2011年01月04日

■折り込みチラシが入りました。

チラシ
本日(1/3)付けの朝刊に公明党清瀬市議団ニュースが折り込みチラシとして入りました。
朝毎読そして産経の全国誌に入りましたので、皆様のお宅にも届いているかと思います。
内容は、昨年12/2に市長に対して行った「ワクチン接種の公費助成と小中学校の冷房機の設置」の要望を記事にしたものです。詳細は下記を御覧ください。
公立小・中学校に冷房機の設置を!!
 近年、地球温暖化の影響からか、特に昨夏の平均気温は気象庁の統計開始以来の最高を記録。 35°Cを超える猛暑日も、都内では過去最多記録に並ぶ13日に達しており、学校の校舎内ではさらに高温となっていることも確認され、児童・生徒の教育環境に重大な影響を及ぼしました。
 都内の公立小・中学校の普通教室の冷房化の状況は、23区では来年度100%完了するのに対し、多摩地域では17.6%にとどまっています。また、清瀬市では普通教室に冷房を設置した小・中学校は皆無であり、学力向上に向けた取り組みはもとより、健康に異常をきたす児童・生徒も多くいます。
 一方、都議会公明党は都に対し、市町村への財政支援を要望し(9、11月)、代表質問等でも取り上げました。
 これを受けて都は12月、今年の夏に間に合わせるため、今年度から前倒しで各市町村への財政支援を決めました。本市においても都との連携で普通教室の冷房化を実現するよう市長に強く求めました。

ワクチン接種に対する公費助成を!!
 子宮頬がん、ヒブ、小児用肺炎球菌の予防ワクチン接種に対する公費助成が全国の自治体に広がっており、国も公費助成に動き出しました。
 公明党は、予防ワクチンの接種や検診(細胞診とHPV検査)実施の全額公費助成などを盛り込んだ「子宮類がん予防法」を参院に提出しました。同法案は、女性の生命と健康を守る人道的な内容であり、与野党の垣根を越え、一刻も早い成立を目指しています。
 これまで公明党は国民の命を守るため、ヒブや肺炎球菌の予防ワクチンの公費助成の拡大を求め、定期接種に組み入れるよう訴えてきました。このほど厚生労働省の予防接種部会が「両ワクチンに加え、子宮類がん予防ワクチンも定期接種化すべき」との意見をまとめたことから、市議会公明党はワクチン接種の公費助成を早期に求めた要望書を市長に提出しました。
 昨年12月2日、ワクチン接種の公費助成と小中学校の冷房機の設置の要望に対し、市長は「真摯に受け止め、検討したい」と答えました。
(2011.1.3.mon)  

Posted by takosuzuki │TrackBack(0)■活動日誌/BLOG 

2011年01月01日

■新年のご挨拶

謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。
いよいよ決戦の年がスタートしました。
今年、私は年男。
すべてに跳躍の一年として参ります。

皆様にとって今年一年が素晴らしい年でありますよう、
お祈り申し上げます。
(2011.1.1.sun)  

Posted by takosuzuki │Comments(0)■活動日誌/BLOG 

2010年12月31日

■今年、一年間ありがとうございました。

11月18日に公認決定を頂き、怒涛の如く月日が過ぎて行きました。
今までの生活では考えられない程、多くの方々のご支援を頂き、心から御礼申し上げます。

明日からは、いよいよ決戦の年が始まります。
一日一日を大事に、真剣に戦って参ります。
明年もよろしくお願い致します。
(2010.12.31.sat)  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG 

2010年12月26日

●高齢者の孤独死 防げ

老人の孤独死防げ
都営住宅などの集合住宅では核家族化が進み、高齢者だけの世帯が増えています。その中で、連れ合いを亡くされて単身世帯となった高齢者が、近所付き合いも疎遠になり、いつしか孤独死をされていた、こういうケースが近年増えています。

私の住んでいる都営住宅は、そんなに大きな団地ではありませんし、ご近所同志の付き合いもありますから、孤独死をされ何日も経っていたというケースはほとんどありませんが、今後はこうしたケースも気をつけて行かなくてはなりません。

その意味では、下記の記事はとても良いニュースです。
都営住宅 高齢者の孤独死防げ/安否確認を電話案内で対応へ/都議会公明党の提案で実現
東京都は22日、都営住宅における一人暮らしの高齢者など居住者の安否に関わる緊急確認について、今月28日から夜間・休日の電話案内を拡充するなど迅速に対応していくことを明らかにした。

同電話案内は、JKK東京(東京都住宅供給公社)のお客さまセンター(電0570・03・0072)で、24時間365日実施しているもの。現在、漏水、断水などの緊急修繕や、事故、火災の問い合わせを主に対応していたが、居住者の安否確認も加える。また平日午前9時から午後6時以外の、夜間・休日の音声アナウンスを変更するとともに、問い合わせ番号を団地内に掲示し普及を図る。

これにより、安否を心配する家族や友人が連絡した場合、連絡者と、同公社が委託する工事店、警察が現地で立ち会い、居住者の安否確認ができる。

都営住宅は現在、約26万戸で、このうち65歳以上の単身世帯は全体の約24%を占める約6万2000人にも上り、単身高齢者世帯が増加している(2009年度末現在)。

都議会公明党の東村邦浩政調会長は7日、定例会代表質問で孤独死対策の強化を提案し、都側が電話案内を拡充するなどの意向を示していた。
(2010.12.23 公明新聞より)

つまり、JKKが問い合わせのあった高齢者の方の安否確認をしてくれるというサービスです。

地域のコミュニティがしっかりすれば良いというのは論を待ちませんが、なかなかそうはいかないのも現実です。とりあえずの策としては、最善ではないでしょうか。
(2010.12.26.sun)  

Posted by takosuzuki │TrackBack(0)■実績/RECORD | ・政策

2010年12月25日

■ポスターが貼られ始めました

ポスター
クリスマス一色の12/23夜、刷り上がったばかりのポスターを届けて頂きました。

自分の顔が大きく印刷されているものって、何かくすぐったいというか、気恥ずかしいというか。こういうことは名刺やリーフで慣れてきたかと思っていたのですが、ポスターはまた違った心境です。

12/24早速、街中に貼り出して頂きました。この年の瀬の忙しい中を、本当に申し訳ありません。ありがとうございました。

皆様の代表として、一生懸命頑張ってまいります。
(2010.12.24.fri)  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT