2018年09月30日

■決算特別委員会委員長を仰せつかりました。

平成29年度決算特別委員会

9/19(水)~21(金)の3日間にわたり行われた平成29年度決算特別委員会の委員長を仰せつかりました。通常こうした特別委員会の委員長は最大会派から出されますので、第3会派(所属議員数としては共産党と同じ4人)である我が党から出すことはあまりありません。ですが、何らかの事情で最大会派から出せない場合、こうしてお役を頂くこともあるのです。

平成30年度決算特別委員会

予算特別委員会は、行政執行部が立てた次年度の予算案に対して審議するもので、3月議会の中で行われます。対して、決算特別委員会は昨年度の事業や予算の使われ方などを決算審議するもので、9月議会にて行われます。ですから、この決算審議、昨年度の予算の使われ方や事業内容の審査を経て、行政執行部は次年度の予算編成にあたるわけで、いずれも大変重要な委員会です。

平成29年度決算特別委員会

一般質問と違い、事前通告も制限時間もありませんから、ある意味、ガチンコ勝負です。また質問者もあらかじめ分からず、答弁者も質問を受けてからでないと指名できません。その意味で、非常に緊張感のある審査です。

初めての経験でしたが、テンポよく無事お役目を終えることができました。なかなかまた次回という訳にはいきませんので、次回は質問者として頑張ります。上の写真は開会前のヒトコマです。

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT