2016年02月14日

■生ゴミの堆肥化(甲賀市)・高齢者の生涯現役施策(姫路市)・オンデマンド交通(総社市)、視察しました。

甲賀市視察

去る2/8(月)から2/10(水)にかけて、甲賀市・姫路市・総社市へ、市議会公明党として4名全員で会派視察に行ってきました。

2/8(月)初日は、滋賀県甲賀市へ「生ゴミ堆肥化循環システム」を視察しました。甲賀市では、ゴミ処理費用の削減や可燃ごみを削減することによる焼却炉の保全とともに、資源循環社会の推進を図るため、生ゴミを堆肥化する事業を進めています。

甲賀市視察

その仕組みはこうです。
〇圓ら「種堆肥」を地域のゴミ集積所に配布し、参加世帯に持ち帰ってもらう。
各家庭で「種堆肥」をバケツに敷き、生ごみと「種堆肥」を交互に投入する。
その生ごみを各地域のゴミ集積所に設置してある生ごみ専用ボックスに投入する。
い修慮紂業者が自社のリサイクルセンターに持ち込み160日間かけ堆肥化し、「種堆肥」として再び配布する循環システム。
その特色は、堆肥化した堆肥は、各家庭へ再配布し、リサイクルセンターでの堆肥化の前の下準備をしておいてもらうという点です。

甲賀市視察

この事業は、希望制のため市の全世帯が参加している事業ではありません。また、費用対効果として、年間事業費に対する効果費用、例えばゴミ焼却費用の削減等にはまだ現れていないそうで、それが残念でした。ただ、各家庭ベースでは、ごみ袋の購入費用が少なくなったり、循環社会に対する考え方の啓もう効果はあったそうです。写真は、リサイクルセンターで生ごみが発酵し堆肥化している様子です。発酵し熱を持ち水蒸気があがっている様子が分かります。

姫路城

姫路市視察

続いて翌2/9(火)、姫路市役所へ「生涯現役推進計画」を視察しました。姫路は歴史もの、特に黒田官兵衛が好きな私としては、とても楽しみにしていた地です。

姫路市視察

いずれの市でも高齢化は大変重要な課題であり、清瀬市も高齢化率は東京全体として2位となる27%もあり、高齢者がイキイキと健康で暮らして頂くための施策を考えなくてはなりません。

姫路市では「誰もが生涯にわたり健やかで自立した生活を送りながら目的を持って生き生きと活動し長寿により得られる豊かさを実感できる生涯現役社会を実現する」ために、全庁を横断的に総括するプロジェクトを行っています。

姫路市視察

その特色は、
市民の生涯現役を目指す活動を支援するため、「余暇の充実」「社会参画」「健康生活」の3つの柱と「環境整備」「意識啓発」の2つの基盤からなる施策の体系を構築して、様々な施策を一体的に推進している
ことです。

具体的には80もの事業があり、中でも私が最も興味深かったのは、教授も生徒も市民からなる「好古大学校」(※好古とは、江戸時代の藩校の名前からとったそうです)です。しっかりとしたカリキュラムのもと、主に趣味などのカルチャー教室が多いようです。私も、市内在住のその道その道のOBの方、または在勤の研究学術者にご協力を頂いて、市民大学校を立ち上げてはと提案したことがあるので、とても興味深くお聞きしました。

在勤者の専門知識を活かし市民の知力アップへ H27年3月議会
郷土教育として「清瀬学」の開講を H26年6月議会

総社市視察

3日目2/10(水)は岡山県総社市へ、「総社市新生活交通雪舟くん」を視察に伺いました。写真は、市役所が外壁工事中だったため、庁内のロビー受付前で撮りました。

総社市視察

わが市も交通不便地域対策には頭を悩ましています。路線バスの他、コミュニティバス“きよバス”もありますが、まだまだ全市をカバーするには至っていません。総社市では、同じ課題にあたり、“高いお金を出して空気を運んでも仕方がない”(※利用者が少ないという意味)とコミュティバスを廃止し、より市民ニーズにあった、バスとタクシーを融合させたオンデマンド交通を市の直轄事業として創設しました。

特色として、
交通空白地の解消のため生まれた、予約型で乗り合い方式の乗り物、総社市新生活交通雪舟くん。10人乗り等のワンボックスカーを使い、戸口から戸口を結び、1人1乗車300円で目的地まで送る。運行は、市とバス・タクシー事業者との共同で行っており、平日の午前8時から午後4時台まで。利用には登録が必要で、センターに電話すると、自宅等に迎えに行き、希望する目的地まで送っている。毎年利用者アンケートを実施し、マイナーチェンジを行っている
そうです。

総社市視察

利用にあたっては、まず事前登録が必要で、利用する時間帯電話で予約をし、出発地と目的地を伝えます。その時間帯と地域が近い方同志を結んでコースを作っていきます。そうした作業は、直轄事業なので、役所内にある予約センターにいる職員の方々の仕事です。

利用料金は距離に関係なく一回300円。大変に好評な事業だそうで、総社市よりも面積のコンパクトな清瀬市ではより効率的な運営が期待されます。是非、わが市でも導入していきたい事業ではありましたが、いかんせん、事業費の面でより精査が必要ですね。

総社市消防署カレー

帰りしな、議会事務局の方より総社市で売出し中のレトルト食品を紹介されました。なんでも市の消防署が昔から賄(まかな)いで作っているカレーが美味しいと評判になり商品化したものだそうです。1個500円。私はラーメンとカレーには目がないので、さっそく帰って食べてみましたが、凄く美味しくて、本当に驚きました。

姫路駅そば

姫路駅そば

さてお約束のご当地ラーメンですが、残念ながら甲賀市では時間がなく駅弁で済まし、姫路市です。姫路市の評判ラーメンをお聞きしましたら、ラーメンではないが駅そばが大変に有名だそうで、熱心に勧めてくださいました。いわゆる立ち食いソバですね。ここのそばは麺が日本そばではなく、中華麺を使っていて、なるほどとても美味しかったです。写真は私の頼んだ“天ぷらえきそば360円”です。
えきそば 姫路駅店
TEL 079-282-5240
JR山陽本線「姫路」駅構内
年中無休

岡山ラーメン「匠」

岡山ラーメン「匠」

続いて岡山のラーメンは、あらかじめ“食べログ”で調べ、やはり駅構内のラーメン屋さん「麺屋 匠」にしました。私は“特選塩ラーメン”を食しました。麺は中太。スープも塩であっさりしつつもコクのある味で、とても美味しかったですね〜。
麺屋 匠
TEL 086-222-0206
岡山駅構内2階
営業時間 11:00〜22:00


Posted by takosuzuki │ ■視察