2022年05月03日

■秋篠宮妃紀子様の清瀬ご訪問。もうひとつのドラマ

秋篠宮妃紀子様の御来臨

去る4月11日(月)、郷土博物館に秋篠宮妃紀子様がご訪問くださいました(正しくはお成りになられました)。皇室の方、特に次の天皇陛下になられる方の妃という肩書の方の清瀬御来臨は、あまり知りません。

もともと紀子様は結核予防会の総裁であられ、そうしたことから清瀬市の結核研究所にお成りになられたことはあるようで、紀子様お手植えの樹木など施設に見たことがあります。

今般、清瀬市郷土博物館で『結核療養と清瀬』なる企画展が行われていたことから、見学に来られたという訳です。

清瀬と結核――。言うまでもなく、清瀬には昭和の初めに当時の亡国病と言われた結核の療養所が作られ、今日でも世界の結核治療のメッカとも言われています。そうしたことを教えてくださったのは、亡くなった渋谷金太郎前市長です。

金太郎市長は、ともすればマイナスイメージで語られがちだった清瀬と結核ということを、“清瀬の誇り”という角度で新たに意義を与えてくださいました。

その意味で、金太郎市長にとっても“結核”というのは、清瀬市の誇りの所以(ゆえん)であり、それを内外に宣揚していくことが市長としてのライフワークでもあったのです。

今般、結核予防会総裁の紀子様が清瀬市にお成りになることが分かったとき、市の幹部職員の多くは、金太郎市長が生きておられたらどれほどお喜びだったであろうかと言っていましたし、私もそう思っていました。

そのような中で、紀子様をお迎えしたのです。

秋篠宮妃紀子様の御来臨

さて、議会には事前にお知らせ頂いており、時節柄そっとお迎えしたほうが良いのかとも思いましたが、皇室を敬う気持ちのある方をお誘いして、遠くからお迎えさせて頂きました。

定刻を少し過ぎて紀子様の車は到着し、お越しをお待ちしていた私たち市民に紀子様はそっとお辞儀をされて中にお入りになられました(一枚目の写真)。

お帰りもお見送りしようと1時間少し外でお待ちしていました。報道によれば中の展示を博物館館長の案内で一点一点丁寧にご覧頂いたようです。

出てこられた紀子様は、そのまま車にお乗りになられると思いきや、10人弱の市民の集まる私たちの方へ真っ直ぐに来られ、小学生やご高齢の方々に時間をかけて丁寧に話しかけてくださり、いよいよ紀子様のお帰りの時間が近づいてきました。

“結核から人類を守った清瀬”。金太郎市長が生前何度も言われたフレーズです。紀子様の御来臨でそうした清瀬の役割を知って頂き、親しく清瀬市民にお声掛け頂き、清瀬と結核のドラマは終わったかに思えたときでした。

――その後、思いがけないもうひとつのドラマがありました。

秋篠宮妃紀子様の御来臨

秋篠宮妃紀子様の御来臨

紀子様は、市民の方々の輪の外れにいた一人の御婦人にお声をかけられました。その方が実は先般亡くなった金太郎前市長の奥様であると知ると、一瞬驚かれ、手をとらんばかりに近づかれました。夫が生きていればどれほど喜んだであろうかと奥様が話されると、紀子様は奥様の肩に手をあてられご一緒に悲しんでくださったのです。

紀子様も昨年の11月にお父様を亡くされたばかりでした。

紀子様の金太郎前市長の奥様への労りは、ときに肩を抱くようにしばらく続きました。そしてお別れの際も何度も奥様へ振り返りながら、車に乗り込まれるまで手を振っておられました。

亡くなるまで結核と清瀬を訴えた渋谷金太郎前市長。その金太郎劇場の最後、クライマックスを紀子様が仕上げてくださいました。本当に劇的な人生を終えられた金太郎市長。

紀子様、本当にありがとうございました。  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG 

2022年05月02日

●野塩地域センター出口にカーブミラーを設置して頂きました。【野塩1丁目】

野塩地域センターにカーブミラーの設置

先日の市長選、市議補選の投票に行かれた方から、野塩地域センターから車で出る時、地域センター左側(東側)が見えづらいとの声を頂きました。

野塩地域センター

実は野塩地域センターの出入口付近はとても複雑な交差点で危ないとは、私も思っていました。出入口前はクランクになっているうえに、隣接するアパートの入り口もある。しかも幼稚園とドラッグストアの間の狭い道路からは、自転車や歩行者もあるという、注意しなければならないポイントがたくさんあるのです。そのうえそのうえ、隣は保育園、真ん前は幼稚園、しかも地域センター自体も児童館でもあるという、子どものたくさん集まるところなのです。

野塩地域センターにカーブミラーの設置

地域センターを出る際は、すぐ右のアパート入り口、その向こうの道路からの車両や自転車、歩行者を確認しなくてはなりません。

野塩地域センターにカーブミラーの設置

そして、真ん前の狭い道路から来る自転車や歩行者を確認してから、少しずつ前に出て、左側を注意して出て行きます。

地域センターのセンター長からお話を伺いながら、カーブミラーの設置担当課にもご相談し、出入口横にある既存のカーブミラーに共架(きょうが)できそうだということで進めて頂きました。

野塩地域センターにカーブミラーの設置

野塩地域センターにカーブミラーの設置

その結果、すぐにご対応頂き、設置となりました。是非、野塩地域センターにお越しになる際は、出入りにご注意頂きたいと思います。また、この付近をご通行される際は、特に徐行してご利用ください。

【設置場所】
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・野塩1・3丁目

2022年04月29日

■澁谷桂司新市長、就任されました。

渋谷桂司市長、就任。

渋谷金太郎前市長のご逝去を受け、4/3に行われた市長選において、清瀬市政となってからは第四代目となる市長に澁谷桂司さんが当選されました。

ご存知のように、澁谷桂司市長は市政発足時の市長である渋谷邦蔵元市長のお孫さんです(前金太郎市長との親戚関係はないとお聞きしています)。

前市長が初当選された平成23(2011)年の選挙に、同じく市議会議員に初当選されました。市議としては私と同期です。

桂司市長は、初当選時より今後市長になることを自他ともに認めており、本来は市議ではなく最初から市長選に出たかったと聞いています。

そうした目でこの11年間、近くで見ていましたが、確かにそれにふさわしい人格と見識をもった方です。年齢は私よりもちょうど10才(正確には10学年)下になりますが、まだまだ青いなと思わせるところは全くなく、大学院で公共政策、地方財政を学び、小平市役所の職員として10数年の経験があるとろでは、市議会議員として常に教えて頂くことばかりでした。

この11年間、金太郎前市長を一貫して支え守ってこられ、その金太郎前市長も次は桂司さんだと常に仰っしゃられていました。そして私もそのつもりでこの11年間、清瀬市をどうしていこうか市政運営について、そしてまたその時々の議会運営について、またあるときは人に言えない議員としての相談にも乗って頂くなど、折々に語り合って来ました。

特に前回の選挙で新旧議員が一気に入れ替わり共に会派を代表する立場になってからのこの3年間は、市政運営の司令塔たる中沢前副市長の急逝などもあり、本当に様々相談させて頂きながらの3年間でもありました。

本来は、金太郎前市長が3期の任期を満了されて晴れて来年市長に就任されることが良かったのですが、急逝という非常時です。緊急登板ではありますが、またある意味では満を持しての就任とも言えます。

金太郎前市長のレガシーをしっかりと受け継いで頂き、また新たな清瀬市の歴史を作って頂きたい、そして私自身、しっかりと桂司市長を支えていきたいと思います。

渋谷桂司市長と。渋谷桂司市長と。

渋谷桂司市長と。渋谷桂司市長と。

渋谷桂司市長と。渋谷桂司市長と。

渋谷桂司市長と。渋谷桂司市長と。

渋谷桂司市長と。渋谷桂司市長と。

渋谷桂司市長と。渋谷桂司市長と。

渋谷桂司市長と。渋谷桂司市長と。

渋谷桂司市長と。渋谷桂司市長と。
  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2022年02月28日

■渋谷金太郎市長のご逝去

渋谷金太郎市長のご逝去
令和4年3月議会。市長席には市長の大好きだったひまわりが。

かねて病気療養中の渋谷金太郎市長が、2/14、ご逝去されました。昨年の11月に“アフターコロナへ向けた要望書”を市長へ提出するため、久しぶりお会いした際、あまりにお痩せになっておられたので、とても驚きました。

その後、12月議会にてお会いした際には、さらにお痩せになられていたため、当時の自民クラブの代表である渋谷桂司議員とともに、無理なさらずゆっくりお休み頂き快復に全力を注いでほしいとお願いしました。市長は一般質問の三日間を出られたあとは、最終日までの日程すべてお休みになられました。

生前最後にお会いした日
1/4、仕事始めの日。これが生前最後の面談。

しかし、恒例の年末の防災パトロールの慰問には出られ、寒い中で市内各地を回られたとお聞きし、とても心配をしていました。仕事始めの1/4、ご挨拶に伺い、それが最後となってしまいました。

思えば、金太郎市長とは私が初当選した2011年の選挙のとき、ご自身も初めての市長選で、市長と市議と対場は違いましたが、同じ一年生としてこの11年間歩ませて頂きました。

金太郎市長とは以前に私が代議士秘書としてお世話になったことがあり、始めから親しく話しかけてくださいました。当選後も、陰に陽にお力添えを頂いた結果、私も議員一年生にもかかわらず数々の実績を積ませて頂くことができたのです。

以来今日まで、公私共に可愛がって頂き、私の主催する議会報告会にも毎年ご参加頂き、様々な行事やイベントにもご一緒させて頂き、そのたびごとに写真を撮って頂きました。

在りし日の市長

この11年間に1毎年ご参加頂いた私の市政報告会にて。この写真はずいぶん初期の頃。おそらく議員1年目のものです。

在りし日の市長

私の市政報告会終了後、握手してくださいました。

在りし日の市長

清瀬駅北口西友で行われた防災訓練の折、写真を撮って頂きました。庁外で撮って頂いた初めての写真です。

在りし日の市長

私がご相談頂いた市民の方々とはすぐに会って頂き、直接お困りの声を聞いてくださいました。これは中里団地自治会の方々です。

在りし日の市長

是枝裕和監督がご自身の育った清瀬市を舞台にして製作した『海より深く』の完成試写会にて。このあと是枝監督とも懇談されました。

在りし日の市長

私の清瀬市東高校時代の恩師・原浩司先生がご闘病後、開かれた個展に足を運び、原先生の説明を聞きながら一点一点丹念に見て頂きました。

在りし日の市長

板橋区で初出馬する公明党の鎌田候補者を、ご自身の経営する板橋区の保育園にてご夫妻で会ってくださり、懇談頂きました。

在りし日の市長

ご自身3回の選挙では、どこの政党からも推薦をもらわず挑まれました。遊説中に出くわすと、即席で街頭遊説をして頂きました。写真は2期目の選挙のときです。

在りし日の市長

野塩団地むらさき会の新年会にて、民謡の佐々木淡麗先生が白寿を迎えられたことを聞かれ、抱き上げられました。

在りし日の市長

市の敬老大会にて。シルバークラブ連合会の中原副会長と。素敵な笑顔でいつも写真を撮らせてくださいました。

在りし日の市長

12月議会終了後、市長から写真を撮ろうと仰っしゃられ、握手の代わりにグータッチをさせて頂きました。

渋谷金太郎市長のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG 

■「子育て家庭 訪ねて支援」、公明新聞に掲載されました。

20220225_公明新聞

去る2/25(金)付けの公明新聞7面に、「子育て家庭 訪ねて支援」として市内のNPO法人ぴっころさんの紹介記事が掲載されました。  

Posted by takosuzuki │ ■新聞等での掲載