2018年05月06日

●「家屋を浸水被害から守れ! 」実現しました。その弐【中里一丁目】

家屋を浸水被害から守れ

私のライフワークと言っていい、中里一丁目地域の冠水対策として、今回、EGSM工法(雨水浸透ます)で2か所を掘って頂きました。

EGSM工法

EGSM工法

ここの住宅の冠水被害はかつて何度も議会にて取り上げ、その対策を迫り、そして私自身のアイデアも提案してきました。

豪雨災害に対する対策を/平成29年9月議会 2017.9議会
家屋を浸水被害から守れ!! 2011.6議会

とりわけ、被害を受けている住民の方々もこれまで何度となく市に対して要望をし続けて、昨年の8/18には自治会役員一同で市長に陳情にも見えました。

野火止自治会の陳情

野火止自治会の陳情

市長はじめ市当局も、重々そのことは理解し承知をしていますが、抜本的な解決法はやはり幹線、ここでは柳瀬川へ雨水を流すための本線としての小金井街道地下の雨水管をかなり太いものにしないと、この地域下の雨水をいくら太くしても流れていきません。

しかし、小金井街道は都道でありまた優先順位は実際に交通をストップさせてしまう、清瀬郵便局交差点や新小金井街道のコンビニ前だそうで、ここの工事は遥か先になります。

ということを踏まえ、それでもなんとかできないかと考えだされたのが、今回の雨水桝の下に何メートルか掘り下げて地中に浸透させるという工法―EGSM工法(雨水浸透ます)です。

工事内容

2014年9月に3か所、最も冠水のひどいところにやって頂きました。一時は奏功したかにみえましたが、やはり年々増す豪雨にはなすすべもなく、去年の豪雨ではかなりの冠水でした(下の写真)。

野火止住宅の冠水

私もいろいろアイデアは出したのですが、予算的なことや様々なことで実現せず、結局、くだんの工法での対処を追加して頂くことになったのです。工事は年度末ギリギリの2018年3月。今回は工事のできるところがここしかなく、冠水か所の上流部となる2か所です。今年の豪雨。なんとか奏功してくれることを祈ります。

【工事個所】
工事か所

【参考】
ゲリラ豪雨に備えての雨水管高圧洗浄 2011.8.13記事
恐ろしい豪雨!! 2012.5.28記事
猛暑と豪雨の中の出来事。 2014.8.10記事
自治会活動を全面的にサポートするため市民協働係の充実を 2012.6.28記事

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・中里1丁目