2020年02月05日

●バス停の死角を改善して頂きました。【上清戸1丁目】

バス停の死角を改善して頂きました

先日、けやき通りの郷土博物館前バス停(清瀬北口方面)を利用されている方から、ご相談を頂きました。寒さの厳しいある日、この方がバスを待っていると、来たバスにスルーされてしまった、西武バスに苦情を申し入れたが、バス会社が言うには、バス停横の樹木が邪魔になっていて、待っている人が見えない、待つなら道路側のバス停前、つまり歩道の下自転車走行帯に待っていてほしいとのこと。この方は視力も弱く、そんなところでは危なくて待てない、なんとかならないのかというご相談でした。

けやき通り所木伐採

上の写真は、運転者目線、道路のセンターライン側で撮ったものですが、確かに見えにくいのは事実です。とは言え、バスが待っているお客さんを見逃していい筈もありません。市から、厳重に注意して頂くとともに、市としてできることとして、死角を作っている樹木を伐採して頂きました。

けやき通り所木伐採

私はけやき通りの樹木はできるだけ温存してほしい立場なので、伐採は胸が痛むところもありますが、これでお困りの方の悩みは解決できました。担当課のご判断に心より感謝致します。ありがとうございました。

【設置場所】







Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・上清戸