2012年12月19日

★防災訓練について

防災訓練について

防災訓練が清瀬第四小学校、清瀬第七小学校、清瀬第八小学校と毎年続いて開催されてきましたが、この評価と、それから今後の見通しをお聞きしたいと思います。
【絹総務部参事】
防災訓練なんですけれども、前回の議会でもご説明しましたように、実践的な訓練ということで、清瀬第八小学校のほうと市役所で、二つ分散会場で行いました。ねらいが地域防災計画の見直しと各種マニュアルの見直しを図るための検証ということが一つ。

それから、市役所は何をすべきか、あるいは市民の方が自助、共助の面でどういったことをやっていただけるとか、やれるのかなということで、ご参加願ったという、二つの面をやって訓練をいたしました。
 現在、アンケートをとっております、市役所で。それから、民生委員の方々もアンケートをとって、ご意見をちょうだいしております。評価といたしましては、まだそれがまとまっていませんので、何とも言えないんですけれども、やはり情報の収集、報告とか、他の施設との連携なんかが完全ではないということで、少し課題があるのかなということでございます。

それから、職員の意識も一つの目的でございました。全般的に去年、おととしあたり、特に去年から訓練のやり方を変えておりますので、少しずつ意識が上がっていったんじゃないかなと思っておりますが、今後、そういった訓練を通して、まず目的でございますように計画の見直し、それから自助、共助、実践的な訓練をより目指していきたいと思っています。
【再質問・要望】
酷暑の時期だけでなく3.11頃にも開催しては
私も議員になってから、去年と今年と参加させて頂きましたが、9月の初頭は暑いですね。防災訓練の主体者たる消防、警察、行政の方々、それからその他、ボランティアの方々、その人たちは自分たちが訓練のためにやっていく分には、もちろん暑かろうと寒かろうと、それはいいんですけれども、広く市民を巻き込んでいくという意味では、やっぱり余りに暑かったり寒かったりという環境だとどうなのかなということがあります。

9月開催は関東大震災にちなんでなんでしょうから、できれば3月の東日本大震災の時期にも開催すると良いのではないでしょうか。

テーマを変えての開催を

また、同じ事を年2回は大変でしょうから、それぞれテーマを変えてやってみる。今年は役所中心に行政の方々の訓練と、それから清瀬第八小学校の訓練と分けてやられたかと思うんですが、それを日にちずらしてやったり、9月は暑いので役所中心に施設内で情報伝達を中心にやろうとか、3月は涼しいから外での実地訓練を中心にやろうとかなどの試みがあっても良いかと思います。

またはよく先輩議員からもお聞きするんですけれども、例えば地域地域に分かれて、その地域地域の六小円卓なら六小円卓の地域でやるとか、または分団単位でやるとか、やはり地域地域に根差した開催ほうが自主防災組織との連携というのはしやすいんだろうなというふうに思います。いろんな考え方があると思うんですが、やっぱり実効性のある防災訓練を今後、ご検討いただければなと思います。

防災訓練の様子
2012年の防災訓練の様子



Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report