2020年05月27日

■コロナ『緊急事態宣言』、解除されました。

緊急事態宣言解除

4/25(月)夜、コロナ禍の緊急事態宣言が解除されました。4/7(火)に発令されましたので、約1カ月半にも及ぶ自粛生活、皆さまのご協力心より感謝申し上げます。

世界的に蔓延をしパンデミックとなった今回のコロナ禍。私たちの生きる近代社会にあってこれまで様々に疫病が発生してきました。私が生まれた時点では既に結核やインフルエンザはあり、その後、場合によっては致死率の高いエイズやエボラ出血熱なども発生しました。が、我が国にも及ぶパンデミックとなりそして緊急事態宣言にもなるという疾病は、むろん初めての経験です。

まずは第一波を凌(しの)いだ時点ですが、日本の対策は結果的に感染者や死亡率などを見ると、成功であったとWHOも評価をしています。それが、BCG由来であるのか、またはキレイ好きの国民性や生活習慣なのか、はたまた様々な国の対策が奏功したのか分かりませんが、結果とは様々な要因が重なって導かれるものであり、それぞれが相俟(あいま)って良い結果になったのだと思います。

それにしても、我が祖国の国民性、つまり他国は強制性があっての非常事態宣言であり、国民の権利や自由が権力によって制約されての対応だったのものが、我が国ではなんら強制性のない、単なる国からのお願いによって、日本全国ビシッと自粛がされるという、社会主義・共産国家はない自由主義社会にあってこれができるのは、凄い国民性だとつくづく思いました。

いざとなれば、国民がひとつになれる国。素晴らしいと思います。

大きな対策は一義的には国の施策によりましたが、各地方行政もその制約の中でしっかりと頑張られたと思います。一律10万円の交付金も一日でも早くと我が清瀬市職員も土日返上で職務に当たられました。

また医療・福祉関係者、また飲食品店など、どんな状況であれ、市民のためにMust Go On瓩径海韻覆韻譴个覆蕕覆たΧ箸諒々にも本当に感謝です。中でも、ゴミ収集に当たられている方々にも感謝です。誰が感染しているか分からない状況にあっては、ゴミが感染源になりかねない。それを毎日処理し続けることの恐怖――。それを知って最近では、ゴミ袋に感謝のメモが貼られているそうです。涙が出ますね。

一方では、TVで繰り広げられる限りなく演出的な恋愛シミュレーションドラマに憤慨し、一方の人へのネットによる総攻撃により、命を落とされた方もいました。残念ながらこうした付和雷同する傾向性、悪であると一方的に決めつけ感情的に攻撃する傾向も、日本人のもうひとつの特性です。

そうした国民性を知ってか知らずか、その感情に付け込み、煽り立て、扇動する。そうした行為を活動とする政治集団・団体もあります。私は実際にやった人よりも、そのように自分たちは裏に回り、掻き立てる人の方がたちが悪いと思います。実に巧妙であり陰湿です。こうしたことにも、是非皆様には気を付けて頂きたいと思います。

新しい生活様式これから夏。一般的にウイルスは高温多湿には弱いとされており、そうしたことも今回の収束の要因かもしれませんが、秋を迎え、また寒い季節になると第二波も予測されます。一説には、第二波はウイルスが変異しより強力なるとの説もあります。

左の図は、公明新聞に掲載されたコロナ禍における新しい生活様式の例です。こうしたことにお気を付けて頂きながら、決して油断せずに、爐Δ弔蕕此ΔΔ弔気覆き畧験茲涼罎如工夫をしてまた楽しい日々をお送り頂きますようお願い致します。

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG