2022年10月29日

■物価高騰から市民生活を守る要望書、提出しました。

物価高騰に関する要望者

去る10/25(火)、昨今の物価高騰から市民生活を守るための要望書を市議会公明党として澁谷桂司市長に提出しました。

これは、今般国が創設し地方自治体に交付される「電力・ガス・食料品等価格高騰重点支援地方交付金」の使途について要望したものです。

物価高騰に関する要望者提出

澁谷市長は瀬谷副市長、今村統括監とともに庁議室で迎えて頂き、私どもの要望を丁寧に聞いて頂きました。

5月にも行われた同交付金に続いての施策であり、限られた予算の中でかつ重要なものという点で、今回の我々の要望は、就学児童のいる子育て世帯に対しての給食費の全額補助に絞らせて頂きました。

物価高騰に関する要望者提出

前回の要望でも給食費の補助を要望しましたが、その際は今年度9月の一ヶ月のみの補助でした。今回は思い切って、3学期の3ヶ月に渡る全期間の補助を要望しました。

今回の要望書提出には、八田こうじ清瀬市公明党青年部長(来春の統一地方選挙予定候補者)も同行しました。なお、西上ただし議員は昭和病院企業団議会の視察のため欠席しました。

物価高騰要望書
  
Posted by takosuzuki │

2022年10月27日

■小中一貫教育(群馬県)、常任委員会視察しました。

群馬県藤岡市視察

去る8/4(木)、総務文教常任委員会で群馬県藤岡市の小中一貫教育を視察しました。コロナ禍の2年半、常任委員会は一昨年は中止、昨年は近隣市の日帰り、今年も日帰り視察となりました。藤岡市は関越自動車道で高崎インターの手前、車で一時間弱です。

群馬県藤岡市視察

清瀬市でも清瀬市小学校の老朽化により、可及的速やかに校舎の建て替えが求められています。私は清瀬中学校と清瀬小学校は隣接していることもあり、また、八小との併合という課題もあることから、まずはこの小中学校を一貫校にし清瀬市のモデル校としてやってみてはと思っています。そんなことを交え、委員長として視察受け入れの御礼ご挨拶をしました。

群馬県藤岡市視察

本来であれば、実際に学校に伺って、校舎を見学し教員の方々のお話をお聞きしながらの視察が良かったのですが、なにぶんにもコロナ禍であり、万一のことがあれば大変に小迷惑をおかけするということで、藤岡市役所での座学となりました。

群馬県藤岡市視察

藤岡市では、市内の中学校5校を軸に、その中学校区にある小学校11校をそれぞれ連携
させて、連携型の小中一貫教育を行っており、今年で9年目となります。それぞれの小中一貫校では、目指す子ども像を共有し、9年間統一のカリキュラムにより系統的な教育が行われています。

藤岡市の小中一貫教育における特色のひとつは、カリキュラムのなかに藤岡市の郷土教育
を取り入れ、それを小中一貫教育と合わせて実施しているコミュニティ・スクールとして地域の方々のご協力を頂きながら行っていることです。コミュニティ・スクールは、各学校にて既設の学校運営協議会の他、『地域学校協働本部』を設置し、目指すべき児童生徒像を地域と共有しながら、学校を核とした地域づくりとその人材確保を図っています。

こうした藤岡市の取り組みは、9年間にわたる経年変化の分析により、小学校高学年、中学
生の学力が着実に伸びているそうです。また地域においても、市のそうした教育活動に対する理解と協力が着実に深まっているとのことでした。

群馬県藤岡市視察

視察では、公明党の窪田行隆議長がお迎えくださいました。ご挨拶を頂いた後、記念撮影をして頂きました。

道の駅ららん藤岡

往路では、現地で道の駅・ららん藤岡に寄り、昼食を撮りました。ららん藤岡は、上信越自動車道藤岡ICに隣接していて、アクセスのよさから年間240万人の来場者のある全国でも屈指の道の駅だそうです。

らーめん駿トマトラーメン

昼食はお約束のラーメンです。ラーメン駿さんの“とまとらーめん”です。リコピンたっぷりのトマトと粉チーズの効いたイタリアンなラーメンです。とても美味しかったです。  
Posted by takosuzuki │

2022年10月21日

●夜間暗い路地に外灯を設置して頂きました。【中清戸1丁目】

外灯設置

中清戸にお住まいの方から、路地が暗いとのご相談を頂きました。ここは、新小金井街道から入る裏路地で、外灯と外灯の間の電柱がないスポットです。

最近の外灯はLED化していますので、とても明るいのですが、照度の届かないところでは極端に暗いという性質があるようで、暗転の舞台の上下に上からスポットライトがあたっていて、真ん中が真っ暗という感じです。

外灯設置

ちょっとわかりにくいですが、上の写真中央部分が暗いところです。スマホのカメラ性能が良いので、暗い印象がありません。実際は暗いです。

外灯設置

上の写真の逆からの撮影です。あにいく電柱がないところなので、外灯ポールを立てて頂いて、本格的な外灯となりました。

これも大変に早くご対応頂きました。所管課の皆様、ありがとうございました。

  
Posted by takosuzuki │

2022年10月08日

■柳泉園の焼却炉の中を視察しました。

柳泉園の炉視察

去る9/30(金)、私が議長を務める広域ごみ焼却施設・柳泉園の焼却炉の炉内視察がありました。組合議会議員のうち男性のみの視察です。これは炉内での安全を考慮してのことです。上の写真、私は右から二人目です。

柳泉園の炉視察

炉内にはゴミを焼却する際に出る様々な有害物質が残存する可能性があるため、中に入るに際し、ご覧のような厳重装備です。肌は一切露出させず、防塵マスクもゴーグルも着用。手袋、長靴にもテープでしっかりと圧着します。まさにF1(福島第一原発)に装備されているものと同じです。

柳泉園の炉視察

装備前と装備後を撮りました。この後、手袋をし足と手にテープで固定しました。ちょっと息苦しく、また暑いです。炉内は40℃を超える温度とのこと。もっと暑くなります。

柳泉園の炉視察

ちょっとピンとこないかもしれませんが、焼却炉とはまさに“ゴミを燃やす場所”ですね。柳泉園ではこの炉が3つあり、そのうちの一つが炉内のメンテナンス点検のため、一ヶ月ゴミの焼却を停止しています。その間を利用して炉内の見学をということです。

上の写真は、焼却炉全体の安全な稼働を監視しているコントロールセンターです。左の丸は現在稼働している三号炉と二号炉です。ガンガン燃えています。右の丸は現在炉が停止しているため、煙突の映像となっています。

柳泉園の炉視察

柳泉園の炉視察

このガンガン燃えているところに入ったのです。まずは、施設全体のパイプなどの張り巡らされたとこを下に下に降りていったところに炉はありました。大きく広いところだと思っていましたが、コンテナくらいの大きさの箱がまさにそれでした。

そもそも人が入るところではありませんから、メンテナンス用の50×50センチ程度の小さな入口から四つん這いで中に入りました。やはり中もコンテナよりも若干奥行きが短く、そして全体的に狭い。レンガの壁も焦げています。暑いし息苦しいです。

柳泉園の炉視察

上の図は燃焼の仕組みを表しています。図,任蓮⊇犬瓩蕕譴織乾澆鬟レーンで炉につながる口に投入します。図△虜撚蕊瑤炉です。図,両紊らゴミが少しずつ落ちきます。一気に落ちてくるのではなく、投入から4時間かけて下までくるそうです。

炉の床は下から熱風が出てその熱でゴミを燃やすそうで、しかも燃焼灰を捨てるため、順次、手前側に動かす仕組みになっています。戦車のキャタピラのようなという感じでしょうか。また図の中央の天井は吹き抜けのように高くなっていて、その最高部の天井に水管がありその水管を熱することにより、発電用のボイラーを回す仕組みになっているそうです。

柳泉園の炉視察

視察を終えホッとしているところです。以前はこうした視察はなかったと記憶します。百聞は一見にしかずです。安全をしっかり確保した上で、こうしたところも見せていただきありがとうございました。  
Posted by takosuzuki │

2022年10月07日

●「ごみ分別アプリの機能充実を」、実現しました。

ごみ分別アプリの機能充実を、実現しました。

清瀬市では、スマホを使った情報発信に力を入れており、そのことについては私自身もこれまで提案をしてきました。

その延長として、現在運用されている「ごみ分別アプリ」にて、粗大ゴミの受付申込みができるようにしてはと、私は昨年(2021)12月議会にて提案しました。

ごみ分別アプリの機能充実を/令和3年12月議会

それはこのコロナ禍での自粛生活のなかで断捨離が進み、粗大ごみの申込みも増えていねにも関わらず、申込み電話はとても繋がりにくいとの苦情が寄せられたからです。

そして提案から10ヶ月。この10/1(土)よりゴミ分別アプリから粗大ゴミの申込みができるようになりました。

申し込み方法は、10/1付けの市報の付録『DX特集号』にて書かれていますが、決して難しくありませんので、是非、ご利用ください。

市報/ごみ分別アプリ


【参考】
スマートフォン向け・市の総合アプリの導入を/平成29年6月議会  
Posted by takosuzuki │