2015年12月31日

■野塩団地のタコ公園が撤去されました(涙)。

野塩団地タコ公園撤去

2015年の年末、野塩団地のタコ公園が撤去されました。そもそもここは、野塩団地が建設された昭和38年に、その象徴として団地の真ん中にこのタコの滑り台を擁するタコ公園と、30mはあろうか給水塔も造られたのでした。爾来、52年―。団地の住民、とりわけ子どもたちに勇気と元気を与えてくれました。

野塩団地タコ公園撤去

野塩団地では、今から20年ほど前、建設40年を前に団地の建て替え計画が持ち上がりました。そして、2階建てのテラス等はすべて建て替えられたものの、高層棟は当時の住民の建て替え反対にあい、凍結となったのです。

そもそもコンクリート性の建物は、その寿命が40〜60年程度とされており、しかも野塩団地は耐震基準となる昭和58年以前の建物のため、耐震性に問題があったのです。もちろん、エレベーターもついていません。

これに対して、反対した方々の理由としては、_板造高くなる、建て替えに伴う転居が大変、I屋が狭くなる(入居当時は子どもと同居して広い部屋にいたが、現在は子どもも独立し夫婦ふたり世帯になっているため、部屋数が少ない部屋になる)、などでした。

その後、私が自治会長になり、その目標としたのが、建て替えの推進でした。建て替え反対は、当時の自治会が住民投票を行い、僅差で反対が可決されたため、自治会として決議したものでしたので、そのため、建て替えの推進も、自治会としてかつての反対を撤回し推進へと、自治会総会をもって決議しました。そして、様々運動を行い、2年前の自治会50年の折り、東京都住宅局に建て替えを決定して頂きました。

私はここ野塩団地に生後一カ月で転入してきました。そして、成人し10年ほど団地から30mほどのところに暮らしていましたが、結婚後、再び戻ってきました。もちろん、このタコ公園はまさに今日の私を育ててくれた思い出深い公園です。その意味では、ずっとこのタコ公園は残してもらいたい。しかし、今後50年、野塩団地を残していくためには、この撤去もやむを得ないことです。

2年前の建て替え決定から、2年かけ基本設計、実施設計を行い、この11月末に公園の撤去となりました。約2年かけてここに新しい高層棟が建ちます。そして、そこに川沿いの現住民が移転しその転出した後の棟を壊してまた新しい棟を建てるのです。大変に悲しいことではありますが、また新しい野塩団地建設へ、見守っていきたいと思います。

野塩団地タコ公園撤去

以前はタコはクリーム色でした。いつの頃か、団地にお住いのペンキ屋さんが無償でタコの色に塗り替えてくれたと記憶しています。また、写真右から左にかけての歩道には、簡易な街路樹がありました。また昔は左の集会所前に滑り台があったり、砂場には藤棚のような屋根もありました。

野塩団地タコ公園撤去

その街路樹も次第に枯れたりしてなくなり、その花壇も撤去され、現在の形に収まりました。公園の中の木々も50年歳月で立派になりました。

野塩団地タコ公園撤去

11月の撤去は、まず公園東側のぶらんこの撤去から始まりました。そしてその後、タコ滑り台の撤去でした。上の写真はその直後の様子です。

野塩団地タコ公園撤去

そして、写真左の集会所を残して、木々もすべて撤去され、まったくの更地になってしまいました。その後、集会所もなくなり完全な空き地となったのが、上から2枚目の写真です。

野塩団地周辺では、タコ公園の他にも薬科大南側の雑木林が開発のため一部伐採されました。2015年は再生への破壊の行われた年となりました。

雑木林の伐採

雑木林の伐採
  
Posted by takosuzuki │

2015年12月23日

■「公明新聞購読有権者比1%達成」掲載されました。

■「公明新聞購読有権者比1%達成」掲載されました。

去る12/9(水)付けの公明新聞に、清瀬市公明党として取り組んだ市の有権者比1%の購読推進を達成した旨、記事が掲載されました。

清瀬市公明党としては今回で5回めであり、また4年連続の達成となりました。

党員の皆様には、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

【関連】
「公明新聞購読有権者比1%達成」掲載されました。 2014/8/31記事
「公明新聞購読有権者比1%達成」掲載されました。 2013/7/21記事
「公明新聞購読有権者比1%達成」掲載されました。 2012/4/28記事
  
Posted by takosuzuki │

2015年12月18日

■伊藤ヨシさんを偲ぶ会、行われました。

伊藤ヨシさん偲ぶ会

去る12/9(水)、「伊藤ヨシさんを偲ぶ会」が、市議会議員有志と生前親交のあったたくさんの方々が集まる中、アミューホールにて行われました。

「台田の杜」寄贈の記事伊藤ヨシさんは、中里5丁目にお一人でお住まいで、生前(平成17年)、所有されていた土地1.9ヘクタールを清瀬市に寄贈され、「伊藤記念公園 台田の杜」ができるきっかけになった方です(※左「市報」記事参照)。

そして今年の6月、ラビアンローゼにて98才の天寿を全うされました。ご逝去に際し、所有する土地財産のすべてを清瀬市に寄贈するとの遺言を残されていました。先日の議会での市長の行政報告の中で、その評価額は16億円にものぼるそうです。

生前の伊藤さんは、こよなく自然を愛し、広大な土地を所有しておられましたが決して人工的な手は入れず、そのままの姿を今日まで守ってこられたそうです。

伊藤ヨシさん偲ぶ会

むろん私は生前の伊藤さんとは面識はありませんが、こうした事績をみれば議員として衷心よりその死を悼まないわけにはいきません。偲ぶ会では、心からの感謝の思いを込めて献花させて頂きました。

今回ご寄贈頂いた土地は、「台田の杜」に隣接する付近です。今後、伊藤さんの遺志のとおり、花や木々のあふれる自然公園に整備されるそうです。

なお、記事中アップした写真は秘書広報課より頂きました。ありがとうございます。  
Posted by takosuzuki │

2015年12月17日

■2016年度予算要望、行いました。

2016年度の予算要望、行いました。

清瀬市議会公明党は去る12月8日、人口減少社会を打破し、市民が安心して暮らせるまちへ、「健康といのちを守るまちづくり」「子どもたちが輝くまちづくり」「安心・安全で潤いのあるまちづくり」などのテーマからなる予算要望書を、渋谷金太郎清瀬市長に提出しました。

いのちを守る「健康対策」の充実を

「健康を守る」施策の主なものは、介護・認知症予防事業「脳トレ元気塾」の拡充、生活習慣病等につながる口腔予防の成人歯科健診事業の拡充、ヘルスケアポイント制度の導入、おたふくかぜ・ロタウィルス・B型肝炎のワクチン接種の助成、地域包括ケアシステムの早期構築、不育症治療や不妊治療の助成制度の導入、認知症対策の更なる拡充等を要望しました。

明日をつくる「子育て支援」の拡充を

「子どもたちが輝く」施策では、西武線南側に児童センター及び梅園地域市民センター(仮称)の設置、学校給食の地産地消の推進、学校校舎の大規模改造工事の推進、小中学校の熱中症対策として冷水器の設置、小中学校の特別教室へのエアコンの導入等を要望しました。

市民を守る「安全対策」の充実を

「安心安全」施策は、市民が利用しやすく防災機能を強化した新庁舎の建設、マイナンバー制度の周知と安全管理、路面下空洞調査の実施、コンビニでの住民票などの発行で市民サービスの向上、北口地下駐輪場の電子決済システムの導入、ゴミの戸別収集の早期実施、秋津駅踏切周辺整備の実現、旭が丘・下宿地域へバス運行の推進等を要望しました。

2016年度の予算要望、行いました。

これに対し、渋谷市長からは「いずれも重要な課題であり、真摯に受け止め、前向きに検討していきたい」との答弁がありました。なお要望には、中澤副市長、今村企画部長に同席頂きました。

【関連】
「市民の健康と生活を守る」来年度への予算要望を行いました。 2014.12.13記事
「市民の健康と生活を守る」予算要望を行いました。 2013.12.20記事  
Posted by takosuzuki │

2015年12月16日

●「西部地域の年末年始不燃ゴミ収集に臨時日を」実現しました。

西部地域の年末年始不燃ゴミ収集に臨時日を実現しました。

清瀬市の西部地域(元町・中里1〜2丁目・野塩・松山・竹丘・梅園)の不燃ゴミ収集は、第1・3金曜日です。しかし、そのスケジュールだと年末年始は、1月の第一週が元旦でお休みのため、最大4週間、収集がありません。

そのため、なんとか臨時収集をしてほしいとの声を頂きました。そして、9月の決算特別委員会にて、質問したところ、12/30(水)に臨時収集をして頂けることになりました。

2015年末のゴミ収集予定


市民の不便を改善していくために調整をするのが市議の仕事です。皆様の身近な“困った”をどしどしお寄せください。

なお、その時の議事録がまだできていませんので、発言記録はありませんが、議事録ができ次第すぐにアップします。  
Posted by takosuzuki │

2015年12月13日

■「ぶらり途中下車の旅」で清瀬市が紹介されました。

ぶらり途中下車の旅

去る12/12(土)、日テレで朝9:25から放映されている番組「ぶらり途中下車の旅」で、西武池袋線が取り上げられ、清瀬市のことが紹介されました。

レポーターは水泳の元オリンピック選手・宮下純一さんです。まずは、冒頭の写真から。宮下さんが清瀬駅を下車して最初に訪れたのは、北口の三原酒店さんです。

ぶらり途中下車の旅

店主の三原博司さんが清瀬の特産として「にんじん焼酎」を紹介。そのラベルの絵について、この絵もただの絵ではなく、3Dの“切り絵アート”なんです、と語り、切り絵アーティストの太田隆司さんを紹介します。

ぶらり途中下車の旅

三原酒店を出たレポーターが、太田さんを訪ねてどこに行くのかなと見ていると、小金井街道沿いにある太田さんの御実家。なんと、ここは太田さんのアトリエになっているのですね。

どうでもいいのですが、三原さんのお名前・博司さんは私の息子と同じ漢字の同じ名前。そして、太田さんのお名前・隆司さんも私と同じ漢字の同じ名前でした。奇遇!! どうでもいいですね…。

ぶらり途中下車の旅

最後は、新小金井街道にある「ボンボンガトー」さん。ここは“クッキーシュー”で有名なお店です。でも紹介されたのは、「フルーツまるごとケーキ」。食べたことはありませんが美味しそうです。

ぶらり途中下車の旅

皆さまお馴染みのパテシエ・田中さんも登場です。こうして清瀬を代表するスイーツのお店が紹介されるととても嬉しいです。

この番組はよくチェックをしておかないとダメですね。そもそも今回は、私の田舎である「名栗」が紹介されると聞いたので見ていました。が、清瀬が紹介されるとは!! びっくりでした。  
Posted by takosuzuki │

2015年12月09日

■我が誇るべき清瀬市の仕事

枯葉掃除機

この季節、清瀬市のシンボルであるけやきは、近隣にとってとてもやっかいなものになっています。それは“落ち葉”です。この12月議会でも何人かの議員さんから指摘がありましたが、我らの愛するこのけやきから生まれる落ち葉、何とかならないかと。

清瀬市はけやきはもちろんのこと、雑木林などの緑をとても大切にしています。一昔前は剪定もなかなかできなかったほどです。それゆえ、市内各所には雑木林やけやき並木がありますが、その分、大量の落ち葉が生まれ、それらは自然となくなるわけではなく、人の手によって回収されているのです。

人の手って、誰の手でしょう。それは近隣の方々です。

市でも精一杯、回収にまわって頂いていますが、多勢に無勢です。私も、かねがね落ち葉を吸い込む掃除機みたいのがあるといいのにと思っていました。

ところが、その“落ち葉を吸い込む掃除機”を、このほど市は入手しました!! 名前は「バキューム・スイーパ」というそうです。今年度、営繕部隊が入手した新兵器です。

市道を管理する道路交通課と我が誇りの営繕チームによって、いま市道の落ち葉はこうして掃除されています。

枯葉掃除機

徐行するトラックと作業する人、手には大きな吸い込みホースが。そして、吸い込まれた落ち葉は、トラックの荷台にある大きな袋にまとめられます。

新緑の季節のあの鮮やかな木々は、見ているだけでまさに生きる力を与えてくれます。この木々を大事にしていくためにも、こうした落ち葉の清掃に私たちも参加しなくてはいけませんね。

  
Posted by takosuzuki │

2015年12月08日

■「防災セミナー」講師を仰せつかりました。

防災セミナー

もう先月の話ですが、去る11/27(金)、中里団地を中心とした老人会・柳瀬クラブ主催の防災セミナーに、市議会議員としてではなく“防災士”として、講師を仰せつかりました。

別の会場で私が行った防災セミナーを会長さんが聴いてくださり、中里団地地域に合わせた防災の話としてやらせて頂いたのです。

1時間を越える長い話となってしまいましたが、みなさん最後まで居眠りもせずトイレも我慢して聴いて頂きました。大変に感謝致します。

終了後は、質問会をおこない、マイナンバーやバス停、菜の花プロジェクトなど市政全般の話もさせて頂きました。是非また呼んでくださいね。  
Posted by takosuzuki │

2015年12月06日

■「農業まつり」にお邪魔しました。

農業まつり

去る11/22(日)、コミニティプラザひまわりで行われた「農業まつり」に伺いました。この催しは、市内の農業の成果を発表するものですので、野菜に対する眼識がなければ十全な面白みはない訳ですが、毎年来させて頂いて思うのは、ひとつひとつの野菜が本当に芸術品のようなのです。どんな世界であれ、熱意をもって取り組むものにはその思いはちゃんと籠るのだなということです。という訳で、まずは野菜で作った宝船の前で自撮りです。

農業まつり

農業まつり

続いては、給食の試食コーナーです。あいにく、試食の時間帯から外れていたため、試食することはできなかったのですが、そのブースで飾られていた各学校ごとの発表です。基本的に、現在各校で配されている給食は地産地消というこで、なるべく清瀬産の野菜を使ようにしています。そのことを学校ごとに発表していました(写真上)。

また、私も大変に注目し期待している清瀬産はちみつ“きよはち”のことも紹介していました。このはちみつは、もともとは市役所屋上で養蜂を始めました。いまは越冬のために違うところに移動させています。ひまわり畑のある清瀬市ですから、ここのはちみつはとても美味しいです。市民まつりやひまわり市などでも売っていますが、すぐに売り切れてしまう人気商品です。ふるさと納税してくださった方への返礼品としても使われています。

農業まつり

最後に、市役所のお嬢様こと健康推進課の課長に、無理をお願いしてツーショットを撮って頂きました。病院の街・きよせにふさわしい健康推進対策をして頂いています。また、来年の農業まつり、期待しています。

【参考】
清瀬市農業まつりに行って来ました。 2014.11.27記事
農業まつりに行ってきました。 2012.11.25記事
農業まつりに行って来ました。 2011.11.21記事  
Posted by takosuzuki │