2022年05月14日

★シニア層へDXの普及を/令和4年3月議会

シニア層へDXの普及を

デジタル化は高齢者ーの普及で決まる
今後の社会はデジタル化が大きな鍵となることは、今回のコロナ禍でも明らかです。今般、国や都そして清瀬市でも大きなテーマとして取り組んでいるデジタル化推進の動きは、言うまでもなく企業や行政の事務効率化だけが目的ではなく、市民生活の利便層性を高めていくことにほかなりません。
 
一般的には、マイナンバーカードの普及によって、健康保険証や運転免許証にも使えるなど、様々な用途に使用することができカード利用者の増加によってさらにその利便性の向上を目標としていますが、マイナンバーカードだけではなくスマホやタブレット等も、日常ツールとして使いこなしていくことも大事な点であると言えます。
 
国民の大多数がマイナンバーカードを持ち、スマホやタブレットを持ち歩くことが、デジタル社会をつくっていくための我々国民、市民にとっての最低限のインフラ整備と言えるのです。
 
しかしながら社会の大きな構成層の一つであるシニア層には、まだまだデジタル化の壁は大きく立ち塞がっています。今でこそ高齢者の多くは携帯電話を持っていることと思いますが、スマートフォンを持っているのはまだまだ少ない。また持っていても、そこでの使用は通話のみ、メールのやりとりやLINEができる方はこれまた少ないと思われます。
 
現在本市では、スマートフォン講座などを行ってシニア層へのスマホの使い方を広めようとご努力いただいていますが、そもそもスマホ所持のシニア層が少ないため参加者も少ないと聞いています。

スマホ購入サポートやシニアクラブへのタブレットの配布を 
そこでスマートフォンより普及させていくため、購入サポートを行ってはいかがでしょうか。具体的には、スマホを新規購入、またはガラケーからの乗換えの際に補助をつけたり、またその際の乗換え手続をサポートをするなどです。またせっかく購入しても困った際に身近に教えてくれる人がいなければ普及しませんので、各地域のシニアクラブへ1台ずつタブレットを配布し、シニアクラブにおいてデジタルリーダーを養成してもよいかもしれません。その場合には、いこいの家におけるWi−Fi環境整備も課題となります。ご所見をお伺いいたします。
【答弁/渡辺研二福祉・子ども部長】
コロナ禍の影響で、リモートによる活動が推進される中、高齢者の活動に際しても、デジタル化は急務の取組と捉えております。

このため、これまでも、シニアしっとく講座におけるスマホ教室や、一般社団法人きよせ100歳時代がコミュニティプラザひまわりで実施しているパソコン教室の中でも、タブレットを活用した教室に、高齢者の方が積極的に参加していると伺っております。

議員ご提案のシニアクラブへのタブレット配布につきましては、今後の感染症対策も含め、やはり検討していくべき事柄と捉えております。

しかしながら、先ほど議員からのお話をいただいておりますが、Wi−Fi環境の問題などもあり、活用場所が限られることも予想され、各老人クラブの活動内容や一般介護予防事業などの高齢者への事業の拠点を整理し、効果的な対策につながるよう、今後とも研究に努めてまいります。

また、本議会において、市民協働推進事業として500万円の補正予算の審議をいただいているところでございますが、これは、コロナウイルス感染拡大により生じた地域の課題を解決する市民団体などの活動を支援するため、1団体最大50万円を補助金として支給するための経費でございます。感染を避けるために、シニアクラブでタブレット端末を活用し活動をする場合、この補助金の利用が可能となります。

スマートフォンへの乗換えを希望している場合、スマホの配布や乗換え手続のサポートというご提案につきまして、確かに埼玉県の行田市であるとか横瀬町において、高齢者がスマホへの乗換えの際、補助金を支給しております。

今後多摩地区においても、行政サービスとしての導入実績を、注視をしてまいりたいと思っております。

スマホへの乗換え手続のサポートでございますが、通信業者が様々なサービスを提供しており、行政が一元的に把握するのが困難な現状となっております。

個人個人でスマホの利用方法も随分違うと思われますので、乗換え手続につきましては、各通信業者にアドバイスをいただくのが最適ではないかと思われます。

それから、シニア層へのスマホ、タブレットのというお話ですが、一つは、シニアクラブに一つずつあげたらということと、それから買換え補助してもらったらということと、それから、いこいの家にWi−Fiをということです。

このコロナ禍において、各シニアクラブの活動というのが、活動が活発なシニアクラブというのはそこに集まってくる人たちの、特に私の地域のむらさき会なんていうのは活発だったわけですが、もうお互いの顔を見ながら、あなた元気なんてね、そういう健康管理をお互い気遣いながらやっていたところがコロナ禍で一切なくなっちゃった。

だから要するにもしね、そこに、シニアクラブにWi−Fi環境があって、シニアクラブにタブレットがあって、各シニアクラブの会員さんがスマホを持っていたら、ちょっとフェイスね、フェイストゥフェイスの顔でも見てみようかなんて言ってね、LINEで見てちょっと顔色悪いよなんてね、そういうことができるかどうか分かりませんが、これは本来であればシニアクラブこそが、このデジタル社会の恩恵を被るべき人たちなんだと思うんです。

ですからこれもまた要望ですが、ぜひ今後、いこいの家でもWi−Fi環境の整備と、それから各団体に1台ずつのタブレットの配布、そしてまたスマホの買換え事業については、これはもちろん携帯事業者、数々あるわけですから、ドコモ、au、ソフトバンク、こうした事業者とぜひご協力をいただいて、清瀬市はセブンイレブンとか様々な会社と連携協定をしていますから、ぜひご協力いただく中で、価格なのか、そしてまた購入補助なのか、様々な形で協力をいただきながら、高齢者に対するデジタルデバイスの普及を、ぜひ進めていただきたいと思っています。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 優しいまち-福祉

★高齢者にやさしい期日前投票所を/令和4年3月議会

高齢者にやさしい期日前投票所を

昨年は、新庁舎を開庁して初めて、都議選と衆院選の二つの選挙を実施し、期日前投票所を新庁舎2階の市民協働ルームにて行っていただきました。新しい庁舎への関心から、多くの方が期日前投票に来られたことと思いますが、1点ご高齢の方より、旧来の健康センター会場のほうが行きやすかったとの声もいただきました。
 
新庁舎での期日前投票会場である市民協働ルームへ行く場合、ご高齢の方や歩行に支障のある方は、正面ないし東側通路からご来庁をいただいてエレベーターまで歩き、2階エレベーターから、また1階の倍以上の距離を左折、右折しながら歩かなくてはならないため、バリアフリーの観点からも不適であると言わざるを得ません。その点健康センターの場合、1階施設入り口からエレベーターまでも近く、2階エレベーターから降りてすぐ前が会場でした。

新庁舎1階の市民交流スペースを期日前投票所会場に
そこで、高齢の方や歩行に支障のある方でも不自由なくお越しいただくために、旧来の健康センターを期日前投票所として再開いただくか、または庁舎1階の市民交流スペースを会場として利用できないでしょうか。市民交流スペースであれば2階に上がる必要もなく、西側正面入り口からも、また南側入り口からも至近であり、車椅子での来場も支障はありません。今月末には新しい市長を選ぶための選挙も予定されています。時間はありませんが、ぜひこの選挙から高齢者にやさしい期日前投票所をご開設いただければと提案いたします。
【答弁/高橋仁選挙管理委員会事務局長】
議員よりお話にもありますとおり、令和3年5月に、新庁舎に市役所業務が移行され、その後7月に東京都議会議員選挙、10月に衆議院議員選挙と2回の選挙の執行がございました。
 
新庁舎で初めての7月の選挙においては、期日前投票所を2階の市民協働ルームに開設し、選挙当日は1階の会議室に投票所を開設し対応したところでございます。
 
10月の選挙では、期日前投票所は前回と同様の場所に開設したところですが、選挙当日の開設場所については、前回の選挙で開設しました庁舎南側奥の会議室は、庁舎入り口からかなりの距離があることと混乱を避けるため、設置場所を変更しまして、2階の市民協働ルームで行ったところでございます。
 
このように、新庁舎で2回の選挙行ったところではございますが、1階の会議室や2階の市民協働ルームへの投票会場までの移動距離が旧来の健康センターでの投票所と比較しますと、歩行距離が長く、投票に来られた有権者の方々に負担が生じているものと認識しております。
 
また、健康センターでの期日前投票所の開設についてのご質問ではございますが、新庁舎の完成に伴い、健康センターの改修により、会議室としての機能が変更されるため、期日前投票所会場としては使用できない状況でございます。
 
選挙管理委員会としましても、有権者が投票しやすい環境の整備は重要な課題と認識しているところでございますので、今回高齢者にやさしい投票所の開設についてご提案をいただきましたので、この提案の趣旨を踏まえ、選挙管理委員会の席上でご報告するとともに、庁舎を管理しております担当課と相談するなど、1階の開設が可能か、早急に検討してまいりたいと思います。

期日前投票については、ぜひアクセスがいいように、本来であれば駐車場を、前倒しでオープンしてもらいたいところですが、なかなかそうはいかないでしょうから、ぜひ引込線といいますか、西側の入り口から車を横づけにしてこうやって出れるように、あそこだけでも選挙前には使えるようにしていただけるとありがたいです。ぜひこれも、できるようにしてください。要望をいたします。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | シティデザイン・その他

2022年05月09日

●「経営戦略を立案する専門部署の設置を」、実現しまた。

経営戦略を立案する専門部署の設置を、実現しました。

議員になって間もない頃に提案した“経営戦略を立案する専門部署の設置を”が、実現しました。

市の経営戦略を立案する専門部署の設置を。【H23年9月議会】 2011年10月11日記事

私は議員になってまず感じたことは、民間の営利企業との違いです。民間企業であれば、その会社をいかに収益をあげるか、そのための戦略を担う社長を中心とした部署なりチームがあります。会社組織で行う様々な事業は、いかに収益を上げるか、いかに生き残っていくかの一点の目的のために寝られています。

行政の施策もそうあるべきだし、そのためにそうした専門部署を作るべきと訴えたのです。

今でこそ行政にもそうした部署作られるようになっていますし、そもそもそうした部署はなくとも市長部局を中心に行われています。しかし、そうした専門スキルを持って、その業務に専心するチームがあった方が分かり易いと思ったのです。

今般、澁谷桂司新市長が就任後にうたれた手の一つで、対外的にもアピールできるものです。

令和四年新組織体制


澁谷桂司市長は、新年度予算の成立後に就任されていますので、新市長としての独自の施策は来年度予算案の中で示されていくことになります。当面は、どうしても大きな予算の伴わないものから手を付けざるを得ません。

そうした制約の中で、今般、市のリーダーとして行政組織体制を変えられたのです。

このチームに期待することは多く、新市長を迎えて初めての代表質問となったこの6月議会、またそこで取りこぼした質問を9月議会にて行っていく予定です。

合わせて、今回の組織改編でこれも私がかねて注視していた「シティプロモーション課」が誕生しました。これまでは庁内を横断するかたちで「シティプロモーション推進本部」がありましたが、それを発展させたものです。これも大変に素晴らしいと思っています。

【参考】
シティプロモーション推進本部について【H26年9月議会】 2015年02月05日記事  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策

2022年05月03日

■秋篠宮妃紀子様の清瀬ご訪問。もうひとつのドラマ

秋篠宮妃紀子様の御来臨

去る4月11日(月)、郷土博物館に秋篠宮妃紀子様がご訪問くださいました(正しくはお成りになられました)。皇室の方、特に次の天皇陛下になられる方の妃という肩書の方の清瀬御来臨は、あまり知りません。

もともと紀子様は結核予防会の総裁であられ、そうしたことから清瀬市の結核研究所にお成りになられたことはあるようで、紀子様お手植えの樹木など施設に見たことがあります。

今般、清瀬市郷土博物館で『結核療養と清瀬』なる企画展が行われていたことから、見学に来られたという訳です。

清瀬と結核――。言うまでもなく、清瀬には昭和の初めに当時の亡国病と言われた結核の療養所が作られ、今日でも世界の結核治療のメッカとも言われています。そうしたことを教えてくださったのは、亡くなった渋谷金太郎前市長です。

金太郎市長は、ともすればマイナスイメージで語られがちだった清瀬と結核ということを、“清瀬の誇り”という角度で新たに意義を与えてくださいました。

その意味で、金太郎市長にとっても“結核”というのは、清瀬市の誇りの所以(ゆえん)であり、それを内外に宣揚していくことが市長としてのライフワークでもあったのです。

今般、結核予防会総裁の紀子様が清瀬市にお成りになることが分かったとき、市の幹部職員の多くは、金太郎市長が生きておられたらどれほどお喜びだったであろうかと言っていましたし、私もそう思っていました。

そのような中で、紀子様をお迎えしたのです。

秋篠宮妃紀子様の御来臨

さて、議会には事前にお知らせ頂いており、時節柄そっとお迎えしたほうが良いのかとも思いましたが、皇室を敬う気持ちのある方をお誘いして、遠くからお迎えさせて頂きました。

定刻を少し過ぎて紀子様の車は到着し、お越しをお待ちしていた私たち市民に紀子様はそっとお辞儀をされて中にお入りになられました(一枚目の写真)。

お帰りもお見送りしようと1時間少し外でお待ちしていました。報道によれば中の展示を博物館館長の案内で一点一点丁寧にご覧頂いたようです。

出てこられた紀子様は、そのまま車にお乗りになられると思いきや、10人弱の市民の集まる私たちの方へ真っ直ぐに来られ、小学生やご高齢の方々に時間をかけて丁寧に話しかけてくださり、いよいよ紀子様のお帰りの時間が近づいてきました。

“結核から人類を守った清瀬”。金太郎市長が生前何度も言われたフレーズです。紀子様の御来臨でそうした清瀬の役割を知って頂き、親しく清瀬市民にお声掛け頂き、清瀬と結核のドラマは終わったかに思えたときでした。

――その後、思いがけないもうひとつのドラマがありました。

秋篠宮妃紀子様の御来臨

秋篠宮妃紀子様の御来臨

紀子様は、市民の方々の輪の外れにいた一人の御婦人にお声をかけられました。その方が実は先般亡くなった金太郎前市長の奥様であると知ると、一瞬驚かれ、手をとらんばかりに近づかれました。夫が生きていればどれほど喜んだであろうかと奥様が話されると、紀子様は奥様の肩に手をあてられご一緒に悲しんでくださったのです。

紀子様も昨年の11月にお父様を亡くされたばかりでした。

紀子様の金太郎前市長の奥様への労りは、ときに肩を抱くようにしばらく続きました。そしてお別れの際も何度も奥様へ振り返りながら、車に乗り込まれるまで手を振っておられました。

亡くなるまで結核と清瀬を訴えた渋谷金太郎前市長。その金太郎劇場の最後、クライマックスを紀子様が仕上げてくださいました。本当に劇的な人生を終えられた金太郎市長。

紀子様、本当にありがとうございました。  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG 

2022年05月02日

●野塩地域センター出口にカーブミラーを設置して頂きました。【野塩1丁目】

野塩地域センターにカーブミラーの設置

先日の市長選、市議補選の投票に行かれた方から、野塩地域センターから車で出る時、地域センター左側(東側)が見えづらいとの声を頂きました。

野塩地域センター

実は野塩地域センターの出入口付近はとても複雑な交差点で危ないとは、私も思っていました。出入口前はクランクになっているうえに、隣接するアパートの入り口もある。しかも幼稚園とドラッグストアの間の狭い道路からは、自転車や歩行者もあるという、注意しなければならないポイントがたくさんあるのです。そのうえそのうえ、隣は保育園、真ん前は幼稚園、しかも地域センター自体も児童館でもあるという、子どものたくさん集まるところなのです。

野塩地域センターにカーブミラーの設置

地域センターを出る際は、すぐ右のアパート入り口、その向こうの道路からの車両や自転車、歩行者を確認しなくてはなりません。

野塩地域センターにカーブミラーの設置

そして、真ん前の狭い道路から来る自転車や歩行者を確認してから、少しずつ前に出て、左側を注意して出て行きます。

地域センターのセンター長からお話を伺いながら、カーブミラーの設置担当課にもご相談し、出入口横にある既存のカーブミラーに共架(きょうが)できそうだということで進めて頂きました。

野塩地域センターにカーブミラーの設置

野塩地域センターにカーブミラーの設置

その結果、すぐにご対応頂き、設置となりました。是非、野塩地域センターにお越しになる際は、出入りにご注意頂きたいと思います。また、この付近をご通行される際は、特に徐行してご利用ください。

【設置場所】
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・野塩1・3丁目