2021年02月01日

●『東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス』、実現しました。

東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス

平成25(2013)年3月、東京メトロ副都心線と東急東横線が相互直通運転をスタートさせたことにより、清瀬市と横浜・みなとみらい方面が、副都心線を経由して一本につながりました。

これを契機として、清瀬と横浜とが産業交流できないか、平成25(2013)年の6月議会にて提案しました。

副都心線・東横線との相互乗り入れを生かし、観光立市へシティセールスの拡充を 平成25年6月議会

以来、8年経った今年1月――。清瀬市役所の正面入口前で、横浜の山手町アメリカ山公園のはちみつ飴や蜜ろう加工品の期間限定販売コーナーが作られました。

もちろん、私の提案とはなんの関係もなく民間同士の取り組みを担当課の職員の方のご助力によって、市役所のーでの販売となったことと思います。いずれにしても8年前のアイデアが実現したわけで、とても嬉しいです。

東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス

東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス

今後も様々な相互交流を期待しています。担当課の方々、よろしくお願い致します。

【事業概要】
東横線との相互乗り入れを生かしたシティセールス
東京清瀬市みつばちプロジェクト ✕ 西武造園株式会社の環境教育プログラム『はち育R」
横浜市中区山手町アメリカ山公園のはちみつ飴、蜜ろう加工品を期間限定で販売します
1月18日(月)〜29日金平日午前9時〜午後3時市役所1階にて

今回販売する商品は、西武池袋線清瀬駅から、乗り換えなし1本で行ける、みなとみらい線の元町・中華街駅駅舎上部にある、アメリカ山公園のみつばちたちが生産したはちみつ、蜜ろうを加工した商品です。

全国初の立体都市公園である、アメリカ山公園を管理するのは西武造園株式会社で、同社はアメリカ山公園の他6か所の公園でみつばちを飼育し、その特性を生かした環境教育プログラム「はち育を展開しています。東京清瀬市みつばちプロジェクトでは、他の養蜂事業との連携をとおした相互交流の機会創出やその促進のため、令和元年10月に西武造園株式会社と連携協定を締結しました。

そして、令和元年度の市民まつりでは、「アメリカ山公園Pure Honey」 と清瀬市役所産はちみつ「Kiyohachi」の合同販売、蜜源植物で作るハーバリウム作りを実施しました。今後、官民連携事業として、さまざまなワークショプの開催をしていますの、今後の展開をしみにしていてください。問総務課営繕係8042-497-1841


Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策