2018年09月03日

■ひまわりフェスティバル2018、開催されました!!

ひまわりフェスティバル開会

いまや清瀬市の誇る名物イベントとなったひまわりフェスティバル、今年も8/18(土)から28(火)までの11日間にわたり開催されました。

ひまわりフェスティバル開会

ひまわりフェスティバル開会

例年、天気の悪い日があったり、当然台風シーズンでもあり、なかなか期間中ずっと好天ということはないものですが、今年はまずオープニングの初日もスッキリとしたいい天気で、また期間中2日ずつあった土日もいていい天気で、これは動員がすごくなるだろうなあ、と期待半分、心配半分で日々過ごしていました。

というのも、初めて10万人を越えた昨年は、会場周辺で大渋滞を引き起こし、近隣に大変ご迷惑をおかけしました。もちろん、これはわざわざご来場頂いた方々にとっても同じことで、なんとか今年はそうしたことをクリアしなければ、市として大々的に喧伝できないし、いやしくも観光客誘致を標ぼうできません。

元イベント屋として、そうしたことをクリアしてほしいと、今年の3月第一回定例会にて、スムースな運営へ以下の提言もしました。

ひまわりフェスティバル、万全の運営を 平成30(2018)年3月議会

ひまわりフェスティバルの混雑

さて、今年はどうだったでしょうか。上の写真は今年の最初の日曜日の際の、周辺の道路混雑のものです。かなり渋滞が発生し、路線バスも完全にその渋滞に巻き込まれていました。

ひまわりフェスティバルの混雑

渋滞解消のため清瀬駅から徒歩での来場も呼びかけをされ、ずいぶん大勢の方が徒歩で来られていました(※上の写真は駐車場と会場の間の行列です)。

もちろん、私の提案がすべて生かされた訳ではなく、予算的なことや物理的なことをクリアできたものだけ、やって頂きました。

ひまわりフェスティバルで売っている切り花

ひまわりフェスティバルの売店

ひまわりフェスティバルの救護所

ひまわり畑だけでなく、会場周辺では、近年より売店が数多く設けられ、賑わいを見せていました(上写真1〜2枚目)。また今年新たな試みとして、救護所も設けられました。今年は猛暑で熱中症になられる方も多く、これも素晴らしいアイデアであり、よくぞ気が付いたと思います(上の写真の3枚目)。

ひまわりフェスティバル開会

今年のひまわりフェスティバル、結果的には15万人弱、なんと昨年の1.5倍近い方々にお越し頂いたそうです。今日から始まったこの9月第三回定例会にて、来年へ向けての無事故で来場者や近隣にストレスを与えないスムースな運営ができるよう、また提案をしてまいります。是非また来年ご来場いただければと思います。


Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT