2011年06月22日

★清瀬の土壌浄化に“菜の花”を咲かせよう!!

清瀬の土壌浄化に菜の花を咲かせよう
続きまして、放射能による土壌の浄化についてご質問致します。

放射能は極めて低い数値でありながらも、時々刻々と放射性物質として降り続いています。これらは中部大学の武田教授の言葉を借りますと、「花粉のように降っている」そうであります。これらは場所を選ばず降り積もりますが、建物や道路などは雨風によって飛散し、またはホウキや水を撒いたりして掃除することも可能だそうです。

しかし、土壌に降り積もった放射性物質は、その多くが雨によって土壌に浸透してしまい、そこで放射能を出し続けるそうであります。その除染に有効なのが、ひまわりや菜の花なのです。

ひまわりや菜の花は、土中の放射性物質を吸いとる性質があり、報道によれば福島の飯舘村では放射能の除染のため15,000本のひまわりを植える実験を始めたそうです。

清瀬では既にひまわりは有名でありますが、ひまわりよりも手間が掛からず自生する「菜の花」を、清瀬中に咲かせるプロジェクトをご提案致します。

菜の花もひまわりと同様その除染の効果は変わらないそうで、しかも春になると柳瀬川や空堀川などに咲き誇る風景は、壮観であります。

ひまわりフェスティバルのように、どこか特定の畑でということではなく、柳瀬川や空堀川の河川敷、または公園、沿道の植栽、いたるところに菜の花を咲かせる、もちろん清瀬の農作物は安全であるというアピールのためにも、春の一時期だけ、清瀬中の畑に菜の花を咲かせて頂くよう農家の方々にご協力を頂くということも案だと思います。

そしてあわよくば将来的には、ひまわりフェスティバルのひまわりとこの菜の花の種を収穫し、清瀬ひまわりオイルや清瀬菜の花オイルとして商品化できたら素晴らしいと思います。

春には菜の花、夏にはひまわりの咲き誇る清瀬の街。これは、先日の市長の施政方針演説の「三本の木」の話をお聴きし、イメージ膨らませたものです。

確かに我が清瀬市は「三本の木」に象徴されるように「木」がキーワードであると思います。清瀬という字の語源は、「清らかなせせらぎ、きよ・せ」であると同時に、「キを寄せる、キ・ヨセ」であると思うのです。どんな「キ」を寄せるのか、それは市長の言う、樹木の木である。けやきでも良い、また台田の桜の木でも良い、樹木としての木を寄せる街。

また私は、ひまわりや菜の花のように、黄色の黄、幸せの黄色の花々を寄せる集める街・キヨセであると思いました。そして、最終的には、喜びや嬉しさといった喜の寄せ集まる街・キヨセであると思います。

そうした意味でも、ぜひひまわりとともに菜の花を清瀬の街いっぱいに咲かせ、放射能にクリーンな街清瀬、喜びや嬉しさの集まりる街・清瀬をアピールして頂きたいと思います。

続けて、土壌の放射能対策としてもうひとつ、一番大事なのは、その影響を最も受ける学校校庭の除染です。福島では、校庭の土の表面を撤去したことが報道されています。その撤去した土の撤去先がなく、已むを得ず校庭の隅に積み上げられたままになっている。こうしたことから、やはり校庭の土壌は撤去ではなく、除染が望ましい。しかし、学校の校庭にひまわりや菜の花を植えるわけにもいきません。

ここで私はEM菌散布による土壌浄化を質問致します。

EM菌についてはここであらためて申し上げるまでもなく、河川浄化や農地の肥料として行政等でも広く採用されている有用微生物群であります。その土壌浄化の効果については、様々議論があるようですが、開発した比嘉教授によるとチェルノブイリでの除染実績もあるとのことです。予算もそれほど高額ではないようですし、ぜひ一度ご研究頂きたいと思います。

以上、菜の花とEM菌による土壌浄化につき、ご見解を頂きたいと思います。

【回答/岸市民生活部参事】
放射能による土壌の浄化についてのご質問をいただきました。

現在市では放射能による健康に対する影響はないと考えております。

しかし、この放射能に対する不安は、このたびの東京電力福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故に起因し、多くの市民の皆様が不安に感じていることも事実ですので、国による全力を挙げた早期復旧を願うところでございます。

議員ご質問の菜の花やEM菌を活用した放射能除去につきましては、1986年に発生したチェルノブイリ原発事故後の、土壌再生の取り組みとしてお問きし、EM菌、菜の花の根が、セシウム・ストロンチュウムといった放射性物質を吸い取るといわれており、今後も是非その効果に期待するところでございます。

しかし、現状では、清瀬市の土壌は汚染された状況ではなく、今すぐ市が施策として取り組むという事は難しいと考えております。

EM菌につきましては、ダイオキシン類の低減に向けた取り組みや肥料に混ぜた活用方法等が知られております。また、清瀬市内の農家でもEM菌を牛舎の臭い消しに利用しているとも問いております。

市ではこれからも市民の皆様が必要以上に不安にならないよう、情報を提供していくことに心がけておりますのでご理解頂ければと思います。

【解説】市は清瀬市の土壌が放射能に汚染されていない、または健康に害のある濃度で汚染されていないという立場で、菜の花は植えない、EM菌も撒かないとの回答です。

除染という意味合いではなくても、清瀬のあちこちが真っ黄色の菜の花畑ができれば、市民の心が明るくなります。

質問でも言いましたが、菜の花は自生する植物であり、莫大な予算のかかることではないのですから、“黄を寄せる街・きよせ”を是非やって頂くよう、今後とも働きかけて参ります。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★非核平和宣言の再定義とツイッターを広報ツールに

非核平和宣言の再定義とツイッターを広報ツールに
私は今回の震災後、選挙活動中でありましたが、ツイッターを通じて、見知らぬ様々な方からご意見を頂戴し、今回、特に放射能問題について質問をさせて頂きましたが、我が清瀬市は、まんざら放射能に対して無縁な市ではありません。

私はずいぶん昔、街中に立つ看板を不思議な思いで見ておりました。その看板にはこう書かれていました。

「非核平和宣言都市清瀬」
非核平和宣言都市

これは当時の非核三原則「核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」の意義に賛同し、これを広く日本に訴えていこうという意義のもと宣言されたと推測しますが、こんな東京の外れの小さな清瀬市で、核兵器を持つことも、作ることも、持ち込ませる権限もない街で、非核宣言もないだろうと思いました。

しかし今日、こうした状況になってみると、過去の先輩議員たちは偉大であった、こうした事態を見通して宣言して下さったのだなと思います。

「非核」の「核」とは、放射能のことであり、放射能に対してはクリーンな街を目指す宣言なのだと。

是非とも、この宣言の意義を敷衍し、「放射能にクリーンな街」としての意義を追加再定義し、看板にもこうした文言をサブタイトルとして付け足したら、どうかと提案いたします。

また、これは広報の関連することであろうとおもいますので、合わせて、防災対策のうち広報関連も質問いたします。

今回の震災で問題になったことのひとつとして、帰宅難民問題であります。都内にお勤めの方々は、なにはともあれ、清瀬の家族は無事なのか、ということが最大の関心事でありました。それが不明であればこそ、一刻も早く帰りたいとなったことと思います。

携帯はつながらない、公衆電話は長蛇の列、メールもピーク時は6時間遅れ、こうした情報遮断の状況で、唯一全く支障がなかったのは、ツイッターであります。

私も3/11の午後、ツイッターで清瀬の状況を乞われ、清瀬では家屋損壊などの大きな被害はない旨、ツイート致しました。これには都内におられた大変多くの方から、喜んで頂きました。

その意味で、ぜひツイッターを清瀬の広報ツールのひとつに加えて頂きたいと思います。ツイッターは発信者が特定できない、つまり偽物ツイート、なりすましツイートの危険があるとの声も聞かれますが、そのために、平時から清瀬市公認ツイートとして防災や防犯含め広く情報発信し市民の皆様に活用認知して頂ければ解決可能なことと思います。お金もかからないことですので、ご意見をお聴かせください。

【回答/中澤企画部長】
非核平和都市宣言は、昭和57年に市民の皆さんからの請願を受け、清瀬市議会が決議した宣言であり、「非核三原則(遣らず、持たせず、持ち込ませず)の遵守」、「いかなる国の、いかなる核兵器も、清瀬市内に配備・貯蔵、配備訓練、空中輸送、核部隊の通過を許さないこと」、そして、「核攻撃の目標となる恐れのある施設の撤去に努め、新たに設けることを認めず、疑わしき施設の実態把握と公表に努めること」を宣言しております。

市では、市議会の宣言を受け、市内5か所に「非核平和宣言塔」を設置するとともに、市民の皆さんによる平和祈念展等実行委員会を設置し、平和祈念展や平和祈念フェスタ、ピースエンジェルズの広島派遣など、非核平和宣言都市として平和祈念事業に取り組んでおります。

実行委員会が、今年の3月に作成した「新版 清瀬と戦争」というパンフレットの中でも宣言の全文を掲載するとともに、昨年8月15日号の市報きよせの特集でも宣言の全文を掲載し、清瀬市が非核平和宣言都市であることの周知に努めております。

実行委員会では、現在、8月の平和祈念フェスタに向け準備を進めておりますが、例年の広島、長崎関連に加え、今年は福島原発の事故もあり、原発関連の講演会を行ってはどうかとの話も出ております。

今後も、非核平和宣言都市であることの周知に努めてまいりますが、宣言の再定義につきましては、市議会の決議であることから、市議会のなかでご議論いただく必要があると思います。

【絹参事答弁】
ツイッターの活用についてお答えいたします。

今回の震災では、地震発生直後や計画停電の発表直後などは、電話がつながりにくかったり、ホームページもアクセスが集中し閲覧しづらい状況がありました。そうしたなかで、ツイッターが有効な情報発信ツールとして使われ、多摩地域でも三鷹市や狛江市はツイッターを活用して緊急情報を発信したとのことでございます。

ツイッターは、インターネット環境が整っていれば、特に導入費用がかかるものではないため、開設すること自体は簡単ですが、市の公式サイトとして情報の正確性をどう担保するかや、そのメリットを生かすだけの体制づくりなど、いくつかの課題がございます。

災害時の情報発信手段については、今回の震災時の教訓を活かし、様々な情報配信の方法を研究し、対応してまいりたいと思います。


【解説】清瀬市が「非核平和宣言都市」というのも、本当に因縁ですね。再定義そのものについては大事なことではなく、こうした大義のもと、放射能対策には万全を期する都市になってほしいと思います。

またツイッターも、今回放射線測定をしていく上で、その結果をツイートしていけば良いですよね。タダなんですから。あらゆる広報媒体を駆使して、市からの発信をしていくことは大切です。ツイッターでも、インターネットサイトでも、一斉メールでも、回覧板でも、市報でも、市民はそれぞれ好き嫌いがありますから、何でも使えばいいと思います。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★家屋を浸水被害から守れ!!

家屋を浸水被害から守れ
防災の観点から、市内の浸水災害についてご質問致します。

今回の東日本大震災で、津波が住宅を襲い住めなくなった被害家屋をたくさん目にしました。あたり前のことですが、生活を営むところに泥水が入ってくるというのは、大変なことである、水に浸かってしまったらそこは使えなくなってしまう、また一旦水か引いても匂いが取れなかったり、家屋や家具など痛んでしまう等、大変な被害であることを再認識致しました。

もちろんわが市において津波災害はありませんが、いわゆるゲリラ豪雨による被害は毎年報告されております。これらの水害のうち、道路への冠水はともかく、まずは家屋への浸水を食い止めるのが先決であろうと思います。

近年の集中豪雨の中でもとりわけその時間あたりの降雨量の多かった昨年7月5日の豪雨では、市内2箇所、中清戸五丁目と中里一丁目で計四戸の床下浸水等の被害があったそうです。そのうち、中清戸五丁目は1戸、残りの3戸が中里一丁目地域だったそうです。

ここ中里一丁目地域は住宅の密集する地域で、台風などの豪雨の際は、毎年浸水に悩まされるところで、昨年は、我が党の西畑議員をはじめ、市の職員の方も出動頂き、土のうを積むなどの対応にあたられたそうですが、又のあたりまで水が溜り大変な状況だったと伺いました。

こうして見ますと、多くの世帯の方が、毎年、その被害に怯えながら暮らしておられるのは、清瀬の中でも2箇所、とりわけこの中里一丁目地域が喫緊の対応が必要な地域であることがわかります。

抜本的な下水管工事は難しいとのお話も伺っておりますが、浸透性舗装にし道路の土中に水を逃がすなど、何か方法はないものでしょうか。毎年のことですので、住民の方々の意見も伺いながら、是非とも、何らかの改善策を求めます。

【回答/山下都市整備部長】
市内の浸水災害の改善策についてお答えいたします。

近年、地球温暖化の影響により、各地で集中豪雨による被害が発生しており、当市においても、昨年の7月5日に1時間73ミリという記録的な降雨量が計測さました。

この豪雨により一部、低地などでは宅地内浸水が報告され、道路冠水も各所で発生したところでございます。

議員ご指摘の中里一丁目地域につきましては、地形的なものもあり、敷地が接する南北両道路が敷地より高くなっているため、記録的な豪雨量によって、道路雨水の集水マスの処理能力も限界を超えてしまい、道路冠水が発生し、宅内へ流れ込んできたものであると思われます。

抜本的な対策といたしましては、清瀬市がこれから本格的に事業を推進していく公共下水道雨水管整備が必要となりますが、先ずは、旭が丘交番前の交差点に集中している雨水と、中里五丁目にあります特別擁護老人ホーム付近の冠水を軽減するため、この区域の雨水管整備を平成25年度より着手する予定でございます。

今後も、緊急時の対応など、安全、安心いただけるよう努めてまいりますが、日常的な、冠水予防策として、先日友野議員さんのご質問でもお答えさせていただきましたが、主要路線等の雨水管や桝などの清掃を実施し、雨水の流れを良くする、事前の対策も実施してまいりたいと思います。

【解説】市は、旭が丘や中里5丁目、つまり市の北東部からやっていくという回答でした。なぜ、そこからなんだということですね。質問でも言っていますが、市内で家屋への浸水箇所はたった2箇所(地域)なんです。まずはそこが先じゃないですか、という話です。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★投票所による保育所負担をなくせ

投票所による保育所負担をなくせ
投票所の会場変更についてご質問致します。

現在、市内の投票所は12箇所あります。内訳として小中学校の体育館が4箇所、市役所や地域センター等の市の施設が7箇所、残り1箇所が保育園です。
投票所一覧
投票所は日曜日の投票日に向けて、前日土曜日から準備に入ります。ご存知のように保育園は土曜日もお子さんをお預かりしています。下は0歳児の赤ちゃんからいる就学前の幼児ばかりの施設で、大掛かりな準備作業が行われることから、ひとつには危険でありますし、またこの当該保育園では、投票所スペースになる所は普段、子供たちの午睡所-昼寝スペースとして使用しているため、準備になるその土曜日は違う場所に変更しなくてはならず、職員にとっても簡易ベッドの移動などの余分な作業が発生します。

また、投票日にはホールに養生シートを敷き、土足スペースとして使用されます。投票後の撤収にはきちんと掃除をされるそうですが、眼に見えない土ほこりの積もるところで翌日、子供たちはお昼寝をする、これも現今の放射能問題を考えた時、検討の余地が多であると思います。

しかも本年3月現在のデータでは、この投票所に該当する投票者数は、市内の投票所の中で最も少ない数となっています。またこの保育園は、塀のない敷地続きの真隣30メートルほどのところに小学校の体育館があります。そこへの投票所の変更、ないし、それが無理でも、お聞きしましたところ、近隣の投票所との統合を検討されているとの話も伺っています。

投票所の変更は、その周知作業やプログラムの変更作業等が大変であるとのお話も伺っていますが、衆議院の解散がなければ、2年後の再来年まで選挙のない現在こそ、絶好の好機であると思います。

この際、市民の不便解消に、是非とも投票所の変更をお願いいたします。

【回答/竹野内選挙管理委員会事務局長】

投票所の変更についてのご質問でございますが、現在市内の投票所は、有権者の人数や、地域性・利便性などを考慮し、12投票区12の投票所を設けております。

投票所の会場としましては、地域市民センター、学校の体育館などの公共施設を使用させていただいておりますが、前日の会場設営、投票日当日、そして翌日の片づけ、撤去と3日間にわたりまして、それぞれの施設の、全面的なご理解とご協力を得る中で、選挙を執行しているところでございます。

また、現在の投票区でございますが、11の投票区から12の投票区に変更して三十数年が経過しております。当時からの地域性の変化と、有権者の増減などに適切に対応するため、投票所の設置数々投票区域の範囲など、12投票区全体の見直しが必要であると考えております。

さて、ご指摘の第6投票区投某所の会場となっております、第1保育園でございますが、投票所としている使用しているホールは、日常は乳幼児の昼寝や運動するところと伺っており、フロアー全面にビニールシート、その上にゴムマットを敷くなど、2重にし、会場使用について特に配慮をしているところでございます。

このような中で、保育園の運営に影響を及ぼしているという第6投票区投票所につきましては、新たな施設に異動するか、または、近隣の第5・第7投票区投票所との調整が可能かどうか、来るべき通常選挙、一般選挙から実現できるよう検討させていただきたいと思います。

【解説】今回の質問で唯一、ハッキリとした成果のあったものです。この件も当初は、投票所変更のプログラム修正や告知周知など大変なため、役所は難色を示していました。ただ、以前からこの件は課題になっていたそうで、私の質問がひとつのきっかけになったということでしょう。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★清瀬の名所「柳瀬川回廊」の延伸を!!

清瀬の名所・柳瀬川回廊の延伸を

最後に私の大好きな「柳瀬川回廊」についてご質問致します。

言うまでもなく、柳瀬川回廊は清瀬の観光名所、所謂「売り」のひとつであります。
その理由は、清流となった柳瀬川のせせらぎとともに、できるだけ自然を残して保全された川辺の美しさにあると思っています。

高度成長の時代、かつてドブ川で洗濯の泡とヘドロ、悪臭紛々たる柳瀬川が今日のような清流に戻ったというのは、オール東京で見てもモデルケースとも言えるのではないでしょうか。浄化に携わられた関係者の方々のご努力に感謝致します。近年では、他市からもわざわざこの柳瀬川回廊を散策しに来られる方も多いと聞いています。

この美しい「柳瀬川回廊」をより発展させていく意味で、私は現在中里2丁目日生住宅裏あたりから空堀川に沿って南下し、「空堀川回廊」になっているルートのうち、柳瀬川と空堀川の合流地点から明治薬科大学北側、そして野塩団地北側を通る本来の柳瀬川に沿って延伸できないかご質問致します。

この流域、つまり明治薬科大学北側から野塩団地北側へと続き新秋津方面へと続くこの地域は、現在立ち入り禁止地域となっています。しかし、それ故かこの流域は川べりに自然が多く残り、清瀬の中の柳瀬川のビューポイントとしても、とても美しいところです。

柳瀬川回廊

野塩団地西側野塩1丁目あたりから柳瀬川は清瀬市に入りますが、さしあたって回廊の始点(もしくは終点)はこのあたりからとして、もっと将来的には、アニメ監督宮崎駿さんの愛する「淵の森」、これは新秋津駅の北西あたり野塩団地から7〜800メートル上流のあたりで東村山と所沢の混在する地点で、鬱蒼とした森の中を柳瀬川が流れる素晴らしいところです。私はいつか、ここまで散歩コースが繋がり、宮崎駿監督が新作映画の着想に思いを巡らせる「柳瀬川回廊」になることを夢見ております。

都市整備部長のご意見を伺います。

【回答/山下都市整備部長】
ご提案は、野塩団地の北側、所沢市境まで延伸できないかというご質問でございます。

ご承知いただいておりますように、現在の柳瀬川回廊は、空堀川の梅坂橋付近から、柳瀬川清流橋付近の清瀬ビオトープ公園を結ぶ約4キロの回遊空間で、いこい、健康づくりの場として多くの方々に認知ご利用をいただいているところでございます。

市は、これまで、河川管理者の東京都から、河川改修の計画の提案をいただく度に、市民の皆さんの意見をお間きしながら、せせらぎ公園、金山緑地公園や調節池などの現在の形ができ、それらを繋ぐ管理用通路が、散策路として柳瀬川回廊を形作っております。更に、回廊の充実を図っていかなければならないと考えているところでございます。

ご提案の延伸箇所につきましては、市といたしましては、回廊の一部に取り込みたいと感じますが、東京都が新合流点の改修工事を予定している場所から更に上流であり、埼玉県では、河川改修計画が、現在のところ未定と聞いておりますので、県とお話しする機会を捉えて、ご提案の趣旨を伝えたいと思います。

いずれにいたしましても、市といたしましても、先ずは懸案である新合流点の治水と環境保全の河川改修をすすめていただき、清瀬橋付近の親木公園の整備もありますことから、せせらぎ公園との一体整備により回廊コースのアクセスの向上などを図っていきたいと考えております。


【解説】分かりづらいのですが、要は当該箇所は、清瀬の事業ではなく、所沢(埼玉県)が事業主体となるということなのです。

河川で右岸と左岸で自治体が違う場合、それぞれでやるとこちらはやっていて、あちらはやっていないという変な護岸工事になってしまうため、部分で受け持ちを変えるそうです。私が今回提案をしている箇所は、まるまる埼玉県と所沢市の分担箇所なので、そちらに言っておきますということでした。

市長も近々、所沢市長に会うので、この点くれぐれも事業推進するようにお願いをすると言っておられました。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report