2021年10月17日

■柳泉園組合の視察に行ってきました。

柳泉園組合議会視察

去る10/22(金)、柳泉園組合議会の視察で川越市の資源化センターへ行ってきました。例年ですと、午前と午後と一カ所ずつ都合2か所訪問しますが、コロナを鑑み感染リスクのあることは最小限にと昼食を挟まず、そしてバス移動は長時間にならないようにと近場である川越市一カ所となりました。

私たち柳泉園もリサイクル施設も兼ねた粗大ごみ施設が老朽化しており、近い将来、補強か建て替えか判断しなくてはなりません。そうした観点で、川越市の同施設を視察先に選びました。

視察は、各市3人の議員と各市市長、そして各市の担当課職員、柳泉園組合の助役、他職員と総勢20数名で伺いました。上の集合写真に清瀬市・渋谷市長がいませんが、公務のため途中で帰られました。

柳泉園組合議会視察

川越市は人口も土地面積も大きな市なので、こうした施設も余裕をもった大きな作りになっています。入り口エントランスは、リサイクルの展示学習ができるようになっていました。

柳泉園組合議会視察

柳泉園組合議会視察

一連の写真は、せん定枝や刈草をチップや土壌改良材へと資源化する施設です。上写真では緑の山だったものが下写真ではすっかりたい肥化された色になっています。この施設では他にも、可燃ごみをエネルギーや資源としてリサイクルする施設、不燃ごみ、粗大ごみ、びん・缶、その他プラスチック製容器包装などを処理する施設、があります。

柳泉園組合議会視察

施設見学の前には、お迎え頂いた市長、議長、そして施設職員の方々へ組合議長としてご挨拶をさせて頂きました。今回の視察写真はほとんど後ろ向きの写真となってしまいましたが、気持ちは前向きです。私たち柳泉園としても大変参考になった視察となりました。

Posted by takosuzuki │ ■視察