2018年06月20日

■「震災から子どもを守る通学路に関する緊急申し入れ」、市長に行いました。

震災から子どもを守る通学路総点検に関する申し入れ

一昨日の6/18(月)に起きた大阪北部地震にて、小学生が倒壊したブロック塀の下敷きになった事故を踏まえて、清瀬市内の通学路に危険な建造物がないか総点検を行って頂くよう、市長に緊急申し入れをしました。

私がかつて議員になって間もなく、私の担当エリア内にある小学校の万年塀が危ないと、お母様よりご相談を頂き、関係部署と様々に交渉した結果、改修して頂いたことがあります。

危険な四小(第四学童)の万年塀を改修して頂きました。2012.9.2記事

この時も東日本大震災の後であり、市内の危険個所がクローズアップされた時でした。その後、私の担当エリアの清瀬中学校北側に万年塀があり、ここも危ないとご相談され、また議会でも様々な議員より指摘があり、今日、改修予定にはなっています。

清瀬中の北側塀

清瀬中の北側塀

今回の地震、そしてブロック塀の倒壊のニュースに接し、私がすぐに思ったのは、この清瀬中の塀のことでした。教育委員会にお聴きすると、やはり顕著な危険個所はここであり、早急にここを改修すべきと、今回の緊急申し入れでも直接市長にお願いしました。

緊急申し入れの概要は以下の通りですが、他の公明党議員からは学校敷地内では、プールのシャワー施設の仕切りなどがブロック塀であり、ここの危険も指摘があり、市長に申し入れました。

いずれにしても、こうした悲しい災害を他山の石として、ひとつひとつ改善していきながら、災害に強い街、何より人命を守る街にしていきたいと思います。

【要望事項】

一、 市の全小中学校の通学路および子どもたちの生活圏にある構造物に危険個所がないか、総点検の実施と危険個所への対策
二、 現在、計画されている清瀬中学校の万年塀の早期改修
三、 家庭内における家具等の転倒防止対策の啓発と推奨

  
Posted by takosuzuki │

2018年06月15日

■清瀬市みつばちプロジェクト、始動!!

採蜜作業

6/15号の市報一面に、「清瀬市みつばちプロジェクト」の一環として、Kiyohachi(きよはち)瓩鮖箸辰真珪ι覆鮖堝盪業所に募ったところ、今回、洋菓子「Noi」さんと美容品製造販売「ソーシン」さんが選ばれ、このほど商品化されるとの記事が出ていました。

それに先立つ5月の末に、役所で「みつばちプロジェクト」の担当者、E係長にお会いしました。係長がおっしゃるには、今回名乗りを上げて頂いた2事業所に実際に採蜜を御体験頂いたとのこと。手には巣箱から取ったばかりのハチの巣様のものが。日頃からハチミツ事業に興味を寄せる私に、係長は今回のプロジェクトのことを丁寧にご説明くださいました。

採蜜作業

洋菓子「Noi」さんがマドレーヌを、美容品製造販売「ソーシン」さんが美容水を商品化されるとのこと、夢が膨らみます。

係長は、蜜のついたひとかけらを実際に味わってみてくださいと、くださいました。口に入れると何とも味わい深い甘さが、口いっぱいに広がりました。これでスイーツを作ったら、それはさぞや美味しいでしょう。

これらの商品は、7月末の販売へ向け、現在、準備中だそうです。皆さま、お楽しみに。

【参考・市報きよせ】
kiyohachi
  
Posted by takosuzuki │

2018年06月11日

■第13回ウイズアイ総会にお邪魔しました。

第13回ウイズアイ総会

先週末(6/10 sun)、第13回ウイズアイ総会にお邪魔しました。かねてご闘病中であられたウイズアイ理事長の川原さんが亡くなられ、第一部として偲ぶ会も行われました。

私は、川原理事長とはウイズアイのことでは全く関りはありませんでしたが、川原さんのご自宅の周辺が豪雨時に冠水するため、そのことではとても深く関わらせて頂きました。私の父が1/30に亡くなり、川原理事長はそのすぐ後の2/11で、本当に今年は悲しいお別れが続きます。

第13回ウイズアイ総会

とはいえ、ウイズアイさんの会にお邪魔すると、小さなお子様と若いお母様のペアにたくさんお会いできます。いわば、溢れんばかりのフレッシュな生命力に満ちた集いなのです。今回も、おそらくお母様が作られたのでしょう同じ生地でつくられたお揃いの服を着た母子にお会いしました。お願いして微笑ましいシーンを切り取らせて頂きました。

第13回ウイズアイ総会

今回、新理事長と新しい理事の方々も誕生し、また新たな出発をされることになりました。清瀬の誇る犹勸蕕道抉膈瓩亮茲蠢箸澆蓮△海離Εぅ坤▲い気鵑筌團奪灰蹐気鵑里歓堽呂砲茲辰得り立っています。若いお家族が他市から転入して来られるのは、この方々のおかげなのです。また、ニュースのトップ記事になっている、あの胸を引き裂かれんばかりの児童虐待の問題も、この方々のおかげで清瀬では防ぐことができています。心からの感謝をもって、今後の会のご活動を応援してまいりたいと思います。

【参考】
ウイズアイさんの総会にお邪魔しました。2014.6.16記事  
Posted by takosuzuki │

■四中学校だより「青澄む空」にてご紹介頂きました。

四中学校だより

先日の四中円卓会議にて行った「防災セミナー」のことを、四中学校だより「青澄む空」にてご紹介頂きました。今関校長先生、ありがとうございます。
レジリエンス(折れない心)を育むには…

校長 今関眞哉

今月、四中校区円卓会議か本校で行われました。これは清瀬市企画部企内課が主導で、地域の種々の団体の代表が集い、コミュニティの連携強化を図っています 本校は、芝山小学校と第四小学校の校区の各種団体の代表(自治会、民生委員、老人会代表、防犯協会委員、青少年問題協議会委員、消防団、警察署、弁護士・行政書士等)が集い合って開催されます.もちろん、団体に所属していない方も大いに参加していただける会合です、今回の円卓会議のテーマは『四中校区の防災ウィークポイントを知ろう』でした、防災士の鈴木たかしさんによる分かりやすいブレゼンテーションで、四中校区の地形から豪雨災害の危険性や大震災の備えまで、丁寧に説明をしていただけました。その説明を伺いながら、7年前の東日本大震災後、コミュニティのレジリエンスが重要であるとの新聞の紀事を思い出しました。私は初めて「レジリエンス」という言葉をその時に知りました。レジリエンスとは、「弾性」、または「回復力」の意味で、新聞の記事にあるものは『復興力』を意味していました。普段から、近隣同士がよく知っている、または地域行事こ積極的に参加しているところは、レジリエンスが高く、復興も比較的に早い、という内容のものでした。本市の円卓会議は、確かなレジリエンスがコミュニティに根付く、最良の機会であると思いました。次回は7月開催です、お時間がありましたら、是非、本校の図書室に来室ください。

さて.企業の世界でも、社員のレジリエンス能力の育成が重要課題になっています。ストレス社会で、どんな状況に陥ろうとも、心が折れない杜員の育成に余念がありません。それでは、どうやってレジリエンスの能力を高めていけばいいのでしようか。このあたりは、ホームページに豊富な資料が掲載されていますが、私は教育の立場を通して、レジリエンスの育成を以下に述べます。

左図は、内閣府の調査結果(H26年度)です。トップはアメリカです。今から25年前、私はアメリカの外国語指導員(以下ALT)と英会話の授業を行っていました。その時、私の思惑通りの答を生徒が述べれば、よくできた、と評価していました。一文も満足に言えない生徒に対しては、完全な英文を再度確認させていましたが、ALTは全く私とは違っていました。一語(例えばYES.やNO.だけ)でも英語で答えたら、A good job!(よくできた)」と褒めたたえるのです。一事が万事です。文化が違うのでしょうか、彼らはよく褒めます。最初は褒められると、褒められる理由が分からず、きょとんとしていた生徒も、英会話の授業が重なるに従い、うれしい表情になり、ALTの授業が好きになっていくことがALTのそぱにいた私にはよく分かりました。ほんの少しの努力を見逃さずにそれを認め、褒めるいう簡単でいて、実は日本非人にとってで難しいその行動こそが、実はグローバル社会へ飛躍する子どもたちには必要であろと考えます。褒められることは自己肯定感を高めます。同時に、「褒める」は次への挑戦へのエールでもあります。自分を認めてくれた言葉により、次のステップに向けて歩きだせる勇気が生まれます。その積み重ねた経験を通して.たくましいレジリエンスを自ら育んでいけると確信します。どうぞ、ご家庭においても、お子様の小さな変化、成長を大いに褒めていただけたらと思います。教職員一同も同じ気持ちで、子どもたちを育てていきます。

【参考】
四中円卓会議にて「防災セミナー」を実施しました。2018.5.21記事  
Posted by takosuzuki │

2018年06月07日

■公明新聞「北斗七星」にてご紹介頂きました。

北斗七星

去る5月23日(水)付けの公明新聞一面、「北斗七星」にて、かつて私が是枝監督の映画「海よりもまだ深く」の撮影協力をしたことについて、ご紹介取り上げて頂きました。
北斗七星
カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督(55)の『万引き家族』が最高賞のパルムドールを受賞し、トロフィーを手に「まさか自分が」と喜ぶ監督の姿が輝いていた◆同監督の2年前のインタビューが先月、NHKのラジオ番組で再放送され、当時、公開直後の是枝作品『海よりもまだ深く』について語られていた。この映画は、彼が9歳から28歳まで暮らした東京都清瀬市にある旭が丘団地(UR)の“今”を撮ったもので、「精一杯の愛を込めた」(同監督著『映画を撮りながら考えたこと』)◆5階建ての棟が並ぶ2000世帯ほどの同団地は築50年を過ぎ、少子高齢化で監督が暮らした頃の活気はない。そこで、樹木希林さんや阿部寛さんが演じる是枝作品のロケ地となれば、皆が喜ぶ。団地での撮影許可が下りないと聞けば、公明議員もネットワークを生かして手を尽くした◆北斗子も子どもの頃にこの団地で遊んだ思い出があり、つい先日訪ねてみた。聞けば党員がいつも、笑顔で友好に歩き、団地仲間を自宅に招いたり、積極的に交流を広げているという。公明市議も、日頃から住民に声を掛け、訪問し、「あなたに会うと元気をもらえる」と喜ばれている◆かつてのにぎわいはなくとも、各地で今の「団地」を愛し、元気を届けようと、日々笑顔で汗を流す公明議員、党員の姿も輝いている。(三)

【参考】
清瀬市を舞台にした「海よりもまだ深く」、撮影に協力しました。2016.4.5記事  
Posted by takosuzuki │