2019年10月22日

★中里地域市民センター内にコンビニエンスストアを/平成31年6月議会

中里地域市民センター内にコンビニエンスストアを

中里団地周辺には商店がない!!
この件も私はかねがね、本議会において提案、要望を続けてまいりました。申し上げてきたとおり、中里団地は近隣に商店がなく、中里団地及び周辺にお住まいの多くの高齢者の方々にとって大変厳しい状況になっています。団地入り口にあったコンビニエンスストアが閉店した後、最も近い商店でも小金井街道を南下したスギ薬局かファミリーマート、ここまでが1.1キロメートル、または台田団地上のマルエツまでが1.5キロメートルですから、本当の意味での買い物難民となっています。

中里団地の買い物難民対策について/平成30年1月議会

今日までに、今般建設される中里団地新棟に商店をつくってほしいなど、地元自治会の方々の切なる要望もありましたが、現状は本市とJA東京みらいの協力により、毎週1回の野菜の移動販売などが行われており、これはこれで本市の努力の賜物と住民の方は喜んでおられます。しかしながら、週に1回の移動販売ではやはり十分とは言えず、何とか常設の店舗ができないものかとのお声もまだまだ聞かれます。

民間事業者に対する商店誘致は、閉店後の十分な収益を担保できたとしても、一事業者に対する利益誘導にもつながりかねませんし、もともとあっせん紹介できるような土地もありませんので、行政として難しいことは言うまでもありません。

中里地域センター内にミニコンビニを
そこで、収益を目的としない、あくまで買い物難民対策としての福祉目的の営業として、中里地域市民センター内の一角に限定した、食料品のみを並べるミニコンビニエンスストアとも言えるストアをつくれないでしょうか。

現状、中里地域市民センター内に空きスペースはありませんが、1階の柳瀬川回廊の紹介コーナーを使用し、柳瀬川回廊紹介は建物内の他の壁に移設します。その狭いスペースで食料品のみを陳列します。営業時間もセンター開館時間に合わせ、9時から夕方5時までとします。

中里地域市民センター
地域センター内でできるところはここしかない

行政と民間事業、ここではセブンイレブンジャパンを想定していますが、協力をしての地域福祉活動です。幸いセブンイレブンジャパンは、清瀬市と地域活性化包括連携協定を締結しています。何かしらの解決策が見出せるのではないでしょうか。ご所見をお伺いいたします。
【答弁/瀬谷真市民生活部長】
平成29年12月より、中里地域市民センター前で実施を始めましたJA東京みらいならびに清瀬直売会による地場農産物の移動販売においては、地域の方々より一定の評価はいただいております。

議員ご質問にもありましたとおり、販売品目や販売日数などの問題については、必ずしも十分ではないという認識をしております。販売品目の拡充を図るべく、商工会にもお声かけをさせていただきましたが、販売事業者が一定程度の収益が上げられる保証がないと、参加は難しいとの意見もいただいているところでございます。

中里地域市民センター内において、コンビニエンスストアの開業ができれば、課題解決になるものであると感じてはおりますが、土地、建物ともに東京都の所有物となることから、東京都に中里地域市民センター内にコンビニエンスストアが開業できないか確認をいたしましたところ、当該施設の使用目的ならびに使用方法は地域市民センターとして使用許可を出していることであり、目的外の使用になるとともに、営業施設としての電気設備などが耐えられるかという問題もあることから、使用許可は出せないとの回答がございました。

このことから、中里地域市民センター内でのコンビニエンスストアの開業については、現在のところは難しいものであると考えます。

なお、今後、竹丘一丁目の古くなった都営住宅の建て替えの代替地として、中里都営住宅内の空き地が予定されているようですので、その際には、都営住宅内にコンビニエンスストアが入れるよう、引き続き要望してまいりたいと思っております。

誘致できないのなら行政が自前で作ってしまえば
中里団地周辺地域の方々はコンビニエンスストアがなくなって、近くにコンビニエンスストアつくってくれ、つくってくれというお話を以前より訴えておられます。昔、団地の中にマツムラ商店というのがあって、そこが大変にありがたかったわけですが、全部商店がなくなってしまって、コンビニエンスストアもなくなってしまって、なんとか民間の人につくってもらいたい、民間のコンビニを誘致してほしいということが一つの要望だったわけです。だけれども、さっき申し上げたように、なかなか行政として誘致をしていく、あっせんしていくというのは難しいわけで、だから、中里地域市民センターは本市のものなんだから、そこにコンビニエンスストアを入れたらいいんじゃないかと私は思ったんですが、東京都のものだとはつゆ知らず、大変失礼しました。

中里団地内に建設される棟に商店を入れてもらうえるよう要望をする
先ほどのご答弁では、中里団地内につくる、2棟の中の一つに商店を入れてもらえるように今後お願いをしていきますというお話がありました。

去年の2月に、中里団地自治会の皆さんが市長のもとに来られて、ぜひ新しくできる新棟には、1階に商店部分をつくってくれるように東京都にお願いしてくれと言ったら、市長はよしわかったといって、言っていただいた。小池都知事に直接言っていただいたんです。それはもう動画でアップされていて、しっかりとお願いしていただいたんですが、その後、1年有余たっていまして、答弁でこう言っていただいているので、何かしら進捗があったのかと期待をしていますが、何か進捗があったのかどうか。
【答弁/瀬谷真市民生活部長】
現在のところは特に何もないという状況でございます。
中里地域市民センター内の一角をコンビニエンスストアにしてくれることさえ許可しない東京都が、新しくつくる団地の中に商店をつくるわけがないと思います。そういう意味では、今はもう実行支配をしている、中里地域市民センターの中に、一角をそうしてもらうというのは、ある意味、そっちのほうが容易ではないかなと思うんです。恐らくこれはさまざま今後交渉をしていく余地もあるんじゃないかと思うんです。

中里市民センターを指定管理しているスポーツ事業団にコンビニ事業をやってもらう
だけれども、よしんば東京都がいいよと言ってくれたとしても、借り手側の清瀬市が、ではコンビニエンスストアできるのかという話もあるんですね。

現在は、公共施設の条例上、なかなか難しい面があるかと思いますし、よしんば条例改正して、福祉目的でのそういう営業活動というのがいいようになったとしても、では誰がやるんだという話にもなってきます。

当然そうなってくると、中里地域市民センターを指定管理している会社が、今はスポーツ事業団ですが、その指定管理会社が一応営利目的ではなくというか、そういうのをやってもらうということになると思うんです。そういう意味では、クレアビルの駐車場事業と似ている、スキームとしてはそういうスキームなんだろうなと思うんです。公共施設の中に駐車場があって、そこに指定管理が駐車場事業をしてくれているというスキームは。

これは都市整備部長、クレアビルのスキームを教えてください。
【答弁/佐々木秀貴都市整備部長】
駐車場事業ですが、これは指定管理者が指定管理者の契約のもとにタイムズと事業展開を図っているということです。
せかしてしまってごめんなさい。終わってしまいました。ありがとうございました。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★子どもたちを守るための万全の施策を/平成31年6月議会

子どもたちを守るための万全の施策を

先日8日、大津市で発生した保育園児2人が亡くなった交通事故、また、28日には川崎市で小学校6年生と外務省職員の亡くなった無差別殺傷事件。昨今のこうした事件、事故を踏まえ、清瀬市としても子どもを守るための万全の方策を講じる必要があります。

今回、公明党市議団としてそれぞれの議員より、具体的な問題提起と提案をしてまいりますが、まずは私から、本市としてそれら事件、事故を清瀬市としてどう分析し、総括的にはどのような対応をお考えかをお聞きいたします。
【答弁/松村光雄総務部長】
先月8日、滋賀県大津市の県道交差点で保育園児2人が亡くなったほか、園児と保育士の計14人が重軽傷を負った交通事故、また、同月28日には、神奈川県川崎市で小学6年生と外務省職員の2人が亡くなったほか、18人が負傷した無差別殺傷事件など、子どもたちを取り込んだ痛ましい事故、事件が立て続けに発生しております。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、けがをされた方に心よりお見舞いを申し上げる次第でございます。

さて、ご案内いただいた事故、事件を本市としてどう分析し、どのように万全の方策を講じるかとのご質問でございますが、本市といたしましては、このような事件、事故を発生させないよう、各種方策を執行してまいりたいと考えております。

初めに、交通事故に関しましては、運転者及び歩行者側両方の注意喚起、意識づけがまずは必要であると考えますことから、市内で警察署を主体とした交通安全教室等の開催、また、警察署、本市、PTA及び教育委員会等の合同による通学路の合同点検等を踏まえ、ガードレールや防護柵、カーブミラー等の設置、区画線の引き直しなどを初めとした対策を改めて検討してまいりたいと考えております。

次に、殺傷事件等を発生させない対応といたしましては、今回の事件は被害者を含め、周囲が特に異変に気づかないうちに襲われ、防ぎようがないとの見方がある一方で、従前より積み重ねている地域での見守り活動、防犯協会会員を初めとするパトロール活動など、日常的に反復することで犯罪を抑止し、下見や待ち伏せしにくいまちの環境をつくり出すことが必要と考えております。この点につきましても、拡充させる調整をしてまいりたいと考えております。

また、子どもたち自身が身を守る力を養うため、防災訓練と同様に防犯訓練の必要性も感じており、既に学校などでも防犯にかかわるセーフティ教室を開催し、子どもたちがいざというときに逃げる、大声で叫ぶ、防犯ブザーを鳴らすなどの訓練を実施しております。

あわせて、ハード面において、本市は学校敷地内、通学路、公共施設などに174台の防犯カメラを設置しておりますが、通学路の合同点検も集中的に実施してまいりたいと考えております。

さらに、平成23年3月、東日本大震災を契機に休止している防災行政無線を活用した見守り放送を、今週の月曜日から下校時に開催し、地域の共助による防犯機能の増強を図れるようにいたしました。なかなか予測できないのが事故、事件の特徴とも言えますが、今後も各状況を想定する中で、十分な抑止力等が発揮できるよう、ソフト面、ハード面とあわせて対策に努めてまいります。

防犯パトロール

隗より始めよで、私もこの事故を機に、地域の防犯・交通安全パトロール活動に参加することにしました。  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

★豪雨災害に備えよ/平成31年6月議会

豪雨災害に備えよ

今年も豪雨の季節がやってきます。気象庁の発表によれば、今年は例年よりも豪雨の発生が多いそうです。

清瀬市では、これまでに豪雨被害のあった箇所を掌握し、それぞれについて、その被害想定に応じた対策をお考えになっておられると思います。

何度も申し上げてきたとおり、豪雨被害といっても、道路と住宅とではその被害やその対策は異なります。道路冠水の場合、しっかりと通行止めをすれば、被害は最小に食いとめられますが、住宅における豪雨被害の場合、その浸水をとめなければ、生活の場そのものが侵されてしまう。また、その住宅での豪雨被害も、住宅に浸水するほどなのか、または住宅前の道路冠水にとどまり、家の中に入るまでには至らないのかによって、その対応策も違ってきます。

その意味で、今年の豪雨シーズンを前に、被害リスクのプライオリティが高いものからしっかりと対策を講じていただきたいと思います。

そこで、まずは毎年、住居内への浸水におびえる中里一丁目地域の豪雨対策について、何かお考えがあればお聞きいたします。

また、市全体の総合的な雨水整備として、現在進められている柳瀬川右岸5号雨水幹線整備事業の最終的な整備計画と、それが終わった後の清瀬市西部地域の豪雨対策としての幹線整備事業の、その計画の予定についてご所見をお伺いし、壇上での発言を終了いたします。
【答弁/佐々木秀貴都市整備部長】
気象庁発表の今夏の天気予報では、気温は平年並みで、猛暑になる可能性は低いと予測される一方で、降水量に関しては多くなると予測されており、大雨による水害が懸念されております。

豪雨災害に対する抜本的な対策として、中里五丁目、中清戸三丁目の地域を中心とした柳瀬川右岸第8−1排水区において、平成25年度より雨水幹線整備に着手しているところでございます。しかしながら、雨水幹線整備には、莫大な経費と時間を要することから、その間少しでも冠水等の被害を低減できるよう、雨水集水桝の浸透化や市内小中学校及びその他公共施設からの雨水流出防止対策などの取り組みを行ってまいりました。

議員ご質問の、中里一丁目地域の豪雨対策についてでございますが、激甚化する豪雨災害に対する抜本的な対策を全て雨水幹線整備のみで行うには、時間的、財政的にも困難を要することから、今後の雨水対策につきましては、これまでのハード整備に加え、降雨情報提供や迅速な共同作業、また、自主避難訓練などのソフト対策を含め、地域ごとの実情に合った、自助、共助、公助の連携を生かした対策を検討していく必要があるものと考えております。

また、現在進めております柳瀬川右岸第8−1排水区における雨水幹線整備でございますが、最終到達地点であります新小金井街道との交差点まで約6年かかる見込みとなっております。

なお、柳瀬川右岸第8−1排水区の整備後は、ご指摘の中里一丁目郵政住宅を含む清瀬駅南口ロータリーから小金井街道清瀬橋手前までの、柳瀬川右岸第4排水区の浸水対策を行う予定でございますが、その手法については、今後、計画を策定する中で最適な方法を検討してまいりたいと考えているところでございます。

いずれにいたしましても、少しでも冠水等の被害を低減できるよう、適宜、状況に応じた対応に努めてまいりたいと考えております。

【解説】
この答弁で、初めて小金井街道付近の雨水幹線整備を行うと明言しました。その意味では、大変に重要な答弁でした。現在行っている雨水幹線整備は、市役所から東側方面の事業です。このことを『柳瀬川右岸第8−1排水区』と言っています。
  

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report 

2019年10月07日

危ない砂利歩道を舗装して頂きました。【中里4丁目】

歩道の砂利道を舗装して頂きました。

柳瀬川通りから金山公園へのT字の交差点。道路の西側歩道部分が砂利道になっていて、歩行者や自転車が砂利に取られて転倒の危険があるとご指摘頂き、昨年の5月、舗装して頂きました。

その後、その舗装した部分の下側も舗装してほしいとご相談を頂き、現地調査の結果、接続している道である以上、砂利の部分が残っているのは芳しくないと、舗装して頂くことになりました。

歩道の砂利道を舗装して頂きました。

歩道の砂利道を舗装して頂きました。

途中にゴミ集積所があり、歩道部分が断絶していたのですが、位置とすると歩道上に集積所があることにもなるので、集積所は少し引っ込んでもらい、きれいな歩道となりました。

歩道の砂利道を舗装して頂きました。

歩道の砂利道を舗装して頂きました。

担当課によるしっかりとした検知調査の末に舗装となりました。担当課には心より御礼申し上げます。

【関連】
危ない砂利歩道を舗装して頂きました。【中里4丁目】 2018.5.23記事

【設置場所】
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・中里3~4丁目

2019年09月22日

●市道の補修をして頂きました。【中里3丁目】

市道の補修をして頂きました。

中里3丁目の裏道の市道。道路の端の境界線部分が傷んで、水たまりができたり、畑の土が出てしまっていました。

付近は新しい住宅も立ち並び、きれいに整備された地域でもあるので、余計に目立ちますし、住民の方々も雨天時には苦労をされているとご相談頂きました。

市道の補修


市道の補修

所管課にお願いをし、傷んだアスファルトを補修して頂きました。また、泥の浸食も改修され雨天時にも汚れなくなりました。

【設置場所】
  

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・中里3~4丁目