2018年08月16日

●傾いたカーブミラーを修復して頂きました。【中里2丁目】

傾いたカーブミラーを修復して頂きました。

中里2丁目、ゴルフセンター前のカーブミラーが傾いていて安全確認ができないと、地域の住民の方からご連絡頂きました。

中里2丁目のカーブミラー

中里2丁目のカーブミラー

現地にいくと、車がぶつかったのでしょう、確かに傾いていました。市の所管課では、ぶつけた人からの連絡はない、当て逃げではないかとのことでした。

中里2丁目のカーブミラー

中里2丁目のカーブミラー

すぐにご対応頂き、支柱の修復の前にミラーの傾きを修正頂いた後、支柱も掘り返して修復頂きました。迅速なご対応、ありがとうございました。  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・中里2丁目

2018年08月06日

★豪雨対策について/平成30年3月議会

豪雨対策について

まず、渋谷市政2期目を締めくくる最後の1年を迎えるに当たり、住民の声をしっかりと反映させた信頼のおける日経ランキングにおいて、住みやすいまち、また子育てのしやすいまちの高位にランキングされたとのこと、大変に喜ばしいことであり、また市民に寄り添った渋谷市政のたまものであると大いに評価をいたします。

今回市長は、平成30年度の市政運営の基本的な考え方として、五つの将来像をお示しいただきました。いずれも市民目線に立ち、また将来の清瀬市のあるべき姿を見越しての堅実なプランであると評価をいたします。

今年度の豪雨対策について
特に、安全でうるおいのある暮らしができるまちとして、防災、防犯対策にもしっかりと予算をつけていただくことを述べられています。言うまでもなく、防災は喫緊の課題です。特に近年の異常気象による豪雨は大地震などの災害と違い、発生リスクは高く、また平穏な日常を壊し、かつ場合によっては大災害にもなりかねないという意味において、非常に危険なものです。

昨年の豪雨では、冠水により社会のライフラインたる道路が断絶したり、生活の場である住宅浸水も引き起こしました。

そこで本年はそうした豪雨対策に向け、本市としてどのようなお考えをお持ちなのかお伺いをいたします。
【答弁/渋谷金太郎市長】
まず、豪雨対策ですが、水再生センター北側の清柳橋の架け替えがようやく実現に向けて動き始めました。もうずっと言ってきましたが、全くだめだったんですよ。やっと埼玉県が動き始めてくれました。

柳瀬川への雨水の放流が清柳橋のところがボトルネックとなり、現在1時間に30ミリまでとなっておりますが、清柳橋を架け替えて、金山調節池から下流部分を合わせて柳瀬川が拡幅されれば、1時間に50ミリまで可能となります。これで現在進めております雨水幹線整備とあわせ、ゲリラ豪雨などの根本的な対策が図れるようになります。

また、先日の小池都知事との懇談でも、豪雨による震災対策については、喫緊の課題として財政的支援や技術的支援をお願いするとともに、都道である新小金井街道の冠水対策を含め、本市と都が連携して、冠水対策の早期解決を図るよう要望してまいりました。

いずれにしましても、安全・安心なまちづくり、災害対策は引き続き最重要課題と位置づけ、充実を図ってまいります。

柳瀬川が50mm/h対応に改修されることによる効果
長年、市長がずっとお訴えされてきた清柳橋がこのたび架け替えになるということで、一つの成果としてすばらしいことだと思います。

清柳橋が架け替わって、川幅が広がって、豪雨が50ミリ対応になるということで、単純に市内を流れる雨水管が柳瀬川に放流される口というのがどれぐらいあって、それまでは30ミリ対応の川だったので余り流せなかったんだが、50ミリ対応になったので思う存分流せるよという解釈でよろしいんですかね。

単純にこの間、いつだったか、豪雨のときに、小金井街道のところの清瀬橋のところだったか、雨水管の口を余りあけられなかったと。これ以上流すと川が氾濫してしまうのでというお話があったかと思うんですが、市内の柳瀬川の面しているところで、雨水の排水口というのはどこにどれぐらいあるものですか。
【答弁/佐々木秀貴都市整備部長】
柳瀬川でよろしいですかね。柳瀬川に関しては、現在、今、議員お話しのあった清瀬橋から金山橋、城前橋、この間に約30か所を超える排水溝がございます。
そんなにあるんですね。それぞれは結構大きな口があって、それぞれに排水制限みたいなものがあって、余り流れ過ぎないようにしていたものが、今回は架け替わって拡幅された暁にはそれがどっと流せるので、比較的清瀬市の土地での冠水が仮にあったとしても、すぐ解消されるとか、そういうことになるんではないかということ、そういう解釈でよろしいですかね。
【答弁/佐々木秀貴都市整備部長】
まず、これは埼玉県の整備が完成しますと、東京都のまだ未完成部分がございまして、これは金山橋から関越まで、この間がまだ30ミリ対応になっておりますので、東京都に確認したところ、まず埼玉県が先行される。その後、追って東京都で整備を進めていくとお伺いしております。
いずれにしても、すぐできる話ではもちろんないので、もうちょっと時間をかけてということで了解をいたしました。

今回、都知事との意見交換会で私もユーチューブで拝見をいたしましたが、15分という非常に短い時間の中で行政課題をこちらで都知事に言ってということですから、何というか、大変なあれなんですが、その中の一つとして、今回市長が豪雨対策を言っていただきました。

ご答弁の中でも、新小金井街道のあの地域の冠水のこと、あそこは都道ですから、あそこもしっかりと言っておられましたが、雨水幹線対策を初め、そうした大きな冠水対策は、どちらかというと小金井街道から東側の話でして、小金井街道から西側というのはなかなか大きな冠水対策とはちょっと関係が薄いかなという感が否めないんですね。

中里広場を豪雨時の貯水池として活用しては
かねて何度も申し上げている中里一丁目自治会あたりの冠水対策はどうするんだということがありまして、今回、東京都に要望いただいた件も、また雨水幹線対策の件も、そして、川幅が広がることによる柳瀬川への排水効果はもしかしたらあるかもしれないが、それ以外は余り直接的な効果が見込めない。

だが、今年も恐らく豪雨はあるでしょうということで、去年のこの場でもいろいろるるご提案をさせていただきましたが、抜本的な解決はもちろんできないわけで、その中で中里一丁目にある中里広場をちょっと一時、雨水貯留場にしたらどうだという提案をさせていただきましたが、そこはお借りしている土地なので、なかなか加工することはできないんだよというご答弁でした。

中里広場
大雨の際には水没する中里広場

だが、よくよく考えてみれば、今日明日返すわけじゃないし、将来的に何かしらのことがあって、どうしても先方が処分しなければいけないとかというときに恐らく返さなければいけない事態にはなるんでしょうが、それまでの間はやはり少し加工して溜められるようにして、なるたけあの地域への冠水を防ぐことに利用できないかと。私もいろいろ考えたんですが、それぐらいしか思いつかないんですよ。そして、中里広場の横にあった空き地も今回住宅になりまして、地面への浸透がやはりなくなったということで、地域の方々は大変に心配をされています。

部長ここら辺どうですかね、中里広場の貯留場としての利用について、ご見解を。
【答弁/佐々木秀貴都市整備部長】
今、議員おっしゃったように、あの土地は民地の土地でございまして、お借りしているということでございます。

一番直接的にやはり解決できるのは、今ご提案の貯留施設、これをこの中里広場に埋設するというのが、これはもう間違いなく効果が出ると思います。ただし、これ原状回復して、土地をお返しするといった場合に、これまでの効果、ではほかにどこを代替として整備すればいいのかという問題もございます。ですので、なかなか土地を借りている今の状況で貯留施設というのは、いわゆるハード部分でどこまでできるかというのは研究する必要があると思います。
抜本対策はやはり小金井街道下の都道用の雨水管を太くして、そこに住宅の雨水を入れさせてもらうということです。本来はこれもすぐできる話ではないので、長い間交渉していく中でできる対策だとは思うんですが、そこまでのやはり時間稼ぎ、何というか、そこまでに何とか軽減できないかというための対策ですね。

ちょっと部長がおっしゃっているのは、地面の中に、前回もご答弁があったビールケースみたいなのが入っていてということですが、そうではなくて、少し掘り下げて、雨が降ったときに今でもたまっていますが、もう少したまるような、簡易な貯留所にしたらどうかという、そこを何とかご検討いただけないかということです。これぜひご研究いただいてご検討ください。要望いたします。よろしくお願いします。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★地域課題解決協働事業について/平成30年3月議会

地域課題解決協働事業について

都市格が高いまちとして、市民自身による地域の問題解決をうたわれ、ワークショップの開催や現実的な問題解決のために、地域課題解決協働事業、つまり企業やNPOとのマッチングの仕組みづくりを表明されました。

これまで清瀬市では自助・共助・公助の連携を生かしていくことがまちづくりの基本であるとして、自治会や老人クラブ、そして円卓事業など、地域を担うグループの育成をサポートしてきました。

しかし、そうした市民によるグループは問題の掘り起こしや情報の共有はできても、解決への実行力、資金力やマンパワーなどが不足しているため、自力での解決がなかなかできません。その意味で、今回の問題解決のための仕組みづくりを行うとの事業は画期的であります。

そこで今回、この仕組みづくりとして、どんなことでお困りの市民団体とどんな企業、またはNPOとのマッチングをされると、またそれがどうなっていくのか、具体的なイメージがあればご披露いただければと思います。
【答弁/渋谷金太郎市長】
地域課題解決協働事業ですが、これまで市民の皆さんが抱える地域の課題と得意分野を発揮して、そうした課題を解決できる企業やNPO、大学などがあっても、マッチングを行う仕組みや場がなく、なかなか課題解決につながらない状況がありました。企業などでも社会貢献活動に力を入れるところがふえている中、市民の皆さんに地域課題を洗い出していただき、その解決に向け、得意分野を発揮できる企業やNPO、大学などとのマッチングを行う場をつくり出すことで、地域の多様な担い手がそれぞれの強みを生かし、協力し合って、地域課題の解決に取り組むことができればと考えております。

まさに土曜日のピッコロが取り組んでくれた関東エリアホームビジター交流研修会、ピッコロがとにかく最初に動き出して、神奈川県、千葉県、山梨県、茨城県、都内七十数人が来て、どうやって赤ちゃんと母親を応援していくかということを研修されていましたよ。だから、既にそういう力があちこちにいてくれるんですね。それをだから一層、この事業を通してつくり上げていければ、すばらしい清瀬市になっていくのではと思います。

モデルとなる市の事例はあったのか?
恐らくこの事業については、どこか先進市の例が念頭にあって、これはいいプランで清瀬市に導入したらいいだろうということだと思うんですが、そういう先行市の成功事例、こんなようにしてこんなふうになったんだという具体的な例があったらご提示いただければと思います。
【答弁/今村企画部長】
今回、大阪府の東大阪市というところでこういった事業を展開している話がございまして、そこでは地域の課題を市民の皆さんが集まって洗い出しをする中で、やはり高齢者の居場所づくりと近所づき合いのサポートという課題が出されて、集いの場所を見える化する必要があるだろうという話になったそうです。

それを発表する場に参加していただく企業ですとかNPOの皆さんに参加していただいてお話をしたところ、マップ作成などで自分のところで持っているアプリが使えるんじゃないかというご提案ですとか、集いの場所でセミナーやイベントを開催できるよというご提案ですとか、集いの場のマップをお店に掲示しましょうというご提案をいただいたということがございました。

そういうことで、やはり今までなかなか市民だけの力では解決できなかった事業について、やはりこういった企業ですとか大学などと一緒に考えることで解決が進むのではないかということが今回の事業の目的でございます。

地域課題を集約できるのは清瀬では円卓
市民が、またはその地域の方々が集まって、その地域の課題を語り合う場というのは、清瀬市でいえば、円卓事業がまさにそうなんだと思うんですね。円卓には自治会の方も老人クラブの方もPTAの方もさまざまな関係者がいて、そこでいろいろな地域の困ったことが出し合われるわけですね。

当然その中で、これはこうしたらいいよという解決策はほとんどないんです。大体、困ったことが出されても完全な解決策はない、言いっ放しというか、ああそうですか、大変ですねで終わってしまうんですが、東大阪市の場合は恐らくそうしたことを一つまとめて、こういう課題がありましたよというのをまとめて、企業なりNPOの人をその場に呼んでか、またはその問題点を持っていったのかちょっと分かりませんが、行政がその間に立ってマッチングをしたと。それによって、そのさまざまな課題について全部はもちろん解決したわけではないが、一つの代表的な事柄について解決の手だてを出してくださったということなんでしょうね。

そういう意味では、清瀬市内には主な企業、それほど多くはありませんが、考えてみれば、大きな企業で、例えば本社は清瀬市にないが営業所があるとか、そういう意味ではいろいろな事業者がいらっしゃるわけで、そういう方々から、いろいろな問題、課題に対してどんな案が出てくるかわからない不可知性というか予測不可な部分においては、今部長がおっしゃられたような解決策も出てくるのかもしれないですよね。

だから、今、現存清瀬市には円卓があるので、そこのものを問題抽出の場としてうまく利用していただきながら、それをどう今の事業の仕組みの中に組み込んで解決していってくれるのかというのは、非常に私としても期待を持てるものだと思います。

知的産業の多い清瀬ならではの解決策が期待できる
かねて申し上げていますが、清瀬市はホワイトカラーが多い、来てくださる方が多いまちで、そういった意味では知的産業の多い研究所とかセンターとか、医療機関、大学関係者が多いところですから、そういう意味での知恵の部分での解決ということでも大いに期待できることかと思います。ぜひこれは期待していますので、よろしくお願いいたします。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★世界医療文化遺産への具体的な取り組みを/平成30年3月議会

世界医療文化遺産への具体的な取り組みを

また、都市格を高めていく上で、一つだけ注文をつけさせていただくならば、かねて市長よりお訴えいただいている、人類を結核から守るまち清瀬としての我が清瀬市の崇高な使命、そして成り立ちを、より多くの市民や他地域の方々に知っていただくことが都市格を高めることになる。この従来のお訴えが今回の所信表明にはお言葉としてはありませんでした。

もちろんこのことは市長のある意味ライフワークであり、これまでの在任期間中、事あるごとに言われ続け、そしてまた、かねて言われているように、行政の行う事業として予算をつけずに、市長ご自身がエバンジェリストとなって予算を伴わずにやるんだという主張はよく理解をしています。その効あって、結核研究所や複十字病院、東京病院、BCG研究所、また厚生労働省など、今やさまざまな援軍も市長のもとにかけつけてくださっています。

私はそろそろ本市として、ある程度の予算をつけて、世界医療文化遺産を目指す活動なり、またそのためにもっと広く、世界を結核から守るまち清瀬を広めるための事業を始めてもよいころだと思います。市長のご見解を伺います。

【答弁/渋谷金太郎市長】
世界を結核から守るまち清瀬を広める事業ですが、清瀬市と結核医療のとうとい歴史を知れば知るほど、清瀬市というまちのとうとさ、そして、そこに住む人々の心や魂、まさに清瀬スピリッツに感動します。

市報のコラムにも書かせていただきましたが、清瀬駅の改札での若いカップルの会話を聞いた方が私に教えてくれました。男性が女性に、清瀬市は高齢の人や障害を持つ人が多いから、かき分けて歩いてはだめだよと言ったそうです。何気ない会話に周囲の人に思いを寄せる心がしっかりと入っています。
また、都内から清瀬市に通勤されているある福祉施設の方の話です。都内では車椅子の方がバスの乗るとき運転手が対応しますが、周囲に時間のおくれでいらいらした表情を見せているお客さん、乗客がいます。清瀬市ではそのような表情を見たことがありません。運転手の対応もとても丁寧ですと私に教えてくれました。

もう一つ、複十字病院の先生からも患者さんの話を聞きました。酸素ボンベを持っていながらも、清瀬市の駅におりるとほっとする、我が家に帰ってきたみたいだと言われたそうです。まさにこれは清瀬スピリッツが本物で、市民の皆さんにしっかりと根づいていると感じることができます。こうした清瀬スピリッツをさらに広めていくためにも、世界を結核から守るまち清瀬をしっかりPRしていきたいと思います。

そして、こうした思いを関係機関と一つにするため、現在、北里研究所との協定の締結の協議を進めており、今後は結核予防会や東京病院などとも協定を結んで、関係機関と連携しながら世界医療文化遺産に向けて取り組んでいきたいと考えております。

清瀬市民は心根の良い人が多い
市長、ご紹介いただいた市報のエピソードはこれすごい話ですね。本当に世知辛いこの世の中ですさんだ話ばかり聞く、このニュースの中で心がほっとする、本当にいいエピソードだなと思います。

この方々が社会事業大学の学生だったのか、本市で生まれ育った根っからの清瀬っ子だったのか、どういう方かわかりませんが、でも市長がかねておっしゃられているような、とうとい清瀬市の歴史というものをよく学んだ結果、こういう心持ちになった若者だとしたら、これはもう本当にすばらしいことだと思います。

清瀬の尊さを歴史を通して学ぶ。それが都市格を上げること
これも何度も申し上げていますが、清瀬市というのはもう昔から医療のまち、結核のまち、行ったら病気が移ってしまうまち、というような暗い、どちらかといえば物悲しい、そういうイメージで語られることが多かった。都内から教育長なんかも杉並区から清瀬市に赴任なんていったときにちょっとびっくりするとか、そういうことはなかったですか。ないですね。清瀬市というと、それぐらいどちらかというと、イメージとして暗い。

だが、市長は発想の転換をされた、そうではないんだと。清瀬市というまちは太古の昔からひもといたって、悲田処があったんだよとか。つまり困った人に対する奉仕の姿勢を清瀬市というのはずっと貫いてきたまちであり、結核研究所だって、BCG研究所だって、いまだに世界三大感染症の一つである結核を守る中心拠点としてやっているんだと、我々耳にたこができるほど聞いているわけです。これを市民の皆さんにもしっかりと知っていただくということが、やはりこれは都市格を高めるということだろうと、私も大いに賛同いたします。

人間だってそうですよ。私もう住んでいませんが、野塩団地に余りぱっとしないというか、誰だってぱっとしませんが、普通のご婦人がいて、特段光を浴びることはないんだが、実はその方は毎朝団地の坂を掃除していた。それをいつしか人に知られるようになったときに、その人はすごい人だなと、人格が尊く思われる。

まさにこれと同じことが今、清瀬市でも起きている。この清瀬市の昔からの歴史がこういう形で知られるようになった暁に、市民である我々も都市格を高める、清瀬市民としての誇りを持てる、シビックプライドを持てるというまちになる、そういう人が集まったまちになる。清瀬市外の人も清瀬市はすごいまちだよねということを思っていただけるということになる。これがまさに暁に清瀬スピリッツというものを共有した市民のグループになってくるんだと思います。

世界医療文化遺産指定を目標として掲げることが大事
この世界医療文化遺産を目指すということが大事なことで、とれる、とれないというのは簡単なことでてはありません。世界文化遺産を目指している行政都市というのはいっぱいあるわけで、それは簡単にはもちろんとれないんだが、とるぞということを運動としてやっていく中で、こういう歴史を知っていくということが私は大事なことだと思うんですね。これは市制50周年への取り組みと同じことで、この市制50周年の取り組みの中で世界医療文化遺産を目指そうとか、そういうことがある中で清瀬スピリッツを醸成していくということにもなろうかと思います。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★2020市制50周年事業の進捗について/平成30年3月議会

2020市制50周年事業の進捗について

いよいよ我々の目指すべき市制50周年があとわずかの再来年となってきました。今から5年前の平成25年12月第4回定例議会において、私はこのことを市制施行50周年、2020年をオリンピック同様に盛り上げようとして提案をいたしました。

市制施行50周年―。2020年をオリンピック同様に盛り上げよう!!2014.4.9記事

私が訴えた要旨は、一つは、2020年東京オリンピックの年は市制50周年であることを早い段階から市民に知らしめよう。そして、市制50周年のその年だけが重要なのではなく、そこに至るまでの盛り上げ期間が大事である。その際、私は5年前ごろから始めてはと申し上げました。その他キャンペーンロゴマークやキャッチの公募やバッジをつくれとか、SNSを利用して市民を巻き込めとか、細かいご提案をさせていただきました。

さて、その後、2年前となる本年まで、特段に大きなことは何もされてこなかったと思いますが、本市として、その慶事に対し現状どのようなお考えをお持ちで、またどんな計画が進められようとしているのか詳細を伺います。ご所見をお伺いいたします。
【答弁/今村広司企画部長】
平成30年度予算案の中で、市制施行50周年に向け、市民の皆さんとともに事業計画などを検討する経費を計上しております。50周年に向けては、第4次清瀬市長期総合計画で将来像の一つとして掲げております、都市格が高いまちを実現する大きな契機となるような事業展開を図ることができればと考えております。

都市格が高いまちとは、清瀬市の歴史や文化、自然環境を守るとともに、自分たちのまちを自分たちでつくろうとする住民自治が行われるまちでありますので、市制施行50周年に向け、こうしたまちの姿がさまざまな場面で表現できるように、市民の皆さんとともにつくり上げ、本市の歩みを振り返りながら、新たな清瀬市の歩みの起点となるような機会としたいと考えております。

今後の進め方としましては、市民の皆さんにご参画いただく会議体を組織し、50周年事業が目指すもの、取り組みの方向性などを市民の皆さんと共有しながら、そこに至るまでのプロモーションや具体的な事業について検討してまいりたいと考えております。

市制50周年に向けた取り組みによって、市民の皆さんが郷土への愛着や誇りを高めていただき、そしてさらに、協働のまちづくりの具現化が図れるよう取り組んでまいります。

市制50周年についてはそういうことですね。もう近くなったから、来年50年だからそろそろやろうかということではなくて、予算をつけなくても私いいと思うんですが、だが、やはり市制50周年目指して缶バッジでもつくって、トワード2020、市制50みたいなバッジつけて行政の皆さんがいるとか、または最近は営繕の皆さんのご努力によってポスターなんかもすばらしいものをつくっていただくので、そういう大きいポスターをつくって庁舎の入り口のところに貼っておくとか、そうか2020年は市制50周年なのかということを知っていただくということが一つ大きな取り組みのものだし、市民を元気にする、希望を持たせることになってこようかと思いますので、そこら辺の取り組みもぜひお願いをいたします。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report