくさん引き受けて柳瀬川へ合流します。その意味で、清瀬にとって豪雨対策は、河川の氾濫対策と言ってもいいのです。

私の担当地域である、清瀬市の北西部はまさにこのふたつの河川と、合流地点を有しています。ですから、防災士として私が防災セミナーをさせて頂く際は、これらの河川氾濫対策がほぼ中心となっています。

ということで、かねて市へは河川の水位モニターの設置を都へお願いするよう、要望をしてきました。

水位モニターの増設を 平成30年決算特別委員会

水位モニターの増設

今回設置されたのは、柳瀬川金山橋の付近です。ただ今回付いたのは、私の担当地域よりも下流部ですので、ちょっと残念です。やはり河川管理は、その上流部がどうなっているかがポイントですから、清瀬市にとっては、柳瀬川であれば、野塩2丁目あたり。ちなみに上流部である所沢市上安松にも水位モニターがありますのでこれは有効です()、または合流部あたり。また空堀川であれば、梅園か東村山の青葉町。ここらへんはチェックしたいところです。

今後も増設の要望は続けていきたいと思います。河川管理者は東京都なので、設置要望も東京都に行います。

水位モニターの増設

過日、公明党市議団として所管課の課長より説明を受けました。所管課の課長、ありがとうございました。

【参考】
金山橋/設置されたモニターの確認
上流部の所沢市上安松/設置されたモニターの確認  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・市内他地域

2020年12月14日

■LGBT初級講座、受講しました。

LGBT初級検定

去る11月19日(木)、LGBT初級講座を府中市役所にて受講しました。前の週にパートナーシップ制度の視察に府中市に伺った折、府中公明の遠田議員にお誘い頂いたものです。

講師は、一般社団法人・日本セクシュアルマイノリティ協会から名称改め、NPO法人・シャルフレームの勝呂大尊さん他、当事者の方々です。

LGBT初級検定

講座はまず、 LGBTの理解に取り組む必要性」として、ダイバーシティとインクルージョンについて、◆LGBTとは」として、LGBTについて、その他のLGBTの呼び方、日本におけるLGBT当事者の割合、さまざまな性のあり方、トランスジェンダー、シスジェンダー、ホモセクシュアルとヘテロセクシュアル、SOGIについて、「NGワードとNGアクション」として、使っては行けない言葉と行動、アライについて等々、例証を交えてお聞きしました。その後、当事者の方のお話と質疑。一連の講座が終了後、ペーパー試験がありました。

LGBT講座修了証

ペーパー試験は合格ということで良かったのでしょうか、3週間程度経て、修了証が届きました。一応の座学は終えましたが、今後はここ清瀬にて当事者の方々から、直接にお声をお聞きし、パートナーシップ制度創設へと頑張っていこうと思っています。

府中公明の皆さんと

講座終了後に、講師の勝呂さん、そして府中公明のみなさんと清瀬市議会公明党4名とで記念撮影をして頂きました。府中公明の皆様には今後ともご教示頂きながら、清瀬市での制度設立へ進めてまいります。

【関連】
パートナーシップ制度(府中市)、視察しました。2020年12月09日記事
LGBT研修(公明党都本部主催)、参加しました。2018年05月31日記事  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG