2015年06月05日

■ウエルカムボード、公明新聞に掲載されました。

ウエルカムボード

この3月に提案し実現した「ウエルカムボート(記念撮影コーナー)の設置」が、6/3(水)付けの公明新聞に掲載されました。
人生の節目を写真に/婚姻、出生届などで市役所に撮影場所開設
東京・清瀬市
人生の節目を写真に残しませんかー。東京都清瀬市は3月から、婚姻届や出生届などの手続きに訪れた市民に、記念撮影を行ってもらおうと、「ウエルカムボード」を市役所内の入り口近くに設置し、好評を博している。設置を後押しした市議会公明党(西畑春政幹事長)はこのほど、市の担当者から話を聞いた。

このウエルカムボードには、日付や「ハッピーウエディング」などの文字とともに、記入した届出用紙を貼ることができる。背景は、ヒマワリやけやき通りなど、市を代表する風景の写真で彩られており、市民が親しみやすいデザインになっている。

カメラを持参すれば、窓口の職員が撮影してくれる。設置から現在までに、10組以上が記念撮影を行っており、利用者からは「記念になって良かった」などの声が寄せられている。

以前から担当の窓口では、記念撮影を求められることが多かったが、撮影に適した場所がなかった.担当者は「市民の皆さんに喜んでいただけるのでは」と話していた。

このボードは鈴木隆司議員が、清瀬市をPRする取り組みの一環として、今年の3月の定例会で提案していた。


【関連】
市への届けにサプライズを 2015.4.9記事
「市への届にサプライズを」実現しました。 2015.3.23記事
読売新聞に「婚姻届と記念撮影」が掲載されました。 2015.3.23記事

Posted by takosuzuki │ ■新聞等での掲載