2013年10月22日

■障害者支援システム(大津市)とヘルスアップ戦略(尼崎市)、視察しました。

大津市視察

去る10/10(木)〜11(金)と関西方面へ行政視察に伺いました。改選後初めての福祉保健常任委員会の視察です。

10/10(木)は、滋賀県大津市の市立やまびこ総合支援センターで行っている障害者の24時間ホームヘルプ事業についてです。このセンターは、知的障がい児(者)のための総合支援通所施設です。大津市が障害者施策について相当力を入れていることは、この総合支援センターを見れば一目瞭然です。またこうした施設があることは、障害をお持ちの方がいる家族にとって、本当に助かることなのでしょう。何かあった場合、昼間だけでなく24時間対応してくださるということも、本当に素晴らしいことです。その分、職員の方々のご苦労も相当なものでしょう。

大津市視察

職員の方から施設の概要説明を受けた後、施設内を見学されて頂きました。1Fは「やまびこ園・やまびこ教室」といい、児童発達支援事業を行っています。「発達上の支援を必要とする乳幼児の療育を目的として、親子または単独で通園を実施する施設」だそうです。2Fは、「知的障害児者地域生活支援センター・ひまわりはうす」で、生活支援センターとして、「相談支援事業」や「24時間対応ホームヘルプ事業」を行なっています。「障害のある方が地域で生活をするために、相談を受け、調整し、サービスを実施するための支援機関です。相談員、看護師、理学療法士、作業療法士、心理士などによる支援が受けられ」るそうです。また、自立訓練(生活訓練)事業、生活介護事業、日中一時支援事業、入浴サービス事業を行っています。3F・4Fは、「さくらはうす」といい、生活介護事業として、「重症心身障害や重度の知的障害の方の受け止めを行っています。常時介護を必要とする方に対し、日中において、施設で食事など身の周りの介護、創作的活動や生産活動の機会を提供しています。主にグループ、集団での活動が中心で、施設を利用される方の身体的・発達的特徴や必要とする援助などに応じてグループ編成」をしています。

尼崎市視察

続いて翌10/11(金)は、兵庫県尼崎市で行っている、ヘルスアップ尼崎戦略事業について視察させて頂きました。尼崎市では、「生活習慣予対策における保健指導の可能性」として、市民の健康推進に一歩も二歩も進んだ取り組みをしています。市民一人ひとりが健康なることは、当人にとっても良いことだけではなく、行政にとっても病院にかかる人が少なくなることで健康保健が少なくなるという費用負担が軽くなります。その意味で、行政にとって市民の健康推進は、最大の感心事のひとつと言ってもいいのです。

尼崎市視察

健康推進のために、まずはいかに市民の皆さんに健康診断を受けてもらうか、また子どものうちからいかに健康に関心をもってもらうか、これらのことを全庁を挙げて部署横断的に取り組み、そのためにキャンペーン予算もしっかり取って、「知ってもらう」努力をしています。この「検診べんりちょう」ひとつ見ても、お役所仕事でないセンスを感じます。私は広告屋ですから、いかに素晴らしい施策でも市民に関心を持ってもらわなければ、無と一緒と思っています。その意味で、こうしたところにも目配りできる行政マンは凄いなあと思います。

尼崎市視察

以前は総務文教常任委員会でしたが、今回、福祉保健常任委員となり、扱うテーマもちょっと重く専門性が求められてきた感があります。これからもしっかり勉強していかなくてはと思いました。  
Posted by takosuzuki │

2013年10月21日

●信号の破損、補修して頂きました。

信号機補修

10年に一度の大型台風26号の襲来の翌日、小さなお子様をお持ちのお母様よりご連絡を頂きました。小金井街道中里2丁目の交差点の、歩行者信号機が固定されずにぶらついていて危険だ、とのことでした。

すぐに見に行くと、確かにぶらついています。写真では分かりづらいですが、電線一本で垂れ下がっています。強い風で固定されていたところが外れてしまったのでしょうか。すぐに所管している東村山警察にご連絡すると、その日のうちに見に来て下さり、補修して頂きました。

信号機補修

補修後、完了のご連絡を頂いた上、確かにあのままでは危険だった、連絡の御礼まで言われてしまいました。私に連絡をくださったお母様が一番の功労者です。ありがとうございました。また東村山警察の方にも御礼申し上げます。  
Posted by takosuzuki │

2013年10月16日

■我が誇るべき清瀬市のお仕事

台風の爪痕

10/16(水)未明に関東に再接近した台風26号は各地に大きな被害をもたらしました。清瀬市でも、10年に一度の台風襲来ということで、市の職員の方々約30人が市役所に泊まりこみで不測の事態に備えておられました。本当に頭が下がります。私も翌朝すぐに市内を巡回しましたが、野塩団地の外れの雑木林で一本倒木を発見した他は、幸い大きな被害の様子はありませんでした。

台風の爪痕

大きな被害はありませんでしたが、台風一過ですから葉っぱや小枝が道路いっぱいに散乱していました。緑の清瀬ですから致し方ありません。

台風後の道路清掃

ところがその日の午前中から、市の営繕部隊による道路清掃が始まっていました。もちろん限られた人数で行うことですから、まず市道でもメインストリートとなるけやき通りからです(ちなみに志木街道や小金井街道は都道ですから東京都が道路管理者となります)。

台風後の道路清掃

昨夜から今日にかけての市の職員の皆様の奮闘ぶりには、本当に感謝致します。ありがとうございます。これが、我が誇るべき清瀬市のお仕事です。  
Posted by takosuzuki │

2013年10月14日

■地域を守る!! 自治会長としての仕事。

放火事件

去る10/7(月)のまだ明るくなる前の朝方、けたたましいサイレン音で起こされました。何台もの消防車が団地に来ているようです。すぐに着替えて外に出ると我が家の棟のすぐ近所でした。この棟では以前から掲示板に貼られた掲示物やポストのチラシなどに火をつけられ、ボヤ騒ぎになったことが何度かあり、今回で確か四回目です。

しかし今回は、かなり大きな爆発音や火の手も大きかったようで、現場となった3階と4階の間にある踊り場壁は焼け焦げ、消防士さんによる消火活動は続けてられていました。

放火事件


その後、今回の火事はその踊り場に近所の方が放置したゴミに火をつけられたものと分かりました。ゴミの量が多かったため、火も大きくなったようです。

車両不法投棄事件

日が高くなり、消防署や警察による現場検証に住宅供給公社とともに自治会長として立会った後、今度は違う棟の方から車が放置されていると通報頂きました。

どうやら前日にレッカー車にて運ばれたらしく、ヘッドライトは取られナンバーも隠されています。いかにも不法投棄です。すぐにそのまま警察に通報。「駐車禁止・移動せよ」の張り紙を張って一定期間移動されなければ、不法投棄車両として警察が動きますとのこと。言われた通りすると、翌日団地内の他の場所に移動されていました。今度は、タイヤまで外されていました。完全に投棄ですね。その後一週間経ちますが、そのままです。もうしばらくすると警察にお願いし、持ち主の特定から摘発となるのでしょう。

カート置き捨て

野塩団地では、それ以外でも最近、ショッピングカートの置き捨てが頻発しています。これは、ゴミ捨て場に何台ものカートが置き捨てられ、役所ともども困っていたところ、置き捨てようとしている人がいると通報頂きました。すぐに現場に駆けつけましたが、通報頂いた方が注意したところ団地内の他の場所に捨てたらしく、手ぶらで団地の外に行ってしまった後でした。どうやら団地の人ではないようでした。

いまや野塩団地は無法地帯と化しつつあります。警察や消防など公的な機関にお願いするのはもちろんですが、地域を守るのは地域住民です。無法地帯にしないためにも、自治会をはじめ地域住民の“見て見ぬふりをしない”厳しい目が必要です。

自治会長として、安心安全な住み良い団地を目指し、奮闘する日々です。  
Posted by takosuzuki │

2013年10月08日

■我が誇るべき清瀬市のお仕事

営繕のお仕事

“我が誇るべき清瀬市の職員”シリーズからちょっとだけタイトルを変えて、「お仕事」の観点からご報告します。

写真は、歩道の点字ブロックに色を付けている清瀬市の職員、営繕の方々です。今まで清瀬駅北口回りの点字ブロックは色が歩道の色と同系色だったのですが、色をつけてほしいとの市民要望を受け、営繕の方々の出番となったわけです。

従来こうした場合、着色にしろ取り替えにしろ業者さんにお願いしていた訳ですが、今年度から営繕係が作られたことにより、経費軽減させることができました。

営繕のお仕事

仕上がりは見事です。営繕の方々は、それぞれそうした営繕的な業務の経験者ですので、決して素人仕事ではありません。先日のデッキの清掃もしかりですが、本当に素晴らしい仕事をして下さいますね。

営繕のお仕事

これはけやき通りの外灯ポールの塗装です。こうしたこと、ひとつひとつ外注していたら、それこそその経費はバカになりません。本当にいいセクションを作って頂きました。営繕の皆さん、ありがとうございます。  
Posted by takosuzuki │

2013年10月06日

●清瀬駅北口デッキ階段、キレイにして頂きました。

清瀬駅北口デッキ階段

清瀬駅北口のバス停からデッキに上がる階段は、2年前の7月にも掃除をして頂きました()。今回の決算特別委員会にて、国体で市外からお客さんをお招きする前に、ここを始め北口回りをキレイにしてほしいと要望しました。

さっそく市の営繕の方々が、驚くほどキレイにして頂きました。業者顔負けのキレイさです。2年前の掃除のできと比較しても今回の方が圧倒的にキレイです。わが町をキレイにしたいとの職員の方の気持ちがこもっているからだと思います。ありがとうございました。

清瀬駅北口デッキ階段


また合わせて、節水などの理由から長年止まったままだった北口駅前ロータリーの噴水も、市外からのお客様をお迎えするため、再稼働して頂きました。

北口ロータリーの噴水
  
Posted by takosuzuki │

2013年10月04日

■スポーツ祭東京2013 清瀬でも無事開催されました。

清瀬国体

スポーツ祭東京2013はつまり国体(国民体育大会)のことなんですが、東京で開催されるのは昭和34年以来、54年ぶりとなるそうです(※wikipediaによる)。そのためか今回は、東京でも2〜3年前からキャンペーンが始まり清瀬市でもその準備含めて大変に力をいれてきました。何度も申し上げている通り、清瀬市は女子サッカー会場として下宿第三運動公園が使用されるため、その運営一切が市に託されていました。多くのお客様をお迎えする大事な機会ですから、無事故の運営はもちろんのこと、そのイベントの成否は市の組織としての成熟度を表す、非常に重要なことでした。

そしていよいよ、大会は9/30(月)に始まり、10/1(火)、10/3(水)と3日間で都合5試合行われました。私も、初日と最終日にお邪魔し、試合は当然ですが、お迎え含めた主にイベント運営を拝見しました(私はイベント屋なので)。

01

まず市外からのお客様は清瀬駅のペデストリアンデッキに作られた総合案内所にてお迎えします。ここで会場までのピストンバスの発着場、そして時間をお知らせします。

清瀬国体

りそな銀行前に作られた発着場でも職員による丁寧な対応で、スムースに御案内されていました。

清瀬国体

会場近くの交差点では、職員が定点案内。車や自転車でお越しの方も迷わせません。

清瀬国体

会場に着くと隣接するグランドで、熱中症対策の無料ドリンクサービスや商工会や乳酸菌飲料メーカーによる模擬店舗、また休憩所など設置され、さながら「ひまわり市」のようです。

清瀬国体

会場での総合受付。マスコミや他市からの来賓にも粗相なく対応できるよう、明るく接客的な声掛けをされていました。

清瀬国体

来賓テントでは、多くの方々が熱戦を繰り広げるチームに声援を送っておられました。

清瀬国体

ハーフタイムでは、清瀬の混声合唱団の皆さんによる「清瀬讃歌」が披露されました。

そこここで、市の課長級以上の職員の皆さんがスタッフとして、それぞれの持ち場を仕切っておられました。財政的に余裕のある市ならこうしたことも、業者さんに丸投げになるのでしょうけれど、職員自ら市民の対応に当たる現場に立つということは、それはそれで大事なこととも言えるでしょう。

私的には、今回のスポーツ祭東京・清瀬バージョン、大成功だったと言っていいと思います。職員の皆さん、お疲れ様でした。  
Posted by takosuzuki │

2013年10月03日

■スポーツ祭東京2013始まりました!!

国体オープニング

去る9/28(土)に調布の味の素スタジアムにてスポーツ祭東京2013の開会式が、天皇皇后両陛下ご臨席の元、行われました。

いや凄かったですね!! 直前に2020年の東京オリンピック招致が決定したこともあり、その開会式のオープニングの予行練習ともいうべき内容でした。イベント演出の観点からいえば、やはり屋外の催しは夜間でないと照明の演出効果が充分に生かされませんから、今回の夕方から夜間にかけての開催は正解でした。とても素晴らしい演出でした。

国体オープニング

もっとも入場は15:30でした。オープニングセレモニーのスタートを飾る日本一のマーチング・バンドがこの時間に出演だったのです。

国体オープニング

20分前に会場には着いたのですが、何しろ警備が厳重で、荷物チェックは当然の事、入場チケットも個人が特定されるように免許証などを提示してチケットに記載されている名前と照合、腕には一度出たらはずされる紙製の入場証明。これだけ緻密な入場チェックのため列が伸び、会場に入ったのはギリギリとなってしまいました。

国体オープニング

セレモニーではダウン症の書家・金澤翔子さんによる「夢」の大筆書きが印象的でした。やはりスポーツは健常者だけのものではないですからね。

国体オープニング

閉会へ向け催しも盛り上がってきた頃、その金澤翔子さんが私達の目の前で踊り始め、客席に向け盛り上げに一役買っていました。無垢で天使のようなお嬢さんでした。  
Posted by takosuzuki │