2014年09月02日

●柳瀬川通りの冠水対策、実施して頂きました。

柳瀬川通り冠水対策

ここ数年、豪雨となると冠水に悩まされる地域が市内にいくつかあります。私の住まいのエリアで言えば、中里一丁目の住宅であり、四小前(東光院北側)の柳瀬川通りです。中里一丁目は住宅地帯への冠水でありより深刻なのですが、ここについてもまた対策工事が実りましたので近日中にアップします。

ここ柳瀬川通りは、豪雨になるとゆうに30儖幣紊凌紊さとなり、車両通行止めになるほどで、以前より担当部署には対策をお願いしてきました。しかしどこもそうですが、雨水対策は根本的には道路を掘り返し、雨水管を太くする以外になく、それ以外には雨水管をこまめに清掃し、詰りのないようにする程度しかできませんでした。

もちろん、今回もその意味では根本的な対策がされた訳ではないのですが、グレーチング(つまり雨水管へ雨水を取り込むことのできる格子状の鉄ふたのことです)を大きくして頂きました。

柳瀬川通り冠水対策

この柳瀬川通りの下には雨水管が西側(四小方面)に向かって流れおり、冠水するところはグレーチングはあったものの、一面しかなく、しかも雑木林に面しているため、葉っぱなどで塞(ふさ)がれやすくなっていました。これを3倍以上に大きくして頂いたのです。

しかも、この雨水は四小方面に流すとともに(その後、四中方面から柳瀬川に流れる管と合流して柳瀬川に流されます)、雑木林を挟んで流れるせせらぎ公園の下を通って、柳瀬川に流されのですが、その付近の管も雑木林の根によって浸食されていたため、一部、管を取り替えたり、根の除去や清掃をして頂きました(※下図をご参照ください)。

柳瀬川通り冠水対策

この工事によってどの程度、冠水が解消されるか、その後、豪雨がありませんので分かりませんが、ずいぶん解消されることとは思います。また、雨水ますを覆う葉っぱの定期的な除去清掃も必要です。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、もう少し様子を見てて頂ければと思います。

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・中里2丁目