2018年05月31日

■「のしお本家食堂」開設されました。

のしお本家食堂

世帯の貧困化により食事のとれない子どもがいるということが社会問題化し、都市部を中心に子どもたちに無償で食事を提供する犹劼匹眇堂瓩開設されるようになりました。

清瀬市でも、様々な施設の中で特定の子どもたちを対象として、食事を無償提供しているところはあるそうですが、まったく対象はオープンで自由に参加できる犹劼匹眇堂瓩鬚弔りたいと、社会事業大学の学生さんU君が呼びかけ、信愛包括の生活支援コーディネーターのMさんが協力して、完全にオープンな犹劼匹眇堂瓩開設されました。

のしお本家食堂

もともと野塩地域において、食事を食べさせてもらえない子どもの存在は顕在化しておらず、また子どもそのものがあまりいないということもありました。かたや、野塩団地は高齢化率が非常に高く、高齢者ばかりの団地です。そうした背景を踏まえ、対象は子どもだけではなく、高齢者も対象とした形でやってみようと、野塩団地の老人会・むらさき会の協力を頂き開設の運びとなったそうです。ただし無償なのは小学生以下の子どもだけでそれ以外の方からは、一律300円頂きます。

のしお本家食堂

のしお本家食堂

オープンの5/27(日)、私もお声かけ頂き参加してきました。開設は団地内の掲示板のほか、団地で放送もして頂いたようです。私がお邪魔した17時頃はまだまだ役員のむらさき会の方しかいらっしゃいませんでしたが、社事大や薬科大の学生さんが付近の子どもたちに声掛けをして、何人か連れてこられ、18時の爐い燭世ます瓩泙妊押璽爐覆匹鬚靴突靴鵑任い泙靴拭2饐豈ではむらさき会の方々がカレーを作っておられました。

のしお本家食堂

のしお本家食堂

食材は、地元の農家の方から規格外(売り物にならない形のものなど)の野菜をわけて頂いたり、関係者の方々の持ちよりなどで、調理はむらさき会の方々がされていました。大根をたくさん頂いたのか、大根を使った副菜も添えられ、食後にはデザートまでついていました。これらは薬科大の寮母Nさんが作ってきてくださったそうです。

社事大の学生さん

翌日、お礼に会場に伺うと後片付けに、提唱者のU君が来られていました。承諾を頂いて写真を撮らせて頂きました。今後の展望など、私に熱く語られていました。子どもの貧困や居場所のこと、そして高齢者も同様に健康や毎日の生きがいの創出、これらを解消できる狆讚瓩砲覆襪茲Α∋笋盖擇个困覆ら協力させて頂きます。次回、楽しみにしています。  
Posted by takosuzuki │

2018年05月27日

■雨水幹線整備事業現場、視察しました。

雨水幹線整備事業

現在、清瀬市において予算的に大きなプロジェクトは、50億余の予算である「新庁舎」建設プロジェクトですが、その次が20億弱の予算で進められている「雨水幹線整備事業」です。これは、豪雨による冠水を防ぐための幹線(住宅地などに細かく張り巡らされているのが「枝線」でそれをまとめて川などに流すのが「幹線」です)整備で、H25年から行われている事業です。

雨水幹線整備事業略図

これから大雨の季節を前に、現在行われている工事現場を視察させて頂きました。既に第一期工事であるサーモスタット付近から柳瀬川までの工事は終了しており、現在、そこから大林組方面へけやき通りまでの区間を工事しています。

雨水幹線整備事業
委員長として挨拶をしている様子

今回の視察は、私が委員長を務める「建設環境常任委員会」として行われましたが、せっかくの機会ですので委員外の議員にも呼びかけ、多くの議員にご参加頂きました。初めに市役所で工事概要の説明をして頂き、その後、現地で説明を受けました。

雨水幹線整備事業

雨水幹線整備事業

雨水幹線整備事業

工事はまず大きな立坑(たてこう)を堀りそこを起点として、地中を横に掘り進んでいきます。この立坑は柳瀬川通りサーモスタット前にあり、ここ始点としてから終点であるけやき通りまで、約450m掘り進んでいきます。上の写真はその立坑の上、大きな穴を下に見ながら説明を受けました。この立坑自体、10m以上はあるようです。

雨水幹線整備事業略図

雨水幹線整備事業

こんな大きな直径2mの管を基点から押し込みながら、堀り進んでいくそうです。先端部分には常に人がおり、掘削の状態を管理しています。

雨水幹線整備事業

上の写真は、モニターに映し出されている、管理のために常駐している方です。昼食時は上がってきますが、ほぼ一日この中で作業されているそうです。閉所恐怖症の私には、とてもできそうにありません。

現在工事は、柳瀬川通りとけやき通りを結ぶ南北の幹線工事は終了しており、既にできている柳瀬川から上がってきている管へ、柳瀬川通りの下を西に堀り進んでいるそうです。工事の終了は来年3月予定だそうで、無事故での完成をお願い致します。

【参考】第一期工事の様子を平成26年7月に視察しています。
雨水管整備事業現場を視察しました。2014.07.24日記事
  
Posted by takosuzuki │

2018年05月23日

●危ない砂利歩道を舗装して頂きました。【中里4丁目】

歩道の舗装

柳瀬川通りから金山公園への左折交差点。ちょっとした歩道部分が砂利道になっていて、歩行者や自転車が砂利に取られて転倒の危険があるとご指摘頂きました。

歩道の舗装

歩道の舗装

もう少し幅の広い歩道ならまだましだったと思うのですが、この中途半端な幅では確かにちょっとバランスを崩したら、車道側に倒れかねません。

歩道の舗装

歩道の舗装

左側の住宅には小さなお子さんもいらっしゃるそうですし、ましてやここは、金山公園への通路でもあります。もちろん、清瀬市は高齢者のまちですから、お子様だけでなく、高齢者にとっても安全であるに越したことはありません。

という訳で、所管課にお願いしたところ、実はずいぶん以前よりこうした話を頂いていたが、予算的なことや他の要件があり、長くお待たせしていたそうです。GW明けに施工して頂きました。ありがとうございました。

歩道舗装の場所
  
Posted by takosuzuki │

2018年05月21日

■四中円卓会議にて「防災セミナー」を実施しました。

四中円卓会議防災セミナー

5/21(月)、奇数月開催の四中円卓会議が行われました。3月開催の前回は、議会と重なり出席できませんでしたので、楽しみにしていましたし、今回のテーマが「防災」ということだったので、是非にと私がやらせて頂きました。

四中円卓会議防災セミナー

この円卓会議参加者の方々は、日頃より積極的に行政活動や地域活動に関わってくださっている方々ですから、通り一片の防災セミナーでは満足頂けません。かねて私は、防災士として、その地域特性(リスク)にあった防災講座をしなくては意味がないと思っており、これまで何度もその地域にあったセミナーをしてきました。

四中円卓会議防災セミナー

ということで、パワーポイントを駆使し作りこんで、50分物の内容に仕上げてきました。ポイントは3つ。々覬災害 大地震による火災 H鯑饅蠅砲弔い

四中円卓会議防災セミナー

この画像は、四中地域の豪雨災害リスクについて使った写真です。上の画像で、真ん中の色のついた部分が、柳瀬川沿いに溝になっているところです。この溝全体が浸水した場合、野塩団地や中里2丁目四小付近は、水没します。

四中円卓会議防災セミナー

途中、船旅に出られている方も少しいらっしゃいましたが、概(おおむ)ね好評頂けたのではないかなと思います。最後に「防災アンケート」にもご協力頂きました。また機会がありましたら、是非やらせて頂きたいと思います。お引き合いをお願い致します。  
Posted by takosuzuki │

2018年05月14日

■「H30年度総合水防訓練」参加しました。

総合水防訓練

去る5/12(土)、H30年度の総合水防訓練が台田運動公園にて行われました。清瀬市では、毎年5月に水防訓練、11月に防災訓練を行っています。名の通り、5月は水害に特化したもの、11月は総合的な防災訓練、この2回いずれにおいても避難所運営訓練は行われています。我々議員団は、まず避難所運営訓練を視察した後、水防訓練会場へと移動します。上の写真は、今回の会場となった3中体育館です。

総合水防訓練

今回担当された3中避難所運営協議会は、これまでの他協議会のやられた反省から、様々な工夫を凝らされていました。まず受付の混雑を避けるため、避難者リストへの記入は爛ード畆阿砲靴栃造个困貿柯曚両絽鎚未傍入してもらうことで渋滞を避けました。

総合水防訓練

上の写真は、入り口に貼ってあったものです。このように避難所を利用する上でのルールを決め、掲示しておくことは大事なことです。入り口の外に貼ってありました。

総合水防訓練

また今回も会場の中学生にスタッフとしてたくさんご参加頂いたようです。実際の現場でも、いつ起こるかわからない災害の中で、地元にいる子どもたちが避難所運営の担い手にならざるを得ない状況になります。その意味では、このように運営訓練に参加してもらうのは良いことです。

総合水防訓練

会場外では、豪雨による冠水対策として、なるべく個々の住宅内に雨水浸透ますを設置して頂き、雨水を地中に流すよう、啓発デモを行っていました。市ではそのための設置補助も行っています。

総合水防訓練

その後、台田の柳瀬川河畔に移動。水防訓練を視察しました。毎年のことなので、技法そのものは特段目新しいことはなかったのですが、上の写真は、冠水した雨水をD級ポンプを使って排出する訓練です。本来は、防火水槽などから水を汲み上げ消火するためのポンプを、冠水対策として利用しています。これはいいアイデアです。ぜひ、取り入れたいですね。

総合水防訓練

上の写真は「鋼板防護工法」といって、河川氾濫などに対し水を食い止めるために、鉄製の板と鉄パイプを使って堰(せき)を作るものです。これも緊急的な対策として有効ですね。

総合水防訓練

今回も大変に参考になりました。私も「四中避難所運営協議会」に携わっていますし、「四中円卓会議」でも地域の防災対策を担っています。これらへ応用していきたいと思います。

【参考】
清瀬市水防訓練に参加しました。 2015.5.24記事
水防訓練に参加しました。 2014.5.25記事
清瀬市総合水防訓練に参加しました。 2012.5.26記事
水防訓練を見学しました。 2011.6.3記事
  
Posted by takosuzuki │

2018年05月13日

■安藤和津さんの講演をお聞きしました。

安藤和津氏講演会

5/11(金)、東京都人権啓発活動ネットワーク協議会と清瀬市の共催で行われた「講演と映画の集い」にお邪魔し、俳優・奥田瑛士さんの奥様である、安藤和津さんの講演『認知症の母と暮らした10年〜私のサヨナラの伝え方〜』をお聴きしました。

私も認知症の父の介護(私の場合はたった半年ですが)を経験し、やはり死別しましたので、身につまされる思いでした。

やはり関心の高いテーマであり、また、安藤さんの知名度もあるのでしょうが、大変多くの方が来られていて、場内に入りきれずに、ロビーでもモニター視聴されている方がたくさんいらっしゃいました。

安藤和津氏講演会

1時間の講演も大変に素晴らしかったです。安藤さん、とてもお綺麗ですね。古希とおっしゃっていしたが、とてもとてもそうは見えなかったです。

介護体験も凄い話で、安藤さんの場合、まだまだ世間的に倏知症瓩箸いΔ海箸知られていない頃であり、しかも10年(!)もの長きにわたっての介護ですから、もちろん、私なんかは足元にも及びませんし、その中での赤裸々でそして壮絶な介護体験は、本当に大変だっであり個々のことではなく行政としてしっかり関わるべきことと痛感しました。

上の写真は終了後の自撮りですが、なんかそんな顔になってますね。『介護』そして『認知症』、私のライフワークとして、しっかり取り組んでいきたいと思います。  
Posted by takosuzuki │

2018年05月10日

■「清瀬市医療・介護連携事業」につき市担当課からレクチャーを受けました。

福祉所管課からのレクチャー

連休明けの月曜日(5/7)、清瀬市の進める「医療」と「介護」の連携事業について、これまでの成果と今後の取り組みについてレクチャーを受けました。

清瀬市は「医療・福祉のまち」として知られているとおり、医療介護の連携事業について取り組みが進んでいます。「住み慣れた家庭や地域で必要な医療や介護が受けられるよう」、医療介護事業者が様々な取り組みをしてきました。

福祉所管課からのレクチャー

そのひとつとして、2015年から「地域リーダー研修」を行い2期まで終了しています。この研修が始まった当初、私も見学させて頂きました。

清瀬市医療介護連携推進協議会の地域リーダー研修にお邪魔しました。2015年10月18日記事

私も父の介護を短期間ですが経験し、介護の大変さや実情をよく理解しています。その経験を生かして、この事業に積極的にかかわっていきたいと思っています。  
Posted by takosuzuki │

2018年05月06日

●「家屋を浸水被害から守れ! 」実現しました。その弐【中里一丁目】

家屋を浸水被害から守れ

私のライフワークと言っていい、中里一丁目地域の冠水対策として、今回、EGSM工法(雨水浸透ます)で2か所を掘って頂きました。

EGSM工法

EGSM工法

ここの住宅の冠水被害はかつて何度も議会にて取り上げ、その対策を迫り、そして私自身のアイデアも提案してきました。

豪雨災害に対する対策を/平成29年9月議会 2017.9議会
家屋を浸水被害から守れ!! 2011.6議会

とりわけ、被害を受けている住民の方々もこれまで何度となく市に対して要望をし続けて、昨年の8/18には自治会役員一同で市長に陳情にも見えました。

野火止自治会の陳情

野火止自治会の陳情

市長はじめ市当局も、重々そのことは理解し承知をしていますが、抜本的な解決法はやはり幹線、ここでは柳瀬川へ雨水を流すための本線としての小金井街道地下の雨水管をかなり太いものにしないと、この地域下の雨水をいくら太くしても流れていきません。

しかし、小金井街道は都道でありまた優先順位は実際に交通をストップさせてしまう、清瀬郵便局交差点や新小金井街道のコンビニ前だそうで、ここの工事は遥か先になります。

ということを踏まえ、それでもなんとかできないかと考えだされたのが、今回の雨水桝の下に何メートルか掘り下げて地中に浸透させるという工法―EGSM工法(雨水浸透ます)です。

工事内容

2014年9月に3か所、最も冠水のひどいところにやって頂きました。一時は奏功したかにみえましたが、やはり年々増す豪雨にはなすすべもなく、去年の豪雨ではかなりの冠水でした(下の写真)。

野火止住宅の冠水

私もいろいろアイデアは出したのですが、予算的なことや様々なことで実現せず、結局、くだんの工法での対処を追加して頂くことになったのです。工事は年度末ギリギリの2018年3月。今回は工事のできるところがここしかなく、冠水か所の上流部となる2か所です。今年の豪雨。なんとか奏功してくれることを祈ります。

【工事個所】
工事か所

【参考】
ゲリラ豪雨に備えての雨水管高圧洗浄 2011.8.13記事
恐ろしい豪雨!! 2012.5.28記事
猛暑と豪雨の中の出来事。 2014.8.10記事
自治会活動を全面的にサポートするため市民協働係の充実を 2012.6.28記事  
Posted by takosuzuki │

2018年05月03日

■「菜の花プロジェクト2018」、こんな感じでした。

菜の花プロジェクト

毎年、市の水とみどりの公園課によって取り組んで頂いている「菜の花プロジェクト」ですが、例年であれば種まきからお手伝いさせて頂いているのに今年(つまり種まきは去年の秋ですが)に限って、何やかやと忙しく、お手伝いできませんでした。そして春を迎え、写真のような素晴らしい菜の花畑となりました。

菜の花プロジェクト

一番上の写真は、ご近所の方に猗しく見えるように畛って頂いたので素晴らしく見えていますが、実際は、すぐ上のような感じでスカスカです。天候のためだったりまた土壌の栄養不足のためだったりで、今年の成果としては私的にはちょっと満足のいくものではありませんでした。

菜の花プロジェクト

来年は(つまり今年秋の種まきでは)、しっかりと土壌に肥料も与え、天候も祈りつつ、来年に期していきたいと思います。がんばるぞー!!

■参考
「菜の花プロジェクト2017」始動しました!! 2016.11/14記事
「菜の花プロジェクト」成功しました。 2016.4/12記事  
Posted by takosuzuki │