2011年06月20日

■空き家を利用した消防訓練を視察しました。

空き家を使った消防訓練
6/16(木)、東大和市にある北多摩西部消防署(東大和市と武蔵村山市を管轄)にて行われた消防訓練を視察しました。

この訓練は、都営住宅やマンション火災などに備え、従来は消防署の敷地などに仮の3〜4階の施設を作り、そこで行われていたものです。

「より実践に即した訓練をしたい―」消防署からのこうした声に都議会公明の東村都議が応え、議会で質問し、建て替えで空き家になった都営住宅を利用できるようになったものです。

視察させて頂いた村山団地では、先般4階で火事があったばかりだそうで、ハシゴ車の架設場所や放水地点、また火事現場への入り方など、訓練とは違うケースも多かったようです。

その意味では、実際の生活現場をそのまま訓練に使えるとなると、より細かな留意点が見つかり、消火作業や救出作業のスキルが格段にアップすると思われます。

ここ村山団地は昭和40年代の前半に作られ、私の住む野塩団地とほぼ同じ作りになっており、なるほど私の団地でもし火事が起こったらと考えると、日頃からこのような訓練がされていればとてもこころ強く感じます。

是非、こうした訓練は、それぞれの地域でもやって頂きたいと思いました。ただ清瀬には建て替えで空き家になっている棟はないので、空き家率が高く、回りに迷惑がかからない範囲で、我が野塩団地でもできるといいですね。今後の私の課題としておきます。  

Posted by takosuzuki │ ■視察 

2011年06月17日

■市内の放射線を測定しました。

放射線測定大変にお世話になっている方のところにご挨拶に伺った際、その方が放射線測定器をもっていらっしゃることが分かり、一時貸して頂ける事になりました。

今まで、清瀬市内の放射線測定値はわずかの方しかやっておらず、行政ももちろんやっていませんでしたので、さっそく気になるところを測定に回りました。

まずは、清瀬水再生センター。汚泥から高濃度の放射線ヨウ素が検出されています。この報道のあった直後、私は都の関係部局に問い合わせをしたところ、汚泥は厳重に密封され施設内(建物)に保管されているとのこと。また焼却の際に放射性物質が外に出ないかとの問いには、ダイオキシン対策として煙突にはフィルター処理がされているので、そうしたことはないとのことでした。

施設周辺で測定したところ、0.04〜0.17マイクロシーベルト/h。野塩近辺と概ね同じ値で、特にここだけ高い数値ということはありませんでした。

次は、金山公園です。池やその周辺、また土壌とそんなに他との変わりはありませんでしたが、川原の砂利に0.08〜0.23マイクロシーベルト/h とやや高い数値がでました。とは言っても、高い数値が出たのは一瞬だけで、ほぼ0.15前後でしたので、驚くほど高いということではありません。

中部大学の武田教授式計算だと、ずっと0.1マイクロシーベルト/h の環境にいたとしても、0.1×24h×365日÷1000=0.876ミリシーベルト。1ミリシーベルトにも及びません。家の中はもっと少ない数値になるでしょうから、実際はもっと低いはずです。もちろんこれは外部被ばくだけですし、内部被曝や自然放射線での被爆を足すと、より被爆が少ないにこしたことはありません。余計な被爆はしないよう努力は必要です。

安全な被爆などないのです。ただ恐れていた数値ではなくて、良かったです。
2011.6.15
  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

●一時停止標識の補修/ローカル実績

一時停止標識補修中里1丁目住宅地。一時停止交通標識の根元が腐食によってぐらついているとのご連絡を頂きました。

すぐに東村山警察に連絡し、付け替え工事をして頂きました。
2011.6.13
ここ  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・中里1丁目

2011年06月07日

■初議会が始まりました。

必須アイテム
初めてとなる議会が6月6日(月)より始まりました。この日は市長の所信表明がメインとなり、午後2時前には終了となりました。

そういえば、本当の意味で初めての議会は、5月20日(金)の臨時議会でした。
ここでは議長、副議長、各種委員会委員などが決められ、議長には、自民クラブの森田正英さん、副議長には民主(市議会会派としては“風”)の斉藤実さんが選ばれました。今まで、議長・副議長の選任は、慣例的に話し合いで決められていたそうですが、今回は選挙によって決まりました。立候補者の所信表明演説がないなど、100%のものではなかったようですが、透明性のある議会運営へと一歩前進したことは確かです。

私は、総務文教委員、そして柳泉園組合議会議員になりました。そして議場での席次も決められ、私は壇上向かって最前列の右端になりました。

この6月定例議会は、本日開会し、一般質問は6/9(木)から土日を挟んで6/13(月)まで。私は13(月)に登壇予定です。放射能問題を中心に質問します。是非、お時間のある方は、傍聴にいらしてください。  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2011年06月03日

■水防訓練を見学しました。

水防訓練

去る5/28(土)、清瀬市の水防訓練を見学しました。

この訓練は、年に一度、清瀬市と清瀬消防署と消防団とで行われている、洪水に対する訓練です。

私の子供の頃は大雨と言えば近くの空堀川が氾濫し、近くの住宅を襲っていたものでしたが、近頃では河川改修の成果で川の氾濫はなくなった反面、ゲリラ豪雨と呼ばれる集中豪雨による排水しきれない雨水が道路や家屋に浸水被害をもたらしているのはご承知の通りです。

訓練では市内の女性ボランティアによる防災女性の会の方々も、大勢参加されており、立派なことだと感心しました。

ふと、配られたパンフレットに目をやると「清瀬市内で平成22年度に発生した水災状況」として、野塩一丁目、中里一丁目、中清戸五丁目に床下浸水があったと記されていました。

去年のあの豪雨でさえも、市内で3件しか床下浸水がなかったことに驚いた私は、訓練終了後に消防の方に訪ねたところ、道路冠水はもちろん数カ所であったが、家屋への被害は3件だけだったとのこと。

そのうちの中里一丁目の被害は数年前より毎年聞いていたので、残す野塩一丁目と中清戸五丁目の被害をより調べてみると、野塩は去年初めてでしかも軽微な浸水だった、中清戸五丁目は今年すでに対策工事が行われたとのこと(※【追記】その後役所に確認をするとこの地域の工事は今後行われる予定だそうです)。

するとやはり重大なのは、この中里一丁目だけじゃないか!?

このパンフレットで気がつかなければ、役所の言う「ここだけじゃないので」という説明を鵜呑みにするところでした。

市内あちこちであるから、すぐに抜本的な対策はできないと聞かされていた私は、今回の議会で質問することにしました。

役所の怠慢とはいいません。役所もこれまで一生懸命やってこられたことと思いますが、やはり物事にはプライオリティ(優先順位)があります。

道路冠水と家屋への浸水被害を比べた時、人によっては「私」より「公」が優先だと、道路冠水を先にと言う方もいると思います。私は、今回の津波被害を見ても、生活空間が水に浸(つ)かってしまう悲惨さというものを目の当たりにした時、しかもそれが毎年繰り返されるというのは、やはり真っ先に何とかすべきであろうと思います。

※【追記】またその後役所に確認をすると、昨年の床下浸水被害は、役所として確認している所は2地域、4戸であるとのことでした。

  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT