2017年09月14日

●「JR東日本の“駅からハイキング”にエントリーを」が実現しました。

12

今年(2017)、西武鉄道の企画する“西武池袋線ウォーク”というイベントに、ひまわりフェスティバルが取り上げて頂きました。

私はかつての議会で、「JR東日本の“駅からハイキング”にエントリーを」と題して、鉄道会社の企画するイベントにエントリーして、清瀬のイベントを宣伝してもらい、シティプロモーションにつなげてはと提案しました。

JR東日本の「駅からハイキング」にエントリーを 平成26年(2014)3月議会

タイトルは、「JR東日本の…」といっていますが、言いたい主旨はJRでも西武でもどちらでもいいことです。この提案に対して、当時の市民部長は「西武鉄道に話してみたい」と答弁されました。実際、その話しをされたのかどうかは分かりませんが、近年の市長によるトップ外交のひとつの成果ではあるでしょう。

西武鉄道のひまわり企画

今回西武鉄道では、この清瀬のひまわりフェスティバルのポスターを、池袋線、新宿線はもちろんのこと、遠く箱根鉄道でも掲示したそうです。当然、駅構内や車両中吊りも含めてです。凄いことですね。宣伝広告費換算すれば、数千万ではないかと、今回の議会でも答弁されていました。清瀬駅構内でもブースをもうけてチラシも置いていました(上写真)。

西武鉄道のひまわり企画

西武池袋線では毎年見かける、曼珠沙華のイベントポスターと並んで貼られています。ポスターも素敵ですよね。こうした商業広告を見習うべきだと、私も再三、議会で申し上げてきましたが、実際、我が市のイベントがこうして商業デザイン化されると、見惚れてしまいます。

副都心線・東横線との相互乗り入れを生かし、観光立市へシティセールスの拡充を 平成25(2013)年6月議会
※後半部分にて申し上げています。

是非、今後もこうした官民共同でのイベント開催に取り組んで頂き、民間のイベントスキル、運営や宣伝告知などを導入して頂ければと思います。




Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策