2020年04月28日

■コロナ対策として緊急要望しました。

コロナ対策緊急要望

緊急事態宣言も明日でちょうど3週間。この間、皆様方の自粛活動によりまして、爆発的な感染拡大はなんとか防げています。明日からのGW、ここが最大の山場です。皆様と共にコロナに打ち勝っていきたいと思います。

さて、今回のコロナ禍では、私たち公明党市議団としては、会派としての要望は出さず、行政の行う防疫活動、特に国や都からの要請指導にかかる業務の支障とならないことを第一として、水面下で市民の皆様からのご相談に応じてきました。

今般、国や都からの自由に使える交付金の補助があることから、ここからは市独自のコロナ対策ができると、市長に対してコロナでは初めてとなる緊急要望しました。今回の交付金、特に都からのものは、「感染拡大防止や都民生活・地域経済を支えることに資する経費などを対象とする特別交付金」という名称で、ヾ鏡拡大防止、∋毀雲験茵↓C楼莊从僂里忙颪垢襪發里任△譴仄由に使えます。

そこで私たちが要望したのは、
1、市内商店や飲食店で使える商品券や食事券の発行。
2、中小企業が事業資金等として借り入れる資金に対する支援。
3、6月から改定されるゴミ袋の一定枚数の無料配布。
4、国民健康保険における子供の均等割りのさらなる減免。
5、ひとり親家庭への支援の充実。
6、小中学校生徒の授業の遅れに対する学習支援や心身のストレスに対する十分な配慮。
7、学童クラブの待機児についての居場所を確保。
8、市内に感染症がこれ以上蔓延しないよう、市を挙げて市民の皆さんに注意喚起などの対応。
特に、「1、市内商店や飲食店で使える商品券や食事券の発行。」は今回の外出自粛、店舗営業の停止によって市内の飲食店は壊滅的な打撃を受けています。そこで、市内でのみ使える市飲食券を発行して、自粛期間の売り上げ減を取り返してもらう。また、「3、6月から改定されるゴミ袋の一定枚数の無料配布。」も、ゴミ袋の料金改定を前に、この混乱下、また経済的に苦しい世帯もあることを考え、燃える・燃えない・容器プラの3種類を1セットで無償配布してもらうというものです。その他、市民ニーズに合わせて細やかな対応をお願いしました。

市としても、どんなことができるのか、これから検討されるということです。是非、困ったところにしっかりと手を差し伸べられる施策をお願い致します。

Posted by takosuzuki │ ■活動記録/REPORT