2022年11月08日

●暗い路地に外灯を設置して頂きました。【中里3丁目】

外灯設置

小金井街道から入る路地です。新しい住宅ができ往来が増えてきましたが、外灯がなく暗いとのご相談を頂きました。

外灯設置

新しい住宅ができる前は建物がなかったため、小金井街道の明るさでそれほど暗くもなかったようですが、住宅が建ち電柱も立ったことから外灯の設置をご検討頂きました。

外灯設置

明るくなりましたね。良かったです。担当課の皆さま、ありがとうございました。  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・中里3~4丁目

2022年11月04日

■柳泉園組合の視察に行ってきました。

町田市バイオエネルギーセンター

去る10/31(月)、柳泉園組合議会の視察で町田市のバイオエネルギーセンターへ行ってきました。昨年もそうでしたが、例年は午前と午後と一カ所ずつ都合2か所の訪問ですが、コロナを鑑み近場である町田市一カ所の視察となりました。

近年の視察は、私たち柳泉園の施設全体が老朽化しているため、今後の補強ないし建て替えを視野に入れたものとなっています。

視察は、各市それぞれ3人の議員と各市市長、そして各市の担当課の部課長職員、柳泉園組合の助役、他柳泉園の職員と総勢20数名です。上の集合写真では、清瀬市・澁谷桂司市長がいませんが、公務のため欠席されました。

町田市バイオエネルギーセンター

ここ町田市バイオエネルギーセンターは、今年の1月に竣工したばかりの新しい施設で、また町田市は大変に裕福な市なのでしょう一市単独の施設としても大変に大きな施設でした。私は、視察前後の数日にわたり足に炎症があり歩行に支障があったため、当日は車椅子をご用意頂きました。

町田市バイオエネルギーセンター

もちろん歩行に支障があるだけなので、要所要所では立って見せて頂きました。

ここの施設の特徴は、分別されたごみの処理は焼却など柳泉園と変わりませんが、生ゴミは微生物分解しガスを再利用するなどしているところです。また、視察して感じたことは、ごみ処理のついて小学生でも分かるよう、グラフィカルにまたキャラクターを使って、そして多角的に工夫している点です。

町田市バイオエネルギーセンター

町田市バイオエネルギーセンター町田市バイオエネルギーセンター

町田市バイオエネルギーセンター町田市バイオエネルギーセンター

町田市バイオエネルギーセンター町田市バイオエネルギーセンター

広い施設内では移動だけでも長い廊下を歩きます。その廊下などを使って、いたるところにまるでアミューズメントパークのような、楽しい工夫がされているのです。写真にはありませんが、匂いを外に出さないためのエアカーテンの体験コーナーなどもありました。

町田市バイオエネルギーセンター

こちらの施設の職員の方々は、視察受け入れが多いのでしょうどの方も非常にスピーチがお上手で、最初にご説明くださった方も、施設内をご案内くださった方も、飽きさせない楽しい説明をして頂きました。

最後に大変にお忙しい中を施設受け入れ頂いた町田市の方々へ御礼のご挨拶をしました。  

Posted by takosuzuki │ ■視察 

2022年11月01日

■全国市議会議長会研究フォーラムに参加しました。

全国市議会議長会フォーラム

去る10/19(水)、20(木)と一泊二日で、全国市議会議長会研究フォーラムに参加しました。コロナ禍により3年ぶりとなる開催です。

議長会フォーラムは毎年その開催場所が変わります。待ちに待った今回のフォーラムは長野市のホクト文化ホール(⾧野県県民文化会館)が会場となりました。

全国市議会議長会フォーラム

そして今回のテーマは「デジタルが開く地方議会の未来」として、地方議会のデジタル化の意義と課題、また現場の取組などについて基調講演やパネルディスカッションによって理解を深めさせてくれます。

いまや世の中はDX(デジタル・トランスフォーメーション)一色で、清瀬市議会でも、資料の電子化・ペーパーレス化、業務の効率化のために、来年度はタブレットの活用を検討しています私はその座長を務めています)。

全国市議会議長会フォーラム

フォーラムでは、初日は基調講演として、冨山和彦氏による「コロナ後の地域経済」があった後、第2部では、パネルディスカッション「地方議会のデジタル化の意義と課題」が行われました。コーディネーターに、毎日新聞社論説委員・人羅格氏、パネリストに、早稲田大学電子政府・自治体研究所教授・岩 尚子氏、東京大学先端科学技術研究センター教授・牧原出氏、明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授・湯淺 墾道氏、最後は、開催市の長野市議会議長・寺沢さゆり氏によるものです。

また二日目は、課題討議として慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授・谷口 尚子氏による「地方議会のデジタル化の取組報告」、その後、事例報告として、その谷口をコーディネーターととなり、取手市、可児市、西脇市、それぞれの市議会議長がディスカッションをしました。

今回の内容は、我が市議会にあってもとてもタイムリーな内容でした。いまのところは、議会内での活用を中心に検討していますが、その後は、市民に開かれた議会のための活用方法なども検討していければと思います。その意味では、二日目の事例報告はとても参考になりました。

そば味処ぼっち_長野市

お約束のご当地ラーメンですが、まずラーメンではなく、長野といえばお蕎麦。初日のお昼に並んで食べた名店を紹介します。“そば味処ぼっち”。ここは地元の方と思(おぼ)しきお客さんが並んでいて、40分待ちました。さすが地元、美味しかったです。蕎麦湯がなかったのはなぜ?

麺屋蕪村_長野市

続いて、二日目のお昼に食べたラーメン屋さん。“麺屋蕪村”さん。同じく駅前。開店を待って食べました。調理と接客と女性二人のお店でした。鳥白湯でとても美味しかったのですが、量がすごい。やっと食べきりました。

長野駅前

清瀬市では長野県上田市議会からのお客様がお待ちだったので、昼食後、すぐに新幹線に乗りました。  

Posted by takosuzuki │ ■視察 

2022年10月29日

■物価高騰から市民生活を守る要望書、提出しました。

物価高騰に関する要望者

去る10/25(火)、昨今の物価高騰から市民生活を守るための要望書を市議会公明党として澁谷桂司市長に提出しました。

これは、今般国が創設し地方自治体に交付される「電力・ガス・食料品等価格高騰重点支援地方交付金」の使途について要望したものです。

物価高騰に関する要望者提出

澁谷市長は瀬谷副市長、今村統括監とともに庁議室で迎えて頂き、私どもの要望を丁寧に聞いて頂きました。

5月にも行われた同交付金に続いての施策であり、限られた予算の中でかつ重要なものという点で、今回の我々の要望は、就学児童のいる子育て世帯に対しての給食費の全額補助に絞らせて頂きました。

物価高騰に関する要望者提出

前回の要望でも給食費の補助を要望しましたが、その際は今年度9月の一ヶ月のみの補助でした。今回は思い切って、3学期の3ヶ月に渡る全期間の補助を要望しました。

今回の要望書提出には、八田こうじ清瀬市公明党青年部長(来春の統一地方選挙予定候補者)も同行しました。なお、西上ただし議員は昭和病院企業団議会の視察のため欠席しました。

物価高騰要望書
  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2022年10月27日

■小中一貫教育(群馬県)、常任委員会視察しました。

群馬県藤岡市視察

去る8/4(木)、総務文教常任委員会で群馬県藤岡市の小中一貫教育を視察しました。コロナ禍の2年半、常任委員会は一昨年は中止、昨年は近隣市の日帰り、今年も日帰り視察となりました。藤岡市は関越自動車道で高崎インターの手前、車で一時間弱です。

群馬県藤岡市視察

清瀬市でも清瀬市小学校の老朽化により、可及的速やかに校舎の建て替えが求められています。私は清瀬中学校と清瀬小学校は隣接していることもあり、また、八小との併合という課題もあることから、まずはこの小中学校を一貫校にし清瀬市のモデル校としてやってみてはと思っています。そんなことを交え、委員長として視察受け入れの御礼ご挨拶をしました。

群馬県藤岡市視察

本来であれば、実際に学校に伺って、校舎を見学し教員の方々のお話をお聞きしながらの視察が良かったのですが、なにぶんにもコロナ禍であり、万一のことがあれば大変に小迷惑をおかけするということで、藤岡市役所での座学となりました。

群馬県藤岡市視察

藤岡市では、市内の中学校5校を軸に、その中学校区にある小学校11校をそれぞれ連携
させて、連携型の小中一貫教育を行っており、今年で9年目となります。それぞれの小中一貫校では、目指す子ども像を共有し、9年間統一のカリキュラムにより系統的な教育が行われています。

藤岡市の小中一貫教育における特色のひとつは、カリキュラムのなかに藤岡市の郷土教育
を取り入れ、それを小中一貫教育と合わせて実施しているコミュニティ・スクールとして地域の方々のご協力を頂きながら行っていることです。コミュニティ・スクールは、各学校にて既設の学校運営協議会の他、『地域学校協働本部』を設置し、目指すべき児童生徒像を地域と共有しながら、学校を核とした地域づくりとその人材確保を図っています。

こうした藤岡市の取り組みは、9年間にわたる経年変化の分析により、小学校高学年、中学
生の学力が着実に伸びているそうです。また地域においても、市のそうした教育活動に対する理解と協力が着実に深まっているとのことでした。

群馬県藤岡市視察

視察では、公明党の窪田行隆議長がお迎えくださいました。ご挨拶を頂いた後、記念撮影をして頂きました。

道の駅ららん藤岡

往路では、現地で道の駅・ららん藤岡に寄り、昼食を撮りました。ららん藤岡は、上信越自動車道藤岡ICに隣接していて、アクセスのよさから年間240万人の来場者のある全国でも屈指の道の駅だそうです。

らーめん駿トマトラーメン

昼食はお約束のラーメンです。ラーメン駿さんの“とまとらーめん”です。リコピンたっぷりのトマトと粉チーズの効いたイタリアンなラーメンです。とても美味しかったです。  

Posted by takosuzuki │ ■視察