2018年05月31日

■「のしお本家食堂」開設されました。

のしお本家食堂

世帯の貧困化により食事のとれない子どもがいるということが社会問題化し、都市部を中心に子どもたちに無償で食事を提供する犹劼匹眇堂瓩開設されるようになりました。

清瀬市でも、様々な施設の中で特定の子どもたちを対象として、食事を無償提供しているところはあるそうですが、まったく対象はオープンで自由に参加できる犹劼匹眇堂瓩鬚弔りたいと、社会事業大学の学生さんU君が呼びかけ、信愛包括の生活支援コーディネーターのMさんが協力して、完全にオープンな犹劼匹眇堂瓩開設されました。

のしお本家食堂

もともと野塩地域において、食事を食べさせてもらえない子どもの存在は顕在化しておらず、また子どもそのものがあまりいないということもありました。かたや、野塩団地は高齢化率が非常に高く、高齢者ばかりの団地です。そうした背景を踏まえ、対象は子どもだけではなく、高齢者も対象とした形でやってみようと、野塩団地の老人会・むらさき会の協力を頂き開設の運びとなったそうです。ただし無償なのは小学生以下の子どもだけでそれ以外の方からは、一律300円頂きます。

のしお本家食堂

のしお本家食堂

オープンの5/27(日)、私もお声かけ頂き参加してきました。開設は団地内の掲示板のほか、団地で放送もして頂いたようです。私がお邪魔した17時頃はまだまだ役員のむらさき会の方しかいらっしゃいませんでしたが、社事大や薬科大の学生さんが付近の子どもたちに声掛けをして、何人か連れてこられ、18時の爐い燭世ます瓩泙妊押璽爐覆匹鬚靴突靴鵑任い泙靴拭2饐豈ではむらさき会の方々がカレーを作っておられました。

のしお本家食堂

のしお本家食堂

食材は、地元の農家の方から規格外(売り物にならない形のものなど)の野菜をわけて頂いたり、関係者の方々の持ちよりなどで、調理はむらさき会の方々がされていました。大根をたくさん頂いたのか、大根を使った副菜も添えられ、食後にはデザートまでついていました。これらは薬科大の寮母Nさんが作ってきてくださったそうです。

社事大の学生さん

翌日、お礼に会場に伺うと後片付けに、提唱者のU君が来られていました。承諾を頂いて写真を撮らせて頂きました。今後の展望など、私に熱く語られていました。子どもの貧困や居場所のこと、そして高齢者も同様に健康や毎日の生きがいの創出、これらを解消できる狆讚瓩砲覆襪茲Α∋笋盖擇个困覆ら協力させて頂きます。次回、楽しみにしています。

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT