2011年03月23日

■現場の声を生かす!!

good job!!
言うまでもなく公明党は市町村議員から都道府県議員、そして国会議員と、生活現場の声を国政に届けることのできるネットワーク政党です。
公明党のキャッチである“チーム3000”とは、全国に3,000人の地方議員がいるということで、全国に3,000もの窓口を張り巡らせ、市民の声を吸い上げることができるのです。

今回の震災で制御不能となった福島第一原発の使用済み燃料棒を冷やすためのプールへの放水も、ヘリで上空から7リットルずつかけるなどということをやっていては、千何百リットルものプールを満水にすることはできないと、とある一市民が見て、それを遠山清彦議員に伝え、それが官邸に伝えられ実現したものです。

それらの経過は、全国の人達がツイッター上で生で知っていたことですから、喜ぶというか驚くというか。

つまりこの国難、日本人の叡智を結集すればもちろん乗り越えられるでしょうけれども、名もない一市民の素晴らしいアイデアも生かせるルートがなければ何にもならないということです。

今回のように原発事故を収束させるアイデア以外にも、被災者を救い支援するアイデアや、壊滅した街を復興させるアイデア、その裏付けとなる財政的なアイデアなどなど、国民のアイデアを実現させていく、これこそが政治です。

皆様の声を生かしていきます!!

ちなみに、官邸の記者会見で手話がつくようになったのも、公明党が現場からの声を伝えた成果です。

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG