2012年09月30日

■「小学校の万年塀を改修」が公明新聞に掲載されました。

20120929_記事

私の実績としてブログにアップしました「危険な四小(第四学童)の万年塀を改修して頂きました」が、2012年9月29日付けの公明新聞に掲載されました。
小学校の老朽化した塀を改修
東京・清瀬市
清瀬市立第四小学校南側の道路沿いに、約20メートルに渡って設置されていたコンクリート塀(万年塀)がこのほど、鉄製のフェンスに改修された。市議会公明党の鈴木隆司議員し同小学校に子どもが通う田口玲子さん、川島愛子さんらと現地を視察した【写真】。
 改修前の塀は老朽化し、傾いている部分もあり、田口さんから「地震が起きたら倒れそうだ」と、危険な状況を聞いた鈴木議員は、直ちに現場を確認。市の担当課へ改修を要請し、昨年9月の市議会決算特別委員会でも取り上げた。
 田口さんらは「安心して通学できるようになり、小学生の親などは喜んでいる」と語っていた。
  
Posted by takosuzuki │

2012年09月29日

■サイード横田仁奈さんの祝勝会に参加しました。

サイード横田仁奈

去る9/24(月)夜、今回のロンドンオリンピック新体操の団体選手として7位入賞したサイード横田仁奈さんの祝勝会が同心居で開かれました。主催された清瀬市体育協会より市長、副市長以下、議員がお招き頂いたものです。

催しでは、サイード横田仁奈さんを幼少より指導したふじしま新体操クラブの藤島八重子先生の労もねぎらわれました(写真右)。藤島先生は、この清瀬においてサイード横田仁奈さんの他、川本ゆかりさんや山尾朱子さんなどのオリンピック選手を育てられた名伯楽です。何と言っても、この小さな清瀬市で3人ものオリンピック選手を育てるというは並大抵のことではありません。

お二人の方と写真を撮って頂き、光栄です。  
Posted by takosuzuki │

2012年09月28日

■市役所耐震診断の結果説明を受けました。

耐震診断説明会

市役所の老朽化に伴い、耐震補強するのか建て替えるかの議論をしていく、「公共施設耐震化特別委員会」の3回目の会合が9/24(月)行われました。

今回は、昨年耐震診断をお願いした業者さんにお越し頂き、その結果の説明をそれぞれの現場にてお聴きしました。

清瀬市役所は建築から満39年経過していることから昨年耐震診断を行いました。その結果は「構造耐震判定指標であるIs値の最小値が0.43であり、目標値の0.75を下回っていることから、耐震補強等の対策が必要である」とのことで、報告書には1階から4階、屋上までのそれぞれの耐震結果が細かく書かれていましたが、概ねどの階も基準値を下回っていました。基準値を下回るということは、震度6強の揺れに対して、建物が損壊または倒壊の恐れがあるということです。

耐震診断説明会

その上で今回あらためて分かったことは、耐震化しても概ね60年程度と言われている建物そのもののコンクリートの耐用年数は変わらないこと。また下水道管や電気、ガスなどのインフラ配管、照明器具などの付随する設備も合わせて老朽化していることから、漏水や漏電などかなりの無駄が日々発生していることなどの説明がありました。

現状のこうした事実を並べ、‖竸綿箒のみ、耐震補強+改修、4存の他の公共施設への移転、ご袷慣替えなどを、費用対効果と合わせて今後じっくりと検討していきます。

とは言っても、地震は待ってくれませんから、私は一度他の公共施設に分散移転し、その間に,らイ鮓‘い掘⊇个新誅世帽腓錣擦凸瓩譴侘匹い箸盪廚い泙后

今後またご報告します。   
Posted by takosuzuki │

2012年09月26日

■むらさき会の敬老会にお邪魔しました。

むらさき会敬老会

9/23(日)、野塩団地を本拠とする老人会・むらさき会の敬老会にお邪魔しました。私のブログでは再三ご紹介している、何度もテレビで取り上げられたあの老人会です。

何しろ地域のお年寄りが元気でいらっしゃることほど、心強いことはありません。逆に、どこのお宅もお年寄りが寝たきりになられているとしたしら、地域の発展も活力もありません。このように、我が野塩団地にむらさき会が元気に活動して下さっていることに心から感謝しています。

むらさき会敬老会

この敬老会では、お年寄りがそれぞれに持ち芸を披露して下さいました。三味線と尺八の生演奏をバックに謡うというのは、考えてみれば贅沢なことです。今やカラオケですからね。古き良き日本の庶民文化は、そう考えるとレベルが高いです。三味線や尺八はギターやリコーダーと比べても、簡単なものではありませんから。「何歌う?」とそれだけで、演奏してしまうなんてギター弾きの私からしても凄いと思ってしまいます。

こうした日本の庶民文化をちゃんと継承していく意味でも、そうした文化を持った最後の世代である今のお年寄りを大事にしたいです。

  
Posted by takosuzuki │

2012年09月21日

■倒木の恐れのあるけやきの伐採が始まりました。

伐採されたけやき

「けやき通り」は清瀬の観光資源のひとつです。けやき通りに限らず、志木街道沿いのけやきも、清瀬市の古い写真を見ますと、おそらく時代劇のような遠い昔から往来の人々に日陰を提供してきたことでしょう。

そうした大切なけやきも、近年の台風によって毎年一本二本は倒れるようになりました。そうしてみると、ただ闇雲に観光資源だから伐るなとも言えません。

清瀬市では、昨年度からけやきの樹木診断予算をつけ、けやきの保護育成、そして見た目は丈夫でも果たして大風に耐えうるのかをしっかりと検証し、今年度より危険な樹は伐採していくことにしました。

けやき通りのけやきは数百本あるそうで、この夏やっと半分の診断が終わり、今後残りも続けて行きます。そして、倒木の危険があるけやきの伐採も始まりました。

伐採されたけやき

整然と並んでいたけやきが歯抜けするようになくなることは寂しい限りですが、人が怪我をすることには換えられません。

また、伐った後の株はどうするのか、そのままにしておくのか、抜根して苗木から育てていくのか気になります。いずれにしても、大事な観光資源として、将来も残していくための樹木診断であり、伐採でしょうから、今後の市のやり方を注視していきたいと思います。  
Posted by takosuzuki │

2012年09月18日

■いつまでもお元気に!! 敬老大会に行って来ました。

敬老大会

台風の影響で荒れたお天気の9/17(祝)、コミュニティプラザ・ひまわりの体育館で行われた「敬老大会」に行って来ました。

例年なかなかお邪魔する機会もなかったのですが、今回は我が野塩団地の誇る老人会・むらさき会が舞踊で出演するということで、応援に伺った訳です。

むらさき会の舞踊は、やはりその一員でもある岡野翔輔先生のご指導のもと、週に一回お稽古に励まれ、それはそれは見事な踊りをご披露くださいます。

今回もたった一曲だけの演目で寂しかったのですが、万雷の喝采を受けておられました。

さて、ここコミプラでの敬老大会の開催は、今年で2回目だったでしょうか。以前は市民ホールで開催されていました。市民ホールの方が駅から近いので交通の便は良かったと思いますが、やはりけやきホールとなってから客席の傾斜が急で危ないということからコミプラに変わったのかと思います。今回は、清瀬のはずれにあるコミプラ開催で西武バスを十数台貸し切り、市内あちこちから直通便を手配されたり、また記念品だけを取りに来る方対策として、グランドにてドライブスルーで受け取れるようにするなど、主催者側の大変なご苦労が偲ばれました。

こうした催しの折々、市の職員方々の縦横無尽の活躍ぶりには本当に頭が下がります。回を重ねるごとに工夫を加え、来られる方にとっても主催者側にとっても報われる催しへと改良して頂ければと思います。

素晴らしい催し、お疲れ様でした。  
Posted by takosuzuki │

2012年09月11日

■清瀬消防団ポンプ操法審査会に参加しました。

審査の様子

9/8(土)、清瀬ころぽっくるにて行われた「清瀬消防団ポンプ操法審査会」に行って来ました。本当に消防団に関わる行事はいろいろありますね。つまり地域の安心安全のために日夜技術を磨かれているという証左に他なりません。今まで知らなかったことが申し訳ないです。

今回の審査会も火災現場にポンプ車共々出動し、消火にあたるまでの一連の動作を審査するもののようで、どの団も見事に美しい一連の動作となっていました。

私の住まう野塩地域を担当されているのは清瀬第六分団です。どこの団もそうだったと思いますが、第六分団も毎夜のように分団に車が止まっており、この日を目指して練習をされている様子が良く分かりました。

その成果か、審査会でもどの団よりも素晴らしいと感じさせられました。結果、第六分団は二位となりました。もちろん、彼らは一位を目指して頑張ってこられた訳で、二位では悔しいと思いますが、一位との差はまさしく僅差だったそうですし、是非来年は雪辱を果たして頂きたいと念願します。

鬼太郎展

ところで、トイレのため同会場に入ると、「鬼太郎展」(※正確には「水木しげる妖怪原画展」)が開催されていました。どうして清瀬で鬼太郎なのとも思いましたが、なかなかどうしてちゃんとした展示です。9/21(金)までだそうです。是非、ご来場ください。  
Posted by takosuzuki │

2012年09月04日

■今日も元気に!! 健康まつりに行ってきました。

健康祭り

毎年清瀬市健康センターで行われている健康まつりに、9/2(日)行ってきました。今回もなかなか時間のない中で、血流診断と学校給食の試食をさせて頂きました。

なかなか美味しそうでしょう!? でも私はちょっと揚げパンが苦手なんです。私は甘いものはおやつとしてはいいんですが、食事としてはダメなんですね。あの砂糖まみれなパンが…。でも頂いてみると、出来立てらしく温かい。口の回りを砂糖だらけにして食べ、小学生の頃を思い出しました。

牛乳は例のメイトー牛乳。社内独自の厳しい基準値をもち、早くから清瀬の父母たちを安心させた協同乳業です。感謝して頂きました。

健康祭り

ちゃんと並んで配膳を受け、ここら辺もノスタルジックでした。小学生の頃は、いつも早く並んで、一番最初に食べ終わり、またお替りに並んだものです。兄弟が多かったので、欠食児童でした(最近聞かない言葉ですね)。

献血

健康まつりといえば、献血です。今回、私は34回目になるそうです。写真を撮ろうとしたら、カウンターの中の看護師さんが撮ってくれました。予想外だったのでちょっと恥ずかしそうな照れ笑いをしています。

こうした催しを通じて、市民の皆様が自分の健康に気をつけて頂ければと思います。また来年も是非ご参加ください。  
Posted by takosuzuki │

2012年09月03日

●危険な上清戸交差点に反射鏡をつけて頂きました。

上清戸交差点

清瀬駅北口からころぽっくへのひまわり通りと小金井街道新道との上清戸交差点は、若干変則になっているため、信号待ちをしている歩道へ車が突っ込む危険が指摘されていました。以前、そこに車が突っ込んだ事故もあり、そこに歩行者がいれば大きな事故になりかねないものでした。

私が議員になる前にそうした相談を頂き、関係各所に問い合わせたところ、当初は東村山警察の管轄ということが分かり、車止めの設置をお願いしました。しかし検討しますとのことで一年有余たち何の動きもありませんでした。その後、野島善司都議会議員にご相談したところ、東京都北多摩北部建設事務所の方、また東村山工区の方が現地調査に来られ、様々な検討した結果、まずは反射鏡をつけて頂くことになったのです。

本来は車止めの設置が良かったのですが、歩道上への設置はいろいろ難しいことが多いらしく、とりあえず反射鏡で了解を致しました。何事も100%こちらの望む形にはなりませんが、だからと言って何もしないではなく、こうして何かして頂けるのはありがたいことです。

また市議会議員では都への働きかけはなかなか弱い点もありますが、そうした場合、私たちは決してあきらめず、都議会議員であれ、国会議員であれ、可能性のある方にご相談します。我が地域には公明党の都議会議員がいませんので、友党である自民党の野島都議にお願いしました。すぐにご対応頂きました野島都議には心から感謝致します。  
Posted by takosuzuki │

2012年09月02日

●危険な四小(第四学童)の万年塀を改修して頂きました。

四小万年塀

ちょうど一年前の決算特別委員会でこの件は質問させて頂きました。その後、今年度の予算につけて頂き、夏休み期間を利用して改修工事となりました。

小学校の危険な塀を改築せよ(※2011年3月予算委員会にて)

四小ができた時に作られた塀でしょうから、恐らく約40年ほど経つ万年塀です。こうしたコンクリート製で背の高いものは阪神淡路大震災などでも危険性を指摘されてきました。

大きな地震はいつ起きるかもしれません。担当部署の英断に感謝致します。  
Posted by takosuzuki │

2012年09月01日

■清瀬名物ひまわりフェスタに行って来ました!!

ひまわりフェスタ

このブログのタイトル画像でも使っていますが、先日遅ればせながらひまわりフェスティバルに行って来ました。清瀬のひまわり畑はいいですね。青い空とひまわりの黄色のコントラストがハッキリしていて気持ちがいいです。

このお祭りには、市の職員の方をはじめ、市内農家の方々やボランティアの方々が一生懸命暑い中を取り組んでおられます。本当に頭が下がります。

ひまわりフェスティバル

去年は娘が受験生だったため息子と一緒に来ましたが、今年は息子が受験生。娘と仲良く来ました。市内の催しに家族で参加することは、我が家の掟(おきて)。清瀬の土と空気を感じながら、成長してもらいたいと思っています。

※ちなみに、今年のひまわりフェスティバルは8/31で終了しました。
  
Posted by takosuzuki │