2011年09月26日

★災害時の案内は議員へも伝えよ

災害時の案内は議員へも伝えよ

今朝一番で副市長から、昨日の防災の件(※台風による鉄道の混乱)で帰宅困難者に対しアミューを開放したという報告がございました。こうした市の災害対策の施策は、一人でも多くの市民に知らせなければ意味がありません。ですので、こうした災害時には市民の代表である私ども議員にもいち早くそうしたことをお知らせください。

議員は市民と市とのパイプ役、スポークスマンでもありますので、議員それぞれがもつ市民とのネットワークで市民の皆様にリアルタイムでお知らせすること可能です。ぜひとも災害時、非常時における議員への情報伝達の仕組みを作って頂ければと思います。また、一朝有事の際での防災対策本部のようなものが立ち上がった際には、広報セクションも立ち上げ、そこから各市民、その中でも各市議会議員にも一斉に伝わるような仕組みをお考えいただければと思います。

【答弁/絹総務部参事】
議員にも情報ということでご提案をいただきまして、災対本部の設置の中に、広報班でございますとか協力部という形で議会議員と本部長との連絡調整というような役目で、本部員の下に班をそれぞれつくりまして、協力班とか広報班とかいう形は今つくっておりますが、委員の今のご提案も含めて、今後ソフト面、そういうた而も考えていきたいと思っております。よろしくお願いします。


Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report | 予算委員会