2020年12月25日

■山本博司厚労副大臣に視察頂きました。

副大臣視察/ウイズアイ

年末で慌ただしい去る12月15日。コロナ対応で大変にお忙しい中を、山本博司厚労省副大臣が清瀬市にお越しくださいました。

きっかけとなったのは、不登校児対策としてのアウトリーチ型の取り組みに国からの助成があるということで、すでにこの事業をおこなっている清瀬市のNPO・ウイズアイさんとともに、竹谷とし子参院議員の事務所にお邪魔したことです。その際、清瀬市の民間で行っている子育て支援事業が素晴らしいということで、竹谷参院議員が山本副大臣のお耳に入れて頂き、実現したものです。

何しろこうした時節柄でもあり、初めて厚労副大臣をお迎えするということで、入念な打ち合わせをし、同行するのは、私と市の子ども家庭部の田村部長と子ども家庭センターの北平センター長の3人としました。

副大臣視察/ピッコロ


副大臣視察/ピッコロ

初めに、『NPO法人ぴっころ』さんに伺いました。小俣理事長からは、ピッコロの行っている住民参加型の家庭訪問型支援、養育支援訪問事業、家庭訪問型支援事業等、22年間の取組み等を丁寧にご説明頂きました。また、全国にホームスタート事業が広がるよう研修等の費用助成ができないか等の要望も頂きました。終了後、事業所前で職員の皆様と記念撮影。

副大臣視察/ウイズアイ

副大臣視察/ウイズアイ

続いては、『NPO法人ウイズ・アイ』さんです。理事長の吉松さん、副理事長の西田さん、増田さんにお迎え頂きました。ウイズアイさんでは、職員の方による説明で、子どもと家族の見守り強化事業、養育困難家庭・24時間緊急一時保育、不登校や引きこもりの児童支援、つどいのひろば事業などの先駆的な取組みをご説明頂きました。やはり終了後は記念撮影。

副大臣ご自身もお子様がしょうがいをお持ちとのことで、子育て事業の展望、また児童福祉全般について丁寧にお話頂きました。

竹谷参院議員といい山本副大臣といい、我が党の国会議員、もちろん地方議員もですが、まったく偉ぶったところがないですね。腰を低くして話を聴いてくださいます。大臣にお越し頂くなんて、初めに竹谷参院議員からお話を頂いたときは、えらいことになったと緊張しましたが、素晴らしい方で本当に良かったです。コロナが落ち着いたら、今度は是非お話を伺いに行きたいと思います。

Posted by takosuzuki │ ■活動日誌/BLOG