2023年06月15日

★子どもの安全な環境について/令和5年3月議会

子どもの安全な環境について

子どもたちの下校後の遊び方は変わってきた
未来を担う子どもたちの安心・安全な環境確保は、私たち大人の責務です。とはいえ、多様化する子どもたちの生活環境もまた様々です。

かつて子どもたちは、学校が終わると、ランドセルを玄関に放り投げて、近くの公園で時間も忘れて遊んでいました。そんな子どもたちにとっての時間管理は、暗くなったら帰る、ということでしたし、暗くなっても遊び続けていて、家に帰ると、早く帰ってきなさいと叱られるのが日常でした。

そうした背景でか、今やどこのまちでも、夕方になると、チャイムや夕焼け小焼けのメロディーが流れて、子どもたちに帰宅の時間を教えてくれます。

しかし、現状、今の子どもたちはもともと少ないということもありますが、外で遊んでいる子どもが少ない。多くは、家で遊んでいるのか、または学童に行っているのか、塾に行っているのか、放課後の子どもの過ごし方は多様であり、外で遊んでいる子を見かけることは大変少なくなっております。その意味では、夕刻のチャイムがその用をなさなくなってはいないでしょうか。

夕刻のチャイムの時刻変更を
また、用をなさないとまでは言わないまでも、子どもたちの生活様式に合わせた時間に変更してもよいのではないでしょうか。そもそもあのチャイムの本来の意図、そして現状の時間についてお伺いいたします。

また、あのチャイムの時間について、適正な時間への変更について、お伺いをいたします。ご所見をお伺いいたします。
【答弁/粕谷靖宏総務部長】
防災行政無線の本来の設置目的は、住民の方に必要な情報を周知するために設置されているもので、清瀬市防災行政用固定系無線局運用要綱で、防災行政無線を使用して放送する事項を3点規定しております。

1点目は、一般放送として行政についての周知や協力を必要とする事項、2点目は、緊急放送として災害及び公害放送、ならびに人命及び財産に重大な影響を与えるおそれのある事項、3点目に、チャイム放送として夕焼け小焼けによる時報放送としております。

議員ご質問の夕焼け小焼けチャイムを放送する意図につきましては、有事の際に必ず伝達できるよう、試験放送として毎日実施しているものでございます。こうした試験放送は、生活の邪魔にならない夕方の時間帯に音楽を放送することにより、子どもたちの見守りや帰宅を促す手段として、多くの自治体においても実施されているところでございます。

本市のチャイム放送の時間につきましては、2月から4月及び9月は17時5分、5月から8月は18時5分、10月は16時35分、11月から1月は16時5分の4パターンで放送しており、季節に合わせて日没の30分前を目安に時間設定しております。

チャイムの時間この放送時間が適正であるかにつきましては、参考に、近隣6市の放送時間を調べましたところ、1市は、4月から9月は17時20分、10月から3月が16時20分の2パターン、5市では、4月から9月は17時30分、10月から3月は16時30分のこちらも2パターンでございました。何をもって適正な放送の時間とするか、議員からもございましたように、時代の変遷とともに、放課後の子どもの過ごし方が多様化しているようにも感じております。

近隣市において、放送時間を変更した事例がございます。6月から8月に本市と同様の18時5分に放送を行っていたところ、放送の時間が遅いのではないかとのご意見があり、教育委員会を通じて保護者にアンケートを行った結果、現在は17時30分に変更しているとのことでございます。これにより18時以降の放送をしているのは、近隣市では清瀬市のみとなっている状況です。

ご指摘いただきました、本市において放送時間変更について検討を行う場合は、子どもたちの帰宅時間にお知らせをすることを目的としておりますので、保護者や学校のご意見をお伺いすることは必要であると考えますので、教育委員会との連携の上、適時検討してまいります。

防災無線のチャイムは、一般放送、「今日は一斉清掃の日です」とか、そういうお知らせで使う場合と、それから緊急放送、Jアラートとか、避難指示とか、そういう放送、それからチャイム、この3通りありますよというご答弁でした。

夕方やっているのはあれはチャイムなんですけれども、近隣市と違う。主に時間をお知らせするチャイムですが、時間をお知らせする相手は子どもなんですよという、子どもに帰宅を促すと言っていましたから。ということだと、ちょっとなかなか今の子どもたちに合っていないんじゃないかなと思います。帰宅を促そうにも子どもが遊んでなかったりして。だから、そういうことではなくて、例えば東大和市なんかは、子どもたちが下校する時間1時に合わせて、子どもたちの声で、「僕たちが今から帰ります。大人の皆さん見守ってください」みたいなことを言うんですよ。例えば大人に見守りを促す。子どもに向けて帰りなさいという放送じゃなくて、大人に向けて、これから子どもたち帰るから見守ってねという放送にするとか、そういうほうがすっきりするだろう。

他市の時間と合わせては
チャイムはチャイムで、私、いいと思いますけれども、時間はせめて、小っちゃい市ですから、東村山の放送も、東久留米も、所沢の放送も、新座の放送も入ってくるので、せめて統一してくださいという話ですね。4パターンあるのは清瀬だけで、ほかは2パターンです。しかも時間が違うという、紛らわしいので。

前に、私、「清瀬讃歌」もぜひやってくれという話、しましたけれども、著作権の問題で使えないというお話でしたが、これもぜひクリアにしていただけるとありがたいと思います。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 学校・教育・子育て

★プール跡地の有効利用を/令和5年3月議会

プール跡地の有効利用を

これも昨年令和4年9月議会にて取り上げたものです。その際は、清瀬第四小学校、清瀬第四中学校の未使用となったプールを、再利用の方針が決まるまで、豪雨の際の雨水貯留槽として使ってはという提案でした。清瀬第四小学校、清瀬第四中学校ともに河川の付近であり、特に清瀬第四小学校前の柳瀬川通りは道路冠水してしまう箇所、プールを空にしておけばそこに雨水がたまり、プール1杯分までは道路への流入を防げる。また、清瀬第四中学校にしても同様で、空堀川への流入が減るという趣旨でした。

ご答弁では、基本的には未使用となったプールは撤去していく方針であり、貯水槽としての利用はしないとのことで、その後、時間がなく議論を深めることはできませんでした。

四小四中のプールを豪雨貯水槽に/令和4年9月議会 2022年11月30日

使わなくなったプールの跡地はどうなるのか
今回、また新たに、芝山小学校、清瀬第十小学校、清瀬中学校も水泳授業の民間委託が発表され、使われなくなるプールが5校となります。今回、改めてそうした使われなくなったプールの今後について、お伺いをいたします。

基本的な考え方としては、未使用地として売却していくことが望ましいのだろうと思いますが、清瀬第四小学校プールは公道に接しており、住宅も隣接していることから、売却の可能性はあると思いますし、また清瀬中学校も、今後、小中一貫校として統合していく可能性の中で、余剰となった土地は売却し、改築費用にも充てていきたいところです。

四中プール跡地は避難用の駐車場にしては
問題は、清瀬第四中学校で、清瀬第四中学校プールは公道に接していないため、売りにくい、また将来的には、清瀬第四小学校との併合も考えると。そのための一定の面積は確保しておきたいとも考えます。

その意味では、直ちに撤去するというよりは、当面、プールは温存し雑木林から出る落ち葉の捨て場として開放し、堆肥づくりに利用してはいかがでしょうか。また、撤去費用があるのなら、プールを撤去して空き地とし、有事の際、避難所機能の中で駐車場スペースに、また炊き出しスペースとしてはいかがでしょうか、ご所見をお伺いいたします。
【答弁/南澤志公教育部長】
学校プールの老朽化に伴い、多額の改修費用がかかる清瀬第四小学校と清瀬第四中学校におきましては、令和3年度より、民間のプール施設を活用し、プール授業を開始いたしました。児童・生徒、保護者の皆様からは、水温、水質、衛生面などの環境が安定し、天候に左右されない授業で、泳力も伸びたとの声も聞かれ、大変好評をいただいております。加えて、来年度からは、プールの老朽化の進行状況を踏まえ、水槽内やプールサイドの防水シート改修が必要な芝山小学校と清瀬中学校において、また、ろ過装置やその配管の老朽化が著しい清瀬第十小学校において、新たに民間プール施設を活用した水泳授業を実施することといたしました。

ご質問いただきました清瀬第四中学校のプールでございますが、現時点では、活用方法はまだ定まっておりません。ご提案いただきましたプールを雑木林から出る落ち葉の捨場として開放し、堆肥づくりに利用することにつきましては、現在プールに水がたまらない状態ではありますが、以前、落ち葉と雨水の影響で、チョウバエなどの害虫が発生した経緯がありますので、もし落ち葉の集積場所となると、何かしらの施設的な改善が必要と思われます。

また、鈴木議員がおっしゃいますように、除去して、有事の際の駐車場とすることにつきましては、学校の防災拠点としての機能を高めることにもつながると考えられます。

いずれにいたしましても、資産を有効に活用することが第一に求められますことから、今後、公共施設の基本的な考え方に沿って、庁内横断的に、様々な角度から有効活用、その方法について研究してまいりたいと考えております。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 学校・教育・子育て

★帯状疱疹ワクチン助成制度の創設を/令和5年3月議会

帯状疱疹ワクチン助成制度の創設を

高齢者にとって恐ろしい帯状疱疹
今般、東京都では、都議会公明党の要望を受けて、帯状疱疹ワクチンの公費助成を発表しました。帯状疱疹とは、水ぼうそうと同じウイルスで起こる皮膚の病気です。多くの人が子どものときに感染する水ぼうそうのウイルスが原因で起こるとされ、発症すると、皮膚の症状だけでなく、神経にも炎症を起こし、痛みが現れます。神経の損傷がひどいと、皮膚の症状が治った後も、痛みが続くことがあり、重症化すると視力低下や失明に至ることがあります。

近年、コロナ禍による免疫力の低下から、この帯状疱疹が発症する事例が多く報告されており、しかも重症化したり、後遺症に苦しむなどのケースが増えているそうです。

高額なワクチン接種費用
帯状疱疹は、ワクチンにより予防できるとされていますが、一回当たり2,000円から5万円程度と高額のため、接種率が上がらないのが現状です。

今般の東京都の補助は、市町村でこの接種費用の公的助成をした場合に、その費用の半額を負担するという制度です。

清瀬市としていち早く助成を決定
東京都のこの発表を受け、去る1月、私たち公明党は、帯状疱疹ワクチンの接種助成を市長に要望いたしました。そしてうれしいことに、清瀬市では今議会において、ワクチン助成の議案を提出していただいております。

帯状疱疹ワクチン接種の公費助成の要望書、提出しました。 2023年01月26日

そこで。今回のこの助成について、スキームなどご検討されている内容など、お伺いをいたします。
【答弁/矢ヶ崎直美生涯健幸部長】
帯状疱疹は、発症いたしますと、持続する痛みや後遺症などで、QOLが著しく低下するおそれのある疾患でございますが、ワクチンで予防することは可能な疾患であり、国も平成28年3月に、ワクチンが50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防という効能効果を認め、追加承認されました。

この間、市は国などの動向を注視しておりましたが、先般、東京都が帯状疱疹の定期予防接種化までの間、帯状疱疹ワクチン接種に係る個人負担の軽減を行う区市町村を支援する目的で補助事業の開始を決定いたしました。また、令和5年度予算に対する要望として、公明党と清瀬自民クラブから、帯状疱疹予防接種費用への助成の要望をいただいておりました。これに加え、清瀬市医師会の考えや区部及び26市の状況などを総合的に勘案した結果、帯状疱疹の発症を予防することにより、市民のQOLの維持を図るとともに、金銭的負担を軽減するため、清瀬市帯状疱疹予防接種費用助成事業を実施することを決定し、今定例会中に事業費を計上いたしたいと考えております。

助成事業の内容でございますが、対象者は接種時50歳以上の市民といたします。また、対象のワクチンは生ワクチンである乾燥弱毒性水痘ワクチン「ビケン」、及び不活化ワクチンである「シングリックス筋注用」の2種類とし、助成額は、生ワクチン接種は3,500円を1回、不活化ワクチン接種は9,000円を2回までをそれぞれ助成いたします。

開始時期及び助成方法等につきましては、現在調整中ではございますが、準備が整い次第開始したいと考えております。
他市に先駆けて助成実施
帯状疱疹ワクチンの市としての助成、市長ありがとうございました。これは本当に、お聞きしたところによると、26市のうち1、2位を争う速さで、即断で決めていただきました。もう本当に帯状疱疹で苦しんでおられる方は、本当に多いですね。なおかつ苦しんでおられる。薬飲んで治ったということではなくて、後遺症がひどいとか、そういうことがあるので、ぜひともこの今回の英断によって、多くの市民が苦しまずに済むように、保健行政をより充実させていただければと思います。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 優しいまち-福祉

2023年06月13日

■「医療用かつらなど一万円まで助成」、公明新聞に掲載されました。

公明新聞_令和5年6月9日付記事

去る6/9(金)付けの公明新聞6面に、「集中豪雨対策で雨水貯留浸透施設」の記事が掲載されました。  

Posted by takosuzuki │ ■新聞等での掲載 

2023年05月28日

■「集中豪雨対策で雨水貯留浸透施設」、公明新聞に掲載されました。

集中豪雨対策記事

去る5/10(水)付けの公明新聞6面に、「集中豪雨対策で雨水貯留浸透施設」の記事が掲載されました。
集中豪雨対策で雨水貯留浸透施設
東京・清瀬市
東京都清瀬市中里一丁目を通る市道に先ごろ、集中豪雨対策として「雨水貯留浸透施設」が5基整備され、近隣住民から喜ばれている【写真】。

 この地域は、周囲よりも土地が低いため雨水がたまりやすい。過去には道路冠水や住宅の床下まで浸水する被害が出た。

 こうした現状を踏まえ、市議会公明党の鈴木六並緝修蓮■隠闇以上前から定例会で一貫して豪雨対策を訴えていた。

 雨水貯留浸透施設の貯留量は5基で550トン。集水ますと雨水管を通してたまった水を時間をかけて地下に浸透させることで雨水を減らす仕組み。

 かつて豪雨被害を経験したことのある住民は「地域にとって長年の懸案だった豪雨被害がなくなるよう期待しています」と語った。
  

Posted by takosuzuki │ ■新聞等での掲載