2018年05月14日

■「H30年度総合水防訓練」参加しました。

総合水防訓練

去る5/12(土)、H30年度の総合水防訓練が台田運動公園にて行われました。清瀬市では、毎年5月に水防訓練、11月に防災訓練を行っています。名の通り、5月は水害に特化したもの、11月は総合的な防災訓練、この2回いずれにおいても避難所運営訓練は行われています。我々議員団は、まず避難所運営訓練を視察した後、水防訓練会場へと移動します。上の写真は、今回の会場となった3中体育館です。

総合水防訓練

今回担当された3中避難所運営協議会は、これまでの他協議会のやられた反省から、様々な工夫を凝らされていました。まず受付の混雑を避けるため、避難者リストへの記入は爛ード畆阿砲靴栃造个困貿柯曚両絽鎚未傍入してもらうことで渋滞を避けました。

総合水防訓練

上の写真は、入り口に貼ってあったものです。このように避難所を利用する上でのルールを決め、掲示しておくことは大事なことです。入り口の外に貼ってありました。

総合水防訓練

また今回も会場の中学生にスタッフとしてたくさんご参加頂いたようです。実際の現場でも、いつ起こるかわからない災害の中で、地元にいる子どもたちが避難所運営の担い手にならざるを得ない状況になります。その意味では、このように運営訓練に参加してもらうのは良いことです。

総合水防訓練

会場外では、豪雨による冠水対策として、なるべく個々の住宅内に雨水浸透ますを設置して頂き、雨水を地中に流すよう、啓発デモを行っていました。市ではそのための設置補助も行っています。

総合水防訓練

その後、台田の柳瀬川河畔に移動。水防訓練を視察しました。毎年のことなので、技法そのものは特段目新しいことはなかったのですが、上の写真は、冠水した雨水をD級ポンプを使って排出する訓練です。本来は、防火水槽などから水を汲み上げ消火するためのポンプを、冠水対策として利用しています。これはいいアイデアです。ぜひ、取り入れたいですね。

総合水防訓練

上の写真は「鋼板防護工法」といって、河川氾濫などに対し水を食い止めるために、鉄製の板と鉄パイプを使って堰(せき)を作るものです。これも緊急的な対策として有効ですね。

総合水防訓練

今回も大変に参考になりました。私も「四中避難所運営協議会」に携わっていますし、「四中円卓会議」でも地域の防災対策を担っています。これらへ応用していきたいと思います。

【参考】
清瀬市水防訓練に参加しました。 2015.5.24記事
水防訓練に参加しました。 2014.5.25記事
清瀬市総合水防訓練に参加しました。 2012.5.26記事
水防訓練を見学しました。 2011.6.3記事


Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT