2011年09月26日

★買い物難民対策について

買い物難民対策について


先般来、市はJAと協力をして出張販売実施へ向け取り組まれていることは伺っています。また、最近「町の豆腐売り」が非常に売れているということが話題になっており、やはり出向いていって買っていただくという手法、つまり出張販売が、今の高齢社会と関連があるのだろうと思っております。

昨年(2010年)11月に都営野塩団地の文化祭がありまして、そこで地元の農家の方にご協力いただいて出張販売をしたところが、軽トラック1台で来て頂いたんですけれども、ものの1時間で売り切れてしまったということがありました。都営野塩団地は非常に急な坂を登らなければ近くの商店には行けませんし、都営中里団地にしても近くにはそうした商店がございませんので、ぜひそうした出張販売について、現状を教えていただければというふうに思っております。

【答弁/五十嵐市民生活部長】
買い物難民について、今ご質問をいただきました。
委員が確かにおっしやるとおり、中里地区、それから野塩地区で商店がだんだん少なくなってきておりまして、高齢者が買い物する条件がかなり厳しくなってきております。清瀬市を見ましても、65歳以上が24%というような形の中で、高齢化率ですけれども、4人に1人が65歳以上というような状況もございます。今、実際に商工会のほうでも、買い物難民の対策が急務というようなこともございまして、商工会とも調整しておりまして、今商工会のほうで高齢者の宅配サービスの委員会が立ち上がりまして、これから開くんですけれども、市の産業振興課長のほうもそちらの委員となりまして、これからその対策を考えて、それを実施に向けて検討を進めております。

それからまた、6月でもちょっとお答えしたんですけれども、中里地区の野菜の引き売り等も、今農協とも相談して、実施に向けて相談をしております。

そのほかにも、コミュニティプラザでの、今グリーンタウンのほうでもなかなか商店が近くにないというようなこともありますので、できたら年内にコミュニティプラザでの朝市、野菜とかそれから農と商の連携といったような形の中で、月1回程度の朝市等も考えており ますので、いろいろな形の中で考えていきたいと思っております。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 予算委員会

★「コミプラ音楽虎の穴」コミュニティプラザひまわりで音楽講座を

コミプラ音楽虎の穴

先般議会でも市内の中学校の吹奏楽部が非常に盛んであるという話がございました。片や清瀬市には、日本のミュージックシーンの第一線で頑張っておられる音楽家の方々も何人かおられます。そうした方々のお力をお借りし、中学校吹奏楽部のレベルアップのための音楽教室の開催できないかご提案します。

文化都市・清瀬をよりアピールする意味でも、また地域と学校が一体となって子どもを育てていくという意味においても、清瀬をプロモーションする大きな話題になっていくと思います。清瀬ひまわりの音楽教室で教わった子たちが、将来どんどん音楽家に育っていき、そして清瀬で育った音楽家は一流だという風にアピールできれば素晴らしいと思います。

【答弁/中村国体準備担当部長】
コミュニティプラザの利用率アップの関係で、特に音楽教室の使い道につきまして、具体的な提案を頂きました。

もともと学校施設でございますので、あそこは美術室ですとか、音楽室、調理室、講座室といった、いわゆる一般的な会議室とは違った形の施設を持っているのも一つひまわりと何でも使えるという面がございますので、そういった意味でばいろいろなサークルなども使いやすい、どんな形でも使えますので使いやすいという形がある中で、そういった美術とか音楽、調理、講座室、こういった特殊な部屋については、そういった部屋でなければなかなか活勤しにくいというサークルとか、そういうのが育っていないという現状の中で、こういうところの使い道が全体の利用率アップをするためには大事なことなんだろうなというふうに思います。

そうした中で、具体的な提案をいただきましたので、いずれにしろ指定管理者のほうでそういったところを活用した自主事業をどうやって展開していくかというところが非常に大きな課題になってくると思いますので、ご提案のありましたことにつきましても、これは特に学校なども関係してまいりますので、関係者とも話をする中でどんな仕掛けが可能なのか、いずれにしろ委員がおっしやるように、地域の皆さんに利用されるような方向を目指せればいいなというふうに思っています。

コミュニティプラザ・ひまわり
(コミュニティプラザ・ひまわりはとても素晴らしい施設ですが、稼働率が低いのも課題です)

  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 予算委員会

★校庭の芝生化に“ヒメイワダレソウ”を

校庭の芝生化に“ヒメイワダレソウ”を

校庭の芝生化については都も補助をつけて積極的に推進していますが、とは言え、メンテナンス等が大変でなかなか歓迎されないということも現場からは伺っています。

そこで、非常に繁殖性が高く、雑草のように踏んでも大丈夫な強さをもっている「ヒメイワダレソウ」という植物を芝生の代替できないかとご提案します。この植物はメンテナンスが非常に楽で、芝生に代わる植物だそうなのですが、この植物で芝生化した場合、都の補助が出るかどうなのご存じであればお伺いいたします。
【答弁/粕谷教育総務課長】
続きまして、芝生化につきましては、それにかわるものということではないんですけれども、芝生化につきましては平成20年度から、清瀬市では順次1校ずつ、来年度につきましては2校の学校で芝生化をするために進めております。この事業につきましては、東京都の10分の10の補助で、校庭を順次整備していくということもかねて行っておりますので、都の補助が受けられる範囲で進めたいと考えておりますが、委員の言われた「ヒメイワダレソウ」のことは、情報としてございません。
三中の芝生化された校庭
(三中の芝生化された校庭。校庭の芝生化はメンテナンスが大変だそうです)
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 予算委員会

★小学校の危険な塀を改築せよ

小学校の危険な塀を改築せよ

今年度までに市内の小中学校の耐震化工事を進めて頂き、ありがとうございました。
さて残る心配は、学校施設周辺の老朽化に伴う危険箇所の改善です。例えば、四小や清中の通学路における万年塀が非常に古くなっていて、一部は傾いている箇所もあり、大きな地震で倒れかねない状況です。早急に改善をお願い致します。
【答弁/粕谷教育総務課長】
学校の通学路にある万年塀は、こちら教育委員会としても震災の時には、危険と感じておりまして、把握するために調査を実施いたしました。

全校に万年塀は設置されておりまして、特にこちらのほうといたしましては、危険度の高いものといたしまして、小学生、中学生も通る通学路、あと壊れている場所、それについてネットフェンスに切りかえていくようなことで、これから計画を立てて順次直していければと考えております。

四小の万年塀
(老朽化した四小の万年塀)
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 予算委員会

2011年09月16日

■自衛消防訓練審査会に行ってきました。

消防審査会
9/16(金)、コミュニティプラザひまわりで行われた自衛消防訓練審査会に行ってきました。残暑の照り付ける中を十数組の団体が参加し、それぞれに訓練の成果を発揮されていました。

こうした審査会は、市報やタウン誌などで知ってはいましたが、参加するのは今回初めてで、良い催しだなあと感心しました。

というのも、来賓挨拶で渋谷市長も言っておられましたが、清瀬は古くは関東大震災、近くは東日本大震災でもその地盤の硬さから大した被害はないものの、地域によっては古い木造住宅の密集しているところもあり、備えるべきは火災による被害だからです。

震災などで一切に火の手が上がった場合、とても消防署だけでは消火活動にあたることは不可能です。その意味では、それぞれの地域や団体が自前である程度の消火活動ができるということは、リスク管理の観点からも大事なことです。

地域の青年からなる消防団やこうした自衛消防団、また防災女性の会など、民間の市民団体が消防署の下部組織として防災のスキルを持っているということの素晴らしさ。改めて、日本の防災制度の凄さを思い知る一日でした。

ちなみに、この審査会で我が清瀬市役所チームは、男女で優勝の栄冠を勝ち取りました。  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG