2018年07月21日

■四中学校運営連絡協議会、開催されました。

四中学校運営連絡協議会

7/18(水)、今年度第一回目となる四中学校運営連絡協議会(ならびに学校関係者評価委員会)が開催されました。私は議員になる以前の2010年野塩団地自治会長だった際にこのお役目を頂き、以来4人の校長先生のもと8年間努めています。

この日午前中は公立昭和病院の議員向け病院説明会があり、私はこれまでなるべく参加させて頂いて来ましたの今回もお話をお聞きし、後半の病院見学の前に中座させて頂いて四中に駆け付けました。

まず、午前最後の授業のうち体育以外のほぼすべての教室の授業を参観させて頂きました。猛暑の特別警戒の中でしたが特別教室含め教室にはエアコンが設置されており、快適な授業環境となっています。

四中学校運営連絡協議会

その後、校長室にて給食を試食させて頂きながら、四中の学校運営について意見交換しました。給食、美味しいですね。この日は私の大好きなカレーで、全部残さず頂きました。意見交換も、地域支援本部についてが話題になりました。

四中学校運営連絡協議会

最後は体育館で行われていた全校生徒参加の「3年生による修学旅行の報告会」です。いやー、清瀬市は体育館にはエアコンが未設置なので、さすがに暑い。体育館に入るとムッとした熱気。これは体調を悪くする生徒が出るのではと心配でした。先生方も生徒の様子に注意を向け、少しでも具合の悪そうな生徒を発見しようとされていましたが、幸い報告会は報告者の工夫によって笑いの中終了。体調の悪い生徒も出ませんでした。

数年前、学校のエアコン設置について、議会を挙げて推進してきましたので、今後は体育館のエアコン設置について議論しなくてはなりませんね。
  
Posted by takosuzuki │

2018年07月20日

■四中円卓会議にて「防災セミナー」を実施しました。

四中円卓会議防災セミナー

7/17(火)に行われた四中円卓会議にて、先の大阪北部地震そして西日本豪雨災害を踏まえて、前回に引き続き「四中校区の防災連続講座 今回の災害から学ぶこと」と題する防災セミナーを務めさせて頂きました。

重点は、何しろ四中校区は、空堀川があり柳瀬川があり、しかもその両川が合流するポイントまである豪雨災害のハイリスク地域です。そのことを地図の断面図を使いながら、説明しました。

四中校区断層図

上図は、清瀬市より高台にある所沢安松小学校を始点として、まっすぐ南の東星学園を終点とした断面図です。柳瀬川が氾濫した場合、北は安松、南は野塩団地全体が完全に冠水します。

四中校区断層図

この図では、小金井街道から東所沢へ抜けるローソンのあたりから芝山小までの断面図です。やはり安松の崖線から四小南側の崖線までは、すっかり冠水することが分かります。

四中円卓会議防災セミナー

これらのことは、上の3D画像を見れば一目瞭然です。真ん中の色のついた柳瀬川沿いの溝部分、野塩団地や中里2丁目四小付近は、時間100mほどの豪雨があった場合、水没します。よく言われる狃蠡安松方面は清瀬より低いので、冠水時はそちらに水がいくから清瀬は大丈夫瓩箸力世蓮∈拠がないのです。


空堀川_その

続いてこの図では、空堀川が豪雨時にいかに急流になるか、その高低差で示しています。空堀川は、あまり蛇行がなく比較的緩やかなため、一度水量が増えると高低差もあり水の勢いが急になります。図では、上流地域である東村山浄水場あたりから中里の合流点までの高低差を示しています。なんと34.6mもあります。

空堀川_その

もっと短いスパンで、清瀬に入ったあたりから合流点まででも、15.6mもあるのです。両河川ともに東京都の管理です。川底に溜まった土砂の浚渫(しゅんせつ:川底の土砂をさらって取り除くこと)は、定期的にされていますが、管理上の問題は適宜、都に要請し、また近隣地域にあっては、河川の氾濫も想定し、こまめな情報入手と迅速な避難行動が求められます。

四中円卓会議防災セミナー

大阪北部地震については、今回市が行った小中学校のブロック塀改修の全容をお伝えし、また家庭にあっては家具等の転倒防止の徹底をお訴えしました。

最後に前回ご協力頂いた「防災アンケート」の結果をお伝えしながら、今後に生かしていくことをお話しし終了しました。  
Posted by takosuzuki │

2018年07月19日

●市内の学校の緊急点検及び改修、完了しました。

市内の学校の緊急点検及び改修、完了しました。

そのあとの西日本豪雨災害が甚大だったために、すでに過去の話になっていますが、先の大阪北部地震をきっかけにして、市内学校の緊急総点検と改修が7月頭にはすべて完了しました。

市内の小中学校の総点検の結果、十数カ所の危険個所が指摘され、それらのブロック塀は、撤去、補強(控え壁の設置)、改修(高い部分を切って低くする)のいずれかを行いました。

まずは清瀬中学校北側の万年塀です。ここは平成32年度に道路の幅員を拡張する工事に伴い、壁塀も新設する予定でしたが、その工事を待たずに、とりあえず高さを変える工事と撤去して仮設の目隠しを設置する工事を行いました。

清中北側万年塀

清中北側万年塀

清中北側万年塀

清中北側万年塀


その他、市内の小中学校はプール部分に危険なブロック塀が散見されました。これらはほぼ控え壁をつける補強工事を行っています。下写真は。四小プールの改修模様です。

四小改修カ所

四小改修カ所


【関連】
「震災から子どもを守る通学路に関する緊急申し入れ」、市長に行いました。2018.6.20記事
  
Posted by takosuzuki │

2018年07月17日

■西日本豪雨災害募金、実施しました。

西日本豪雨災害募金

平成に入ってからの豪雨災害としては最大規模の被害となった今回の西日本豪雨災害。私たち、清瀬市公明党市議団としても、被災地復興へ何か力添えができないか―。ということで、被災地復興支援のための義援金募金を、去る7/14(土)15時より清瀬駅北口デッキにて、「清瀬市西日本豪雨復興支援の会」の主催で行いました。

西日本豪雨災害募金

今回の募金も、急に決まったことですが、8名のご婦人がお手伝い頂きました。もちろん被災者の方々の復興へのご努力もですが、被災者の方々に一日でも早く狹たり前の日常瓩鮗茲衞瓩靴討い燭世海Δ函△海量埆襪涼罎鯱日、全国から駆け付けておられるボランティアの方々のお姿を見ると、本当に日本という国は素晴らしいなあと思います。

西日本豪雨災害募金

2時間余りの時間でしたが、過去の募金の中では最も多くの反響があった募金でした。お預かりしました浄財は、日本赤十字社を通じて被災地へお送りいたします。

【関連】
東日本豪雨災害支援募金に参加しました。2015.9.22記事
ネパール大震災救援募金に参加しました。 2015.5.17記事
フィリピン救援募金、行いました。 2013.11.22記事
  
Posted by takosuzuki │