2011年09月16日

■自衛消防訓練審査会に行ってきました。

消防審査会
9/16(金)、コミュニティプラザひまわりで行われた自衛消防訓練審査会に行ってきました。残暑の照り付ける中を十数組の団体が参加し、それぞれに訓練の成果を発揮されていました。

こうした審査会は、市報やタウン誌などで知ってはいましたが、参加するのは今回初めてで、良い催しだなあと感心しました。

というのも、来賓挨拶で渋谷市長も言っておられましたが、清瀬は古くは関東大震災、近くは東日本大震災でもその地盤の硬さから大した被害はないものの、地域によっては古い木造住宅の密集しているところもあり、備えるべきは火災による被害だからです。

震災などで一切に火の手が上がった場合、とても消防署だけでは消火活動にあたることは不可能です。その意味では、それぞれの地域や団体が自前である程度の消火活動ができるということは、リスク管理の観点からも大事なことです。

地域の青年からなる消防団やこうした自衛消防団、また防災女性の会など、民間の市民団体が消防署の下部組織として防災のスキルを持っているということの素晴らしさ。改めて、日本の防災制度の凄さを思い知る一日でした。

ちなみに、この審査会で我が清瀬市役所チームは、男女で優勝の栄冠を勝ち取りました。

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG