2019年09月11日

★食品ロス運動推進とフードドライブ設置へ/平成31年度3月議会

食品ロス運動は、公明党が全国的に展開している重要テーマの一つです。清瀬市議会でもこれまで斉藤あき子議員が取り上げてきましたが、まず清瀬市における現状、進捗状況をお伺いいたします。

また、食品ロス運動はごみ減量の観点から、なるべく生ごみになるものを出さないようにしようとの啓発運動がその事業内容となります。そこからもう一歩発展し、農家や商店から消費期限の近づいた、またはまだ食べられるものを集め、こども食堂などに再分配するフードドライブへと進めてはいかがでしょうか、ご所見をお伺いいたします。

【答弁/佐々木秀貴都市整備部長】
食品ロスは、日本においては年間約646万トンの食物が廃棄され、その約半分が家庭から出ていると言われており、1日1人当たりお茶わん一杯分、約139グラムの量が廃棄物として処理されることとなります。

本市においては、昨年12月に全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会へ加入し、食品ロス削減に関する情報共有を行うとともに、先進事例などを研究しているところでございます。

まずは、3010運動を推奨施策として、市職員に対し、忘年会や新年会などイベントシーズンには掲示板により周知し、職員一人一人がもったいないという意識を広く普及させていくよう啓発しているところでございます。また、市民の皆様に対しましては、食品ロス対策として環境・川まつりや市民まつりなど、イベント時において3010運動やひと絞り運動の呼びかけを初め、ホームページや市報等で食品の買い過ぎや食べ残しなどのごみ減量への周知に努めているところでございます。

また、新年度に向けて市内飲食店などに対して、3010運動を推奨するポスター等の掲示を求めるなど、商工会と連携し、さらなるごみ減量に努めていきたいと考えております。

続きまして、フードドライブについてでございますが、フードドライブとは賞味期限までまだ数日あるにもかかわらず、買い物などで嗜好に合わず、家庭で余ってしまった食品など、まだ食べられる食品を企業や家庭、学校などから集め、フードバンクと呼ばれるNPO団体を通じて福祉施設などにお送りするボランティア活動でございます。

しかしながら、未開封の食品の回収方法や管理体制、また、福祉施設の受け入れ体制や実動部隊となるNPO法人との調整、またこども食堂への配給など実行するに当たり、多くの課題もございます。

本市といたしましても、食品ロスを少しでもなくしていくことは、循環型社会の推進にもつながり、何よりも中間処理施設や最終処理施設への負担軽減にもつながってまいりますことから、重要な施策であると考えております。まずは家庭から出る食品ロスの状況等を把握するため、関係団体と連携し、フードドライブの受け入れが可能か検討してまいりたいと考えております。

それから食品ロスは、ぜひ、家庭における食品ロス運動、今やっておられるのは、商工会などを通じた商店に対して、お客さんに呼びかけてくださいねとかそういうことですが、家庭の中において、よく冷蔵庫の中に眠っている、そういうのをうまく循環させて、捨てることがないようにするというキャンペーンを、家庭に向けてぜひやっていっていただきたいと思うんです。

これは、もうとりもなおさず、生ごみの削減という役所にとっての実利となってきますので、ぜひこれを進めていただきたいと思います。

関連してこども食堂です。これはフードドライブ、フードバンク、フードパントリーといっぱいあってよくわからないんですが、フードドライブは集める作業、フードバンクは保管する作業、ためる作業。集めてきたものをためていく。フードパントリーはそれを配送する。こういう使いわけでよろしかったかな。

この仕組みを、これはもう行政でやることではないので、行政はアドバイスしながら、ただし、都や国の補助がついているので、ぜひこれを市としては、指導というか、アドバイスしながらうまく民間で、やっていっていただくような仕組みをつくっていっていただければと思います。これも要望いたします。

Posted by takosuzuki │ ■議会報告/City Concil Report