2014年07月31日

■マンガ・アニメによる町おこし(新潟市)、視察しました。その

新潟市情報館_00


新潟市情報館_01

続いて「新潟市マンガ・アニメ情報館」に移動して館内を見せて頂きました。ここも民間のファッションビルのテナントを借りて運営しています。常設展と企画展と大きくふたつのエリアに分けられており、お邪魔した時は、ちょうど「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ展」が始まったばかりでした。

新潟市情報館_02


新潟市情報館_03

まずは常設展から。ここもさきほどの「マンガの家」同様、楽しく見れるよう工夫がされています。いろいろあったのですが、例えば、上の写真のように“声優体験コーナー”として、実際の動画に合わせてアフレコに挑戦できます。

新潟市情報館_05


新潟市情報館_04

また展示パネルも、あの有名な野球漫画「ドカベン」のシーンを立体的に見せたり、マンガ特有の擬音に合わせて記念撮影ができたりします。

新潟市情報館_06


新潟市情報館_08


新潟市情報館_07

続いて、企画展に移動します。そもそも「魔法少女まどかマギカ」をよく知らないので、その有難味がよく分からずファンの方には大変申し訳ないのですが、この日も平日にも関わらず多くの若者たちが来ていました。いろいろな形で展示されていましたので、ファンには溜まらないでしょうね。

新潟市情報館_09


新潟市情報館_12


新潟市情報館_11

ひと通り見終わると、すぐ隣にある、“日本初 大型コスプレ撮影スタジオ ガタケットコスプレパーク(GCP)”を見せて頂きました。今やアニメは日本を代表する文化の一つ。フランスのTV局が取材に来ていました。なにしろアニメ好きといえば、コスプレということで、様々なロケーションシーンが準備されています。学校の教室もありました。

新潟市 マンガ・アニメ情報館
開館時間 午前11時〜午後7時(土・日・祝は午前10時〜)
休館日  1月1日(展示替えによる臨時休館あり)
常設展 観覧料
一般200円/中高生100円/小学生50円(土・日・祝は小中学生無料)
※企画展の観覧には別途、企画展観覧料が必要となります(企画展チケットをお持ちのお客様は、常設展も一緒にご覧いただけます)。
【お問い合わせ】
電話:025-240-4311 FAX:025-240-4312
新潟市中央区八千代 2-5-7 万代シテイBP2 1階


清瀬市それ自体としては著名なマンガ家は存じ上げないのですが、市内にアニメ制作会社があるとか()、また近隣5市という括(くく)りでいえば、マンガ・アニメに大変縁の地域ですので、今回、視察となったわけですが、新潟市の取り組みがこんなにも凄いとは知りませんでした。

また、市内にはマンガ・アニメの専門学校もあったり、同人誌即売会「ガタケット」という、1983年から31年の歴史をもつイベントもあったり、まあなにしろマンガアニメの聖地は秋葉原と思いがちですが、どうしてどうして新潟も負けていません。

シティプロモーションの参考例として、とても勉強になりました。

【参考】
都立清瀬小児病院跡地に「多摩六都アニメ館」の設立を 平成25年12月議会



視察旅は、そのまま山形県鶴岡市に移りますが、お約束のご当地ラーメンを。

新潟市三吉屋_02


新潟市三吉屋_01

新潟駅からほど近い、“三吉屋”さんは食べログで見つけました。新潟三大中華そばのひとつだそうで、ソーメンのように細い麺と鶏がらスープのような透明な醤油味スープは絶品でした。600円です。
三吉屋(さんきちや) 駅南けやき通り店
営業時間 11:00〜14:00 17:30〜23:00
定休日 火曜
新潟県新潟市中央区米山1-6-10
JR新潟駅の南口から徒歩で約3分
TEL 025-241-0937




Posted by takosuzuki │ ■視察