2021年05月28日

●“コロナワクチン接種会場に市民センターを” 実現しまた。

コロナワクチン接種会場に市民センターを

いよいよ待望のワクチン接種へ向け、その予約が5/12(水)より始まりました。今回発表された清瀬市の方法は、まず、22,000人いる65才以上の高齢者について、市内の医療施設での接種が基本となります。近隣市や他市は、体育館などで接種するいわゆる“集団接種”ですが、清瀬市は“個別接種”ということになります。

集団接種は、一度に多くの方々に接種できる利点がありますが、デメリットとして、^緡泥好織奪佞亮蠻曄↓環境整備(注射を打つのですから当然ですが清潔な動線を作らなければなりません)、Lが発生する、などがあります。その意味では、清瀬の“医療のまち”というところが幸いしました。

しかし、市内の医療施設を俯瞰すると、必ずしも市内均等にあるわけではありません(下図参照)。西武線の周辺やその南側に集中しています。そこで、私たち公明党としては、“中里団地や台田団地など徒歩圏内に医療施設のない地域では特設の会場を”と要望してきたわけです。ワクチン接種については、一回目として昨年の「新年度予算要望」のおり、より具体的な要望として、今年2月の緊急要望、そして3月の一般質問でも要望しました。

“医療のまち・きよせ”にふさわしいワクチン接種を、緊急申し入れ。2021年02月06日記事
“医療の街・清瀬”にふさわしいワクチン接種を/令和3年3月議会 2021年04月30日記事

今般発行された市報『ワクチン臨時号』にて発表された接種会場では、野塩地域センター、中里地域センター、下宿地域センター、また、同じく徒歩圏内に医療施設のない下清戸地域についてはバスにて下宿センターへの便をつくるとあり、私たちの要望提案を生かして頂きました。

また、いよいよワクチン接種予約が始まるに当たり、その要望も提出しました。どこまでも市民目線に立ち、とはいえ現実的な提案要望をしてまいります。

円滑なワクチン接種へ向け、緊急申し入れをしました。 2021年5月13日記事

【参考】※赤丸・赤字はスズキが入れました。
ワクチン接種会場


Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策