2021年10月09日

●「在勤者への土日を中心とした 集団接種体制の強化」、実現しました。

在勤者への土日を中心とした 集団接種体制の強化

先の「妊産婦への優先的なワクチン接種を」、また「保健所の手が届かない自宅療養者への細やかなケア」が実現の記事に続いて、市として集団接種も実施して頂きました。

これまで市は、当初の高齢者接種にあっては、清瀬市が病院・医療のまちであることから、医療機関を中心とした個人接種でワクチンを進めてきました。その間、徒歩圏内に医療機関のない地域については、私たちの要望に基づき、地域センターなどで特設接種会場をつくり、ご対応頂きました。

65才以上の方の8割が接種を終え、いよいよ若い世代への接種の段では、これまでの医療機関をに加えて、土日を中心に医療機関以外の集団接種会場をと要望しました。それに対しても、市は清瀬駅前のアミュービルと健康センター、2か所での集団接種体制を作ってくださいました。

集団接種会場記事

市民の大多数がワクチン接種を終えれば、ほとんどの方は感染しても重症化したり亡くなったりということは避けられます。そうなればただの風邪と同じです。

しかしコロナは次々と変異しワクチンが効かなくなると思われるかもしれませんが、インフルエンザも毎年変異し、そのために毎年その型にあったワクチン接種をします。考え方はそれと同じです。不必要に怖れることはありません。

とはいえ、しっかりと手洗い・マスクなど感染防止はぬかりなく、そして睡眠・栄養・運動など自己免疫力を高めていくことは大事です。コロナそのものを根絶することはできません。ウイズ・コロナの生活スタイルを作っていきましょう。

【参考】
万全で細やかなワクチン接種へ、緊急申し入れをしました。part-3 2021年09月04日記事

Posted by takosuzuki │ ■実績/RECORD | ・政策