2015年11月04日

■「第44回市民文化祭」にお邪魔しました。

市民文化祭2015

去る10/31(土)、清瀬市文化協会主催による「市民文化祭」が行われました。私もカテゴライズすれば「文化」に分けられることを生業としてきましたので、毎年の文化祭はとても楽しみです。

まずは、多くの知人の出演されるステージ部門から足を運びました。「民謡」は日本を代表する歌曲文化のひとつですね。我々世代が、この「民謡」を引き継ぐことができるのか、いつも考えさせられます。ギタリストである私は、三味線でも習おうかと真剣に思っています。

市民文化祭2015

市民文化祭2015

市民文化祭2015

市民文化祭2015

続いて、展示部門であるアミュービルに移動。いずれも素晴らしい作品の数々です。アミュービルの3フロアを使っての展示ですから、ビルに市民文化祭の懸垂幕でも下げられないものでしょうか。もっと多くの方々に見て頂きたい作品群でした。

市民文化祭2015

市民文化祭2015

市民文化祭2015

中でも、とても楽しみだったのが、「海の会」による「かな書道」です。他の展示コーナーもとても素晴らしく、知人の出展もあり観に行ったのですが、ここ書道コーナーは知人が一人もいないにも関わらず、とても楽しみにしていたコーナーです。

毎年、文化祭に来ると様々な作品や演目に触れて、是非自分もやってみたいと思うものですが、かな書道はその筆頭です。もし自分がこんな素晴らしい字を書けたら、どんなに嬉しいでしょう。

感激のあまり、説明にあたってくださった先生に、記念撮影をお願いしました。また来年も楽しみにしています。

最後に、郷土博物館で行われていた一般参加、つまり文化協会には加盟していない団体による展示も拝見しました。清瀬五行会のコーナーでは、父の作品もあったそうですが、芸名で書かれていたため、ついに発見できませんでした。残念。

忙しない毎日ですが、癒しのひとときを頂きました。ありがとうございました。

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT