2020年05月01日

■爛乾濛泙量砧素柯朖甬腸颪箸靴突徊晶颪鯆鷭个靴泙靴拭

ゴミ袋無料配布要望書提出

先日、清瀬市議会公明党として、国や都からの交付金を使っての対策施策を、初めて要望したことをお伝えしましたが、今回、議会として、つまり市議会議員20名・全会派の総意として、生活援助の一部にして頂けるようゴミ袋の無料配布を申し入れしました。

要望したのは、可燃ごみ用 30枚、不燃ごみ用 10枚、容器包装プラスチック用 20枚です。ゴミ減量のご時世ですから、捨て方によっては半年分にもなりそうな枚数です。

ずっと申し上げているように、いまは緊急時ですから、党派会派のパフォーマンスではなく、大事なことをしっかりと実のなるやり方でやっていく、これが大事だと思います。

国や都がお金を出し施策をしていくことは、放っておいても行政は着実にやっていきますし、現在、市は一律10万円の全市民への配布へ向け大わらわでその準備をしています。そんな中、できるかできないか予算や人の裏付けもないことを、何度も何度も行政の幹部を呼びつけて要望を提出している会派もあります。

今回、そんな会派も一緒に要望を提出することにとても抵抗がありますが、緊急時ですから小異を捨てて大同につくことも必要です。

今回の要望は議会の総意ですから、それだけ重みのある要望です。もちろん行政からの回答はこれからなのですが、基本的には行政も実施へ向け動いて頂けるものと期待しています。

清瀕市長 渋谷金太郎殿

要望書

今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う国の緊急事態宣言の発出による市民生活への影響を考慮し、清瀬市議会として可及的速やかに以下の措置が図られるよう要望する。

一、廃棄物処理手数料改定後の有料ごみ袋を各世帯に可燃ごみ用30枚、不燃ごみ用10枚、容器包装プラスチック用20枚を令和2年5月31日までに無料配布すること。

一、従前の旧有料ごみ袋で家庭から排出された一般廃棄物については、令和2年9月末日まで改定後の手数料に係る差額を徴収せずに収集運搬すること。
以上

令和2年5月1日
清瀬市議会

  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2020年04月28日

■コロナ対策として緊急要望しました。

コロナ対策緊急要望

緊急事態宣言も明日でちょうど3週間。この間、皆様方の自粛活動によりまして、爆発的な感染拡大はなんとか防げています。明日からのGW、ここが最大の山場です。皆様と共にコロナに打ち勝っていきたいと思います。

さて、今回のコロナ禍では、私たち公明党市議団としては、会派としての要望は出さず、行政の行う防疫活動、特に国や都からの要請指導にかかる業務の支障とならないことを第一として、水面下で市民の皆様からのご相談に応じてきました。

今般、国や都からの自由に使える交付金の補助があることから、ここからは市独自のコロナ対策ができると、市長に対してコロナでは初めてとなる緊急要望しました。今回の交付金、特に都からのものは、「感染拡大防止や都民生活・地域経済を支えることに資する経費などを対象とする特別交付金」という名称で、ヾ鏡拡大防止、∋毀雲験茵↓C楼莊从僂里忙颪垢襪發里任△譴仄由に使えます。

そこで私たちが要望したのは、
1、市内商店や飲食店で使える商品券や食事券の発行。
2、中小企業が事業資金等として借り入れる資金に対する支援。
3、6月から改定されるゴミ袋の一定枚数の無料配布。
4、国民健康保険における子供の均等割りのさらなる減免。
5、ひとり親家庭への支援の充実。
6、小中学校生徒の授業の遅れに対する学習支援や心身のストレスに対する十分な配慮。
7、学童クラブの待機児についての居場所を確保。
8、市内に感染症がこれ以上蔓延しないよう、市を挙げて市民の皆さんに注意喚起などの対応。
特に、「1、市内商店や飲食店で使える商品券や食事券の発行。」は今回の外出自粛、店舗営業の停止によって市内の飲食店は壊滅的な打撃を受けています。そこで、市内でのみ使える市飲食券を発行して、自粛期間の売り上げ減を取り返してもらう。また、「3、6月から改定されるゴミ袋の一定枚数の無料配布。」も、ゴミ袋の料金改定を前に、この混乱下、また経済的に苦しい世帯もあることを考え、燃える・燃えない・容器プラの3種類を1セットで無償配布してもらうというものです。その他、市民ニーズに合わせて細やかな対応をお願いしました。

市としても、どんなことができるのか、これから検討されるということです。是非、困ったところにしっかりと手を差し伸べられる施策をお願い致します。  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2020年04月27日

●不法投棄厳禁!! 撤収して頂きました。【元町一丁目】

不法投棄

コロナによる緊急事態宣言から3週間になろうとしています。この間、役所の方に伺うと、ゴミの量が著しく増えたそうです。自宅での自粛生活の中で、皆さま日頃なかなか手が付けられない断捨離が進んでいるようです。

そんな中、市民の方よりご相談頂きました。元町のとある場所にて不法投棄がある、先日もあり、役所に撤収してもらったが、また捨てられているとのこと。すぐにご対応頂き、近日中に注意看板も設置してくださるそうです。

本来、捨ててはいけないものを捨ててはいけない場所に捨てているのですから、撤収せずこのままにしておきたいところですが、倏砲豼襪陵論瓩任海Δ靴燭瓦澆呂垢阿謀閏する方が、次に捨てづらいということがあります。何より近隣の方にとっても、精神衛生上よくありません。

不法投棄

不法投棄

不法投棄は決して微罪ではありません。不法投棄の罰則は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の第25条で定められています。「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金または併科」です。逮捕・拘留・取り調べのある犯罪です。不法投棄は絶対におやめください。

今回は場所の特定はしないでおきます。実はこうしたご相談はままあり、そのたびごとに私のブログでは取り上げてきませんでしたが、注意喚起の意味で今回はアップしました。

コロナで忙しい最中、すぐにご対応頂きましたごみ減量課の皆様、ありがとうございました。  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・元町

2020年04月08日

●暗い路地に外灯を設置して頂きました。【野塩一丁目】

暗い路地への外灯設置

野塩一丁目、秋津駅北口周辺地域は道路交通に課題の多いところですが、もうひとつ、私的には気になることがあって、それは犲0足瓩箸いΔ海箸任后治安というと物騒ですが、特段事件が多いとかそうしたことではなく、ゴミのポイ捨て、吐しゃ物、公園にいつも煙草の吸殻や空き缶などが捨てられている等、そうしたことが多いのです。

私が分析するには、この地域が駅前ということもあり、住民ではない駅利用の通行者が多い。賃貸住宅の住民の出入りが多い。近くに大学があるため学生用のワンルームも多いです。また、県境でもある。すぐ隣は埼玉県です。そもそも狠楼茘瓩蓮愛着がある人が多いところは、ポイ捨ても少ないし、総じた意味での治安もいい。それは、地域住民のお互いが見知っているので、気を付けるのですね。そうではないと、ポイ捨ても何でも平気です。

幸い、捨てられたゴミなどは、地域にある多くのマンションを管理する会社の方が、毎朝すぐに清掃してくださるので、いつもきれいにはなってます。

街のルールやエチケットのないところは、総じて治安が悪くなりがちです。最近、地域の外灯が一斉に撤去されました。それは長年、地域の商店会で付けて下さっていた外灯が老朽化し、今後のメンテナンスなどの維持費も大変で、かといって老朽化した外灯を放っておくわけにもいかず、撤去となったのです。

長くなりましたが、そうしたことなどで、この地域は夜もちゃんと外灯で明るくしておかないといけないと思っています。

そんな中、地域の方から、暗い箇所があるとご不安の声を頂きました。若い女性も多い地域ですから、心配なのも分かります。ということで所管課にご相談しました。

暗い路地への外灯設置

暗い路地への外灯設置

二カ所です。本来、外灯は電柱に付けると早いし費用も安価です。ただ電柱がないところは自立式の外灯設置になります。今回は、この道路区間がたまたま電柱間隔が長く、外灯のない暗いところができてしまっていました。

暗い路地への外灯設置

暗い路地への外灯設置

最近のLED外灯は、照らしているところはとても明るいですが、光量が強いためか、スポットライトのように照らしているところとそうでないところは、明暗がハッキリしています。そのため、等間隔で外灯をつけないと返って暗い場所を作ってしまいます。今回は、先述のタイプ両方でカバーして頂きました。担当課の皆様、大変にありがとうございました。

【設置個所】
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・野塩1・3丁目

■コロナ禍での緊急事態宣言

stayhome

コロナ禍もいよいよ重大局面を迎えています。犇杁淹態宣言瓩発令されました。地震や豪雨など自然災害も相次ぐ昨今、もちろんこうした感染症も大きな災禍に間違いないのですから、こうした防衛措置も、大変に重要なことです。

人類は、地震や火山噴火などの自然災害で幾たびとなく壊滅的な被害を受け、そしてそれをそのたびごとに乗り越えて今日まで進化発展を遂げてきました。そうした試練のひとつにこの感染症もありました。これまでの人類の歴史では、その時代ごとにその災害規模は違いましたが、いずれも被害は甚大でした。革命的に科学文明が発展した現代にあっては、何よりいかに被害を軽減できるかが最重要課題です。その意味では、今回のコロナ禍も、我が日本民族のDNAである規律と社会性を大切にする心を生かし、しっかりと犲粛瓩謀悗瓩討泙い蠅燭い隼廚い泙后

しばらくは窮屈な日々になるかもしれませんが、他人との不要な接触はしないことが当面の課題です。家の中での価値ある過ごし方を模索していきたいと思います。

といわけで、家でじっとしているとテレビやネットで、もう様々な情報が飛び交っています。重要でためになるものもあれば、間違っていたり、欠点ばかりをあげつらうものがあたりと、まさに玉石混淆(ぎょくせきこんこう)です。それはネットの普及によって一億総発信のできる社会ですから、已むを得ません。そんな中、デマでないもの、ためになるもの、元気が出るものをしっかりと自分なりに取捨選択していきたいと思います。

そんな情報の中のひとつに『日本人はBCGを打っているから重症化しない』(※「BCGがコロナを防ぐ」は本当か? 免疫学の第一人者が回答)というものがあります。

それは日本人がコロナによる致死率が極端に低いため、様々なその原因の推測の中のひとつとして言われていることです。もちろんエビデンス(証左)はありませんが、そうであったら良いなと思いました。

私たちの清瀬市は、結核から世界を、そして人類を救った街であるとよく渋谷市長は言われています。それは、大正から昭和にかけて世界に蔓延した結核に対し、そのサナトリウム施設の設置場所を提供したからであり、その後、今日まで清瀬市内にある結核研究所が発展途上国に向けて結核治療の中心拠点になっていることや、そのワクチンであるBCGを作っているのも清瀬にあるBCG研究所だけです。

結核予防会会長やエイズ予防財団理事長を歴任された感染症の泰斗である島尾忠雄先生も『清瀬と結核』という一文の中で、こう言われています。
清瀬は、ここで命をかけて療養した多くの結核患者にとって、日本国内の結核対策関係者にとって、さらには世界の結核対策従事者にとって、聖地、あるいは心の故郷として銘記されている。結核制圧への道のりは遠い。清瀬と結核とのご縁は当分続くであろう。このご縁を大切にしたい。

市長はよく、爛ンがどんなに怖い病気でも感染しない。でも結核は当時空気感染すると言われた病気である。その治療施設を受け入れ、その患者さんたちを大切にしてきたのが我が清瀬市だ瓩噺世錣譴泙后清瀬市は言わば、感染症とともに上手に付き合ってきた歴史があるのです。

その意味で、我が清瀬市は全国どこよりも冷静にこのコロナ禍を乗り越えていきたいと思います。そのために、しばらくはstayHome(家にいよう)瓩鬚願いしたいと思います。

上の写真は、家にいる時間が増えたので、PCと机回りをきれいに片づけました、まさにデスクトップの大掃除です。  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT