2021年11月20日

●“コミュニティFMの開設を” 実現しました。

コミュニティFMの開設を

私が議員になって早々の頃、今は亡き知人から田無タワーの鈴木部長(※当時。現FM西東京社長)をご紹介頂き、様々にお話を伺いました。

田無タワーに登りました!! 2012年08月09日

そもそも私は東日本大震災の直後に議員になりましたので、発災直後の議員として当選する直前の市への『防災計画の見直し』のなかで、“ぞ来的には、コミュニティFM放送を開設する。”との一文をいれて頂いたのでした。

防災計画の見直しを申し入れしました。 2011年04月01日

鈴木部長とのお話から、コミュニティFMの有用性を教えて詳しく頂き、やはり行政こそ地域での発信メディアをもつべきとの思いを強くし、そしてそれを議会にて提案しました。

市民への広報の充実へ、コミュニティFMの開設を。/平成24年9月議会 2012年10月17日

その後、現実的には清瀬市単独でFM局をもつことは、財政的にもコンテンツ的にも中々難しいと、東久留米市の三浦議員、そして小平市の先輩議員(※当時)・立花さんにも同行頂き、再び田無タワーを訪ね、鈴木部長からお話を伺ったのでした。

田無タワーとFM西東京を視察しました。 2013年01月29日

こうした一連のことから、早8年。今般、東久留米市において開局したコミュニティFM放送局・FMひがしくるめが、清瀬市をもそのエリアに入れ、『TOKYO854くるめラ』として生まれ変わりました。

私もよく車で聞いていますが、地元馴染みの地名や商店名が度々カーラジオから流れて来ると、ワクワクしますね。なんとか一度お話を伺いたいと思っていました。

そして、TOKYO854くるめラでパーソナリティーを務めるDJであり知人の柳瀬ゴローさんの仲介で、TOKYO854くるめラに伺い、小梶局長にお会いしました。

TOKYO854・小梶局長

私のこれまでのコミュニティFMを作りたいとの取り組みの経緯や、TOKYO854が出来上がるまでのお話。また、今後の行政との関わり方など後半にディスカッションをさせて頂きました。局長もご自身の番組をもちオンエア前でもあったので、ほんのご挨拶のつもりで伺いましたが、結局、一時間以上も長居をしてしまった挙げ句、オンエアの様子も見せて頂きました。

TOKYO854

また、私がそもそもコミュニティFMに関心を持つ動機となった防災の観点でも、くるめラオリジナルの防災ラジオも見せて頂きました。このラジオは、発災における情報を電源が入っていない状態でも流すことができる、プッシュ型のラジオだそうです。これはその後、議会でも提案した経緯もありますので、今後も提案していきます。

河川氾濫危険地域への情報配信体制整備を/平成30年9月議会 2019年03月17日

防災ラジオ

清瀬を放送エリアにしたコミュニティFMがようやく実現しました。これはもちろん私の働きかけによるものではありませんし、行政が関わっているわけでもない、民間による立ち上げ事業です。ただ、強くコミュニティFMの設立を願っていた一人としてとてもうれしく思いまし、かねて申し上げているように、この放送のなかに清瀬市のコーナーをつくって、市からのインフォメーションを流してもらいたいと思っています。

【参考】
TOKYO854くるめラ  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策

2021年11月19日

●住宅が建ち見えにくくなった路地にカーブミラーを付けて頂きました。【中里3丁目】

中里3丁目のカーブミラー

小金井街道から東に入った路地に新しく住宅が経ちました。もともとは畑だったところで、赤道のような路地がありました。

住宅が建ったことによって、その路地の見通しが悪くなって危ないとの声を頂きました。赤道とはいえバイクや自転車も通る道です。さっそく、所管課にご相談しました。

中里3丁目のカーブミラー

本来はポールを立ててカーブミラーを設置したいところですが、電柱に付けさせてもらうことにしました。角度によっては見えにくいですが、カーブミラーがなければ何も見えないので、良しとします。

いろいろと工夫をして、市民の生活向上、安全確保にお勤め頂きありがとうございます。

【設置場所】

  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・中里3~4丁目

2021年11月11日

■アフターコロナへ向けた要望書、提出しました。

コロナ関連要望

去る11/8(月)、コロナ禍における地域支援策を中心とした『ウイズコロナ、アフターコロナへ向け、清瀬市の元気を取り戻す要望書』と題する緊急要望書を市長へ提出しました。

これまでも地域経済の振興策として、paypayなど商店を元気にし消費者にも還元されるものを提案し実施して頂いて来ましたが、今回も商業振興施策を中心に、地域活動を元気にする施策、学校での感染防止のための換気対策、通勤しなくても仕事のできる環境整備施策、そして非接触型の図書館施策など、提案しました。

要望書の提出にあたっては、渋谷市長の他、瀬谷副市長、今村統括官にお立合い頂きました。上の写真は撮影時のみマスクを外しました。

アフターコロナへ向けた要望書

  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2021年11月01日

●プール授業の校外施設利用、実現しました。

プール授業の校外施設利用

清瀬市の学校は、いずれも老朽化がすすみ、ここ10年ほどでほぼすべての学校の改修が終わりました(※清小はまだです)。しかし、プールの改修はできていない現状です。もう数十年経っており、プールサイドのタイルの劣化やシャワー室、更衣室などの劣化は著しいです。

そうしたことから、順次、プールの改修を進める必要がありました。

また別の問題として、プールで使用する水道代の経費という問題もあります。また、学校プール(に限りませんがプール全般)は、当然使えば使うほど水質が悪くなるので、衛生上、塩素などを入れて消毒しなくてはならず、よってあの塩素臭さ、また目が痛くなったり、赤くなったりします。本来はこまめに水を入れ替えたり、また浄化装置を設置して絶えず水をきれいにすればよいのですが、お金がかかるので塩素消毒にたよるということになります。

こうしたことがあり、かつて私は学校プールは民間のプールを利用してはと提案しました。

学校プール事業ついて /平成30年決算特別委員会

今年(令和3年)から、四中と四小のプール授業が市内のセントラルスイミングで行われることになりました。

授業風景

いずれの学校もプールの劣化が激しく改修の必要がありましたが、費用面などで、民間のスイミング施設を利用することになったのです。

学校現場の声を聞いてみると、近年の温暖化により夏はより灼熱化し、プール授業で熱中症になるケースもある、また日によっては寒くて唇が紫色になるなど、健康上も支障があったとのことです。

セントラルスイミングで

四中のプール授業を視察させて頂きました(※生徒の顔が分からなくすめ条件で撮影も許可頂きました)。授業は学校での授業同様、体育の先生が行い、補助としてスイミングのコーチがついて下さるそうです。当たり前ですが、屋内施設のなので、日差しや天候は関係ありません。また施設の支配人に伺うと、プールの水質もフルタイムで循環ろか浄化をされているそうです。

また、一般利用者との区別も、今回、学校授業で使用するのは休館している曜日だそうで、完全貸し切り状態です。

送迎も施設からバスを出して頂き、四小、四中の距離だと10分もかからないということです。施設についてから着替えをし、授業になります。

今後も民間施設を利用しての授業は増えていきそうですね。

※上の写真は撮影時のみマスクを外しました。また視察時の写真撮影はみだりに行わないよう十分気を付けて最低限行いました。  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策

2021年10月17日

■広域ごみ処理施設「柳泉園」、組合議会議長を拝命しました。

柳泉園議会議長に就任

市の基幹事業としてなくなてはならない大事なもののひとつに“ゴミ処理”があります。それぞれの市によって処理方法が違い、清瀬市は近隣三市(東久留米市・西東京市)と共同で、東久留米市内にゴミ焼却場を建設し、運営しています。清瀬市では、ゴミ処理施設だけではなく、病院(昭和病院)や科学館(多摩六都科学館)も共同運営していています。

そうした施設は、それぞれの議会から議員を選出して組合議会をつくり、運営や会計をチェックします。そのなかで議長は、管理市が持ち回りで2年ごとに選ばれます。

今回、令和3年度から5年度までの2年間、清瀬市が議長市ということで、清瀬市から出ている3議員から私が選ばれました。

柳泉園議会

円滑な議事運営ができるよう、頑張ってまいります。皆様の生活でのゴミ問題、なにかありましたら遠慮なくお申し付けください。  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT