2018年07月20日

■四中円卓会議にて「防災セミナー」を実施しました。

四中円卓会議防災セミナー

7/17(火)に行われた四中円卓会議にて、先の大阪北部地震そして西日本豪雨災害を踏まえて、前回に引き続き「四中校区の防災連続講座 今回の災害から学ぶこと」と題する防災セミナーを務めさせて頂きました。

重点は、何しろ四中校区は、空堀川があり柳瀬川があり、しかもその両川が合流するポイントまである豪雨災害のハイリスク地域です。そのことを地図の断面図を使いながら、説明しました。

四中校区断層図

上図は、清瀬市より高台にある所沢安松小学校を始点として、まっすぐ南の東星学園を終点とした断面図です。柳瀬川が氾濫した場合、北は安松、南は野塩団地全体が完全に冠水します。

四中校区断層図

この図では、小金井街道から東所沢へ抜けるローソンのあたりから芝山小までの断面図です。やはり安松の崖線から四小南側の崖線までは、すっかり冠水することが分かります。

四中円卓会議防災セミナー

これらのことは、上の3D画像を見れば一目瞭然です。真ん中の色のついた柳瀬川沿いの溝部分、野塩団地や中里2丁目四小付近は、時間100mほどの豪雨があった場合、水没します。よく言われる狃蠡安松方面は清瀬より低いので、冠水時はそちらに水がいくから清瀬は大丈夫瓩箸力世蓮∈拠がないのです。


空堀川_その

続いてこの図では、空堀川が豪雨時にいかに急流になるか、その高低差で示しています。空堀川は、あまり蛇行がなく比較的緩やかなため、一度水量が増えると高低差もあり水の勢いが急になります。図では、上流地域である東村山浄水場あたりから中里の合流点までの高低差を示しています。なんと34.6mもあります。

空堀川_その

もっと短いスパンで、清瀬に入ったあたりから合流点まででも、15.6mもあるのです。両河川ともに東京都の管理です。川底に溜まった土砂の浚渫(しゅんせつ:川底の土砂をさらって取り除くこと)は、定期的にされていますが、管理上の問題は適宜、都に要請し、また近隣地域にあっては、河川の氾濫も想定し、こまめな情報入手と迅速な避難行動が求められます。

四中円卓会議防災セミナー

大阪北部地震については、今回市が行った小中学校のブロック塀改修の全容をお伝えし、また家庭にあっては家具等の転倒防止の徹底をお訴えしました。

最後に前回ご協力頂いた「防災アンケート」の結果をお伝えしながら、今後に生かしていくことをお話しし終了しました。  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2018年07月19日

●市内の学校の緊急点検及び改修、完了しました。

市内の学校の緊急点検及び改修、完了しました。

そのあとの西日本豪雨災害が甚大だったために、すでに過去の話になっていますが、先の大阪北部地震をきっかけにして、市内学校の緊急総点検と改修が7月頭にはすべて完了しました。

市内の小中学校の総点検の結果、十数カ所の危険個所が指摘され、それらのブロック塀は、撤去、補強(控え壁の設置)、改修(高い部分を切って低くする)のいずれかを行いました。

まずは清瀬中学校北側の万年塀です。ここは平成32年度に道路の幅員を拡張する工事に伴い、壁塀も新設する予定でしたが、その工事を待たずに、とりあえず高さを変える工事と撤去して仮設の目隠しを設置する工事を行いました。

清中北側万年塀

清中北側万年塀

清中北側万年塀

清中北側万年塀


その他、市内の小中学校はプール部分に危険なブロック塀が散見されました。これらはほぼ控え壁をつける補強工事を行っています。下写真は。四小プールの改修模様です。

四小改修カ所

四小改修カ所


【関連】
「震災から子どもを守る通学路に関する緊急申し入れ」、市長に行いました。2018.6.20記事
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・市内他地域

2018年07月17日

■西日本豪雨災害募金、実施しました。

西日本豪雨災害募金

平成に入ってからの豪雨災害としては最大規模の被害となった今回の西日本豪雨災害。私たち、清瀬市公明党市議団としても、被災地復興へ何か力添えができないか―。ということで、被災地復興支援のための義援金募金を、去る7/14(土)15時より清瀬駅北口デッキにて、「清瀬市西日本豪雨復興支援の会」の主催で行いました。

西日本豪雨災害募金

今回の募金も、急に決まったことですが、8名のご婦人がお手伝い頂きました。もちろん被災者の方々の復興へのご努力もですが、被災者の方々に一日でも早く狹たり前の日常瓩鮗茲衞瓩靴討い燭世海Δ函△海量埆襪涼罎鯱日、全国から駆け付けておられるボランティアの方々のお姿を見ると、本当に日本という国は素晴らしいなあと思います。

西日本豪雨災害募金

2時間余りの時間でしたが、過去の募金の中では最も多くの反響があった募金でした。お預かりしました浄財は、日本赤十字社を通じて被災地へお送りいたします。

【関連】
東日本豪雨災害支援募金に参加しました。2015.9.22記事
ネパール大震災救援募金に参加しました。 2015.5.17記事
フィリピン救援募金、行いました。 2013.11.22記事
  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2018年06月20日

■「震災から子どもを守る通学路に関する緊急申し入れ」、市長に行いました。

震災から子どもを守る通学路総点検に関する申し入れ

一昨日の6/18(月)に起きた大阪北部地震にて、小学生が倒壊したブロック塀の下敷きになった事故を踏まえて、清瀬市内の通学路に危険な建造物がないか総点検を行って頂くよう、市長に緊急申し入れをしました。

私がかつて議員になって間もなく、私の担当エリア内にある小学校の万年塀が危ないと、お母様よりご相談を頂き、関係部署と様々に交渉した結果、改修して頂いたことがあります。

危険な四小(第四学童)の万年塀を改修して頂きました。2012.9.2記事

この時も東日本大震災の後であり、市内の危険個所がクローズアップされた時でした。その後、私の担当エリアの清瀬中学校北側に万年塀があり、ここも危ないとご相談され、また議会でも様々な議員より指摘があり、今日、改修予定にはなっています。

清瀬中の北側塀

清瀬中の北側塀

今回の地震、そしてブロック塀の倒壊のニュースに接し、私がすぐに思ったのは、この清瀬中の塀のことでした。教育委員会にお聴きすると、やはり顕著な危険個所はここであり、早急にここを改修すべきと、今回の緊急申し入れでも直接市長にお願いしました。

緊急申し入れの概要は以下の通りですが、他の公明党議員からは学校敷地内では、プールのシャワー施設の仕切りなどがブロック塀であり、ここの危険も指摘があり、市長に申し入れました。

いずれにしても、こうした悲しい災害を他山の石として、ひとつひとつ改善していきながら、災害に強い街、何より人命を守る街にしていきたいと思います。

【要望事項】

一、 市の全小中学校の通学路および子どもたちの生活圏にある構造物に危険個所がないか、総点検の実施と危険個所への対策
二、 現在、計画されている清瀬中学校の万年塀の早期改修
三、 家庭内における家具等の転倒防止対策の啓発と推奨

  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2018年06月15日

■清瀬市みつばちプロジェクト、始動!!

採蜜作業

6/15号の市報一面に、「清瀬市みつばちプロジェクト」の一環として、Kiyohachi(きよはち)瓩鮖箸辰真珪ι覆鮖堝盪業所に募ったところ、今回、洋菓子「Noi」さんと美容品製造販売「ソーシン」さんが選ばれ、このほど商品化されるとの記事が出ていました。

それに先立つ5月の末に、役所で「みつばちプロジェクト」の担当者、E係長にお会いしました。係長がおっしゃるには、今回名乗りを上げて頂いた2事業所に実際に採蜜を御体験頂いたとのこと。手には巣箱から取ったばかりのハチの巣様のものが。日頃からハチミツ事業に興味を寄せる私に、係長は今回のプロジェクトのことを丁寧にご説明くださいました。

採蜜作業

洋菓子「Noi」さんがマドレーヌを、美容品製造販売「ソーシン」さんが美容水を商品化されるとのこと、夢が膨らみます。

係長は、蜜のついたひとかけらを実際に味わってみてくださいと、くださいました。口に入れると何とも味わい深い甘さが、口いっぱいに広がりました。これでスイーツを作ったら、それはさぞや美味しいでしょう。

これらの商品は、7月末の販売へ向け、現在、準備中だそうです。皆さま、お楽しみに。

【参考・市報きよせ】
kiyohachi
  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG