2018年11月30日

■食品ロス(長野県松本市)、オンデマンド交通(長野県上諏訪市)に常任委員会視察にいってきました。

松本市・食品ロス視察

平成30年の10/11(木)〜12(金)一泊二日で、長野県松本市と諏訪市へ建設環境常任委員会視察へ行ってきました。常任委員会の視察は、その委員会で所管するテーマの中で行われ、今回は、松本市へは「食品ロス削減の取り組みについて」、諏訪市へは「コミュニティバス事業について」というテーマで伺いました。

松本市・食品ロス視察

松本市・食品ロス視察

松本市への「食品ロス」の視察は、昨年(2017年)も会派として伺い、これはごみ減量を所管する私たちの委員会としても是非、委員の皆様に知って頂きたいと、今回提案しました。

食品ロス(長野県松本市)、地図情報システム(長野県上田市)、視察しました。2018年1月8日記事

「食品ロス」の先進自治体である松本市では、ゴミ減量化施策の一環として、平成22年度より食品ロス削減運動を実施しています。その取り組み内容は、全市的に食べ残しをなくす啓発活動として、飲食店における「残さず食べよう!30・10運動」――宴会などで開始30分間と、終了前の10分間は食事を楽しむ時間とし、食べ残しを減らす運動です。また、家庭では毎月30日を「冷蔵庫クリーンアップデー」、10日を「もったいないクッキングデー」として家庭での食品ロスを防いでいるのです。

その結果、開始より8年が経過して、毎年ゴミの総量が減少傾向にあるそうです。清瀬市でも三市でごみ焼却施設柳泉園を運営していることから、ゴミ減量は喫緊の課題の一つです。市として食品ロス削減運動を行っていく必要性を感じました。

松本市視察

前回同様、松本市役所は松本城と隣接しているため、お約束としてお城バックの写真を撮りました。

上諏訪視察

上諏訪視察

翌日は諏訪市。ここ諏訪市は、交通空白地域が多く、住民の生活の足確保、観光客の利便性向上などを目的として平成11年よりコミュニティバス事業「かりんちゃんバス」を開始。より細かく住民ニーズにこたえるため、ワゴンタイプのバスの2路線含め、今日までに7路線にまで拡大、そのほかにタクシー会社と連携しデマンド交通事業もおこなっているそうです。

また住民の声によって電車との接続を考慮したダイヤ改正や危険な位置にあるバス停の位置変更など実施。利用者の利便性向上を図っています。また、地域の高齢化などにより利用者数が減少傾向にあるため、子どもたちへの無料乗車体験企画を実施するなど、利用者減少対策も行っています。きよバス実施から11年目となる清瀬市も、まだまだ交通不便地域があり、きよバスのルート変更や増便などの声もあることから、大変参考になる視察となりました。

上諏訪視察

上諏訪・古畑の蒲焼

諏訪市役所での視察を終え、帰り道にある諏訪湖に寄った後、諏訪はうなぎが大変に有名ということで昼食はうなぎ屋さん「古畑」に寄りました。他の委員の方々はうな重を注文していましたが、私はその時、炭水化物ダイエットをしていたため、「蒲焼」にしました。出費は痛かったですが、味は極上でした。  
Posted by takosuzuki │

2018年11月27日

■平成30年市民文化祭にお邪魔しました。

平成30年市民文化祭

去る11/3(土)、恒例となる清瀬市市民文化祭にお邪魔しました。毎年のこの催しは実はとても楽しみにしていて、というのも、鈴木の血は芸術家の血といいますか、まず父は若き日、俳優としてテレビや舞台で活躍していたのですが、実は絵を描かせてもとても上手で筆字もとても達筆でした。また歌や踊りも上手とは言えないまでもとても好きでした。その血は子どもである私たちにも色濃く受け継がれていて、兄はデザイナーであり、私はイベントプロデューサーです。しかも、男兄弟全員ギターを弾けますし、犒歃儉瓩好きな家系なのです。

平成30年市民文化祭

平成30年市民文化祭

平成30年市民文化祭

平成30年市民文化祭

ということで、文化の薫り高き、駅前アミュービルを今回は下から上がっていきました。写真展、俳句、生け花等々。思い思いの表現のカタチを堪能しながら、心がほぐされ癒されていきます。

平成30年市民文化祭

平成30年市民文化祭

平成30年市民文化祭

そして最後は、私の大好きな狃餃瓩離魁璽福爾任后このコーナーには毎年お邪魔しているので、会の方も覚えていてくださり、作品についてご説明下さったり、いろいろお気を遣わせてしまいました。大変に申し訳ありません。いつか、私もここに展示されているような素敵な字を書けるようになったらと夢想しています。

平成30年市民文化祭

最後にけやきホールに移り、私の父が属していた会の民謡発表を拝見しました。終わって楽屋にご挨拶に伺うと、去年父が歌った歌に父を思い出し、涙が出そうだったと言って頂きました。ありがとうございました。  
Posted by takosuzuki │

2018年11月26日

●不法投棄の用の張り紙、貼って頂きました。【野塩1丁目】

不法投棄の用の張り紙、貼って頂きました。

ご挨拶回りの中で、新しくできた住宅にお住いの方からご相談頂きました。ゴミ置き場がカラスに荒らされて困り防護網で対策を講じているが、網の外にゴミが捨てられて困るとのこと。地域の居住者の方でそれぞれで気を付けて集積所をきれいにされていて、おそらく通勤途中にあるごみ集積所なので違う地域の方だろうと。

不法投棄の用の張り紙、貼って頂きました。

どうやら担当課にはずいぶん以前より、この対策をお願いしていたそうですが、今日まで何もされてこなかったそうでしたが、今回はすぐにご対応頂きました。

不法投棄の用の張り紙、貼って頂きました。

とりあえず、不法投棄の用の張り紙を貼って頂きました。この担当課は、もっとも市民との接点が多い部署です。日に何本も様々な電話がかかってくる部署ですので、なにかの拍子にどこかに紛れてしまったのかもしれません。担当課に代わり、お詫び申し上げました。

もしかしたら、こうしたことは他にもあるかもしれません。そんな時は、すぐに市議会議員にご連絡ください。私から直接お願いしてみます。また、ゴミ集積所ならどこに捨てても良いだろうと思われがちですが、そこにはそこのゴミ出しルール(マナー)がありますので、そのマナーを知らないところでは決して捨てないでください。

不法投棄の用の張り紙、貼って頂きました。
  
Posted by takosuzuki │

2018年11月25日

●水銀灯の街灯、修理して頂きました。【野塩団地】

水銀灯の街灯、修理して頂きました。

野塩団地の東側の入り口、明治薬科大正門から大学沿いに入ってくるところの水銀灯の街灯が切れていて、ちょうどT字路になっているところでもあり、危ないと何人かのかたからお声を頂きました。

水銀灯の街灯、修理して頂きました。

すぐに担当課にお願いしましたが、ちょっと時間がかかっているようなので、再度確認をするとこ街灯は昨年も取り換えたばかりだそうで、構造的な故障かもしれないとのこと。点検にもう数日要するとのことでした。

水銀灯の街灯、修理して頂きました。

後日ご相談くださった方から、街灯が灯っていた、ありがとうございましたとのご連絡を頂き、さっそく見に行ってみると、無事、あたりを明るくしていました。

担当課の方々、ありがとうございました。  
Posted by takosuzuki │

2018年11月05日

●「スピード落とせ看板」設置して頂きました。【野塩1丁目】

スピード落とせ看板

野塩1丁目の住宅街。市道がきれい整備されたことで踏切方面への車の通行が多くなりました。本当はカーブミラーの設置の要望でしたが、設置が難しくとりあえず「スピード落とせ看板」で様子を見ていただくことになりました。

スピード落とせ看板

スピード落とせ看板

整備されてとてもきれいな道路です。裏道として車の通行が増え、お住いの方々にとっては、危ない路地になってしまいました。

スピード落とせ看板

スピード落とせ看板

ご指摘頂いたのは、この看板の先のT字の路地です。この看板が奏功してくれるといいのですが。ともあれ、すぐにご対応頂いた担当課に感謝です。

●スピード落とせ看板スピード設置個所
スピード落とせ看板スピード設置個所

  
Posted by takosuzuki │

2018年11月01日

■社会事業大学・神野直彦学長による研修、開催されました。

社事大 神野学長講演

去る10/26(月)の午後、清瀬市内にある“福祉の東大”ともいわれる日本社会事業大学(以下社事大)の神野直彦学長による研修『地方分権と地方再生』が、清瀬市役所内にて行われました。

神野学長は、社事大の学長であるだけでなく、東大の名誉教授であり、社会保障制度改革国民会議委員、東京都税制調査会会長、政府税制調査会正委員、地方分権改革有識者会議座長、大阪市市政改革アドバイザーなどをお勤めになられており、まさに日本のこれまで、そしてこれからをカジ取りされる大変に凄い方(!)なのです。その方が、社事大の学長として昨年(2017年)の春より清瀬に来られました。

社事大 神野学長講演

研修は、学長のことをかねて尊敬されていた副市長の要請で実現したようで、渋谷市長も市長就任以来、市内の三大学とは友好を深めてきた経緯もあり実現したようです。簡単にお話を聞ける方ではないと行政の部課長も一緒に研修に参加しました。

社事大 神野学長講演

研修の内容は、スウェーデンの中学生の教科書を通して、基本的な自治の在り方や社会福祉の目指すべき像をご提示頂きました。

冒頭、学長は幼い頃のお母様とのエピソードをお話しされました。学長が子どもの頃、やっと買ってもらった自転車で遠出をした際、途中でその自転車が壊れ押しながら帰ったため、帰宅時間が遅くなりお母様を大変心配させてしまった。自転車を壊してしまったこと、そして帰りが遅かったことを叱られるかと思ったら、お母様は「なぜ壊れた自転車を押して帰ったのか。そんなものは捨ててくれば良いのだ。自転車なんてお金を出せばまた買えるのだ。だが、あなたという生命はお金では買えないのだ。お金で買えないものこそ大切にしなさい」と。お金で代替ができるものとできないもの――。そんなことから経済を学ぶきっかけになったそうです。

凄い方ですが、決して偉ぶった難しい話ではなく、熱い心をもって分かり易く現実的な話をしてくださいました。その点、うちの市長と心で通じ合うところが似ていると感じました。

社事大 神野学長講演

2時間有余の研修はもったいほどに有意義で、質問も尽きませんでした。質問にこたえられる中で、犇軌薛瓩亡悗垢覲慊垢旅佑方、また、 人工知能(AI)が人智を越えるときとされる“2045年問題”についての考察も、大変に感銘を受け、刺激を受けました。

途中時間を気にされ、端折られてしまったところがありましたので、終了後、市長にもう一度端折られた部分を中心にお話を伺う機会を作ってほしいとお願いしました。

感動的で翌日も庁内で部課長に会うとその話題で持ちきりでしたが、もっと驚いたのがその翌々日の10/28(水)付けの公明新聞の一面トップに神野学長が掲載されていました。

社事大 神野学長記事

是非ともまたお話を伺いたいと思っています。神野学長、ありがとうございました。また、研修の機会を作ってくださった市長部局の方々、心より御礼申し上げます。

  
Posted by takosuzuki │