2018年12月18日

■全国市議会議長会研究フォーラムに参加しました。

去る11/14(水)〜15(木)に栃木県宇都宮市で開催された『全国市議会議長会研究フォーラム』に参加しました。こうした議員向けの研修会は様々な形で開催されていますが、不思議なことに議員になって以来一度も参加せずに来ました。今回は、会派の先輩議員が議長なられご自身が参加されるということもあり、良かったらとお誘い頂きました。

全国市議会議長会研究フォーラム

会場に到着後、まずは宇都宮文化会館前で記念撮影です。今回は、政務活動費での参加ですので、会派の3名で撮影です。議長は議長費の中から参加されています。

全国市議会議長会研究フォーラム

研修初日の冒頭は、中央大学法学部の宮本太郎教授による基調講演「地域共生社会をどう作るか」です。続いて『議会と住民の関係』のテーマでのパネルディスカッション。地方自治総合研究所主任研究員、会社経営者であり市民ボランティアもされている方、議会改革の記事を手掛ける朝日新聞記者、地元宇都宮市の議長など各界の方々から様々な意見が出されました。やはり議員はしっかりと地域に根を張り、市民の声に耳を傾け、コミュニティを構成する一員にならなければ、議員ひいては議会そのものが名ばかりのものになってしまうと感じました。

全国市議会議長会研究フォーラム

翌朝、会場へ向かうと会場前のイチョウ並木がとてもキレイで、見惚れていました。続々と近隣のホテルから2,000人の議員さんが会場入りされています。

全国市議会議長会研究フォーラム

二日目の研修は昨日と同じテーマで課題討議。3名の議長と1名の議員で、各市で行われている市民との距離を縮めるたろの議会改革の様子が披露されました。

パネラーの一人唯一の女性議長は、我が公明党の道法知江議長(竹原市)です。竹原市では、定員14名のうち女性議員が2人。そんな中で女性の意見をあげていく必要性や重要性を訴えておられました。

全国市議会議長会研究フォーラム

こうして全国的な議員研修に参加するのはとてもいいことですね。初めての経験ですが、とても参考になりました。是非また参加したいと思います。

Posted by takosuzuki │ ■視察