2016年04月26日

●「自主防災組織」認定へ、お手伝いしました。

中里団地自治会の皆さんと

このほど中里団地自治会が、行政の進める「自主防災組織」に認定され、その助成を受けてスプレー式の簡易消火器を購入されました。

そもそもこれは、昨年の11月、中里団地を中心とした老人クラブ「柳瀬クラブ」で防災セミナーをさせて頂いた際、火事を防ぐためには「スプレー式の簡易消火器」が非常に有効なツールであることを推奨したことから始まりました。是非、購入したいという声があり、どうせ買うならまとめ買いしたほうが安く買えると、団地自治会として購入しようという話になりました。自治会として購入するなら、なにか助成が得られないかとご相談され、であれば自主防災組織に認定されれば防災用品の購入費の半額が助成されるからと、お勧めしお手伝いをしたのです。

「防災セミナー」講師を仰せつかりました。 2015.12.8記事

防災防犯課

自主防災組織に認定申請するには、構成員の人数、防災訓練の実施などいくつか条件がありますが、自治会組織であれば構成員もある一定数はありますし、防災訓練も年に一回はおこなっていますから、そんなに難しいことではありません。また申請書類の書き方も、所管課である「防災防犯課」が懇切丁寧に教えてくださいます。

中里団地自治会の方々と

そして晴れて中里団地自治会は、自主防災組織に認定され、自治会に加入している全世帯がこのスプレー消火器を、半額助成を受けて350円程度で購入できました。中里団地自治会の役員の方々と、認定されたことを記念して写真を撮らせて頂きました。おめでとうございます!!  
Posted by takosuzuki │

2016年04月25日

■「路面の空洞化調査」、公明新聞に掲載されました。

公明新聞記事

去る4/8付けの公明新聞に、先般市議会公明党として行った「」路面の空洞化調査」の模様が掲載されました。
今年度から路面下の空洞を調査
【東京・清瀬市】
東京都清瀬市は今年度から、道路の陥没による事故を未然に防ぐため、路面下の空洞化調査を実施する。推進してきた市議会公明党(西畑春政幹事長)は先ごろ、同市竹丘1丁目の市道で行われた試掘に立ち会った【写真】。
 試掘を行ったのは、昨年6月にマイクロ波で路面下を調べる技術を持つジオ・サーチ株式会社が市内をサンプル調査した際に、空洞があるというデータが出た箇所。関係者立ち会いの下で試掘を行ったところ、空洞が見つかった。市の担当者は「交通量の多い幹線道路を中心に調査を行っていく」と語っていた。
 斉藤昌子議員は、2015年9月定例会で路面下の空洞化調査について質問していた。
  
Posted by takosuzuki │

2016年04月21日

●犬のフンに対応して頂きました。

犬のフン注意看板

先日、市政報告会のおり、中里団地横にある都有地の小道に、犬のフンが沢山あって困るというご相談を頂きました。翌日、すぐ現地を見に行くと、凄い凄い、50mほどの小道が犬のフンだらけで注意して歩かないと踏んでしまいそうです。この小道は、車止めがあるため車も通らず、またそばに桜もあり、散歩にも、またお花見にも絶好のコースです。それがこれでは…。

道路管理者は東京都です。役所から都にそのことを相談して頂くと、都は地元住民の管理下にあるのではといい、もちろん市も管理下にはないため、どうしょうもありません。ただ都は、市が注意看板などを設置することは構わないと言っているそうなので、注意看板はして頂くことにしました。

犬のフン掃除

とは言っても、看板を貼ってフンがなくなるわけではないので、地域住民を代表して私がフンの掃除をしました。まあ、本当によくここまで放置したかと思うほどで、中には風化して道路にこびり付いているのもあり、小枝を拾ってこそぎ落しました。

中里団地横の小道

そして看板も一枚二枚では効果がないので、市にお願いをして3mおきに嫌ってほど貼って頂きました。これだけ貼れば、目に入るし、イケないことだと分かって頂けるでしょう。

残念ながら今回のご報告では、あまり素敵な絵ではないので「Before」写真は貼りませんでした。一部の方とは思いますが、くれぐれも、犬のフンは持ち帰るよう、お願い致します。

該当箇所
  
Posted by takosuzuki │

2016年04月12日

●「菜の花プロジェクト」成功しました。

「菜の花プロジェクト」成功しました。

かねてお伝えしています、都営住宅の建替えに伴う、未利用地を有効利用しようと始まった「菜の花プロジェクト2016」ですが、4月を迎え次々と開花し、一面黄色の菜の花畑となり、「菜の花プロジェクト」は大成功となりました。

菜の花プロジェクト2016

思えばこのプロジェクトは私が議員になったばかりの時から提案し、翌年の2012年に野島都議の協力を頂き都有地をお借りして初めてプロジェクトを試みましたが、翌年は残念ながらちょっとだけしか咲きませんでした。

その後一年間をおいて、今度は市長の肝入りで再び挑戦。今村組さんや市内の牛舎の方のご協力を頂いて、昨年の10月末に種まき。その後、じっと様子を見守っていました。

「菜の花プロジェクト2015」始動しました!! 2015.10.29記事

芽が出ました。【菜の花プロジェクト】 2015.11.6記事

芽が出るまでは前回同様ですが、この小さな菜の花が厳しい冬を越せるのかが大きな問題でした。年があけ、厳しい寒さや雪などもあり、菜の花たちは一部枯れてしまったようにも見え、温かい3月を迎えても一部開花したところもありましたが、まばらな状態で、どうやら今年も難しいかと諦めかけていたところ、4月になると一斉に咲き始め、日に日に黄色の絨毯は広がっていくようです。

菜の花プロジェクト2016

菜の花プロジェクトをしているところは、近隣でも多々あり、とてもきれいに咲いていますが、そうしたところは大抵ちゃんとした畑でやっているので、背も列もそろっているし、とてもきれいです。しかし、我が市のこの場所はもともと瓦礫の埋まった荒地の表面を馴らしただけの、肥料も十分でない言わば未開の土地です。そこにこれだけ咲いたのですから、大成功といっていいのではないでしょうか。

菜の花プロジェクト2016

小金井街道を所沢から清瀬市に入り清瀬橋を渡ると、まずは左手黄色の菜の花が迎えてくれます。この成功をきっかけに、秋はコスモス、そして来春はもっときれいな菜の花を咲かせましょう!!

菜の花プロジェクト略図


【参考】
空き地となっている都有地の有効利用を 2015年6月議会
清瀬の空き地に花畑を 2012年3月予算特別委員会
清瀬の土壌浄化に“菜の花”を咲かせよう!! 2011年6月議会記事  
Posted by takosuzuki │

2016年04月05日

●清瀬市を舞台にした「海よりもまだ深く」、撮影に協力しました。

「海よりもまだ深く」制作担当

清瀬市を舞台にした「海よりもまだ深く」について、公開は5/21と発表されたものの、なにか盛り上がりにかけるなあ、とお思いの方もおられると思いますが、本格的なプロモーションはまだまだ先、GW明け頃からになるのではないでしょうか。

それまでもう少し時間がありますから、私がこの映画にご協力した内容を簡単にアップしておきます。

この映画の制作担当にNさんという方がいらっしゃいます。この方の業務は制作全般に関わることで、予算にかかわることや撮影が円滑に進むよう裏方作業など、広範なことをされています。2年前のある日、この方が野塩団地にロケハン(撮影地探しや事前調査)に来られ、当時自治会長だった私に撮影の許可を求められました。テレビのニュース番組等、野塩団地はよく取材されることがあるので、そのこと自体は驚くことはなかったのですが、それが是枝監督の映画でしかも清瀬を舞台にした映画であることをお聞きし、大変に驚きました。私は議会でもシティプロモーションについては、たびたび提案もし、その折に清瀬市出身の是枝監督のお力もお借りしたらということも申し上げてきていたからです。

映画やTVのロケを誘致し、地域振興の起爆剤に 2013.3月議会

しかし映画となると、撮影も大掛かりですし簡単にという訳にも行きません。一自治会では判断しかねると大家さんである東京都住宅局をお教えしました。しかし、ここに来られる時点でそちらには打診されており、すでに難しいのではとの見解があったそうです。それならば、是枝監督は野塩団地ではなく、旭が丘団地のご出身なのだからそちらに聞いてみたらと申し上げたところ、そちらもURから同様の示唆があったそうです。

ということで、私は、地方議員から国会議員まで全国3000のネットワークをもつ公明党の議員であることをお話しし、お力添えをさせて頂くことにしました。さっそく東京都やURにもご理解を頂けるよう事情をお話しすると同時に、地元野塩団地はもちろん、旭が丘団地自治会の方々にもご理解を頂き、地元の住民はウエルカムであることもお話ししました。並行して、Nさんを役所の担当につなぎ、清瀬市としても全面的に協力することを約束して頂きました。

国交省秘書官名刺
すぐにその方とともに国交省にご相談に伺いました。


その後数日して、野塩団地も旭が丘団地とも、地域住民へご迷惑にならないようにとの条件で、撮影の許可がおりたのです。上の写真は、撮影がすべて終わった後、報告にみえたNさんと、役所の控室で撮影しました(2014年7月)。

「是枝裕和展」打ち合わせ

その折、私はNさんに3つお願いをしました。,爾劵┘ストラに清瀬市の方を使ってほしい、▲蹈韻凌事は、地元の業者を使ってほしい、エンドロールに、撮影協力として「清瀬市」「野塩団地自治会」「旭が丘団地自治会」の名前をいれてほしい、です。

この3つ、特に,鉢は、実際に映画見て頂くとわかるのですが、もう地元のおばちゃんたちのオンパレードです。また、エンドロールも最後まで見て頂くと、分かりづらいのですがちゃんと入れて頂きました。食事もロケ弁は地域でとったと仰られていました。

撮影は2014年、一昨年の初夏の頃に行われ、街中パニックのような大騒ぎとなりました。私も遠巻きにして撮影シーンを見学しました。

Nさんとのお約束で、公開が決まるまではこうした映画の撮影があったとあまり大きな声で言ってくれるなとのことでしたので黙っていましたが、公開が決まりましたので、大いに宣伝していきたいと思います。

2番目の写真は、この映画の配給会社であるGAGAの宣伝担当のNさんとNさんです。登場された女性は全部頭文字がNさんですね。この方々が、今度郷土博物館で行われる「是枝裕和展」の打ち合わせをかねて、清瀬市とのプロモーション協力について2月某日、来庁されました。ここで種々、打ち合わせをしました。

「是枝裕和展」打ち合わせ

清瀬市として、大いに盛り上げていきたいと思います。どうぞ皆様もご期待ください!!

【関連】
清瀬市を舞台にした映画「海よりもまだ深く」、公明新聞に掲載されました。 2016.4.4記事
清瀬市を舞台にした是枝監督の映画『海よりもまだ深く』。公開決定しました!! 2016.3.3記事  
Posted by takosuzuki │

2016年04月04日

■清瀬市を舞台にした映画「海よりもまだ深く」、公明新聞に掲載されました。

市舞台の映画で効果的にPRを
先日の3月議会にて私が提案した、清瀬市を舞台にした映画「海よりもまだ深く」をシティプロモーションに生かせのことが、4/3付けの公明新聞4面に掲載されました。
市舞台の映画で効果的にPRを
【東京・清瀬市議会】
鈴木隆司議員は、清瀬市がロケ地となって映画「海よりもまだ深く」が5月から全国公開されることから、「絶好のプロモーションの機会として効果的に使っていただきたい」と要望した。
 同映画は、日本を代表する映画監督である是枝裕和氏が、自身が青少年期を過ごした清瀬市を舞台に書き下ろした作品で、阿部寛氏や樹木希林さん、真木よう子さんら豪華キャストと共に市民もエキストラとして出演していている。
 市側は「市民と一緒にこの映画を盛り上げ、さまざまなPR策を講じていきたい」と答えた。
2016.4.3付 4面
なお、掲載されたのは「拡大首都圏版」で関東・信越方面のみの掲載です。

【関連】
清瀬市を舞台にした是枝監督の映画『海よりもまだ深く』。公開決定しました!! 2016.3.3記事  
Posted by takosuzuki │

2016年04月01日

●外灯を設置して頂きました。

元町2丁目外灯設置

きよせの森医療クリニック裏の路地は、コンビニから入って50mの区間が外灯がなく、夜間は怖いというお声を頂いていました。

通常、外灯設置の場合、電柱があれば比較的簡単に設置できる場合が多いのですが、電柱がない場合は、外灯用のポールを建てなければならず、簡単ではありません。そのため、所管課とも相談したのですが、難航していました。

元町2丁目外灯設置

コンビニの前の通りはとても明るいため、この路地に入ると、確かに一瞬暗くなり、外灯までの50mはとても長く感じます。

元町2丁目外灯設置

粘り強く交渉し、このほどようやく独立式の外灯を設置して頂くことができました。LED外灯でとても明るくなりました。所管課の方々、ありがとうございました。

元町2丁目外灯設置個所
  
Posted by takosuzuki │