2021年02月28日

■中澤副市長を悼む。

追悼・中澤副市長
2019年11月。市民文化祭会場でばったりお会いした。

去る2/22の月曜日の午前、中澤弘行清瀬市副市長が急逝されました。あまりに突然のことで、私もただただ唖然としました。その前の週は、3月1日より始まる議会のことやら何やら様々お会いしご相談していたので、信じられない気持ちで一杯でした。

【訃報】中澤弘行副市長 死去のお知らせ 清瀬市公式ホームページ

中澤副市長は、私が議員になったちょうど10年前、渋谷金太郎新市長就任と合わせて、新市長の推挙により議会議決を経て副市長になられました。市長の描く新しい清瀬市のグランドデザインを実務家として、着実に行政化し実現させた偉大なる番頭さんでした。

副市長就任直後の中澤副市長
2011年6月。会派控室に挨拶に来られた福永前副市長と中澤新副市長

いよいよ新庁舎竣工も間近となり、そして国として初めての全国民へのワクチン接種という難事業も、若き俊英を担当者にあて、“医療のまち・清瀬”にふさわしい万全の態勢を整えられてのご逝去でした。

追悼・中澤副市長
2019年1月。成人式の開会前。渋谷けいし議長とともに。

私自身、これまでの議員としての10年間、明日の清瀬を市長とともに夢見、議論しながら、副市長とはそのための実務としてどうしていくか、また、市民の方々からの様々な悩みへの解決策など、またあるときは都の絡んだ問題へのアドバイスなどなど、これまで何度も副市長室を訪ね、ご相談してきました。私の市政報告会にも何度もお越し頂き、お話をして頂きました。

追悼・中澤副市長
2012年9月。初めて私の市政報告会に来て頂いた。

追悼・中澤副市長
2015年7月。私の市政報告会にて。

追悼・中澤副市長
2016年2月。私の市政報告会にて。

芸術にも深い造詣をお持ちで、八王子の美術館で行われていた西洋美術絵画展示をご一緒させて頂いたこともありました。清瀬市の文化祭では、市民の書かれた作品をお一人で丹念にご覧になっておられた姿も忘れられません。

議会においては、終始大変に厳しいお顔をされていた反面、それ以外のときはとても穏やかでチャーミングな笑顔で周囲を和ませてくださる副市長でした。

あまりに突然のことで、深い深い悲しみが役所全体を覆っていますが、市政運営の司令塔の役目を一日も早く決め、市を安定運行させていかなくてはなりません。

誰よりも清瀬市のことを考えておられた副市長のためにも、役所の職員はもちろんですが、私たち議員も一致団結して、この難局を乗り越えていきたいと思います。

まずは、中澤副市長、ありがとうございました。心よりご冥福をお祈り致します。
合掌。  
Posted by takosuzuki │

2021年02月06日

■“医療のまち・きよせ”にふさわしいワクチン接種を緊急申し入れ。part-1

ワクチン接種申し入れ

いよいよ春からの全国民を対象としたワクチン接種へ向け、その実施に当たる市町村は急ピッチで体制整備を進めています。

言うまでもなく清瀬市は、世界三大感染症のひとつである結核の世界的な中心拠点となっており、ましてや“病院の街・医療の街”として認知されています。

その意味で、このワクチン接種は、国発の事業ではありますが、“医療のまち・清瀬”のその面目躍如として、市を挙げて万全な態勢で準備・運営を進めていただきたいと、去る2/4(木)、『“医療のまち・清瀬”にふさわしい、万全で細やかなコロナワクチン接種を求める要望書』と題する緊急の申し入れを行いました。

今回の申し入れには、次期衆院選の公明党東京比例区予定候補者であり、公明党東京都本部副幹事長の河西宏一さんにも同席頂きました。

ワクチン接種申し入れ

この申し入れでは、先般可決成立したコロナ対策にかかる第三次補正予算の清瀬市での使い方について、『アフターコロナへ向けた第三次補正の予算措置に関する要望書』とする要望も合わせて行いました。この補正予算では、地方創生臨時交付金として市町村が比較的自由にその使途を決める予算枠もあり、その地域にあった独自の使い方ができます。

この第一回定例会にて上程されることと思います。


【ワクチン接種の要望書】
ワクチン接種要望書


【アフターコロナへ向けた第三次補正の予算措置に関する要望書】
第三次補正の予算措置に関する要望書
  
Posted by takosuzuki │

2021年02月01日

●『東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス』、実現しました。

東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス

平成25(2013)年3月、東京メトロ副都心線と東急東横線が相互直通運転をスタートさせたことにより、清瀬市と横浜・みなとみらい方面が、副都心線を経由して一本につながりました。

これを契機として、清瀬と横浜とが産業交流できないか、平成25(2013)年の6月議会にて提案しました。

副都心線・東横線との相互乗り入れを生かし、観光立市へシティセールスの拡充を 平成25年6月議会

以来、8年経った今年1月――。清瀬市役所の正面入口前で、横浜の山手町アメリカ山公園のはちみつ飴や蜜ろう加工品の期間限定販売コーナーが作られました。

もちろん、私の提案とはなんの関係もなく民間同士の取り組みを担当課の職員の方のご助力によって、市役所のーでの販売となったことと思います。いずれにしても8年前のアイデアが実現したわけで、とても嬉しいです。

東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス

東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス

今後も様々な相互交流を期待しています。担当課の方々、よろしくお願い致します。

【事業概要】
東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス
東京清瀬市みつばちプロジェクト ✕ 西武造園株式会社の環境教育プログラム『はち育R」
横浜市中区山手町アメリカ山公園のはちみつ飴、蜜ろう加工品を期間限定で販売します
1月18日(月)〜29日金平日午前9時〜午後3時市役所1階にて

今回販売する商品は、西武池袋線清瀬駅から、乗り換えなし1本で行ける、みなとみらい線の元町・中華街駅駅舎上部にある、アメリカ山公園のみつばちたちが生産したはちみつ、蜜ろうを加工した商品です。

全国初の立体都市公園である、アメリカ山公園を管理するのは西武造園株式会社で、同社はアメリカ山公園の他6か所の公園でみつばちを飼育し、その特性を生かした環境教育プログラム「はち育を展開しています。東京清瀬市みつばちプロジェクトでは、他の養蜂事業との連携をとおした相互交流の機会創出やその促進のため、令和元年10月に西武造園株式会社と連携協定を締結しました。

そして、令和元年度の市民まつりでは、「アメリカ山公園Pure Honey」 と清瀬市役所産はちみつ「Kiyohachi」の合同販売、蜜源植物で作るハーバリウム作りを実施しました。今後、官民連携事業として、さまざまなワークショプの開催をしていますの、今後の展開をしみにしていてください。問総務課営繕係8042-497-1841
  
Posted by takosuzuki │