2017年08月15日

★教育現場にICTの活用を/平成28年度12月議会

教育現場にICTの活用を

先般、総務文教常任委員会の視察で、宮崎県日南市の学びの杜、北郷学園・北郷小中学校へ伺いました。視察テーマは幼小中一貫教育についてだったのですが、私が特に関心を抱いたのは、いずれの教室でも、黒板の横に設置された大型モニターでした。見て回った教室で板書されているところはほとんどなく、大体がこのモニターを使っての授業でした。どんな機材を使っていたのかはわかりませんが、私たちがふだん使っているいわばパワーポイントのようなプレゼンテーションソフトのようで、これを使えば、教員の先生方の板書にかかる時間は短縮されますし、あらかじめ自分で指導の段取りを組むこともできます。

板書中心ではなく、パワーポイントを使った授業に

清瀬市でも、これまでさまざまな形でデジタル教育、ICT教育が叫ばれ、アクティブ・ラーニング、インクルーシブ教育への活用、デジタル端末、タブレット型教科書等々、さまざまな片仮名用語が議会でも取り上げられ、一部、清瀬市でも使われ始めていることも承知をしています。

しかしながら、大勢は、これまでの黒板による板書とノート書き取りを中心とした指導方法であることも事実です。

一方、今の子どもたちは、新聞や本といった文字文化ではなく、テレビやPCのモニター、タブレット、テレビゲームなどのデジタル画面を使って情報を得る、デジタル世代に育っています。そうした子どもたちには、黒板に手書きする授業より、PCを使った授業のほうがよいのは火を見るよりも明らかです。

そこで、大仰にICT教育ということではなく、身近なところから、まず板書をやめてPCを使った授業に切りかえてはいかがでしょうか。ご所見をお伺いいたします。

【答弁/栗林昭彦教育部参事】
清瀬市の小中学校におきますICT機器の活用は、まだ十分とは言えません。特に中学校では、まだ黒板にチョークといったスタイルで授業をしている教員が多数であります。

ご指摘いただきましたとおり、これからの時代を生きる子どもたちは、さまざまな機器を活用した授業を受けておくべきであります。ICT機器の活用は、積極的に推進していかなければならないものと考えております。

一方で、本市内の教員の中には、教科の特性や活動内容に応じて、進んでICT機器を活用した授業を展開している者もおります。

例えば、小学校社会科の授業で、導入の資料提示にプロジェクターや実物投影機を使っている例。実際に行けない場所の映像資料や、一人一人に配ることができない具体物などを大きく映し、児童の学習に対する関心や意欲を高めております。

算数の授業では、イメージしにくい立体の体積の求め方等を動画で見せたり、児童のノートを実物投影機で拡大して黒板に写して、どのように問題を解き進めたのか発表させたりしている例もございます。

また、中学校の理科でも、教師による実験方法の解説や実験経過のまとめにタブレットやプロジェクターを活用したり、生徒が実験結果をタブレットでまとめて、プロジェクターで映しながら自分の考えを発表するといった授業も展開されております。

私ども教育委員会といたしましては、従来の黒板やチョーク、掲示物等を使って進めていく授業のよさも生かしつつ、ご紹介いたしましたようなICT機器の効果的な活用を一層進め、積極的に活用していくよう、研修会や学校訪問等を通して各校に指導してまいります。

教育委員会の方針を現場にも波及を

ICTを使った授業ということも、要はもう栗林参事がいつもパワーポイントを使っていらっしゃるから、それが一つの例というか、起爆剤というか、もうエバンジェリストになっていただいているんだと思うんです。もう教員の方々も、じゃ俺もと思うんだと思います。ぜひ今後も板書でなくパワーポイントでお願いできたらと思います。

PCを使った授業
パワポを使った北郷学園・北郷小中学校の授業裏様子

  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★市内の学生に条件つき給付型奨学金を/平成28年12月議会

市内の学生に条件つき給付型奨学金を

あすの清瀬市をつくるためには、何よりも教育であることは言うまでもありませんし、ICTを使った教育をせよとの提案も、いかに清瀬市にとってすぐれた人材を育成できるかということが目的です。

教育の充実を図っても成人して市外転出はさびしい

しかしながら、せっかく予算をかけて育て上げても、成人し清瀬市を出ていってしまうのでは悲しい。もとより、あすを担うすばらしい若者は、どこで暮らすにせよ、どこの地であれ人材には違いありませんが、清瀬市議会議員の立場からすれば、とても残念です。

一方で家庭の経済的な理由から進学を諦めていた子どもたちが、奨学金制度により進学し卒業しながら、その借りたお金の大きさに暮らしを圧迫されてしまう。また、返済できなくなってしまうケースが問題化し、今年度より給付型奨学金の制度設計へ検討が始まりました。

転出しないことを条件とした奨学金の創設を

国で検討されている奨学金は多くの学生を対象とするため、満足のいく制度にならない可能性もあります。そこで、より身近にニーズに合った制度となるよう、相談者の要望に沿った制度として、なおかつ卒業後はある一定期間、清瀬市に在住することを条件としたものを創設してはいかがでしょうか。

条件である市内在住という点は、卒業後すぐという条件ではなく、卒業時に計画を出させるなど工夫をします。ただ、卒業したての社会人としては収入も少なく、親元である清瀬市での在住メリットも大きいかと思います。ただし、転出も契約違反ということではなく、その場合、返済義務が生ずるという制度にするのです。

先日、会派視察で伺った兵庫県洲本市では、定住促進事業、おかえりなさいプロジェクトとして、転入者に生活補助、家賃補助、交通費補助などなどさまざまな施策を展開しています。その対象は、他地域に住んでいる方であれば誰でもよいのです。しかし、そこで生まれ育ち、それこそさまざまな形で予算をつけて育成してきた子どもたちこそ、定住させるターゲットとしては最も効果があり、重要な対象です。ご所見をお伺いして、以上で壇上での発言を終わります。

【答弁/石川智裕教育部長】
本市の奨学金制度は、限度額として高校生が月額2万円、大学生が月額3万円を貸付金として実施しております。なお、直近5年間の新規認定者はおおむね毎年1人から3人程度でございます。

奨学金制度につきましては、学校独自で設けているものや、団体等が実施するものなどさまざまな内容があり、利用者はそれらの中から希望や理想に合うものを選んで活用しているのが現状です。

本市におきましても、外部評価の際に、給付型制度への切りかえをというご提案がありましたが、26市の中で給付型制度を実施している自治体の状況を調べてみたところ、本市の予算の範囲内での募集とし、世帯収入と学力を基準に審査することから、必ずしも希望者全員が受けられるものではないといった状況がわかりました。

このようなことから、給付型制度の導入に関しては、財政面や費用対効果など、慎重に検討していく必要があると現在考えております。

一方、議員ご指摘の洲本市と同趣旨で、定住促進効果も狙い、給付型ではなく償還額を一部免除する方法を実施している自治体もございます。

こちら静岡市では、貸与型の奨学金である育英奨学金制度を実施しております。貸し付けの範囲や対象は、他の自治体のそれと大きく異なるものではなく、従前から実施しておりますが、償還方法について、昨年度から年間の償還額を一定の条件のもと、2分の1に免除する制度を開始いたしました。この制度はまだ始まったばかりのため、効果の検証は行われておりませんが、一方的な給付ではなく、市税収入と若者の定住化にもつながる事例でございます。

このようなことから、定住促進も含めた先進事例の奨学金制度として注視し、研究を進めてまいりたいと考えております。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★蜂みつ事業の今後について/平成28年決算特別委員会

蜂みつ事業について

蜂蜜なんですが、平成27年度は61万2,000円、売り上げが上がりました。昨年はスズメバチにやられてしまって大変だというお話は伺っていますが、今後の蜂蜜事業について、お伺いいたします。
【答弁/田村文義総務課長】
平成27年度の決算につきましては、具体的な販売の売り上げとして、ひまわりフェスティバルで400個、それから市民まつりで280個、ひまわり市で80個、そのほかの市立の小中学校の給食にてご利用いただきました。合計で約119キロの収穫でした。

平成28年度につきましては、歳入で50万円の見込みを持っております。量にして80キロを見込んでおるんですが、今現状がまだ1回も採蜜ができていなくて、実はきょう採蜜を一部しているところです。収穫についてはまだ未定ということで、何キロとれるかなという感じでございます。

庁舎が完成したのち、新庁舎の屋上で蜂蜜をつくるのかということも、今後の課題として出てくると思うんですが、私は、コミュニティプラザひまわりの屋上が今、全然使っておらず、今、雨漏り防止の施工を大金をかけてやっていると思うんですが、あの屋上をぜひ使ってやったらいいと思うんです。これは目的外使用になってしまうかもしれませんが。

事業拡大するのであればコミプラで採蜜から瓶詰までやっては

要するに、今、営繕の方が限られた人数や時間の中でできる範囲でやっていらっしゃると思うんですが、このまま現状でやっていくのか、または拡大していくのかによっては、当然役所が全部、直営でやるとは言いにくいでしょうし、その意味では、シルバーの方に委託をして、コミュニティプラザ屋上に全面ゲージつくって、採蜜をやり、その下の部屋で瓶詰をやってはどうか。今、瓶詰はどこでやっているんでしょうか。ご答弁ください。瓶詰とかそういう事業をコミプラですれば、コミプラの収益にもなっていくと思いますし。また条例変更とかしなければいけないかもしれませんが。

やっぱりニンジン、それからサッカー、結核に並ぶ、「蜂蜜」事業というのも、一つの清瀬市の顔にしていっていただけたらいいと思います。
【答弁/田村文義総務課長】
まず1点目、コミュニティプラザを利用したらいかがかという件なんですが、これは当初からそんな話もあったんですが、やはり最初始めたころは近場でないとというような条件もございましたので、ただしおっしゃるとおり、今、防水工事をしておりまして、それが終わった段階でこれからどうしていこうかなという、検討の一つではございます。

二つ目のこれからどんなふうにやっていくのかという点でございますが、一応実施計画にも載せておるんですが、平成29年度職員を募りまして、プロジェクトチームでやってみようかなという考えがございます。

それと3点目、瓶詰なんですが、消費生活センターの調理室をお借りしてやっております。
事業拡大していくということであれば、ぜひコミュニティプラザを使っていただけたらいいと思いますし、そういう意味では、役所が新しくなるまでの期間は、役所の屋上でできるんでしょうが、その期間限定であれば、役所の中でプロジェクトを組んでいただいてもいいと思うんですが、本業がおろそかにならないようにしていただければと思います。

きよせのひまわり蜂蜜としてブランディングを

やっぱりコミュニティプラザでやれば、ヒマワリ畑も近くになるので、清瀬市のヒマワリ入り蜂蜜みたいなね、そんなふうになるとすばらしいと思います。新たな財源として、よく新聞の下にプロポリスは非常に高く売っています。清瀬市の蜂蜜も、そういう付加価値がついて高くなればいいと思うんです。

薬科大の協力も頂き薬効も絡めて

例えば、かねて言っていますが、薬科大学にぜひご協力いただいて、薬効の非常にすぐれた蜂蜜にしていくとか、そういう薬効のところを絡めたような清瀬市の特産商品開発というのも、ぜひお知恵のある方がいたらやっていっていただければと思います。要望で。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

2017年07月29日

■「城田孝一郎彫刻展示室」がオープンしました!!

城田考一郎彫刻展

彫刻家として名高い城田孝一郎先生は、清瀬市在住でけやきロードギャラリーやコミュニティプラザひまわりでもその作品は展示されており、澄川喜一氏と並んで我が市では有名な芸術家です。その城田先生の作品の一部を展示した展示室(ギャラリー)が、コミュティプラザひまわりの中につくられ、その開設記念式典が去る7/13(木)、行われました。

城田考一郎彫刻展

「彫刻展示室」は3階の東側の部屋ですが、式典は同じ3階の多目的ルームで行われました。ここはかつて私の母校だった所で、今回、「彫刻展示室」になった部屋は高校だった時は、確か「美術室」だったところです。また、この式典を行った部屋は、かつては書道の部屋で、この6月に亡くなられた私の恩師・原浩司先生が10年余にわたって使われていた部屋です。

城田考一郎彫刻展

城田考一郎彫刻展

城田考一郎彫刻展

その後「彫刻展示室」の前でテープカットを行い(冒頭の写真)、中に入れて頂きました。「彫刻展示室」とは言っていますが、作品は彫刻作品だけでなく、彫刻作業に入る前のデッサン画も展示されています。

城田考一郎彫刻展

最後に城田先生にお願いし、写真を撮って頂きました。今回、ご提供頂いた作品は先生の膨大な作品群の中の一部で、私はかつて議会でも市内在住の偉大な先生方の作品を、こうしたギャラリーにご提供頂くだけでなく、けやきロードギャラリーのように、身近に市民の目に触れられるよう、例えば学校や市民センターなどの公共施設にも飾らせて頂いてはと提案したこともあります。

是非、皆様もコミュティプラザひまわりにお越しの際は、お立ち寄りください(※ただし土日の10時から15時までとなっていますのでご注意ください)。
【城田考一郎彫刻展示室】
場所:東京都清瀬市下清戸1-212-4 コミュニティプラザひまわり3F
開室日:平成29年7月15日より毎週土曜日・日曜日限定
開室時間:午前10時〜午後3時まで
入室料:無料
  

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT 

2017年07月27日

●外灯を新設して頂きました。【野塩1丁目】

外灯の新設

秋津駅の踏切から、山本病院の西側を通ってキッコーマスさんの方へ続く道が、一部暗いところがありました。最近、LEDの普及により、おそらくLEDの特性なのだと思いますが、スポットライトのように照らされているところとそうでないところの境がハッキリしていて、外灯の及ばないところはとても暗く感じます。

外灯の新設

外灯の新設

ということで、所管課にご相談し外灯を新設して頂きました。この地域は、薬科大学もあるため学生用のマンションも多く、国元の親御さんにしてみたらとても心配だろうと思います。

外灯の新設

外灯の新設

犯罪を未然に防ぐためには、やはり死角をつくらないことだと思います。すぐにご対応頂きました所管課の方々、ありがとうございます。

外灯の新設
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・野塩1・3丁目