2021年04月30日

★市内観光ツアーの実施を/令和3年3月議会

市内観光ツアーの実施を

これまで申し上げてきたように、全市民へのワクチン接種が終わると、いよいよアフターコロナへ向けた経済の巻き返しを図っていかなければなりません。

そこで、清瀬市を活気づけるプロジェクトの一環として、市内の産業振興、巻き返しを目的とした市内観光ツアー、マイクロツーリズムを実施してはいかがでしょうか。

市内を観光し最後に新庁舎を見学
これは、市内の代表的なスポット、例えば大林組技術研究所や気象衛星センターなどの研究調査施設や大学などの教育施設を巡るインテリジェンス清瀬視察コース、または、結核研究所や東京病院の外気舎など医療施設を見て回る医療のまち清瀬見学コース、そして、旧森田家や柳瀬川回廊、雑木林などの自然探索コースなど、清瀬市のすばらしいところを見直し、発見するツアーです。場合によっては、近隣市まで足を延ばし、東村山全生園や東久留米南沢湧水群、ところざわサクラタウンなどを見て回るのもよいでしょう。そして、いずれのコースにも必ず新庁舎をコースに加え、新しくなった庁舎を見ていただきます。

これらは市内の観光事業者を使ってマイクロバスなどで運行し、昼食は市内の飲食店を使います。産業振興と市内再発見、新庁舎のお披露目と、一石三鳥の施策になると思います。言うまでもなく、これらの参加に当たっては、ワクチン接種済みの市民を対象とします。ワクチン接種済み証のようなものがあれば、接種が済んでいるかの確認手続も容易であろうと思います。ご所見をお伺いいたします。
【答弁/高見澤進吾市民生活部長】
議員ご指摘のとおり、ワクチン接種が始まり、全市民へのワクチン接種が行われ、コロナの状況が落ち着きを見せた時点で、アフターコロナに向けた経済の巻き返しについてはしっかりと取り組んでいかなければいけないと強く感じております。

あわせて、コロナ禍によりまして、身近にある観光名所や観光スポットが見直され、それらを巡るマイクロツーリズムが注目を集めつつあります。

清瀬市におきましても、議員ご提案のとおり、大林組技術研究所や気象衛星センターなどの研究調査施設をはじめ、小さい市ながらも三つの大学を有していることなどから見ても、インテリジェンス清瀬視察コースのネーミングも含めまして、大変面白いご提案だと感じてございます。

また、医療のまちとして結核研究所や東京病院の外気舎などを絡めたツアー、そして、旧森田家や柳瀬川回廊、武蔵野の面影を残す雑木林や農ある風景など、自然を絡めてのツアーのほか、近隣市との広域連携を視野に入れた取組などに新庁舎を取り入れることにつきましても、市民の皆様の郷土愛を育むことにもつながることだと考えられます。

これらの事業を実施するに当たりまして、コロナ禍により影響を受けている市内事業者を活用することによって、地域産業の活性につながることもできるのではないかと考えています。

いずれにいたしましても、国や東京都からの交付金の状況や、ワクチン接種後のイベント開催の指針などを含めた今後の社会情勢とワクチン接種の進捗状況等を注視しつつ検討してまいりたいと考えております。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | シティデザイン・その他

★マイナンバーカードの普及促進を/令和3年3月議会

マイナンバーカードの普及促進を

今般のデジタル化推進の動きは、行政業務の効率化とともに、市民生活のさらなる利便性の向上にあります。その第一弾として、今月より健康保険証機能も付加されると聞いています。このように、マイナンバーカードによって様々な用途に使用することができ、カード利用者の増加によって、さらにその利便性は高まります。さきの報道では、マイナンバーカード取得のためのインセンティブとして、マイナポイントの期限を延長し、各自治体でも活用できる仕組みを創設するとありました。

清瀬市独自のインセンティブを
そこで、本市として、清瀬市独自のポイント利用を工夫してはいかがでしょうか。また、国の施策次第とは思いますが、ワクチン接種にマイナンバーカードを利用し、それで接種済みの確認ができれば、ワクチン接種と連動した経済活性などにも利用できると思います。ぜひ国へ働きかけをお願いいたします。
【答弁/瀬谷真総務部長】
マイナンバーカードを普及させるには、カードを活用した市民サービスは必要不可欠でございます。本市においても、昨年からコンビニ交付が始まりましたし、税の申告や申請などでeLTAXを利用されている方も多いと思います。また、今年度はマイナポイント事業が始まったことで、サービスの利用が広がっています。

このような中、国においてはさらなるカードの普及を目指して、自治体が付与するマイナポイントのモデル事業を令和3年度に行うこととなりました。これまでは国がポイントを付与していましたが、このモデル事業では、各自治体で市民に付与するポイントをマイナポイントにひもづけることで、サービスを提供するものでございます。国では、子育て支援分野や、地域振興分野での実施例が挙げられており、実証実験を行う予定となっております。

本市におきましても、市民サービスの向上に大いに寄与するとともに、マイナンバーカードの普及促進に大きな成果をもたらすのではないかと考えられますので、どのようなことをすればより効果が上がるのか、清瀬市に適したサービスはどんなものなのか、先進市の事例を研究しながら、検討を進めていきたいと考えております。

また、ワクチン接種とマイナンバーカードの連携につきましては、システム上では可能ということになります。その有効性も十分に考えられますので、市長会等を通しまして声を上げていければと考えております。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 行政改革

2021年04月25日

■タウンミーティング開催しました。

タウンミーティング

コロナによって人との接触が制限されるこの一年でした。私たち議員は、これまでは定期的な市政報告会やタウンミーティングなど、市民の皆様と直にお会いしてお話を伺うことが仕事でしたが、この一年は直接でない、リモートによるヒヤリング、ミーティングが取って代わるようになりました。

先日(4/20)、極少人数での感染防止策を施したなかで、リアルのタウンミーティングを行いました。やはりリアルはいいですね。

リモートの場合、聴いてくださっている方は“ミュート(マイク機能がオフの状態)”ですので、反応がわかりにくいです。お一人おひとりは小さな画面ですから、その表情でしか分かりませんし、私の場合、パワーポイントを使うので皆様のお顔まではなかなか見れません。

その点リアルは、直接に語りかけますから、表情やお声を見ながらライブ感あふれるお話ができます。この話は反応がいいな、もっと話そうとか、つまらなそうだ、端折ってはなそうなど、臨機応変な語りかけができます。

今般のワクチン接種を終えて、一日も早くコロナを収束させ、当たり前の日常を取り戻していきたいですね。  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG 

2021年04月18日

■令和2年の政務活動費は全額返金しました。

令和2年の政務調査費

結局令和2年度はコロナとの戦いに終始しました。コロナ禍において私達議員は、どんなことをしたら良いのか。一番は、コロナによって経済的にまた健康の面で苦しんでいる人がいないか、取り残されている人はいないか、しっかりとアンテナを巡らし、X線のように地域を見透していく。そしてそうした声を拾っていく。

またコロナとの戦いの最前線で働いておられる、いわゆるエッセンシャルワーカーと呼ばれる方々の手助けをしていく、手助けはできなくても邪魔にはならないようにしていく。

こんなことを心がけながら、この一年過ごしてきました。

政党議員ですから、選挙へむけてのアピール活動なども、本来はしっかりやりたいところですが、やはり緊急事態宣言下、不要不急の外出は控えようとお願いをしているわけですから、例えば朝の駅でのご挨拶や街頭演説など、党のアピールは控えてきました(まったく斟酌無くやっている党もありますね)。

そして、再三申し上げて来たように役所にあっても、議会開催は極力、役所の負担を軽減する意味で、短縮してきましたし、コロナ禍による税金の減収を鑑み、常任委員会視察も議会として一切中止の上、計上されていた視察費を返上。

私たち議員一人あたり月額1万円支給される政務活動費、年額にして12万で会派としては48万円ですが、こちらも全額返金致しました。

政務活動費については、その使い方について様々に報道されていますが、清瀬市議会においては厳格にその使い方は規定されていて、私(わたくし)に使うことは禁じられています(どこの地域でもそうです)。私たち市議会公明党は、これまでの数年は基本的には視察費のみに使用してきました。

今年は、庁舎の移転等での控室備品に使用する予定ですが、今後とも無駄を省き、規定のもと正しい執行をしてまいります。

【参考】
清瀬市議会政務活動費 清瀬市公式ホームページ  

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG 

2021年03月31日

●『コロナ禍における女性の負担軽減のため生理用品の配布を』、実現しました。

コロナ禍における女性の負担軽減のため生理用品の配布を

先般、清瀬市公明党女性委員会と公明党市議団とで、「コロナ禍における女性の負担軽減に関する緊急要望」を、渋谷清瀬市長へ坂田教育長、八巻健康福祉部長同席のもと、行いました。

コロナ禍における女性の負担軽減に関し、緊急要望しました。 2021年3月21日記事

本日、市より「東京都の協力を頂き、4/5(月)より配布を開始します」とのご連絡を頂くとともに、清瀬市のHPにも掲載して頂きました。

生理用品の配布について
※クリックすると清瀬市ホームページへ飛びます。

この事業は、かねてコロナ禍における女性の困窮状況をお聴きし、問題化していた公明党女性委員会を代表して、佐々木さやか参院議員が3/4(木)の参院予算委員会にて質問、問題提起し、それを受け全国の地方議会がそれぞれの地域にて要望活動を展開。都においても都議会公明党が都へ緊急要望()。都は災害時の備蓄品としてストックしていた中から各市への配布を決めて頂き、今回の清瀬市の実施へとつながったのです。

公明党チーム3000の連携プレーでした。

窓口にて、上記の清瀬市のホームページ画面(もしくはリンク先の清瀬市のHP画面)を見せて頂ければ、何も言わなくてももらえます。本人確認や申込書など一切不要です。

【実施概要】
●配布開始
令和3年4月5日(月曜日)から配布品が無くなるまで
※配布終了のお知らせは本ホームページにてお知らせしますので、事前にご確認のうえ、お受け取りをお願いいたします。

●配布場所
\鏡セ毀鮟蝓\験菠〇祺檗頁柯杰36パック)
 住所:中里5−842 本庁舎1階
 電話:042-497-2058
 配布時間:月曜日から金曜日(祝日・休日を除く)
 午前8時30分から午後5時まで

男女共同参画センター(配布数36パック)
 住所:元町1−2−11 アミュー4階
 電話:042-495-7002
 配布時間:月曜日から金曜日(祝日・休日を除く)
 午前8時30分から午後5時まで

子ども家庭支援センター(配布数36パック)
 住所:中清戸3−235−5
 電話:042-495-7701
 配布時間:日曜日から土曜日(火曜日を除く)
 午前8時30分から午後5時まで

いい辰檗覆よせ生活相談支援センター)(配布数36パック)
 住所:元町1−11−21 1階北側
 電話:042-495-5567
 配布時間:月曜日から金曜日(祝日・休日を除く)
 午前8時30分から午後5時まで

●配布予定数
合計144パック(1パック30枚入り)

●配布内容
生理用ナプキン 1パック
※1家庭につき、原則1パック配布いたします。
※お持ち帰りの袋をご持参ください。

●配布方法
・本ページを表示させたスマートフォン画面等か本ページを印刷したものを配布窓口にてご提示ください。
※お受け取りに来た方の本人証明書等の提示は必要ありません。また、お名前や住所、年齢などの個人情報はお聞きしません。
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策