2011年02月03日

■皆様の声を市長に届けてきました。

署名簿提出
2/2(水)、公明党清瀬市議団と私たち予定候補者2名は、先日来、市民の皆様にご署名頂きました要望を、清瀬の女性党員の皆様と共に、星野市長へ提出してきました。

今回、市長に届けました要望は「女性が健康でいきいきと活躍できるための支援策を求める署名」と「高齢者が安心して暮らせるための支援策を求める署名」の2種類で、合わせて沢山の市民の皆様の署名を頂きました(※要望事項は下記)。

市長から説明をうけるこれに対して星野市長は、高く積み上げられた署名簿を前にして、具体的な数値や取り組み方などをあげながら、「実現へ向け真摯に対応します」と説明して頂きました。

女性や子どもが健康でいきいきと暮らすための支援策
<女性のために>
①乳がん、子宮がん検診の無料クーポン券制度の継続
②子宮頸がんワクチン接種費用の助成
③HTLV-1ウイルスによる成人T細胞白血病や脊髄症の感染予防策の実施、および診療体制、相談窓口の整備を推進
<子供たちのために>
①公立小中学校の普通教室の冷房化の実施
②中学3年生までの医療費助成制度について、通院費1回/200円の徴収をなくし所得制限も撤廃

高齢者が安心して暮らせるための支援策
①多様な所得に対応した「高齢者医療・介護連携型賃貸住宅」の建設
②高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の助成と拡充
③一人暮らしの高齢者に対応する商店街と連携した宅配サービスの実施



Posted by takosuzuki │TrackBack(0)■活動記録/REPORT 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takosuzuki-local/1524433