2013年01月16日

■我が誇るべき清瀬市の職員

中里柿の下の坂
中里柿の下の坂にて都市整備部の方々。ここは通学路です

大雪の余波は市内あちこちで見受けられます。特に、残雪が道路安全の支障になっているのは、皆さんも痛感されていることと思います。

今日も私が市内を回っていると、あちこちで職員の方々が市道、特に皆さんが歩かれるところを確保しようと、一生懸命雪かきをされていました。

けやき通り
けやき通りにて。総務課の方々

車を運転していると、道路脇の残雪を避けて自転車や歩行者がふくらんでおり、危険だと感じます。歩行者や自転車の方にとっても、路面は滑りやすくなっているし、本当に危険ですね。

こうした作業は、何しろ人海戦術であっという間にやらなければなりません。なので、現業職(こうした業務に専門的に携わる職員)の方だけでは間に合いません。ということで、日頃はデスクワークの職員や課長級の方々まで、必死にスコップを振るっておられました。

同心居前交差点
普段でも危険な同心居前の交差点。道路安全課の方々

職員の方のこうした姿には、胸の奥が熱くなります。絶対に市民の方々に怪我をさせないぞとの、気迫が伝わってきます。私も、役所での職員の方々の態度について苦情を頂くこともありますが、市民の皆様には、是非こうした姿も知って頂きたいと思います。

本当にありがとうございます。

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG