2021年07月16日

■『澄川喜一展』お伺いしました。

澄川喜一展

7/2(金)、彫刻家の澄川喜一氏の作品展が清瀬市郷土博物館にて始まりました。なにしろ東京スカイツリーのデザイン監修を務められたことから、市民の間でその声が高まり、清瀬市名誉市民にもなられた方です。市内にはあちこちに澄川先生の作品が点在しているにも関わらず、清瀬市では初めてとなる作品展でした。

澄川喜一展

澄川喜一展

オープニングでは澄川先生もご挨拶に立たれ、その後、市長や来場者と気さくに懇談しておられました。メイン会場とは別室では、製作中の作品やインタビューVTRなども観られるコーナーがあり、鑑賞だけでなく様々な角度から澄川作品を楽しめる工夫が凝らされていました。

澄川喜一展

澄川喜一展

澄川喜一展

メイン会場に、昭和49年に建てられた中央公園の平和の塔の落成式の様子を紹介する写真パネルがありました。かねて私はこの平和の塔建設に父が関わっていたことを知っていましたので、じっくり見ると、落成式にて挨拶をする父が写っていました。

澄川喜一展

父は昭和42年、36才で議員になりましたので、昭和49年というと43才、2期目の最後の年ですね。いまの私よりも14才若く、かつ、期も1期若いことになります。その若さで挨拶をするということは、平和の塔の建設委員長でもしていたのでしょうか。

澄川喜一展

様々、感慨にふけりながら、先生の作品群を丹念に拝見しました。後日、弟をつれて再訪しました。入場無料で、8/1(日)まで開催しています。どうぞ皆様も是非御覧ください。

【関連】
澄川喜一氏文化勲章受章祝賀会に参加しました。2020年12月27日記事
「澄川喜一と東京スカイツリー展」、行って来ました。2014年10月05日
東京スカイツリーのデザイン監修をされた澄川先生が名誉市民に。2012年07月10日


  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2021年07月02日

■『子どもたちの生命と安全を守る緊急要望』、市長へ提出しました。

緊急申し入れ

先日、トラックが子どもたちの下校列に突っ込み、児童5人が死傷するという痛ましい事故がありました。この事故を顧みて、いま、世界的に取り組んでいる感染症対策の陰で、子どもたちへの配慮がお座なりになってはいないか、私たち公明党は感じました。

むろん、この事故そのものと感染症とを関連付けることはできませんが、物心ともに社会全体が感染症対策に目を向けられている中で、子どもたちの安全と安心への配慮を今一度、私たち大人たちが注意をしていくべきと、市長、教育長へ緊急要望をしました。

緊急申し入れ

申し入れには、渋谷金太郎市長の他、坂田篤教育長、7/1付けで就任した瀬谷真副市長に同席いただきました。要望した内容は以下のとおりです。
一、小学校通学路の危険箇所について、早急な総点検の実施。及び対策。
一、家庭内におけるDV被害やいじめの実態調査。ないし学校、教員、地域などすべての大人たちによる兆候発見。
一、子どもたちが元気にいきいきと活動できる場所の確保。特に運動のできる環境整備。具体的には、児童センターの改修工事期間中の代替施設の確保。
一、東京オリンピック・パラリンピック観戦事業における、安全安心な実施。感染状況等によって観戦中止とした場合、校内におけるパブリックビューイングの実施。
一、その他、子どもたちの精神的なケアについて、細心の配慮。

緊急申し入れ

また合わせて、コロナワクチン接種予約にあたり先日要望した内容について()、私たち公明党の要望を取り入れ、ネット予約補助を強力に推し進めて頂いた御礼と、今後、キャンセル対応について、市職員など急な接種に対応可能なエッセンシャルワーカーを積極的かつ優先的に入れてほしいと強く要望しました。

  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2021年06月17日

■新議場での初めての議会が開催されました。

新議場での初議会

5月GW明けから新庁舎はオープンしました。従いまして、6月の第2回定例議会も、新しい議場にて行われました。

新しい議場は、これまでの議場と勝手が違っていまして、下図レイアウトで見比べて頂きたいと思ますが、行政側と議員側とで向かい合って席が配置されているのは同じですが、旧議場は議長席のある正面向かって手前が議員席で、相対する形で行政席でした。新議場は、正面に向かって左に議員、右に行政と横に相対しています。

冒頭の写真は、まず一回目の質問・提案で正面席にて発言している様子です。新しい庁舎・議場では、映像配信されますので、議場ロビーのモニターに映し出されます。その様子を撮って頂きました。

議場レイアウト新議場での初議会

上の写真、右側の案内サインも、これまではこうした表示は議会フロアにはなかったと思います。新議場からはデジタルサイネージというそうですが、このように表示されます。

新議場での初議会

この写真は、最初の発言から行政の答弁を受け、再質問をしていく席です。最初の発言のときは正面議長席をバックにしていましたが、この再質問席は議員席をバックに行政側を向いて発言します。

今回も、私たち公明党会派は、一人10分、4人計で40分(つまり一人分です)を短縮し、行政側に差し上げました。私を除く3人の議員終了時点で40分を超えていましたので、私は持ち時間40分ギリギリまで使わせて頂きました。

新議場での初議会

続いて、常任委員会です。私は総務文教常任委員長を努めることになりました。公明党として総務文教委員長をやるのは、昭和の時代は分かりませんが、少なくとも平成の時代からはなかったことと思います。写真は総務文教委員会の様子です。写真上部中央が私です。こちらもモニターで流されています。

議会は6/28(月)が最終日です。是非、皆さまもお時間があればお越しください。  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2021年05月28日

●“コロナワクチン接種会場に市民センターを” 実現しまた。

コロナワクチン接種会場に市民センターを

いよいよ待望のワクチン接種へ向け、その予約が5/12(水)より始まりました。今回発表された清瀬市の方法は、まず、22,000人いる65才以上の高齢者について、市内の医療施設での接種が基本となります。近隣市や他市は、体育館などで接種するいわゆる“集団接種”ですが、清瀬市は“個別接種”ということになります。

集団接種は、一度に多くの方々に接種できる利点がありますが、デメリットとして、^緡泥好織奪佞亮蠻曄↓環境整備(注射を打つのですから当然ですが清潔な動線を作らなければなりません)、Lが発生する、などがあります。その意味では、清瀬の“医療のまち”というところが幸いしました。

しかし、市内の医療施設を俯瞰すると、必ずしも市内均等にあるわけではありません(下図参照)。西武線の周辺やその南側に集中しています。そこで、私たち公明党としては、“中里団地や台田団地など徒歩圏内に医療施設のない地域では特設の会場を”と要望してきたわけです。ワクチン接種については、一回目として昨年の「新年度予算要望」のおり、より具体的な要望として、今年2月の緊急要望、そして3月の一般質問でも要望しました。

“医療のまち・きよせ”にふさわしいワクチン接種を、緊急申し入れ。2021年02月06日記事
“医療の街・清瀬”にふさわしいワクチン接種を/令和3年3月議会 2021年04月30日記事

今般発行された市報『ワクチン臨時号』にて発表された接種会場では、野塩地域センター、中里地域センター、下宿地域センター、また、同じく徒歩圏内に医療施設のない下清戸地域についてはバスにて下宿センターへの便をつくるとあり、私たちの要望提案を生かして頂きました。

また、いよいよワクチン接種予約が始まるに当たり、その要望も提出しました。どこまでも市民目線に立ち、とはいえ現実的な提案要望をしてまいります。

円滑なワクチン接種へ向け、緊急申し入れをしました。 2021年5月13日記事

【参考】※赤丸・赤字はスズキが入れました。
ワクチン接種会場
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策

2021年05月18日

■「バス停横に歩道待機スペース」、公明新聞に掲載されました。

バス停横歩道

去る5/11(火)付けの公明新聞7面に、「バス停横に歩道待機スペース」の記事が掲載されました。

【関連】
気象衛星センター前のバス停の拡充 2021年03月01日記事  

Posted by takosuzuki │ ■新聞等での掲載