2013年10月16日

■我が誇るべき清瀬市のお仕事

台風の爪痕

10/16(水)未明に関東に再接近した台風26号は各地に大きな被害をもたらしました。清瀬市でも、10年に一度の台風襲来ということで、市の職員の方々約30人が市役所に泊まりこみで不測の事態に備えておられました。本当に頭が下がります。私も翌朝すぐに市内を巡回しましたが、野塩団地の外れの雑木林で一本倒木を発見した他は、幸い大きな被害の様子はありませんでした。

台風の爪痕

大きな被害はありませんでしたが、台風一過ですから葉っぱや小枝が道路いっぱいに散乱していました。緑の清瀬ですから致し方ありません。

台風後の道路清掃

ところがその日の午前中から、市の営繕部隊による道路清掃が始まっていました。もちろん限られた人数で行うことですから、まず市道でもメインストリートとなるけやき通りからです(ちなみに志木街道や小金井街道は都道ですから東京都が道路管理者となります)。

台風後の道路清掃

昨夜から今日にかけての市の職員の皆様の奮闘ぶりには、本当に感謝致します。ありがとうございます。これが、我が誇るべき清瀬市のお仕事です。

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG