2014年07月31日

■くらげ債・藤沢周平記念館(鶴岡市)、視察しました。

鶴岡市役所

7/28(月)、新潟市の視察を終えると、JR羽越本線で特急いなほに乗って、そのまま鶴岡市に移動し宿泊。翌、7/29(火)朝から鶴岡市役所にて「くらげ債」についてレクチュアを受けました。

くらげ債


くらげ債

この「クラゲ債」は、もともとあった加茂水族館の改築費用ねん出のため、公募債「加茂水族館クラゲドリーム債」を発行し、市民にも参加意識をもってもらおうと行われました。

鶴岡市の加茂水族館はもともとクラゲ展示に特化したことで注目され、クラゲ展示数では「ギネス世界記録の認定を受けた世界一のクラゲ水族館」だそうです。

改築費は総額30億円で、そのうち一割の3億円分をクラゲドリーム債として資金調達しました。とてもユニークな地方債として、販売後20分で完売、その後追加販売された6億円分も34億円もの申し込みがあり、抽選販売となったそうです。

利率は、満期5年で、国債利回り+0.266%ということで、それほど高い金利ではありませんが、これだけの人気があったということは、銭金ではない、自分たちの水族館のためなんだという意識向上のあらわれでしょう。

水族館

実際の加茂水族館の観覧は、水族館が近くにないため、予定には入れませんでしたが、すべての視察が終わった後、帰りの時間までに相当の時間があったため、議会事務局の方のご厚意で連れて行って頂きました。上の写真は館前で撮ったものですが、看板のデザインはクラゲです。分かりますか?

水族館

生きているクラゲは、幻想的で本当にキレイでした。半透明の体の中を電飾のように青や赤の光が走っているのです。写真ではあの美しさを表現できないので残念です。

藤沢周平記念館_00

役所でのレクチュアの後、市役所にほど近い、「藤沢周平記念館」に移動しました。何しろ、私も何度も議会にて申し上げているように、藤沢周平は小説家としてデビューする直前、清瀬市の都営中里団地に5年間住んでいました。今回の記念館を市として立ち上げた鶴岡市さんにいろいろお話を伺いながら、なんとか清瀬市にも企画展として行える糸口がないか模索しながらお聞きしました。

藤沢周平記念館_01

鈴木晃館長からお話を伺いました。この記念館は、藤沢周平氏のご遺族(ご息女)である遠藤展子さんの絶大なるご協力を頂いて設立できたこと、なかでも数々の作品を生み出し終(つい)の住まいとなった大泉学園にあったご自宅書斎をそのまま再現したしコーナーは、圧巻です。息遣いまで伝わってくるような、生々しい雰囲気がありました。残念ながら館内はすべて撮影できませんでしたので、お見せすることはできませんが。

藤沢周平記念館_02

氏の生涯を紹介する年譜のコーナーでは、昭和38年頃、清瀬市に転居の記述がありました(正確ではありません)。氏と清瀬市とのことが最も沢山書かれているのは、ご息女の書かれた「父・藤沢周平との暮らし」という本です。是非、機会があればご一読ください。

藤沢周平記念館_03

最後に、館長に記念撮影をお願いしました。鶴岡市、とても良いところですね。是非またプライベートで来たいところです。  
Posted by takosuzuki │

■マンガ・アニメによる町おこし(新潟市)、視察しました。その

新潟市情報館_00


新潟市情報館_01

続いて「新潟市マンガ・アニメ情報館」に移動して館内を見せて頂きました。ここも民間のファッションビルのテナントを借りて運営しています。常設展と企画展と大きくふたつのエリアに分けられており、お邪魔した時は、ちょうど「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ展」が始まったばかりでした。

新潟市情報館_02


新潟市情報館_03

まずは常設展から。ここもさきほどの「マンガの家」同様、楽しく見れるよう工夫がされています。いろいろあったのですが、例えば、上の写真のように“声優体験コーナー”として、実際の動画に合わせてアフレコに挑戦できます。

新潟市情報館_05


新潟市情報館_04

また展示パネルも、あの有名な野球漫画「ドカベン」のシーンを立体的に見せたり、マンガ特有の擬音に合わせて記念撮影ができたりします。

新潟市情報館_06


新潟市情報館_08


新潟市情報館_07

続いて、企画展に移動します。そもそも「魔法少女まどかマギカ」をよく知らないので、その有難味がよく分からずファンの方には大変申し訳ないのですが、この日も平日にも関わらず多くの若者たちが来ていました。いろいろな形で展示されていましたので、ファンには溜まらないでしょうね。

新潟市情報館_09


新潟市情報館_12


新潟市情報館_11

ひと通り見終わると、すぐ隣にある、“日本初 大型コスプレ撮影スタジオ ガタケットコスプレパーク(GCP)”を見せて頂きました。今やアニメは日本を代表する文化の一つ。フランスのTV局が取材に来ていました。なにしろアニメ好きといえば、コスプレということで、様々なロケーションシーンが準備されています。学校の教室もありました。

新潟市 マンガ・アニメ情報館
開館時間 午前11時〜午後7時(土・日・祝は午前10時〜)
休館日  1月1日(展示替えによる臨時休館あり)
常設展 観覧料
一般200円/中高生100円/小学生50円(土・日・祝は小中学生無料)
※企画展の観覧には別途、企画展観覧料が必要となります(企画展チケットをお持ちのお客様は、常設展も一緒にご覧いただけます)。
【お問い合わせ】
電話:025-240-4311 FAX:025-240-4312
新潟市中央区八千代 2-5-7 万代シテイBP2 1階


清瀬市それ自体としては著名なマンガ家は存じ上げないのですが、市内にアニメ制作会社があるとか()、また近隣5市という括(くく)りでいえば、マンガ・アニメに大変縁の地域ですので、今回、視察となったわけですが、新潟市の取り組みがこんなにも凄いとは知りませんでした。

また、市内にはマンガ・アニメの専門学校もあったり、同人誌即売会「ガタケット」という、1983年から31年の歴史をもつイベントもあったり、まあなにしろマンガアニメの聖地は秋葉原と思いがちですが、どうしてどうして新潟も負けていません。

シティプロモーションの参考例として、とても勉強になりました。

【参考】
都立清瀬小児病院跡地に「多摩六都アニメ館」の設立を 平成25年12月議会



視察旅は、そのまま山形県鶴岡市に移りますが、お約束のご当地ラーメンを。

新潟市三吉屋_02


新潟市三吉屋_01

新潟駅からほど近い、“三吉屋”さんは食べログで見つけました。新潟三大中華そばのひとつだそうで、ソーメンのように細い麺と鶏がらスープのような透明な醤油味スープは絶品でした。600円です。
三吉屋(さんきちや) 駅南けやき通り店
営業時間 11:00〜14:00 17:30〜23:00
定休日 火曜
新潟県新潟市中央区米山1-6-10
JR新潟駅の南口から徒歩で約3分
TEL 025-241-0937


  
Posted by takosuzuki │

■マンガ・アニメによる町おこし(新潟市)、視察しました。その

新潟市漫画館_00

去る7/28(月)〜29(火)、一泊二日で行政視察に行ってきました。まず初日は、新潟市にマンガ・アニメによる町おこしということで、「新潟市マンガの家」と「新潟市マンガ・アニメ情報館」に伺いました。これは新潟市文化スポーツ部文化政策課が所管している事業で担当課長より「マンガの家」にてお話を伺いました。

新潟市漫画館_02

そもそも新潟市は、多くの著名な漫画家の出身地だそうで、例えば“赤塚不二夫”、“水島新二”、あと“ハイスクール奇面組”でお馴染みの“魔夜峰央”など、他にもたくさんの漫画家がいらっしゃいます()。これもひとつの新潟市の特徴であるということで、市としてもっとフューチャーしていこうと、こうした取り組みになったそうです。マンガ・アニメに関する施設が二つもあるなんて凄いです。

新潟市漫画館_13

だいたい行政がマンガを使ってシティプロモーションするというのも、近年アニメを使った町おこしは増えたとはいえ試みとしては凄いことですし、その取り組みは徹底しています。

新潟市漫画館_01

お話を伺ったここ「マンガの家」は、民間施設を借りて内装を施し、とても楽しい作りになっていました。まず、入ってすぐ赤塚不二夫さんを紹介を紹介するパネルと“おそ松くん”や“イヤミ”がお出迎えです。

新潟市漫画館_04

イヤミの“シェ―”のポーズで写真を撮れるコーナーがありました。さっそく撮ってみます。

新潟市漫画館_05

撮った写真は右側のモニターのこのように映し出されます。映し出されたものを自分のスマホで撮るという感じです。しばらくは他の方の画像ともども残っているそうなので、こんな恥ずかしい姿がしばらく新潟にて晒(さら)されます。

新潟市漫画館_08


新潟市漫画館_09

また魔夜峰央コーナーとして、作品集やハイスクール奇面組のキャラクター、拡大原画なども展示されています。

新潟市漫画館_06


新潟市漫画館_07


新潟市漫画館_11


新潟市漫画館_10

実際にどうやってマンガを描くのか、その描き方もプロの漫画家の方が臨時スタッフとして生で描いて見せてくれます。すぐ上の写真の冊子「マンガの描き方おしえちゃう!!」も新潟市オリジナルの冊子です。このようにプロの漫画家になるためのノウハウも懇切丁寧に教えてくれるのです。

新潟市漫画館_12

ただマンガの描き方を教えるだけでなく、何と言っても凄いのは、毎年「にいがたマンガ大賞」というコンクールを実施し、プロになるための登竜門も用意してくれているのです。このコンテストは、審査委員長として魔夜峰央先生、審査員も大手出版社のコミック誌の現役・元・副など編集長の方々が名を連ねています。たとえ大賞に選ばれなくても、そうした方々の目に触れる機会が与えられるのです。そして入賞者は上の写真のように、冊子化してもらえます。凄いですよね!!
新潟市 マンガの家
開館時間 11:00〜19:00
休館日  毎週水曜日(祝日の場合翌平日)、12/29〜1/3
入場無料 
新潟市中央区古町通6番町971-7(新古町版画通り) GEO古町6番町1・2階
TEL 025(201)8923
  
Posted by takosuzuki │

2014年07月29日

■夏はお祭りの季節!! 川まつりとけやきロードフェス

きよせ環境川まつり

7/26(土)、きよせ環境川まつりが行われました。今年は、とても大勢の市民の皆様にお越しい頂き、驚きました。写真は、「Google+」が勝手に加工してくれた写真です。昭和の柳瀬川のようで風情があるでしょう。

きよせ環境川まつり

市長にお会いしましたので、しばらくお話をさせて頂き、写真を撮らせて頂きました。いつも笑顔の素敵な渋谷市長です。

きよせ環境川まつり

また、役員として参加していた渋谷けいし議員とも写真を撮りました。男性議員としては最も若い彼は、いつも市のイベントは裏方として活躍しています。

けやきロードフェスティバル

こちらは翌日7/27(日)に行われた、清瀬駅北口商店会睦会の夏祭り「けやきロードフェスティバル」です。こちらも盛り上がっていました。写真は役員の河口さん(左)とみずほ銀行の森園支店長です。私が辞したあと、激しい雷雨となりました。皆様、大丈夫だったでしょうか?  
Posted by takosuzuki │

2014年07月27日

■多摩六都科学館企画展、視察しました。

多摩六都科学館「魚ワールド」

去る7/24(木)に、多摩六都科学館の組合議会研修として、現在同館内にて行われている企画展「夏だ! 飛び込め! 魚ワールド」を視察しました。

多摩六都科学館「魚ワールド」

入ってすぐに、魚の缶詰が並べてあります。ご担当の方に伺うと、最近の人たちは魚といえばこうした缶詰など、加工された形でしか接していない。確かに、食卓でも魚のまま出てくるのは“サンマ”などほんのわずかです。だから、生きた魚に焦点を当てたということだそうです。

多摩六都科学館「魚ワールド」

ここでは、魚の鱗(うろこ)から魚の年齢を知ろうというコーナーがありました。木のように年輪から樹齢を推し量るみたいなものです。パネルの説明もとても丁寧です。

多摩六都科学館「魚ワールド」

ここにある“サケ”は、「プラスティネーション」と言って、実際の魚を使ってきれいな標本にする手法で作られています。

多摩六都科学館「魚ワールド」

壁に飾られた魚たちも、担当の方によると“剥製(はくせい)”だそうで、これらをお持ちの方からご厚意でお借りしたそうです。これら実際の魚をメインにして、パネル等の説明はあくまでサブに回すという見せ方も、とてもよく考えられています。

多摩六都科学館「魚ワールド」

ずっと中を拝見していて、見せ方やひとつひとつの展示品などもとてもよくまとまっていて、とても素人の作ったものではないなあと感心していたところ、ああ、そうかと得心しました。

同館は現在、指定管理として「乃村工藝社」が運営しています。私は議員になるずっと以前イベントの仕事をしていまして、「乃村工藝社」は博覧会や○○展など何度も仕事をご一緒しました。そう、この企画展を作ったのは押しも押されぬイベントの専門業者なのです。この会社が、こうした企画展をやるのは造作もないことなのでした。

だいたい行政のやるイベントは、素人の職員の方々による手作りです。専門業者に丸投げできる予算がないからです。もちろん、今回の企画展も予算がないのは同じことですが、“専門業者による手作り”ですから、それは出来が違いますよ。

多摩六都科学館「魚ワールド」

見るだけじゃ子どもたちは退屈しますから、参加できるコーナーとして“魚釣り”コーナーもあります。

多摩六都科学館「魚ワールド」

このコーナーでは、東久留米に本社がある魚の竿のトップメーカー・前ダイワ精工こと“グローブライト社”の提供による記念撮影コーナーです。こちらの会社は、私たち清瀬市も“環境川まつり”にてお世話になっています。

多摩六都科学館「魚ワールド」

魚にまつわる様々な本も展示しています。魚が関係するものなら、すべて取り込んでいこうという担当の方の意欲が窺い知れますね。

多摩六都科学館「魚ワールド」

天井も遊ばせていませんよ。これは東久留米市にお住いのペーパークラフトアーチストにご提供頂き、大きな魚たちが泳いでいます。

多摩六都科学館「魚ワールド」

ここはまさに“本物の魚”のコーナーです。川魚、海の沿岸にすむ魚、遠洋にすむ魚を水槽で見ることができます。さすがに、深海魚はモニターですが、ちゃんと見ることができますよ。

多摩六都科学館「魚ワールド」

【魚ワールド開催概要】
■開催期間 7/19(土)〜8/31(日)
■開館時間 9:30〜17:30(※夏休みのみ)
●8/10〜8/17までは、清瀬駅北口りそな銀行前からシャトルバス(無料)が出ます。
8:50 9:50 11:20 12:20 14:30 15:30
この企画展は子どもたち必見です。是非、夏休み期間、お子様方にご案内ください。この企画展を担当された方は、“乃村工藝社”の若き女性社員で、神奈川の某大学の水産関係の学部を出られた魚が大好きな方だそうで、ひとつひとつのコーナーに愛が込められていました。私はその方に敬意をこめて“多摩六都のサカナちゃん”とお呼びしました。是非、現地で“サカナちゃん”に会ってきてください。  
Posted by takosuzuki │

2014年07月26日

■清瀬四中避難所運営協議会が開かれました。

避難所運営協議会

去る7/22(火)、第一回目となる清瀬第四中学校の避難所運営協議会が開かれました。

市内の中学校は災害時の避難所に指定されています。そして、実際に避難所として運営されるとなると、避難されてきた方々の年齢や健康、場所割、また食事、トイレなど、こうした基本的なこと、またそれ以外にも突発的な諸問題も出てくるでしょう。避難所に関わる運営の難しさは、これまで大きな災害のたびにクローズアップされてきました。

それらを踏まえ、平時に避難所開設に関わる運営協議会を立ち上げ、いざという時のために備える、これが避難所運営協議会です。

避難所運営協議会

この日は、協議会委員の任命、自己紹介のあと、清瀬消防の方からお話があり、四中に備蓄されている食料や備品を視察させて頂きました。四中は、校舎内の空き教室をお借りでき、市内の避難所の中でも有数の備蓄が多い避難所です。それらを見て委員の皆様はとても安心しておられました。

なお、この運営協議会は、半年に一度程度のスパンで開催されるようです。

【関連】
学校の教室を防災備蓄庫に 2014.4.21  
Posted by takosuzuki │

2014年07月25日

■来年の選挙向け、公認を頂きました。

公認発表

本日、7/25(金)付けの公明新聞に来年の統一地方選挙に向けて、第5次公認発表があり、その中で我が清瀬市の現職4名の名前も入れて頂きました。

初陣である4年前は、11/18の中央幹事会にて決定とありますので、なんと4か月弱も早い計算になります。

いよいよ、来年の戦いへ向け、心新たにしっかりと戦ってまいります。

【参考】
公認決定、ありがとうございます。 2010.11.18  
Posted by takosuzuki │

2014年07月24日

■雨水管整備事業現場を視察しました。

雨水管工事視察

去る7/22(火)、清瀬市が現在推進しているゲリラ豪雨対策としての雨水管整備事業の現場を、清瀬市議会として視察しました。

雨水管工事視察

現場に到着してすぐに、現場事務所にて工事概要の説明がありました。概要は、近年のゲリラ豪雨対策として、太い雨水管を市内に張り巡らせ、冠水を防いでいこうというものです。昨年、平成25年度から着工しこの区域だけでもあと3年かかります。市内全部となるとあと15〜20年は楽にかかるでしょう。
【工事概要】市では、「清瀬市下水道プラン2009」に基づき、公共下水道として雨水幹線整備事業を始めました。
この事業は、市内を21の区域に分けたうちの一つ「柳瀬川右岸8-1排水区」で、ゲリラ豪雨などから道路冠水や浸水の被害を防ぐため「柳瀬川右岸5号雨水幹線」を平成25年度から4年かけて整備するものです。

市の公共下水道は、分流式で、これは台所やトイレ等の排水を流す汚水管と、道路に降った雨水を流す雨水管とに分けて整備しています。

現在、整備している雨水管は、道路に降った雨水を最終的に柳瀬川に流すための大きな雨水管で、内径は2m40cmにもなります。

雨水管整備事業

今回、行われている現場は、柳瀬川通りのサーモスタットの西側信号からそのまま柳瀬川へ降りていく管を作る工事で、起点となっているのは上図の「A」地点です。ここを視察しました。ここから、「B」地点に向かって掘っています。「A」「B」「C」地点がゴールでそこから川に流します。「B」まで掘ったところで、今度は上方向「D」地点に向かいます。そしてその後、平成27・28年にかけてけやき通り方面、大林組の方をつなげていきます(※上図、水色の部分)。

ともあれ、基本的に、市の北東部、つまり柳瀬川の下流域から整備していきます。どうしても水の流れに対して、下流から太くしていかないと奏功しませんので、市内の南西部の方々はもう少しお待ちください。

雨水管工事視察

この太い土管のような管が直径2.4mあるのです。現在、1日5mの速度で柳瀬川方面に進んでいます。この管の先端に掘削機を操作するオペレーター1名と、掘り出された土砂を太いパイプで吸い上げる要員2名の計3名がいるそうです。

雨水管工事視察

掘り出された土砂はこのようにペースト状の泥になって吸い上げられます。この大きな容器に溜められて、一杯になったところで、地上で待機しているダンプカーに移されます。

雨水管工事視察

地上にて、所管課の下水道課長にいろいろ質問をさせて頂きました。原理としてはなんでもない工事ですが、実際には大工事ですね。

雨水管工事視察

最後に、工事現場を前にして記念撮影です。この暑い中を作業頂いている方々には、とてもお邪魔をしました。最後まで無事故の工事をお祈りしています。

なお、使いました写真の半分以上は議会事務支局・若松次長から頂きました。ありがとうございます。  
Posted by takosuzuki │

2014年07月20日

■「応急給水拠点」看板設置されました。

応急給水拠点

このほど、元町2丁目にある「元町浄水場」に“応急給水拠点”と記された大きな看板が設置されました。

言うまでもなく、ここ「元町浄水場」は震災などで断水になった際、給水拠点となります。これまでもその機能はありましたが、今回こうした看板が設置されることにより、市民の皆さんに知って頂き、もしもの時の安心と備えになっていくと思います。

応急給水拠点

清瀬市内では、応急給水拠点となる浄水場は、もう一か所旭が丘にあります。

map

場所は、小金井街道と志木街道の交差点・清瀬郵便局を北上し、100メートルほど行った右側になります。ちなみに将来的には、この浄水場が旧小児病院跡地に移転される計画になっています。  
Posted by takosuzuki │

2014年07月19日

●空き家への鳩ネット設置して頂きました。

鳩ネット設置

都営野塩団地は築50年で老朽化しているため、建て替えが急務となっています。しかし数年前、時の自治会が建て替えに反対し(家賃が上がることと、部屋が狭くなる等のため)、建て替えが頓挫。そのため本来、移転や死亡など空き家が出た場合、すぐに新入居されるのですが、そのままになっています。それゆえ、鳩にとっては格好の住処となってしまうのです。

居住者がいるお宅は、居住者責任で設置しなくてはなりませんが、悪木の場合は管理者であるJKK(住宅供給公社)が設置してくれます。

鳩ネット設置

写真は分かり辛いですが、ベランダ一面にびっしりとネットが張られています。これではスズメでも入り込むことはできません。

自治会長を務めさせて頂いていたときは、こうした案件は日常茶飯でしたが、今回たまたま私の棟のことで頼まれましたので、JKKにお願いしました。
  
Posted by takosuzuki │

2014年07月18日

●「小中学校校舎の大規模改修、スピードアップを」が実現しました。

「小中学校校舎の大規模改修、スピードアップを」が実現しました。

平成26年度予算の中で、かつて私が提案をした「小中学校校舎の大規模改修、スピードアップを」が実現し、2中と3小の大規模改修に予算がつきました。

小・中学校の大規模改修の促進について(平成24年度12月議会)

要するに、老朽化した校舎の大規模改修は、これまで年間一校ずつ行われてきましたが、これでは遅々として進まず、特に老朽化により雨漏りや様々な不都合の生じている2中など、本当に困ると思うのです。これを、せめて年間2校ずつやっていきましょうよ、という提案でした。

平成26年度は、なるべく子供たちに迷惑をかけない夏休み期間を利用して、2中はまず北校舎、来年度で南校舎、そして既に南校舎の改修の終わっている3小は、北校舎の改修を行います。

2中

2中
2中南校舎から見た北校舎と中庭


3小

3小
3小図書館横から見た北校舎

なお、平成27年度施行に向け、今年度は四小と三中の実施設計も行われます。子どもたちの学習環境の整備へ着々と進んでいきますので、お楽しみに。

3小にて
  
Posted by takosuzuki │

2014年07月17日

●街灯をLEDにして頂きました。

LED外灯

中里1丁目の住宅にご挨拶を回りをしていた折り、旧タイプの外灯の位置をもう少し下げてほしいとご相談頂きました。要は路地が暗い、それは位置が高いためであろう、ということでした。

LED外灯

所管課にご相談したところ、要するに照度の高いLEDに変えれば良いのではないかということになり、LEDにして頂いたのです。

現在、市内全域にかけて徐々にではありますが、LEDに変えています。皆様の地域でも暗いところがありましたら、是非一度ご相談ください。  
Posted by takosuzuki │

2014年07月09日

■高木陽介衆院議員が清瀬市役所に来られました。

高木陽介衆院議員来庁

去る7/4(金)、我が党の東京都本部代表である高木陽介衆院議員が、清瀬市役所にお越しくださいました。我が党は市町村県会の地方議員から国会議員に至るまで、全国約3,000名の議員がいます。私たち地方議員はそれぞれの地域課題に取り組み、国会議員は天下国家とその取り組みは違いますが、それぞれ一人の庶民の生活を預かることに変わりはありません。その意味では、私たち地方議員と国会議員とがしっかりと連携をとって、どんな問題にでも全力で取り組んでいくところが、我が党のセールスポイントであると思います。

高木陽介衆院議員来庁

市長・副市長からの我が市の抱える様々な諸問題や今後の課題をじっくりと聞いてくださり、都政・国制の立場からできることをしっかりとやっていくとご返事頂きました。

渋谷市長は、わが市のシティプロモーション戦略の筆頭である「結核研究所を世界文化遺産に」を熱く熱くアピールされていました。やもすれば荒唐無稽とも揶揄されがちな話ですが、私は市長のこうした着想は素晴らしいと思います。何しろ、清瀬市の病院ネタは「自虐ネタ」でしかなかったのです。それを渋谷市長の登場で、清瀬の病院群は世界に大貢献してきたという、一躍「誇るべきネタ」へと転換させたのですから。

今、自民党の木原衆院議員が一生懸命ご尽力頂いていますが、その一翼を是非私たちにも担わせて頂きたいと思っています。

高木陽介衆院議員来庁


ともあれ、多摩の他市と比べこれといったセールスポイントもなく(これから作っていきますが)、東京都のはずれにあるマイナーな我が市に(これからメジャーにしていきますが)、こうして国会議員が来て下さることはとても久しぶりです。

今回映画の撮影の件では、今回同席頂いた谷村都議会議員も尽力頂きました。本当に我が党の「チーム3000」、有難いです。  
Posted by takosuzuki │

2014年07月03日

■市制報告会を開催しました。

市政報告会
※画像を一部加工しています。


7/2(水)、清瀬市内にて6月議会の報告会を開催しました。とは言え、時節がら時間の多くを今回のいわゆる「集団的自衛権問題」に費やしました。昨日7/1の閣議決定後、慌ただしくパワーポイントにて作りこみ、じっくりとお話をさせて頂きました。

結論的に言えば、“集団的自衛権に踏み込んだ”のではなく、“個別的自衛権の枠の中で限定的な拡大解釈”であり、巷間言われているような、“戦争への道”を日本が歩み始めたなどとはとんでもないことです。

このブログの少ない字数では語りつくせないので、私の敬愛する評論家・佐藤優氏の今回の閣議決定を踏まえてのラジオでの発言を紹介しておきます。

【佐藤優氏のラジオでの発言】
佐藤「以前よりも集団的自衛権やりにくくなった。以前は個別的自衛権などとごまかして、中東とか行ってましたけど、これも中東とか行けないですよ」
それはどうしてですか?
佐藤「まず総理は行かないって言ってますしね。それはもうハッキリ言ってますしね。それから、ホルムズ海峡に機雷が置かれると。ホルムズ海峡の国際航路帯って言うのは、公海じゃないんですよ。これオマーンの領海を通ってるんです。オマーンの領海に機雷を置くわけですね。これは国際法上、その瞬間に宣戦布告になるんです。そしたら、戦争状態なんです。戦争状態のとこ、行かないでしょ? 」
その置かれた段階で戦争状態になる?
佐藤「だから、行けないんです」
日本はそこを通らないとエネルギーが輸入できないから。じゃあ、自衛隊そこ行ってちょっとどかしてって、それはできない?
佐藤「だって今回のところで、戦争状態のところには行かないってハッキリと縛りをかけてるじゃないですか」
ということはですね、集団的自衛権って言葉だけは、なんか憲法解釈の変更で、より使いやすくなったような印象となってますけども、実質的には?
佐藤「凄く使いづらくなった。だから、むしろ安全保障の専門家なんかが恐れるのは、アメリカから「来てくれ」って言われても、「いや〜、縛り付けちゃったんで行けないです」と。ですから、新聞読んでると公明党は(自民党に)押し切られて、「何が平和の党だ」と、「半分嘘つきじゃないか」みたいな感じなんですけど、結果から見ると、公明党の圧勝で。それで本当にこれ、山口さんが「国外では集団的自衛権できない体制にした」とハッキリ会見で言ったんですけど、本当にその通りですよ」
佐藤さんの分析から言えばですね、じゃあ例えば朝日新聞とか東京新聞のね、「即、子どもだ、孫が戦争で」ってね、すぐそういうイメージに結び付けて叩くっていうのは、どういうふうに見えますか?
佐藤「興奮してるんでしょうね(笑い)。先ほどあの、なんとかさんと一緒で、ある人でもある新聞でも、何かを信じているとなかなか禁止することはできないですからね。でも、逆にうまくいったって書いるとこの新聞も、本当は心のなかで不満に思っていると思いますよ」
ははあ、ということは実質は公明党をこちらにこう、連立組んでてこの集団的自衛権の憲法解釈変更については、自民党より安倍さんのほうに引き寄せるために、いろいろ譲っちゃったから、むしろ使いにくくなっちゃったっていう。
佐藤「むしろ使いにくくなってしまった」
むしろ使いにくなりましたってことを世界中に公言したようなもんだと。
佐藤「だから、結果からみると、公明党もこのまま大変だと思いますからね。やっぱり創価学会の中では普通の新聞しか読んでないし、細かいことわかんないから、怒ってる人たくさんいると思うけれども、徐々にこれ我々が思っているのは(公明党の)圧勝じゃないかと」
ノーベル平和賞でも取れますか?
佐藤「それはよくわかんないですけど」
それは冗談ですけど。
佐藤「真面目な話、平和主義みたいな宗教的信念を持っているような支持母体のある政党は強いっていうことで、これ公明党の底力をバカにしたらいけないということが、僕は今回の結論だと思います」

市政報告会

ちなみに前半は、毎年この時期には必ずお越しくださる渋谷金太郎市長に、ゆっくりとお話し頂きました。市長の掲げる“世界医療文化遺産構想”を始めとして、清瀬市のシティプロモーションに懸ける意気込みが熱く熱く語られました。  
Posted by takosuzuki │

2014年07月01日

■クランクアップのご挨拶に来られました。

中円尾さん

本日、とある映画の制作・中円尾さんが役所にご挨拶に見えました。5〜6月にかけて清瀬市内の随所にて行われた撮影が無事終了したことをご報告に来られたのです。

この撮影にあたりいろいろと協力させて頂きました。中円尾さんもこの2ヶ月、毎日のように清瀬に来られ、大変なご苦労を重ねて来られました。今日のお話の中でも、清瀬のあちこちで市民の方々から温かいご協力を頂いたと感謝しておられました。制作発表があるまでは詳細を申し上げられないのですが、清瀬市にとって凄い映画です。

また時期が来ましたら、ご報告させて頂きます。
  
Posted by takosuzuki │