2021年10月17日

■柳泉園組合の視察に行ってきました。

柳泉園組合議会視察

去る10/22(金)、柳泉園組合議会の視察で川越市の資源化センターへ行ってきました。例年ですと、午前と午後と一カ所ずつ都合2か所訪問しますが、コロナを鑑み感染リスクのあることは最小限にと昼食を挟まず、そしてバス移動は長時間にならないようにと近場である川越市一カ所となりました。

私たち柳泉園もリサイクル施設も兼ねた粗大ごみ施設が老朽化しており、近い将来、補強か建て替えか判断しなくてはなりません。そうした観点で、川越市の同施設を視察先に選びました。

視察は、各市3人の議員と各市市長、そして各市の担当課職員、柳泉園組合の助役、他職員と総勢20数名で伺いました。上の集合写真に清瀬市・渋谷市長がいませんが、公務のため途中で帰られました。

柳泉園組合議会視察

川越市は人口も土地面積も大きな市なので、こうした施設も余裕をもった大きな作りになっています。入り口エントランスは、リサイクルの展示学習ができるようになっていました。

柳泉園組合議会視察

柳泉園組合議会視察

一連の写真は、せん定枝や刈草をチップや土壌改良材へと資源化する施設です。上写真では緑の山だったものが下写真ではすっかりたい肥化された色になっています。この施設では他にも、可燃ごみをエネルギーや資源としてリサイクルする施設、不燃ごみ、粗大ごみ、びん・缶、その他プラスチック製容器包装などを処理する施設、があります。

柳泉園組合議会視察

施設見学の前には、お迎え頂いた市長、議長、そして施設職員の方々へ組合議長としてご挨拶をさせて頂きました。今回の視察写真はほとんど後ろ向きの写真となってしまいましたが、気持ちは前向きです。私たち柳泉園としても大変参考になった視察となりました。  
Posted by takosuzuki │

■広域ごみ処理施設「柳泉園」、組合議会議長を拝命しました。

柳泉園議会議長に就任

市の基幹事業としてなくなてはならない大事なもののひとつに“ゴミ処理”があります。それぞれの市によって処理方法が違い、清瀬市は近隣三市(東久留米市・西東京市)と共同で、東久留米市内にゴミ焼却場を建設し、運営しています。清瀬市では、ゴミ処理施設だけではなく、病院(昭和病院)や科学館(多摩六都科学館)も共同運営していています。

そうした施設は、それぞれの議会から議員を選出して組合議会をつくり、運営や会計をチェックします。そのなかで議長は、管理市が持ち回りで2年ごとに選ばれます。

今回、令和3年度から5年度までの2年間、清瀬市が議長市ということで、清瀬市から出ている3議員から私が選ばれました。

柳泉園議会

円滑な議事運営ができるよう、頑張ってまいります。皆様の生活でのゴミ問題、なにかありましたら遠慮なくお申し付けください。  
Posted by takosuzuki │

2021年10月09日

●「在勤者への土日を中心とした 集団接種体制の強化」、実現しました。

在勤者への土日を中心とした 集団接種体制の強化

先の「妊産婦への優先的なワクチン接種を」、また「保健所の手が届かない自宅療養者への細やかなケア」が実現の記事に続いて、市として集団接種も実施して頂きました。

これまで市は、当初の高齢者接種にあっては、清瀬市が病院・医療のまちであることから、医療機関を中心とした個人接種でワクチンを進めてきました。その間、徒歩圏内に医療機関のない地域については、私たちの要望に基づき、地域センターなどで特設接種会場をつくり、ご対応頂きました。

65才以上の方の8割が接種を終え、いよいよ若い世代への接種の段では、これまでの医療機関をに加えて、土日を中心に医療機関以外の集団接種会場をと要望しました。それに対しても、市は清瀬駅前のアミュービルと健康センター、2か所での集団接種体制を作ってくださいました。

集団接種会場記事

市民の大多数がワクチン接種を終えれば、ほとんどの方は感染しても重症化したり亡くなったりということは避けられます。そうなればただの風邪と同じです。

しかしコロナは次々と変異しワクチンが効かなくなると思われるかもしれませんが、インフルエンザも毎年変異し、そのために毎年その型にあったワクチン接種をします。考え方はそれと同じです。不必要に怖れることはありません。

とはいえ、しっかりと手洗い・マスクなど感染防止はぬかりなく、そして睡眠・栄養・運動など自己免疫力を高めていくことは大事です。コロナそのものを根絶することはできません。ウイズ・コロナの生活スタイルを作っていきましょう。

【参考】
万全で細やかなワクチン接種へ、緊急申し入れをしました。part-3 2021年09月04日記事  
Posted by takosuzuki │

●「妊産婦への 優先的なワクチン接種を」、実現しました。

妊産婦への優先的なワクチン接種を

コロナ禍もワクチン接種率の向上によって、飛躍的に陽性患者数が減ってきました。とは言っても、まだまだ予断は許しません。引き続き万全の体制で、重症者や死亡者のなくしていけるよう体制を強化して参ります。

8月、コロナが猛威を振るっていた時におこなった、行政への申し入れのなかから、「妊産婦への優先的なワクチン接種を」、また「保健所の手が届かない自宅療養者への細やかなケア」が実現しました。

妊婦さんへのワクチン

上の画像は市報からスキャニングしました。左側の記事下に、妊産婦さんは別枠で優先的に接種できるようにしますとあります。また右の記事では、自宅療養者へ食料やトイレットペーパーなどの生活必需品、そしてパルスオキシメーターをお届けしますとの記事です。

市民の状況に合わせて、迅速にご対応頂いています。最大感謝です。

【参考】
万全で細やかなワクチン接種へ、緊急申し入れをしました。part-3 2021年09月04日記事  
Posted by takosuzuki │

2021年10月06日

■「市内店舗での消費促す」、公明新聞に掲載されました。

市内店舗での消費促す

去る10/6(水)付けの公明新聞7面に、「市内店舗での消費促す」の記事が掲載されました。

【関連】
『paypay30%還元キャンペーン』、実現しました。 2021年09月07日記事  続きを読む
Posted by takosuzuki │

2021年10月04日

■「各種証明書 交付に電子決済」と、公明新聞に掲載されました。

各種証明書 交付に電子決済

去る10/4(月)付けの公明新聞7面に、「各種証明書 交付に電子決済」の記事が掲載されました。記事中表記はありませんが、政策的な実績は清瀬市議会公明党として推進してきました。  
Posted by takosuzuki │

●“ひまわりフェスに代わる プチひまわりフェスの開催を”実現しました。

ひまわりフェスに代わる プチひまわりフェスの開催を

今夏、街なかや公共施設などなどで、ひまわり畑が出現しました。これは、昨年に続いてコロナ禍の影響で中止となった清瀬の名物イベント・ひまわりフェスティバルの関係者の方々が、ひまわりの種を寄贈くださり、実現したものです。

これは、私たち公明党も本年2月の市長への要望に入れ、強く訴えてきたものです。もし、今年もまたひまわりフェスティバルが中止になることがあったら、ぜひ、種を市民に配って街なかあちこちで“プチ・ひまわりフェスティバル”をしてほしい――。もしかしたら、故中澤副市長への生前最後のお願いだったかもしれません。

“医療のまち・きよせ”にふさわしいワクチン接種を緊急申し入れ。part-1 2021年02月06日 ※リンク先ページの下段の方です。

清瀬市HPより

基本的には、市としては公共施設を中心に、子どもたちのいる保育園や幼稚園などの施設、また農家の方々にもご協力頂いて、通りに面したところにも植えて頂きました。市では、そうした様子を『ひまわり日記〜特別編』として随時アップして頂いていました。上の写真はそのHPをキャプチャーしたものです。

街なかのひまわり

和たち公明党も会派として、けやき通り近くの農家のひまわりを見せて頂きに上がりました。やはり農家の方のひまわりは専門家だけあってきれいですね(撮影の為に一時的にマスクは取りました)。

新庁舎屋上のひまわり

新庁舎屋上でも職員の方が栽培しておられました。ただ屋上は、ふだん一般の方の立ち入りができないので、残念でした。

来年こそ、ひまわりフェスティバル、盛大に行いたいですね。  
Posted by takosuzuki │

2021年10月03日

●“テレワーク、コワーキングスペースの整備を”実現しました。

コワーキングスペースの整備を

かねて私は旧清瀬東高校を使ったテレワーク拠点の整備を訴えてきました。それは、今後の女性の働き方を考えるうえでテレワークは欠かせない仕事形態ですし、それにコミプラはウイズアイさんの拠点もあり、託児環境も整えうると思ったからです。

総括質問◆γ暴共同参画事業について/平成30年決算特別委員会 2019年12月04日記事

今般のコロナ禍にあって多くの企業が出勤せずに自宅での仕事を推奨しましたが、誰しもが自宅で仕事ができるわけではありません。特に家事もやらなければならない方は、自宅での仕事はかえって集中できないケースもあります。

ことりばオープン

そうしたなか、去る7/31、清瀬市にコワーキングスペース・“ことりば”が開設されました。場所は、ここも清瀬市の市営施設にあって抜群の立地条件下にあるアミュービルです。

もともとここにあった生涯学習スポーツ課があったところで、新庁舎の完成に伴い、同課がそちらに移ったことにより使えるようになったのです。

上の写真は、この施設を市から委託を受け指定管理する螢掘璽坤廛譽ぅ垢凌肯喙卍(左)と森林社長のコーディネートでインテリア協力を頂いたIKEAの渡部さんです。

ことりば

自宅ではなかなか落ち着いて仕事ができない方や、ワーキング環境の整ったところでリーズナブルに使えるスペースとしてお使い頂けます。

もっと言えば、清瀬駅北口前にあるスタバで仕事しようと思ったが満席だったという方、ぜひ、スタバの珈琲を買ってここに来てください。階下に北口ロータリーを見ながらアラウンドビューの環境は頭が冴え渡ります。

なによりリーズナブルです。1日最大¥330(55円/15分)で、オープン記念として11/30までは1日最大110円で利用できるのです。

上の写真は、ことりばのHPをキャプチャアしたものです。私も現地の写真はいろいろ撮りましたが、その写真を使うと帰ってここのステキさを壊してしまうので、HPから使わせて頂きます。

ことりばオープン

この写真は私の撮ったものですが、こうしたソファやデスクなど、IKEAさんがご協力くださったものです。このように内装がとてもおしゃれです。さすが三多摩を代表する女性企業家である森林社長のセンスが光ります。惜しむらくは、森林社長の管轄外のこのフロアロビーです。役所の生涯学習スポーツ課だった際のまま使用していますので、ここだけお役所です。5階のエレベーターの扉が空いた瞬間から、このことりばワールドにして頂きたかった。これは役所の仕事ですので、今後鋭意訴えていきますね。

ぜひ、皆様も一度ご利用ください。皆様の仕事が一段とはかどり、また違った能力も開花することでしょう。
●概要
きよせコワーキングスペース「ことりば」
東京都清瀬市元町1-2-11 アミュービル5階 (西武池袋線清瀬駅北口 徒歩1分)
[営業時間]9:00〜22:00(月曜のみ〜17:00)
※リバウンド防止措置期間(10/1〜10/24)は21:00まで
[休館日]年末年始(12/29〜1/3)
※その他施設の閉館時間に準ずる
  
Posted by takosuzuki │