2014年06月23日

■「オオムラサキ飼育事業」視察しました。

オオムラサキ視察

先日、「オオムラサキ飼育事業」が読売新聞に掲載された日、その日が一般公開初日ということもあり、私たち市議会議員も視察させて頂きました。

オオムラサキ視察


オオムラサキ視察

まずは、大きな飼育ゲージの前で、所管課“水と緑の公園課”の職員の方から、市長、副市長ともども説明を受けました。

オオムラサキ視察

私の住まいは河畔林もある柳瀬川の目の前なので、玄関前の外灯にはいつも大きな蛾が羽ばたいており、大きな蝶々は珍しくないのですが、やはりオオムラサキはキレイですね。都市部では、絶滅の怖れがあるそうで、やはり飼育は簡単ではなかったそうです。

清瀬を守る三本の木

ところで、今回視察したのはゲージのある“台田の杜”だったのですが、恥ずかしながら初めて訪れました。そこに大きなヤマザクラの木があり、その前にこんな立て看板が設置されていました。
清瀬を守る3本の本

1本目 市民にお役にと、市役所入口にある「けやき」
2木目 市役所から見て、丑寅(東北)の方角にあたる当「台田の杜」の「ヤマザクラ」
3木目 市役所から見て、未申(南西)の方角「けやきホール」舞台「緞帳」に描かれた靉嘔さん作の「大きな木」
清瀬市長 渋谷 金太郎

※なお、「ヤマザクラ」は、当核該「台田の柱」の寄贈者である伊藤ヨシ様の誕生記念として、植樹されたと言わております。


オオムラサキ視察

今回、アップさせて頂いた写真は、ほとんど議会事務局の若松次長から頂きました。こんな写真も撮ってくださいました。ありかどうございます!!

Posted by takosuzuki │ ■視察