2011年06月22日

■「空き家を利用した消防訓練視察」、公明新聞に掲載されました。

消防訓練記事

「空き家を利用した消防訓練視察」が、公明新聞に掲載されました。

そう、この日は、提案者で八王子選挙区の東村都議と北多摩四区選出の谷村都議、そして武蔵村山の市議団と清瀬市議団が見学に参加しました(清瀬の斉藤あき子議員は公務のため欠席)。

本番さながらの訓練/東京消防庁 取り壊す前の都営住宅活用
東京・武蔵村山市
 東京消防庁は16日、都営村山アパート(武蔵村山市)で、建て替えで取り壊す前の棟を活用した消防訓練を行い、公明党の東村邦浩、谷村孝彦の両都議と、地元市議らが視察した。
 今年2月の都議会予算特別委員会で、東村都議が実際の建物での消防訓練の重要性を確認し、建て替えを控えた都営住宅(空き家)のさらなる活用を主張。これに応える形で、今回の訓練が実施された。当日は隊員が、5階の部屋に、はしごを使ってベランダから進入。階段からは、2階の部屋へ入るためにドアの切断を想定した訓練など、本番さながらの人名救助や消火活動が行われた。
 訓練を指揮した北多摩西部消防署の日野進署長は「実地での行動は、マニュアルでは伝えられない。署にある訓練棟でも体験できない」と語り、こうした取り組みの効果を強調した。(公明新聞より)

2011.6.22

空き家を利用した消防訓練を視察しました。 2011年6月20日記事

Posted by takosuzuki │ ■新聞等での掲載